118件中 51 - 60件表示
  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たラシン・サンタンデール

    2008年には自身2度目のUEFAベストイレブンにも輝いた。彼にバロンドールを求める署名活動が起こり、1万人以上の署名が集まった。結果的に、クリスティアーノ・ロナウド、リオネル・メッシ、フェルナンド・トーレスに次ぐゴールキーパーとして最高位の4位に入った。2008-09シーズンにはリーグ戦全試合に出場した。2008年冬の移籍市場でマンチェスター・シティはカシージャス引き抜きの為に違約金として史上最高額となる約175億円を用意したが、カシージャスはこの申し出を断った。2009年2月7日のラシン・サンタンデール戦で、フランシスコ・ブーヨが保持していたクラブのゴールキーパー最多出場記録(454試合)を更新した。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たレアル・バリャドリード

    2000年にはプリメーラ・ディビシオン最優秀新人選手賞であるブラヴォー賞を獲得。同年夏にアルバノ・ビザーリとの入れ替わりでセサル・サンチェスがレアル・バリャドリードから加入すると、彼とポジションを争うことになり、2001-02シーズン終盤にポジションを奪われた。しかし、セサルは同シーズンのチャンピオンズリーグ決勝バイヤー・レバークーゼン戦後半途中に負傷し、カシージャスがピッチに立った。レバークーゼンの怒涛の攻撃に対してファインセーブを連発し(特に後半ロスタイム、決定的だった相手CKからのディミタール・ベルバトフの至近距離からのシュートをたて続けに防いだ)、優勝に貢献した。その後も銀河系軍団と呼ばれるチームにあって守備面で大きな貢献をし、チームの顔の1人となった。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たUEFA欧州選手権

    EURO2008にはスペイン代表のキャプテンとして臨んだ。グループリーグのロシア戦とスウェーデン戦に出場し、安定感のあるセービングを見せたが、3戦目のギリシャ戦には控えのホセ・マヌエル・レイナが出場した。決勝トーナメント1回戦のイタリア戦はPK戦までもつれたが、アントニオ・ディ・ナターレとダニエレ・デ・ロッシのシュートを止めてPK戦を4-2で勝利し、スペイン代表が持っていた様々なジンクスを打ち破った。カシージャスの母親は、このPK戦を前にあまりの緊張からか気を失い、息子の勇姿を見逃した。グループリーグではズラタン・イブラヒモビッチに1失点しただけであり、準々決勝、準決勝、決勝の全てでクリーンシートを記録し、守備に安定感をもたらした。6月29日のドイツとの決勝を1-0で勝利し、スペインの44年ぶりの優勝に大きく貢献した。UEFA欧州選手権のトロフィーをキャプテンとして掲げた初のゴールキーパーとなり、ジャンルイジ・ブッフォンやエドウィン・ファン・デル・サールと共にUEFA選定大会優秀選手に選ばれた。2008年10月、カシージャスとレイナの二人はアンドニ・スビサレッタとフランシスコ・ブーヨが作り、長い間破られることがなかったスペイン代表の連続無失点記録(710分)を更新した。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たサッカー大韓民国代表

    EURO2000のスウェーデン戦で、19歳と14日でスペイン代表デビューを果たした。しかし、試合ではピッチに立ってわずか11分で相手にPKを与えてしまった。2002年の日韓W杯のメンバー入りも果たし、正GKのサンティアゴ・カニサレスがアクシデントにより負傷したため、弱冠21歳にして正GKとして大会に臨んだ。アイルランド戦のPK戦では2回止め、一躍母国のヒーローとなった。日韓W杯の韓国戦でのセービングはFIFAによって歴代トップテンのセービングに選ばれた。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たバイヤー・レバークーゼン

