166件中 41 - 50件表示
  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たディエゴ・ロペス・ロドリゲス

    その一方、緊張状態に陥っていたFCバルセロナとの和解のため、シャビやカルレス・プジョルら代表でのチームメイトに直接電話をかけ謝罪をしたと報じられたこと(実際はその電話の内容は口論であった)、恋人であるがクラブ内情を暴露したことなどから、ジョゼ・モウリーニョとの確執が発生。そんな中、2012-13シーズンには2013年1月23日のコパ・デル・レイ準々決勝のバレンシア戦にてアルバロ・アルベロアとの接触により左手を骨折し、長期離脱を余儀なくされる。負傷から復帰した後も、緊急補強されたディエゴ・ロペスが正GKに定着したため、出場機会が得られない状況が続いた。リーグ最終戦であるCAオサスナ戦では、ロペスが負傷していたのにも関わらずカシージャスは招集外となり、ヘスス・フェルナンデスがゴールを守った。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たセサル・サンチェス・ドミンゲス

    2000年にはプリメーラ・ディビシオン最優秀新人選手賞であるブラヴォー賞を獲得。同年夏にビサーリとの入れ替わりでセサル・サンチェスがレアル・バリャドリードから加入。彼とポジションを争うことになり、2001-02シーズン終盤にはポジションを奪われた。しかし、セサルは同シーズンのチャンピオンズリーグ決勝バイエル・レバークーゼン戦後半途中に負傷し、交代でピッチに立った。レバークーゼンの怒涛の攻撃に対してファインセーブを連発し(特に後半ロスタイム、決定的だった相手CKからのディミタール・ベルバトフの至近距離からのシュートをたて続けに防いだ)、2年ぶり9回目の優勝に貢献した。その後も銀河系軍団と呼ばれるチームにあって守備面で大きな貢献をし、チームの顔の1人となった。その後セサルは退団し、レアルマドリードの守護神として定着した。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たアンドニ・スビサレッタ

    EURO2008にはスペイン代表のキャプテンとして臨んだ。グループリーグのロシア戦とスウェーデン戦に出場し、安定感のあるセービングを見せたが、3戦目のギリシャ戦には控えのホセ・マヌエル・レイナが出場した。決勝トーナメント1回戦のイタリア戦はPK戦までもつれたが、アントニオ・ディ・ナターレとダニエレ・デ・ロッシのシュートを止めてPK戦を4-2で勝利し、スペイン代表が持っていた様々なジンクスを打ち破った。カシージャスの母親は、このPK戦を前にあまりの緊張からか気を失い、息子の勇姿を見逃した。グループリーグではズラタン・イブラヒモビッチに1失点しただけであり、準々決勝、準決勝、決勝の全てでクリーンシートを記録し、守備に安定感をもたらした。6月29日のドイツとの決勝を1-0で勝利し、スペインの44年ぶりの優勝に大きく貢献した。UEFA欧州選手権のトロフィーをキャプテンとして掲げた初のゴールキーパーとなり、ジャンルイジ・ブッフォンやエトヴィン・ファン・デル・サールと共にUEFA選定大会優秀選手に選ばれた。2008年10月、カシージャスとレイナの二人はアンドニ・スビサレッタとフランシスコ・ブーヨが作り、長い間破られることがなかったスペイン代表の連続無失点記録(710分)を更新した。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たカルロ・アンチェロッティ

    2013年夏にカルロ・アンチェロッティが監督に就任すると、アンチェロッティはロペスとカシージャスのローテーションを明言し、リーグ戦をロペス、チャンピオンズリーグ及びコパ・デル・レイをカシージャスと使い分けた。2013-14シーズンの初試合となったチャンピオンズリーグ、グループリーグのガラタサライSK戦でセルヒオ・ラモスとの接触プレーによる途中交代の不運もあったものの、ガラタサライSKとの2戦目でウムト・ブルトにゴールを奪われて以降9試合無失点に抑え、アベル・レシーノの持つスペインのクラブにおける無失点記録924分を28分上回った。チャンピオンズリーグで決勝まで進んだことを受け、アンチェロッティは試合の間隔を開けないためリーガでも2選手を併用し、レアル・バリャドリード戦とRCDエスパニョール戦に出場した。アトレティコ・マドリードとのダービーとなった決勝では、カシージャスのミスからディエゴ・ゴディンに先制点を許したものの、3度目となる欧州制覇を達成した。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たディノ・ゾフ

