118件中 71 - 80件表示
  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たUEFA EURO 2004

    EURO2004予選では6試合で4失点に抑え、ノルウェーとのプレーオフに勝利して本大会出場を決めた。本大会では全試合出場。2006 FIFAワールドカップには副キャプテンとして臨んだが、決勝トーナメント1回戦のフランス戦では先制したにも関わらず3失点し、1-3で敗れた。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たUEFA EURO 2012

    優れた反射神経を生かしたセービングで1対1の場面に強く、世界最高のGKの一人とされている。また、UEFAチャンピオンズリーグ 2001-02決勝やUEFA EURO 2008準決勝のイタリア戦、2010 FIFAワールドカップ決勝のオランダ戦などに代表されるように大舞台に強い。ラウル・ゴンサレスのスペイン代表引退後はキャプテンを務め、UEFA欧州選手権2008および2012、2010 FIFAワールドカップで優勝を手にした。フランツ・ベッケンバウアー、ディディエ・デシャンに次いで3人目となるワールドカップと欧州選手権の2大会で優勝トロフィーを掲げた選手である。レアル・マドリードのサポーターであるマドリディスタ(Madridista)からは聖イケル、サン・イケル(San Íker)と賞賛され、クラブでもラウルの退団後はキャプテンを務めている。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たアストゥリアス皇太子賞

    EURO2012においても全ての試合にフル出場。グループリーグ緒戦のイタリア戦でディ・ナターレにゴールを決められるも、その後509分間ゴールを割らせず大会を通じての失点を1にとどめ、ディノ・ゾフの持つ欧州選手権無失点記録494分を更新した。決勝のイタリア戦では代表100試合勝利を達成し、ブッフォン、マヌエル・ノイアーと共にUEFA選定大会優秀選手に選ばれた。また、同年にはシャビと共にアストゥリアス皇太子賞のスポーツ部門を受賞した。2010年にスペイン代表として受賞して以来、自身2度目の受賞となった。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たUEFA EURO 2008

    優れた反射神経を生かしたセービングで1対1の場面に強く、世界最高のGKの一人とされている。また、UEFAチャンピオンズリーグ 2001-02決勝やUEFA EURO 2008準決勝のイタリア戦、2010 FIFAワールドカップ決勝のオランダ戦などに代表されるように大舞台に強い。ラウル・ゴンサレスのスペイン代表引退後はキャプテンを務め、UEFA欧州選手権2008および2012、2010 FIFAワールドカップで優勝を手にした。フランツ・ベッケンバウアー、ディディエ・デシャンに次いで3人目となるワールドカップと欧州選手権の2大会で優勝トロフィーを掲げた選手である。レアル・マドリードのサポーターであるマドリディスタ(Madridista)からは聖イケル、サン・イケル(San Íker)と賞賛され、クラブでもラウルの退団後はキャプテンを務めている。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たUEFAチャンピオンズリーグ 2001-02

    優れた反射神経を生かしたセービングで1対1の場面に強く、世界最高のGKの一人とされている。また、UEFAチャンピオンズリーグ 2001-02決勝やUEFA EURO 2008準決勝のイタリア戦、2010 FIFAワールドカップ決勝のオランダ戦などに代表されるように大舞台に強い。ラウル・ゴンサレスのスペイン代表引退後はキャプテンを務め、UEFA欧州選手権2008および2012、2010 FIFAワールドカップで優勝を手にした。フランツ・ベッケンバウアー、ディディエ・デシャンに次いで3人目となるワールドカップと欧州選手権の2大会で優勝トロフィーを掲げた選手である。レアル・マドリードのサポーターであるマドリディスタ(Madridista)からは聖イケル、サン・イケル(San Íker)と賞賛され、クラブでもラウルの退団後はキャプテンを務めている。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たサモラ賞

    2007-08シーズンは実りの多いシーズンだった。ディフェンダーにファビオ・カンナヴァーロやペペら実力者が加入し、31度目のリーグ優勝を果たすと共に、36試合32失点に抑えてサモラ賞(最少失点率)のタイトルを初めて受賞。シーズン中の2008年2月14日には、2017年までの契約延長で合意に達し、最終シーズンに30試合以上に出場すると自動的に契約が延長されるという、いわゆる「生涯契約」にサインした。他クラブが彼を獲得する際の違約金は1億1300万ユーロに設定された。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たサッカーノルウェー代表

    EURO2004予選では6試合で4失点に抑え、ノルウェーとのプレーオフに勝利して本大会出場を決めた。本大会では全試合出場。2006 FIFAワールドカップには副キャプテンとして臨んだが、決勝トーナメント1回戦のフランス戦では先制したにも関わらず3失点し、1-3で敗れた。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見た銀河系軍団

    2000年にはプリメーラ・ディビシオン最優秀新人選手賞であるブラヴォー賞を獲得。同年夏にアルバノ・ビザーリとの入れ替わりでセサル・サンチェスがレアル・バリャドリードから加入すると、彼とポジションを争うことになり、2001-02シーズン終盤にポジションを奪われた。しかし、セサルは同シーズンのチャンピオンズリーグ決勝バイヤー・レバークーゼン戦後半途中に負傷し、カシージャスがピッチに立った。レバークーゼンの怒涛の攻撃に対してファインセーブを連発し(特に後半ロスタイム、決定的だった相手CKからのディミタール・ベルバトフの至近距離からのシュートをたて続けに防いだ)、優勝に貢献した。その後も銀河系軍団と呼ばれるチームにあって守備面で大きな貢献をし、チームの顔の1人となった。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たレアル・マドリード・カスティージャ

    1997年11月27日、高校在学中(16歳)にUEFAチャンピオンズリーグのローゼンボリ戦に招集されたが、トップチームデビューしたのは1998-99シーズンになってからだった。そのシーズンにレアル・マドリードCでテルセーラ・ディビシオンを優勝し、翌1999-2000シーズンにはレアル・マドリード・カスティージャのレギュラーになると同時にトップチームの第3GKも務めた。その後負傷により長期離脱したGKボド・イルクナーに代わってポジションを獲得し、歴代最年少の19歳4日でチャンピオンズリーグ決勝(バレンシア戦)に出場した。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たマンチェスター・シティFC

    2008年には自身2度目のUEFAベストイレブンにも輝いた。彼にバロンドールを求める署名活動が起こり、1万人以上の署名が集まった。結果的に、クリスティアーノ・ロナウド、リオネル・メッシ、フェルナンド・トーレスに次ぐゴールキーパーとして最高位の4位に入った。2008-09シーズンにはリーグ戦全試合に出場した。2008年冬の移籍市場でマンチェスター・シティはカシージャス引き抜きの為に違約金として史上最高額となる約175億円を用意したが、カシージャスはこの申し出を断った。2009年2月7日のラシン・サンタンデール戦で、フランシスコ・ブーヨが保持していたクラブのゴールキーパー最多出場記録(454試合)を更新した。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

118件中 71 - 80件表示

「イケル・カシージャス」のニューストピックワード