166件中 31 - 40件表示
  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たエトヴィン・ファン・デル・サール

    8月15日のヴィトーリアSC戦でプリメイラ・リーガデビュー。9月29日のチャンピオンズリーグチェルシーFC戦で同大会152試合目の出場となり、シャビを抜いての最多出場記録を更新した。10月20日のマッカビ・テルアビブFC戦ではチャンピオンズリーグ51回目のクリーンシート(無失点試合)を達成し、こちらもエトヴィン・ファン・デル・サールの持つ最多記録を塗り替えた。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たピーター・シュマイケル

    1981年5月20日、公務員の父と美容師の母のもとに生まれる。ファーストネームであるイケルはバスク人名であるが、母親が音の響きを気に入って名付けた。子供の頃は内向的な性格で、当時憧れの選手はデンマーク代表のピーター・シュマイケルであった。1990-91シーズン、9歳の頃にレアル・マドリードの下部組織へ入団。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たボド・イルクナー

    1999-2000シーズン、ボド・イルクナー、アルバノ・ビサーリが負傷離脱したことにより、リーグ第3戦のアスレティック・ビルバオ戦でスターティングメンバーに抜擢。半月後にはビサーリに正GKの座を譲ることになったが、不安定なプレーを見せていたビサーリに代わって1999年12月より再びスターティングメンバーに名を連ねるようになった。負傷により長期離脱したイルクナーに代わってポジションを獲得し、歴代最年少の19歳4日でチャンピオンズリーグ決勝(バレンシア戦)に出場した。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たサッカーイタリア代表

    EURO2008にはスペイン代表のキャプテンとして臨んだ。グループリーグのロシア戦とスウェーデン戦に出場し、安定感のあるセービングを見せたが、3戦目のギリシャ戦には控えのホセ・マヌエル・レイナが出場した。決勝トーナメント1回戦のイタリア戦はPK戦までもつれたが、アントニオ・ディ・ナターレとダニエレ・デ・ロッシのシュートを止めてPK戦を4-2で勝利し、スペイン代表が持っていた様々なジンクスを打ち破った。カシージャスの母親は、このPK戦を前にあまりの緊張からか気を失い、息子の勇姿を見逃した。グループリーグではズラタン・イブラヒモビッチに1失点しただけであり、準々決勝、準決勝、決勝の全てでクリーンシートを記録し、守備に安定感をもたらした。6月29日のドイツとの決勝を1-0で勝利し、スペインの44年ぶりの優勝に大きく貢献した。UEFA欧州選手権のトロフィーをキャプテンとして掲げた初のゴールキーパーとなり、ジャンルイジ・ブッフォンやエトヴィン・ファン・デル・サールと共にUEFA選定大会優秀選手に選ばれた。2008年10月、カシージャスとレイナの二人はアンドニ・スビサレッタとフランシスコ・ブーヨが作り、長い間破られることがなかったスペイン代表の連続無失点記録(710分)を更新した。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たUEFA欧州選手権

    レアル・マドリードの下部組織出身。1999年にトップチームに昇格すると、その後16シーズンで公式戦725試合に出場(ラウール・ゴンザレスに次いでクラブ歴代2位)して18タイトルを獲得した。スペイン代表として歴代最多出場、UEFAチャンピオンズリーグ歴代最多出場記録、UEFA主催クラブ大会歴代最多出場などの記録を持っている。リーガ・エスパニョーラやコパ・デル・レイ、スーペルコパなどの国内タイトルのほか、FIFAワールドカップ、UEFA欧州選手権、UEFAチャンピオンズリーグ、UEFAスーパーカップ、FIFAクラブワールドカップなどのメジャータイトルを主将として獲得した。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たFCバルセロナ

    その一方、緊張状態に陥っていたFCバルセロナとの和解のため、シャビやカルレス・プジョルら代表でのチームメイトに直接電話をかけ謝罪をしたと報じられたこと(実際はその電話の内容は口論であった)、恋人であるがクラブ内情を暴露したことなどから、ジョゼ・モウリーニョとの確執が発生。そんな中、2012-13シーズンには2013年1月23日のコパ・デル・レイ準々決勝のバレンシア戦にてアルバロ・アルベロアとの接触により左手を骨折し、長期離脱を余儀なくされる。負傷から復帰した後も、緊急補強されたディエゴ・ロペスが正GKに定着したため、出場機会が得られない状況が続いた。リーグ最終戦であるCAオサスナ戦では、ロペスが負傷していたのにも関わらずカシージャスは招集外となり、ヘスス・フェルナンデスがゴールを守った。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見た2009年

    2008年には自身2度目のUEFAチーム・オブ・ザ・イヤーにも輝いた。彼にバロンドールを求める署名活動が起こり、1万人以上の署名が集まった。結果的に、クリスティアーノ・ロナウド、リオネル・メッシ、フェルナンド・トーレスに次ぐゴールキーパーとして最高位の4位に入った。2008-09シーズンにはリーグ戦全試合に出場した。2008年冬の移籍市場でマンチェスター・シティはカシージャス引き抜きの為に違約金として史上最高額となる約175億円を用意したが、カシージャスはこの申し出を断った。2009年2月7日のラシン・サンタンデール戦で、フランシスコ・ブーヨが保持していたクラブのゴールキーパー最多出場記録(454試合)を更新した。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たペドロ・ロドリゲス・レデスマ

    ラウル・ゴンサレス、グティの両キャプテンがクラブを去ったことに伴い、2010-11シーズンよりレアル・マドリードの主将に就任した。12月12日のレアル・サラゴサ戦でレアル・マドリード史上9人目、GKとしては初のリーグ400試合出場を果たした。2010年にもUEFAチーム・オブ・ザ・イヤーに4年連続で選ばれ、ジャンルイジ・ブッフォンの3度を超えて最多受賞GKとなった。2011年4月9日のビルバオ戦では3-0で完封勝利し、ブーヨの持っていた通算無失点試合数のクラブ記録に並んだ。コパ・デル・レイ決勝では、ラスト15分の間にメッシやペドロ、アンドレス・イニエスタらのシュートを3度スーパーセーブで防ぐなどの守りを見せ、10年以上のキャリアで1度も手にしたことのなかったコパ・デル・レイのタイトルを獲得した。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たマヌエル・サンチス・オンティジュエロ

    2014年夏の移籍市場にてロペスがACミランへ移籍、入れ替わるようにケイロル・ナバスがレアル・マドリードへ加入。2014-15シーズンのリーガ開幕戦、コルドバCF戦はカシージャスが先発でゴールを守り、その後正GKに返り咲いた。ヨーロッパ王者として出場したFIFAクラブワールドカップ2014ではレアル・マドリードの優勝に貢献した。クラブワールドカップ決勝であるCAサン・ロレンソ・デ・アルマグロ戦で、マノーロ・サンチス、ラウルに続いて史上3人目となるレアル・マドリード通算700試合出場を達成した。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たアルバノ・ビサーリ

    1999-2000シーズン、ボド・イルクナー、アルバノ・ビサーリが負傷離脱したことにより、リーグ第3戦のアスレティック・ビルバオ戦でスターティングメンバーに抜擢。半月後にはビサーリに正GKの座を譲ることになったが、不安定なプレーを見せていたビサーリに代わって1999年12月より再びスターティングメンバーに名を連ねるようになった。負傷により長期離脱したイルクナーに代わってポジションを獲得し、歴代最年少の19歳4日でチャンピオンズリーグ決勝(バレンシア戦)に出場した。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

166件中 31 - 40件表示

「イケル・カシージャス」のニューストピックワード