58件中 21 - 30件表示
  • オスカル・カルドソ

    オスカル・カルドソから見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    2007年6月5日、メキシコとの親善試合 (1-0) でパラグアイ代表デビューした。同年にはベネズエラで開催されたコパ・アメリカ2007に出場し、グループリーグのアメリカ戦 (3-1) で得点した。2010 FIFAワールドカップ・南米予選では2得点を挙げて本大会出場権獲得に貢献した。2010 FIFAワールドカップ本大会・決勝トーナメント1回戦の日本戦はPK戦にもつれ込んだが、カルドソは5番手として勝利を決定させるPKを決め、パラグアイを史上初の準々決勝進出に導いた。しかし、準々決勝のスペイン戦 (0-1) では58分に蹴ったPKをイケル・カシージャスに止められ、最終的に優勝を果たす国相手に敗れた。2010-11シーズンはベンフィカで公式戦通算23得点を挙げていたが、ヘラルド・マルティーノ監督はコパ・アメリカ2011のメンバーにカルドソを加えなかった。オスカル・カルドソ フレッシュアイペディアより)

  • UEFA EURO 2012決勝

    UEFA EURO 2012決勝から見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    UEFA会長のミシェル・プラティニよりスペイン代表キャプテンのイケル・カシージャスに対してアンリ・ドロネー杯が手渡され、カップを掲げた。この優勝により、ビセンテ・デル・ボスケはUEFA欧州選手権1972と1974 FIFAワールドカップを制したヘルムート・シェーンに続き、UEFA欧州選手権とFIFAワールドカップを連続で制した二人目の監督となった。また、UEFAチャンピオンズリーグ、UEFA欧州選手権、FIFAワールドカップのタイトルを全て制した史上初の監督となった。UEFA EURO 2012決勝 フレッシュアイペディアより)

  • ビクトル・バルデス

    ビクトル・バルデスから見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    2005年、ウルグアイとの親善試合に臨むスペイン代表に初招集されたが、出場機会はなかった。2010年5月20日、2010 FIFAワールドカップの出場メンバー23人に選ばれた。背番号12を受け取り、イケル・カシージャスとホセ・マヌエル・レイナに次ぐ第3GKの役割を与えられた。6月3日、オーストリアのインスブルックで行われた韓国との親善試合で代表デビューを果たした。本大会では出場機会がなかったが、スペイン代表は初優勝を果たした。8月11日、メキシコとの親善試合の後半にカシージャスとの交代で試合に出場し、2キャップ目を刻んだ。ビクトル・バルデス フレッシュアイペディアより)

  • サンティアゴ・カニサレス

    サンティアゴ・カニサレスから見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    2002 FIFAワールドカップも正GKとして臨むはずだったが、大会直前にアフターシェーブローションの瓶を足に落として負傷し、出場を逃した。この大会で出番を得たマドリードの後輩イケル・カシージャスがそれ以降不動の正GKとして君臨することとなり、UEFA EURO 2004では出場なしに終わったが、2006 FIFAワールドカップでは1試合に出場した。サンティアゴ・カニサレス フレッシュアイペディアより)

  • カルレス・プジョル

    カルレス・プジョルから見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    2007年6月20日、南アフリカで行われた親善試合で左膝靭帯を断裂し、翌日には手術を受けたが、全治3ヶ月と発表された。UEFA EURO 2008では守備陣の要としてチームを支え、5試合で2点しか許さなかった。決勝でドイツに勝利して優勝し、センターバックのコンビを組んだカルロス・マルチェナと共に大会ベストイレブンに選ばれた。2008年10月11日、2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選のエストニア戦 (0-3) で代表2得点目を挙げた。2009年のコンフェデレーションズカップでは5試合中3試合に先発出場し、キャプテンのイケル・カシージャスが欠場したグループリーグ最終戦では代わりにキャプテンを務めた。スペイン代表は3位に終わったが、4人のチームメイトと共に大会ベストイレブンに選ばれた。カルレス・プジョル フレッシュアイペディアより)

