118件中 11 - 20件表示
  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たラウル・ゴンサレス

    優れた反射神経を生かしたセービングで1対1の場面に強く、世界最高のGKの一人とされている。また、UEFAチャンピオンズリーグ 2001-02決勝やUEFA EURO 2008準決勝のイタリア戦、2010 FIFAワールドカップ決勝のオランダ戦などに代表されるように大舞台に強い。ラウル・ゴンサレスのスペイン代表引退後はキャプテンを務め、UEFA欧州選手権2008および2012、2010 FIFAワールドカップで優勝を手にした。フランツ・ベッケンバウアー、ディディエ・デシャンに次いで3人目となるワールドカップと欧州選手権の2大会で優勝トロフィーを掲げた選手である。レアル・マドリードのサポーターであるマドリディスタ(Madridista)からは聖イケル、サン・イケル(San Íker)と賞賛され、クラブでもラウルの退団後はキャプテンを務めている。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たペトル・チェフ

    2011年には国際サッカー歴史統計連盟から4年連続で最優秀GKに選ばれるとともに、同賞制定25周年を記念して設定された「過去25年で最高のGK」にも選出された。また、21世紀のGKランキングにおいては、ブッフォンに僅差で敗れたものの、3位のペトル・チェフを大きく引き離すポイントを獲得して2位に選ばれた。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たグティ

    ラウル、グティの両キャプテンがクラブを去ったことに伴い、2010-11シーズンよりレアル・マドリードの主将に就任した。12月12日のレアル・サラゴサ戦でレアル・マドリード史上9人目、GKとしては初のリーグ400試合出場を果たした。2010年にもUEFAチーム・オブ・ザ・イヤーに4年連続で選ばれ、ジャンルイジ・ブッフォンの3度を超えて最多受賞GKとなった。2011年4月9日のビルバオ戦では3-0で完封勝利し、ブーヨの持っていた通算無失点試合数のクラブ記録に並んだ。コパ・デル・レイ決勝では、ラスト15分の間にメッシやペドロ、アンドレス・イニエスタらのシュートを3度スーパーセーブで防ぐなどの守りを見せ、10年以上のキャリアで1度も手にしたことのなかったコパ・デル・レイのタイトルを獲得した。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たアントニオ・ディ・ナターレ

    EURO2008にはスペイン代表のキャプテンとして臨んだ。グループリーグのロシア戦とスウェーデン戦に出場し、安定感のあるセービングを見せたが、3戦目のギリシャ戦には控えのホセ・マヌエル・レイナが出場した。決勝トーナメント1回戦のイタリア戦はPK戦までもつれたが、アントニオ・ディ・ナターレとダニエレ・デ・ロッシのシュートを止めてPK戦を4-2で勝利し、スペイン代表が持っていた様々なジンクスを打ち破った。カシージャスの母親は、このPK戦を前にあまりの緊張からか気を失い、息子の勇姿を見逃した。グループリーグではズラタン・イブラヒモビッチに1失点しただけであり、準々決勝、準決勝、決勝の全てでクリーンシートを記録し、守備に安定感をもたらした。6月29日のドイツとの決勝を1-0で勝利し、スペインの44年ぶりの優勝に大きく貢献した。UEFA欧州選手権のトロフィーをキャプテンとして掲げた初のゴールキーパーとなり、ジャンルイジ・ブッフォンやエドウィン・ファン・デル・サールと共にUEFA選定大会優秀選手に選ばれた。2008年10月、カシージャスとレイナの二人はアンドニ・スビサレッタとフランシスコ・ブーヨが作り、長い間破られることがなかったスペイン代表の連続無失点記録(710分)を更新した。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たサミュエル・エトオ

    母親はサミュエル・エトオのファンである。彼自身も仲がよく、FWとGKであることからいいライバル関係を築いている。また、エトオがズラタン・イブラヒモビッチとのトレードでインテルへ移籍した際、エトオのことを「悪夢だった」と語り、その能力を称賛している。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たマヌエル・ノイアー

