166件中 11 - 20件表示
  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たラウール・ゴンザレス

    レアル・マドリードの下部組織出身。1999年にトップチームに昇格すると、その後16シーズンで公式戦725試合に出場(ラウール・ゴンザレスに次いでクラブ歴代2位)して18タイトルを獲得した。スペイン代表として歴代最多出場、UEFAチャンピオンズリーグ歴代最多出場記録、UEFA主催クラブ大会歴代最多出場などの記録を持っている。リーガ・エスパニョーラやコパ・デル・レイ、スーペルコパなどの国内タイトルのほか、FIFAワールドカップ、UEFA欧州選手権、UEFAチャンピオンズリーグ、UEFAスーパーカップ、FIFAクラブワールドカップなどのメジャータイトルを主将として獲得した。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たディエゴ・マラドーナ

    2014年6月13日に行われたブラジルW杯のグループリーグ、グループBの初戦の対オランダ戦においてカシージャスは5点を奪われ、大敗を喫し、続くチリ戦にも破れて、2010 FIFAワールドカップ優勝国のスペイン代表は、まさかのグループリーグ敗退を喫してしまった。このカシージャスの低調ぶりについてディエゴ・マラドーナは、「残念ながら、ジョゼ・モウリーニョの判断は正しかったということだ」と酷評した。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たリオネル・メッシ

    2008年には自身2度目のUEFAチーム・オブ・ザ・イヤーにも輝いた。彼にバロンドールを求める署名活動が起こり、1万人以上の署名が集まった。結果的に、クリスティアーノ・ロナウド、リオネル・メッシ、フェルナンド・トーレスに次ぐゴールキーパーとして最高位の4位に入った。2008-09シーズンにはリーグ戦全試合に出場した。2008年冬の移籍市場でマンチェスター・シティはカシージャス引き抜きの為に違約金として史上最高額となる約175億円を用意したが、カシージャスはこの申し出を断った。2009年2月7日のラシン・サンタンデール戦で、フランシスコ・ブーヨが保持していたクラブのゴールキーパー最多出場記録(454試合)を更新した。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たアリエン・ロッベン

    EURO2008に続いてキャプテンとして出場した2010 FIFAワールドカップでは、初戦でスイスに敗れてしまうも、その後の2試合は勝利し、決勝トーナメントに進出。決勝トーナメント1回戦のポルトガル戦ではマドリーのチームメイトでもあるクリスティアーノ・ロナウドのFKを弾き出したり、準々決勝のパラグアイ戦ではオスカル・カルドソのPKをキャッチでセーブしたり、お互い史上初の優勝をかけた決勝のオランダ戦ではアリエン・ロッベンとの2度に渡る1対1の場面など多くのピンチがあったものの全てのシュートをセーブし、延長にもつれこみながらも1−0でスペイン代表史上初のワールドカップ優勝を果たした。ロッベンのシュートを阻止したシーンは、後にカシージャスが「最も思い出深く、誇りに思っているプレー」と語ることとなった。またこの試合ではアンドレス・イニエスタが決勝点を挙げると、カシージャスはまだ試合中にも関わらず顔を手で覆い涙を流した。決勝トーナメントの4試合を無失点に抑えたカシージャスは、レフ・ヤシン賞から名称を変えた大会最優秀GKであるゴールデングローブ賞の第1回受賞者となった。オランダ戦の試合後のインタビューでは、テレビカメラの前で恋人であるTVレポーターのサラに熱烈なキスをして話題になった。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たカルレス・プジョル

    その一方、緊張状態に陥っていたFCバルセロナとの和解のため、シャビやカルレス・プジョルら代表でのチームメイトに直接電話をかけ謝罪をしたと報じられたこと(実際はその電話の内容は口論であった)、恋人であるがクラブ内情を暴露したことなどから、ジョゼ・モウリーニョとの確執が発生。そんな中、2012-13シーズンには2013年1月23日のコパ・デル・レイ準々決勝のバレンシア戦にてアルバロ・アルベロアとの接触により左手を骨折し、長期離脱を余儀なくされる。負傷から復帰した後も、緊急補強されたディエゴ・ロペスが正GKに定着したため、出場機会が得られない状況が続いた。リーグ最終戦であるCAオサスナ戦では、ロペスが負傷していたのにも関わらずカシージャスは招集外となり、ヘスス・フェルナンデスがゴールを守った。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たペトル・チェフ

    2011年には国際サッカー歴史統計連盟から4年連続で最優秀GKに選ばれるとともに、同賞制定25周年を記念して設定された「過去25年で最高のGK」にも選出された。また、21世紀のGKランキングにおいては、ブッフォンに僅差で敗れたものの、3位のペトル・チェフを大きく引き離すポイントを獲得して2位に選ばれた。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たシャビ・アロンソ

    2015年7月11日、FCポルトへ移籍。表向きは加齢による衰えやシーズンの低パフォーマンスが理由だが、前述の通り、モウリーニョとの確執はその後フロレンティーノ・ペレス、アルバロ・アルベロア、シャビ・アロンソらとの確執をも生み出し、カシージャスは孤立無援の状態に追い込まれる。翌日に行われた退団会見においても、ペレスをはじめとしたクラブ関係者は姿を見せずカシージャス一人で行われ、事実上追放という形だった。チームメイトやFCバルセロナの選手、同世代で共に世界最高のGKと評されたブッフォンらからメッセージが届き、同年FCバルセロナからアル・サッドへ移籍したシャビは、レアル・マドリードのカシージャスに対する扱いを非難した。ポルトでは背番号12を与えられた。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たサミュエル・エトオ

    母親はサミュエル・エトオのファンである。彼自身も仲がよく、FWとGKであることからいいライバル関係を築いている。また、エトオがズラタン・イブラヒモビッチとのトレードでインテルへ移籍した際、エトオのことを「悪夢だった」と語り、その能力を称賛している。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たダニエル・アランスビア

    16歳の時にU-17スペイン代表に選ばれ、1997年にエジプトで行われたFIFA U-17世界選手権で3位入賞した。U-17代表ではキャプテンも務めた。1999年にはFIFAワールドユース選手権とUEFA-CAF メリディアン・カップで優勝した(しかし、この時はダニエル・アランスビアが正GKだった)。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たファビオ・カンナヴァーロ

    2007-08シーズンは実りの多いシーズンだった。ディフェンダーにファビオ・カンナヴァーロやペペら実力者が加入し、31度目のリーグ優勝を果たすと共に、36試合32失点に抑えてサモラ賞(最少失点率)のタイトルを初めて受賞。シーズン中の2008年2月14日には、2017年までの契約延長で合意に達し、最終シーズンに30試合以上に出場すると自動的に契約が延長されるという、いわゆる「生涯契約」にサインした。他クラブが彼を獲得する際の違約金は1億1300万ユーロに設定された。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

166件中 11 - 20件表示

「イケル・カシージャス」のニューストピックワード