  • 碓井健平

    碓井健平から見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    凄い選手としてイケル・カシージャスとジャンルイジ・ブッフォンの名前を挙げている。碓井健平 フレッシュアイペディアより)

  • ヴェスレイ・ソンク

    ヴェスレイ・ソンクから見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    その後、クラブでの負傷の影響から代表を遠ざかっていた時期もあったが、2008年10月15日のスペインとの2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選で先制点を挙げ、イケル・カシージャスとホセ・マヌエル・レイナによって作り上げられていたUEFA EURO 2008からの無失点記録を710分で途絶えさせる等の活躍を見せた。2011年10月10日に、自身がプレーするレベルにはないとの理由で54試合24得点を記録した代表からの引退を表明、2009年末のカタール戦が最後に得点した試合であり、2010年3月のクロアチア戦が最後に出場した試合であった。ヴェスレイ・ソンク フレッシュアイペディアより)

  • UEFAチャンピオンズリーグ 2011-12 決勝

    UEFAチャンピオンズリーグ 2011-12 決勝から見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    バイエルン・ミュンヘンは決勝戦がホームスタジアムで開催されることもあり、シャルケ04よりドイツ代表正ゴールキーパーのノイアーを獲得するなど着実な補強を行いチャンピオンズリーグに臨んだ。グループリーグを1位で通過すると、決勝トーナメント1回戦ではバーゼルにアウェーで敗れたものの、以降は安定した戦いで準決勝に進出。準決勝のレアル・マドリード戦ではホームでの第一戦、ロスタイムに得点して勝利したが、二戦目に一戦目と逆のスコアで敗戦し、試合はPK戦に突入。レアル・マドリードの正ゴールキーパーであり、現スペイン代表正ゴールキーパーのカシージャスとノイアーが互いに二本のセーブを見せる白熱した戦いを3-1で制し決勝戦に進出した。UEFAチャンピオンズリーグ 2011-12 決勝 フレッシュアイペディアより)

  • イェジー・ドゥデク

    イェジー・ドゥデクから見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    2007年7月20日、スペインのレアル・マドリードに移籍したが、絶対的なレギュラーにイケル・カシージャスが君臨しており、第2GKの役割を与えられた。2008-09シーズンのUEFAチャンピオンズリーグでは早々とグループリーグ突破を決めたため、最終節のFCゼニト・サンクトペテルブルク戦(3-0)で珍しく先発起用され、何度ものファインセーブを見せて無失点に抑えた。ポーランド代表やフェイエノールトで指導を受けたベーンハッカー監督が率いるフェイエノールトに復帰する可能性もあり、またプレミアリーグのクラブに興味を持っているとされたが、他クラブへの移籍は実現せず、ジョルディ・コディーナがヘタフェCFに旅立ったこともあり契約を1年間延長した。イェジー・ドゥデク フレッシュアイペディアより)

  • ジエゴ・アウヴェス

    ジエゴ・アウヴェスから見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    PKストッパーとして知られる。2007-08シーズンから2010-11シーズン途中までの3年間に19本のPKを受けているが、そのうち10本をセーブし、さらに2本はキッカーが枠外に外しているため、この間のPKセーブ率は63%にも上る。クリスティアーノ・ロナウドがリーガ・エスパニョーラでPKを唯一外した際のキーパーはジエゴであるし、2011-12シーズンのコパ・デル・レイ準決勝FCバルセロナ戦ファーストレグではリオネル・メッシのキックを止めて引き分けに持ち込んだ。自身のアイドルはブラジル代表の英雄クラウディオ・タファレルとスペイン代表の守護神イケル・カシージャスである。2014年10月5日のアトレティコ・マドリード戦で、リーガ・エスパニョーラの試合での通算PKセーブ数が13となり、アンドレス・パロップを抜き、歴代1位となった。ジエゴ・アウヴェス フレッシュアイペディアより)

58件中 21 - 30件表示