    EURO2012においても全ての試合にフル出場。グループリーグ緒戦のイタリア戦でディ・ナターレにゴールを決められるも、その後509分間ゴールを割らせず大会を通じての失点を1にとどめ、ディノ・ゾフの持つ欧州選手権無失点記録494分を更新した。決勝のイタリア戦では代表100試合勝利を達成し、ブッフォン、マヌエル・ノイアーと共にUEFA選定大会優秀選手に選ばれた。また、同年にはシャビと共にアストゥリアス皇太子賞のスポーツ部門を受賞した。2010年にスペイン代表として受賞して以来、自身2度目の受賞となった。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たダニエル・アランスビア

    16歳の時にU-17スペイン代表に選ばれ、1997年にエジプトで行われたFIFA U-17ワールドカップで3位入賞した。U-17代表ではキャプテンも務めた。1999年にはFIFAワールドユース選手権とUEFA-CAF メリディアン・カップで優勝した(しかし、この時はダニエル・アランスビアが正GKだった)。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たサッカースペイン代表

    優れた反射神経を生かしたセービングで1対1の場面に強く、世界最高のGKの一人とされている。また、UEFAチャンピオンズリーグ 2001-02決勝やUEFA EURO 2008準決勝のイタリア戦、2010 FIFAワールドカップ決勝のオランダ戦などに代表されるように大舞台に強い。ラウル・ゴンサレスのスペイン代表引退後はキャプテンを務め、UEFA欧州選手権2008および2012、2010 FIFAワールドカップで優勝を手にした。フランツ・ベッケンバウアー、ディディエ・デシャンに次いで3人目となるワールドカップと欧州選手権の2大会で優勝トロフィーを掲げた選手である。レアル・マドリードのサポーターであるマドリディスタ(Madridista)からは聖イケル、サン・イケル(San Íker)と賞賛され、クラブでもラウルの退団後はキャプテンを務めている。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たレアル・マドリード

    イケル・カシージャス・フェルナンデス(Íker Casillas Fernández、1981年5月20日 - )は、スペイン、モストレス出身のサッカー選手。リーガ・エスパニョーラ・レアル・マドリード所属。ポジションはGK。日本の報道ではカシリャスと表記されることもある(ジェイスモを参照)。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たズラタン・イブラヒモビッチ

    EURO2008にはスペイン代表のキャプテンとして臨んだ。グループリーグのロシア戦とスウェーデン戦に出場し、安定感のあるセービングを見せたが、3戦目のギリシャ戦には控えのホセ・マヌエル・レイナが出場した。決勝トーナメント1回戦のイタリア戦はPK戦までもつれたが、アントニオ・ディ・ナターレとダニエレ・デ・ロッシのシュートを止めてPK戦を4-2で勝利し、スペイン代表が持っていた様々なジンクスを打ち破った。カシージャスの母親は、このPK戦を前にあまりの緊張からか気を失い、息子の勇姿を見逃した。グループリーグではズラタン・イブラヒモビッチに1失点しただけであり、準々決勝、準決勝、決勝の全てでクリーンシートを記録し、守備に安定感をもたらした。6月29日のドイツとの決勝を1-0で勝利し、スペインの44年ぶりの優勝に大きく貢献した。UEFA欧州選手権のトロフィーをキャプテンとして掲げた初のゴールキーパーとなり、ジャンルイジ・ブッフォンやエドウィン・ファン・デル・サールと共にUEFA選定大会優秀選手に選ばれた。2008年10月、カシージャスとレイナの二人はアンドニ・スビサレッタとフランシスコ・ブーヨが作り、長い間破られることがなかったスペイン代表の連続無失点記録(710分)を更新した。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

118件中 11 - 20件表示

「イケル・カシージャス」のニューストピックワード