    2000年にはプリメーラ・ディビシオン最優秀新人選手賞であるブラヴォー賞を獲得。同年夏にアルバノ・ビザーリとの入れ替わりでセサル・サンチェスがレアル・バリャドリードから加入すると、彼とポジションを争うことになり、2001-02シーズン終盤にポジションを奪われた。しかし、セサルは同シーズンのチャンピオンズリーグ決勝バイヤー・レバークーゼン戦後半途中に負傷し、カシージャスがピッチに立った。レバークーゼンの怒涛の攻撃に対してファインセーブを連発し(特に後半ロスタイム、決定的だった相手CKからのディミタール・ベルバトフの至近距離からのシュートをたて続けに防いだ)、優勝に貢献した。その後も銀河系軍団と呼ばれるチームにあって守備面で大きな貢献をし、チームの顔の1人となった。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たFIFAワールドユース選手権

    16歳の時にU-17スペイン代表に選ばれ、1997年にエジプトで行われたFIFA U-17ワールドカップで3位入賞した。U-17代表ではキャプテンも務めた。1999年にはFIFAワールドユース選手権とUEFA-CAF メリディアン・カップで優勝した(しかし、この時はダニエル・アランスビアが正GKだった)。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たサッカーパラグアイ代表

    EURO2008に続いてキャプテンとして出場した2010 FIFAワールドカップでは、初戦でスイスに敗れてしまうも、その後の2試合は勝利し、決勝トーナメントに進出。決勝トーナメント1回戦のポルトガル戦ではマドリーのチームメイトでもあるクリスティアーノ・ロナウドのFKを弾き出したり、準々決勝のパラグアイ戦ではオスカル・カルドソのPKをキャッチでセーブしたり、お互い史上初の優勝をかけた決勝のオランダ戦ではアリエン・ロッベンとの2度に渡る1対1の場面など多くのピンチがあったものの全てのシュートをセーブし、延長にもつれこみながらも1−0でスペイン代表史上初のワールドカップ優勝を果たした。ロッベンのシュートを阻止したシーンは、後にカシージャスが「最も思い出深く、誇りに思っているプレー」と語ることとなった。またこの試合ではアンドレス・イニエスタが決勝点を挙げると、カシージャスはまだ試合中にも関わらず顔を手で覆い涙を流した。決勝トーナメントの4試合を無失点に抑えたカシージャスは、レフ・ヤシン賞から名称を変えた大会最優秀GKであるゴールデングローブ賞の第1回受賞者となった。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たサッカースイス代表

    EURO2008に続いてキャプテンとして出場した2010 FIFAワールドカップでは、初戦でスイスに敗れてしまうも、その後の2試合は勝利し、決勝トーナメントに進出。決勝トーナメント1回戦のポルトガル戦ではマドリーのチームメイトでもあるクリスティアーノ・ロナウドのFKを弾き出したり、準々決勝のパラグアイ戦ではオスカル・カルドソのPKをキャッチでセーブしたり、お互い史上初の優勝をかけた決勝のオランダ戦ではアリエン・ロッベンとの2度に渡る1対1の場面など多くのピンチがあったものの全てのシュートをセーブし、延長にもつれこみながらも1−0でスペイン代表史上初のワールドカップ優勝を果たした。ロッベンのシュートを阻止したシーンは、後にカシージャスが「最も思い出深く、誇りに思っているプレー」と語ることとなった。またこの試合ではアンドレス・イニエスタが決勝点を挙げると、カシージャスはまだ試合中にも関わらず顔を手で覆い涙を流した。決勝トーナメントの4試合を無失点に抑えたカシージャスは、レフ・ヤシン賞から名称を変えた大会最優秀GKであるゴールデングローブ賞の第1回受賞者となった。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たサッカーイングランド代表

    U-15スペイン代表で、ウェンブリー・スタジアムで行われたイングランド戦で後半から出場。これが初めての代表戦であった。カシージャスはインタビューで、当時“フェラーリから地下鉄へ”と題するルポルタージュをしており、当時の監督から叱られたエピソードを語っている。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たFIFA最優秀選手賞

    FIFA最優秀選手賞とバロンドールが統合され、2010年からはFIFAバロンドールとして世界最優秀選手が発表されている。2010年には2010 FIFAワールドカップでの活躍が評価され、ディフェンスの選手としては最高位の7位にランクインした。2011年の投票でも、ディフェンスの選手としては最高位の9位にランクインした。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

118件中 51 - 60件表示

「イケル・カシージャス」のニューストピックワード