    EURO2012においても全ての試合にフル出場。グループリーグ緒戦のイタリア戦でディ・ナターレにゴールを決められるも、その後509分間ゴールを割らせず大会を通じての失点を1にとどめ、ディノ・ゾフの持つ欧州選手権無失点記録494分を更新した。決勝のイタリア戦では代表100試合勝利を達成し、ブッフォン、マヌエル・ノイアーと共にUEFA選定大会優秀選手に選ばれた。また、同年にはシャビと共にアストゥリアス皇太子賞のスポーツ部門を受賞した。2010年にスペイン代表として受賞して以来、自身2度目の受賞となった。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たフロレンティーノ・ペレス

    2015年7月11日、FCポルトへ移籍。表向きは加齢による衰えやシーズンの低パフォーマンスが理由だが、前述の通り、モウリーニョとの確執はその後フロレンティーノ・ペレス、アルバロ・アルベロア、シャビ・アロンソらとの確執をも生み出し、カシージャスは孤立無援の状態に追い込まれる。翌日に行われた退団会見においても、ペレスをはじめとしたクラブ関係者は姿を見せずカシージャス一人で行われ、事実上追放という形だった。チームメイトやFCバルセロナの選手、同世代で共に世界最高のGKと評されたブッフォンらからメッセージが届き、同年FCバルセロナからアル・サッドへ移籍したシャビは、レアル・マドリードのカシージャスに対する扱いを非難した。ポルトでは背番号12を与えられた。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たディエゴ・ゴディン

    2013年夏にカルロ・アンチェロッティが監督に就任すると、アンチェロッティはロペスとカシージャスのローテーションを明言し、リーグ戦をロペス、チャンピオンズリーグ及びコパ・デル・レイをカシージャスと使い分けた。2013-14シーズンの初試合となったチャンピオンズリーグ、グループリーグのガラタサライSK戦でセルヒオ・ラモスとの接触プレーによる途中交代の不運もあったものの、ガラタサライSKとの2戦目でウムト・ブルトにゴールを奪われて以降9試合無失点に抑え、アベル・レシーノの持つスペインのクラブにおける無失点記録924分を28分上回った。チャンピオンズリーグで決勝まで進んだことを受け、アンチェロッティは試合の間隔を開けないためリーガでも2選手を併用し、レアル・バリャドリード戦とRCDエスパニョール戦に出場した。アトレティコ・マドリードとのダービーとなった決勝では、カシージャスのミスからディエゴ・ゴディンに先制点を許したものの、3度目となる欧州制覇を達成した。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たディディエ・デシャン

    優れた反射神経を生かしたセービングで1対1の場面に強く、「世界最高のGK」の一人とされている。2011年にMARCAにて行われたスペイン歴代最高のGKを決めるアンケートにおいては、67.57%の得票率で歴代最高のGKに選ばれた。国際サッカー歴史統計連盟が発表した「21世紀のベストGK」では2位に選出された。また、UEFAチャンピオンズリーグ 2001-02決勝やUEFA EURO 2008準決勝のイタリア戦、2010 FIFAワールドカップ決勝のオランダ戦などに代表されるように大舞台に強い。ラウル・ゴンサレスのスペイン代表引退後はキャプテンを務め、UEFA EURO 2008および2010 FIFAワールドカップ、UEFA EURO 2012で優勝を手にした。フランツ・ベッケンバウアー、ディディエ・デシャンに次いで3人目となるワールドカップと欧州選手権の2大会で優勝トロフィーを掲げた選手である。レアル・マドリードのサポーターであるマドリディスタ (Madridista) からは聖イケル、サン・イケル (San Íker) と賞賛され、クラブでもラウルの退団後はキャプテンを務めている。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たゴードン・バンクス

    2009年10月4日のセビージャFC戦でスーパーセーブを披露し、往年の名GKであるゴードン・バンクスから「史上最高のGKの一人」と評された。11月25日のFCチューリッヒ戦で、11人目となるUEFAチャンピオンズリーグ通算100試合出場を達成した。国際サッカー歴史統計連盟が選ぶ2009年の最優秀ゴールキーパーとなり、歴代のランキングでも2位につけている 。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たベルント・シュスター

    2007年11月3日、セビージャとのアウェー戦当日の朝、カシージャスは当時監督のベルント・シュスターの許可を得てコンセントレーション(試合前泊)を離れ、3年に渡り脳腫瘍と戦う16歳の少女のもとを突然訪れた。少女はマドリディスタで、彼女にとってカシージャスは1番のアイドルであった。2人はしばらくの間会話をかわし、セルヒオ・ラモスにも会いたいという彼女の頼みを聞き入れ、彼を呼び出して彼も含めた交流を行った。その後、彼女が亡くなった後、棺にはカシージャスのユニフォームとチームのポスターが添えられた。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

166件中 41 - 50件表示

「イケル・カシージャス」のニューストピックワード