118件中 61 - 70件表示
  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たサッカーアルゼンチン代表

    2009年9月5日、2010 FIFAワールドカップ欧州予選ベルギー戦に5-0で勝利し、スビサレッタが保持するスペイン代表の無失点試合数56試合に並んだ。そして、9月9日のエストニア戦を無失点に抑え、新記録となる57回目の完封を達成した(カシージャスは98試合で57完封、スビサレッタは通算126試合で56試合完封)。11月14日にはアルゼンチンとの親善試合に出場し、ゴールキーパーとしては過去にスビサレッタしか果たしていないスペイン代表100試合出場を達成した。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たサッカーポルトガル代表

    EURO2008に続いてキャプテンとして出場した2010 FIFAワールドカップでは、初戦でスイスに敗れてしまうも、その後の2試合は勝利し、決勝トーナメントに進出。決勝トーナメント1回戦のポルトガル戦ではマドリーのチームメイトでもあるクリスティアーノ・ロナウドのFKを弾き出したり、準々決勝のパラグアイ戦ではオスカル・カルドソのPKをキャッチでセーブしたり、お互い史上初の優勝をかけた決勝のオランダ戦ではアリエン・ロッベンとの2度に渡る1対1の場面など多くのピンチがあったものの全てのシュートをセーブし、延長にもつれこみながらも1−0でスペイン代表史上初のワールドカップ優勝を果たした。ロッベンのシュートを阻止したシーンは、後にカシージャスが「最も思い出深く、誇りに思っているプレー」と語ることとなった。またこの試合ではアンドレス・イニエスタが決勝点を挙げると、カシージャスはまだ試合中にも関わらず顔を手で覆い涙を流した。決勝トーナメントの4試合を無失点に抑えたカシージャスは、レフ・ヤシン賞から名称を変えた大会最優秀GKであるゴールデングローブ賞の第1回受賞者となった。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たサッカーデンマーク代表

    1981年5月20日、公務員の父と美容師の母のもとに生まれる。子供の頃は内向的な性格で、当時憧れの選手はデンマーク代表のピーター・シュマイケルであった。1990-91シーズンにレアル・マドリードの下部組織に入団。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たフェラーリ

    U-15スペイン代表で、ウェンブリー・スタジアムで行われたイングランド戦で後半から出場。これが初めての代表戦であった。カシージャスはインタビューで、当時“フェラーリから地下鉄へ”と題するルポルタージュをしており、当時の監督から叱られたエピソードを語っている。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たリーガ・エスパニョーラ

    イケル・カシージャス・フェルナンデス(Íker Casillas Fernández、1981年5月20日 - )は、スペイン、モストレス出身のサッカー選手。リーガ・エスパニョーラ・レアル・マドリード所属。ポジションはGK。日本の報道ではカシリャスと表記されることもある(ジェイスモを参照)。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たバロンドール

    2008年には自身2度目のUEFAベストイレブンにも輝いた。彼にバロンドールを求める署名活動が起こり、1万人以上の署名が集まった。結果的に、クリスティアーノ・ロナウド、リオネル・メッシ、フェルナンド・トーレスに次ぐゴールキーパーとして最高位の4位に入った。2008-09シーズンにはリーグ戦全試合に出場した。2008年冬の移籍市場でマンチェスター・シティはカシージャス引き抜きの為に違約金として史上最高額となる約175億円を用意したが、カシージャスはこの申し出を断った。2009年2月7日のラシン・サンタンデール戦で、フランシスコ・ブーヨが保持していたクラブのゴールキーパー最多出場記録(454試合)を更新した。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見た2010 FIFAワールドカップ

    優れた反射神経を生かしたセービングで1対1の場面に強く、世界最高のGKの一人とされている。また、UEFAチャンピオンズリーグ 2001-02決勝やUEFA EURO 2008準決勝のイタリア戦、2010 FIFAワールドカップ決勝のオランダ戦などに代表されるように大舞台に強い。ラウル・ゴンサレスのスペイン代表引退後はキャプテンを務め、UEFA欧州選手権2008および2012、2010 FIFAワールドカップで優勝を手にした。フランツ・ベッケンバウアー、ディディエ・デシャンに次いで3人目となるワールドカップと欧州選手権の2大会で優勝トロフィーを掲げた選手である。レアル・マドリードのサポーターであるマドリディスタ(Madridista)からは聖イケル、サン・イケル(San Íker)と賞賛され、クラブでもラウルの退団後はキャプテンを務めている。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たモストレス

    イケル・カシージャス・フェルナンデス(Íker Casillas Fernández、1981年5月20日 - )は、スペイン、モストレス出身のサッカー選手。リーガ・エスパニョーラ・レアル・マドリード所属。ポジションはGK。日本の報道ではカシリャスと表記されることもある(ジェイスモを参照)。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たゴールキーパー (サッカー)

    イケル・カシージャス・フェルナンデス(Íker Casillas Fernández、1981年5月20日 - )は、スペイン、モストレス出身のサッカー選手。リーガ・エスパニョーラ・レアル・マドリード所属。ポジションはGK。日本の報道ではカシリャスと表記されることもある(ジェイスモを参照)。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たサッカースウェーデン代表

    EURO2000のスウェーデン戦で、19歳と14日でスペイン代表デビューを果たした。しかし、試合ではピッチに立ってわずか11分で相手にPKを与えてしまった。2002年の日韓W杯のメンバー入りも果たし、正GKのサンティアゴ・カニサレスがアクシデントにより負傷したため、弱冠21歳にして正GKとして大会に臨んだ。アイルランド戦のPK戦では2回止め、一躍母国のヒーローとなった。日韓W杯の韓国戦でのセービングはFIFAによって歴代トップテンのセービングに選ばれた。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

118件中 61 - 70件表示

「イケル・カシージャス」のニューストピックワード