44件中 21 - 30件表示
  • UEFAチャンピオンズリーグ 2011-12 決勝

    UEFAチャンピオンズリーグ 2011-12 決勝から見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    バイエルン・ミュンヘンは決勝戦がホームスタジアムで開催されることもあり、シャルケ04よりドイツ代表正ゴールキーパーのノイアーを獲得するなど着実な補強を行いチャンピオンズリーグに臨んだ。グループリーグを1位で通過すると、決勝トーナメント1回戦ではバーゼルにアウェーで敗れたものの、以降は安定した戦いで準決勝に進出。準決勝のレアル・マドリード戦ではホームでの第一戦、ロスタイムに得点して勝利したが、二戦目に一戦目と逆のスコアで敗戦し、試合はPK戦に突入。レアル・マドリードの正ゴールキーパーであり、現スペイン代表正ゴールキーパーのカシージャスとノイアーが互いに二本のセーブを見せる白熱した戦いを3-1で制し決勝戦に進出した。UEFAチャンピオンズリーグ 2011-12 決勝 フレッシュアイペディアより)

  • フランシスコ・ブーヨ

    フランシスコ・ブーヨから見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    2009年2月にイケル・カシージャスに抜かれるまで、レアル・マドリードのゴールキーパーとしての最多出場記録(454試合)を保持していた。フランシスコ・ブーヨ フレッシュアイペディアより)

  • ワールドサッカーダイジェスト

    ワールドサッカーダイジェストから見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    過去にはイタリア代表MFジェンナーロ・ガットゥーゾ、スペイン代表DFセルヒオ・ラモス、イングランド代表DFジョン・テリー、スペイン代表GKイケル・カシージャス、イタリア代表DFファビオ・カンナヴァーロらのコラムも連載されていた。ワールドサッカーダイジェスト フレッシュアイペディアより)

  • イェジー・ドゥデク

    イェジー・ドゥデクから見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    2007年7月20日、スペインのレアル・マドリードに移籍したが、絶対的なレギュラーにイケル・カシージャスが君臨しており、第2GKの役割を与えられた。2008-09シーズンのUEFAチャンピオンズリーグでは早々とグループリーグ突破を決めたため、最終節のFCゼニト・サンクトペテルブルク戦(3-0)で珍しく先発起用され、何度ものファインセーブを見せて無失点に抑えた。ポーランド代表やフェイエノールトで指導を受けたベーンハッカー監督が率いるフェイエノールトに復帰する可能性もあり、またプレミアリーグのクラブに興味を持っているとされたが、他クラブへの移籍は実現せず、ジョルディ・コディーナがヘタフェCFに旅立ったこともあり契約を1年間延長した。イェジー・ドゥデク フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード・カスティージャ

    レアル・マドリード・カスティージャから見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    1991年、スペインサッカー連盟がトップチームと下部組織のチームの名称の統一化を図ったため、カスティージャCFは「レアル・マドリード・デポルティーバ(Real Madrid Deportiva)」と名称を変更した後、最終的に「レアル・マドリードB(Real Madrid B)」に落ち着くこととなった。1990年代、二人の元レアル・マドリードの選手達、ビセンテ・デル・ボスケとラファエル・ベニテスがこのチームで監督のキャリアをスタートさせている。1997年、レアル・マドリードBはセグンダ・ディビシオンBに降格するが、チームは素晴らしい選手達を輩出し続けた。レアル・マドリードのトップチームで地位を確立した、ラウール、ラウール・ブラボ、グティ、イケル・カシージャスなどのメンバーである。また、イスマエル・ウルサイス、サンティアゴ・カニサレス、ミスタ、ルイス・ガルシア・フェルナンデスなどの元レアル・マドリードBの選手達も、移籍先のリーガのクラブで成功を収めている。レアル・マドリード・カスティージャ フレッシュアイペディアより)

  • UEFA EURO 2012参加チーム

    UEFA EURO 2012参加チームから見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    129 ? イケル・カシージャス(スペイン)UEFA EURO 2012参加チーム フレッシュアイペディアより)

  • リカルド・ロペス・フェリペ

    リカルド・ロペス・フェリペから見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    2001年11月14日のメキシコ戦でスペイン代表デビュー。2002年夏のフェレンツ・プスカシュ謝恩試合にも出場した。同年の日韓W杯ではイケル・カシージャスに次ぐ第2GKだったが、出場機会はなくベスト8で敗退。リカルド・ロペス・フェリペ フレッシュアイペディアより)

  • UEFA EURO 2008

    UEFA EURO 2008から見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    過去のFIFAワールドカップやユーロで、期待されながらの早期敗退を繰り返してきたスペインだったが、本大会では大会前の国際試合で16戦連続無敗を記録するなど、好調を維持して開幕を迎えた。そして蓋を開けると、本大会限りでの勇退が決まっていたルイス・アラゴネス監督の下、「クアトロ・フゴーネス(4人の創造者)」と名づけられたシャビ、アンドレス・イニエスタ、ダビド・シルバ、セスク・ファブレガスという4人のゲームメーカーを中心として展開される華麗なパスサッカーは、予想以上に大会を席巻した。グループリーグを3連勝で突破すると、準々決勝では永年公式戦で煮え湯を飲まされ続けてきたイタリアにPK戦で勝利し、準決勝ではグループリーグの雪辱を期して挑んできたロシアを返り討ちにし、決勝戦へ進出。決勝では、調子が上がらないながらもしぶとく勝ち上がってきたドイツを終始圧倒し、スコア以上の完勝で44年ぶりの栄冠を手にした。タレント揃いの攻撃陣に加え、相手のスペースをことごとく潰し続けたマルコス・セナ、闘志溢れるプレーでチームを引っ張ったカルレス・プジョル、神がかりなスーパーセーブを連発し、イタリア戦ではPK戦勝利の立役者となったキャプテンイケル・カシージャスなど守備陣の奮闘もあり、「大舞台で勝負弱い」というこれまでのスペインのイメージを完全に払拭した、圧倒的な優勝劇だった。UEFA EURO 2008 フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・アダン

    アントニオ・アダンから見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    2009-10シーズンは夏の移籍市場でジョルディ・コディーナがヘタフェCFへ移籍したことにともない、イケル・カシージャス、イェジー・ドゥデクに次ぐトップチームの第3GKに昇格した。グループリーグ突破が決まっていた2010年12月8日のUEFAチャンピオンズリーグ、AJオセール戦にて負傷したドゥデクに代わって後半から途中出場しトップチームデビュー。アントニオ・アダン フレッシュアイペディアより)

  • ジャンルイジ・ブッフォン

    ジャンルイジ・ブッフォンから見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    レアル・マドリードのイケル・カシージャスは「あまりにも多くの才能に恵まれ、冷静でチーム全体に良い影響を及ぼしている」と評価している。ジャンルイジ・ブッフォン フレッシュアイペディアより)

44件中 21 - 30件表示

「イケル・カシージャス」のニューストピックワード