44件中 31 - 40件表示
  • セルヒオ・ガルシア (サッカー選手)

    セルヒオ・ガルシア (サッカー選手)から見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    2008年9月1日、移籍市場が閉まる直前に1000万ユーロ近くの移籍金でレアル・ベティスと契約した。9月27日のレアル・マドリード戦(1-2)ではPKを止められたが、イケル・カシージャスに弾かれたボールをゴールに押し込み、移籍後初得点を挙げた。11月16日のラシン・サンタンデール戦(3-1)では2得点を挙げ、2009年1月18日のレアル・バリャドリード戦(3-1)では1得点1アシストの活躍を見せた。2月8日に行われたセビージャFCとのセビージャ・ダービー(2-1)では記念碑的な勝利に導く得点を奪った。4月4日のCDヌマンシア戦(3-3)では先制点を奪ったが、ゴールパフォーマンス中に膝を滑らせ、左膝靭帯を負傷して1ヶ月ほど離脱した。チームはこの期間に調子を落とし、自身は2シーズン連続となるセグンダ・ディビシオン(2部)降格が決定した。チームに残ることを決意し、2009-10シーズンはセグンダ・ディビシオンで自己最多の12得点を挙げたが、プリメーラ・ディビシオン(1部)昇格に失敗した。セルヒオ・ガルシア (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • ジョルディ・コディーナ

    ジョルディ・コディーナから見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    バルセロナに生まれ、RCDエスパニョールの下部組織でプレーしていた2002年にレアル・マドリードの下部組織に移った。カルロス・サンチェスとダビド・コベーニョ(David Cobeño)がいなくなると、コディーナはレアル・マドリード・カスティージャの正GKを奪取。第2GKにアントニオ・アダンを、第3GKにキコ・カシージャ(Kiko Casilla)を従えてキャプテンにも就任した。2005-06シーズン、セグンダ・ディビシオン(2部)のスポルティング・ヒホン戦でプロデビューし、2006-07シーズンはレギュラーとして38試合中35試合(計3150分)に出場した。2007年夏にトップチームに昇格し、イケル・カシージャスとリバプールFCから移籍のイェジー・ドゥデクに次ぐ第3GKのポジションを得た。すでに2007-08シーズンのリーグ優勝を決めた後の2008年5月11日、レバンテUD戦(5-2)でトップチームデビューしたが、トップチームでの出場機会はこの1試合にとどまった。ジョルディ・コディーナ フレッシュアイペディアより)

  • カルレス・プジョル

    カルレス・プジョルから見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    2007年6月20日、南アフリカで行われた親善試合で左膝靭帯を断裂し、翌日には手術を受けたが、全治3ヶ月と発表された。UEFA欧州選手権2008では守備陣の要としてチームを支え、5試合で2点しか許さなかった。決勝でドイツに勝利して優勝し、センターバックのコンビを組んだカルロス・マルチェナと共に大会ベストイレブンに選ばれた。2008年10月11日、2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選のエストニア戦(0-3)で代表2得点目を挙げた。2009年のコンフェデレーションズカップでは5試合中3試合に先発出場し、キャプテンのイケル・カシージャスが欠場したグループリーグ最終戦では代わりにキャプテンを務めた。スペイン代表は3位に終わったが、4人のチームメイトと共に大会ベストイレブンに選ばれた。カルレス・プジョル フレッシュアイペディアより)

  • ビセンテ・ロドリゲス

    ビセンテ・ロドリゲスから見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    1998年にはUEFA U-16欧州選手権に出場し、1999年にはイケル・カシージャスらとともにUEFA-CAF メリディアン・カップを制した。2001年3月のサッカーフランス代表との親善試合でスペイン代表デビューした。2002 FIFAワールドカップの本大会参加メンバーからは落選したが、ポルトガルで開催されたUEFA欧州選手権2004には選ばれ、グループリーグ3試合すべてに出場した。2005年10月、スペイン代表合宿中にカルレス・プジョルに足首を激しく削られ、取っ組み合いの喧嘩になったことがある。2006 FIFAワールドカップのスペイン代表候補27名に残ったが、本大会出場メンバーからは落選した。ビセンテ・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    1999年夏の移籍市場ではミチェル・サルガド、イバン・エルゲラらを獲得し、レアル・マドリード・カスティージャからイケル・カシージャスを昇格させた。1999-2000シーズンはシーズン途中にビセンテ・デル・ボスケが監督に就任し、UEFAチャンピオンズリーグ優勝を達成する。一方、クラブの負債は悪化の一途を辿った。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・ロドリゲス・マルティネス

    アントニオ・ロドリゲス・マルティネスから見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    2007-08シーズンはチームとともに好調を維持し、6位に入りUEFAカップ出場権を獲得した。サモラ賞争いではレアル・マドリードのイケル・カシージャスに次ぐ2位だった。アントニオ・ロドリゲス・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・マヌエル・レイナ

    ホセ・マヌエル・レイナから見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    イケル・カシージャスの控えに甘んじることが多いものの、代表ではムードメーカーとなりチームを盛り上げている。UEFA欧州選手権2008や2010 FIFAワールドカップで優勝した際のスペインでの祝賀会では司会を務め上げ、会場の数万人を盛り上げた。ホセ・マヌエル・レイナ フレッシュアイペディアより)

  • アルバノ・ビサーリ

    アルバノ・ビサーリから見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    母国のラシン・クラブでデビューし、1999年7月1日にスペインのレアル・マドリードに移籍した。元ドイツ代表のボド・イルクナーに次ぐ第2GKの座を当時18歳で後にスペイン代表となるイケル・カシージャスと争ったが、結局カシージャスがイルクナーを差し置いてレギュラーまで上り詰めたため出場機会は皆無だった。アルバノ・ビサーリ フレッシュアイペディアより)

  • 1981年

    1981年から見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    5月20日 - イケル・カシージャス、サッカー選手1981年 フレッシュアイペディアより)

  • シャビ・アロンソ

    シャビ・アロンソから見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    副キャプテンであるグティがベシクタシュへ移籍したことにより、2010-11シーズンから背番号は22番から代表でも付けている14番に変更になった。ジョゼ・モウリーニョからは不在がチームに大きな影響を与える選手と評価された。チャンピオンズリーググループリーグアヤックス戦で、4-0でリードした後半終了間際にアロンソとセルヒオ・ラモスが相次いで遅延行為で退場となった。退場の直前にイェジー・ドゥデクがイケル・カシージャスに耳打ちをしていたシーンも流され、トーナメント前に累積警告を消化するため故意に反則を犯した疑いがあるとしてUEFAの調査が入ることとなった。そして、アロンソ自身には2万ユーロの罰金が科せられた。2011年、2010 FIFAワールドカップで優勝したことなどを評価され、地元からタンボール・デ・オロ(金の太鼓)を受賞した。W杯後のシーズンであったもののキャリア最多となる公式戦52試合に出場し、スペインでの自身初タイトルとなったコパ・デル・レイ優勝にも貢献したシャビ・アロンソ フレッシュアイペディアより)

44件中 31 - 40件表示

「イケル・カシージャス」のニューストピックワード