2832件中 51 - 60件表示
  • ホロコースト否認

    ホロコースト否認から見たイスラエルイスラエル

    ナチスによるホロコーストに関する主張には、パレスチナにユダヤ人の母国を建設することを可能にする連合国の意向を促進する意図があり、この主張は現在はイスラエル国家の政策、特にパレスチナ人を扱う政策に対する支持を獲得することに利用されている。事実、1970年代に中東戦争が発生して以来、ホロコースト論が語られるようになった。ユダヤ人を犠牲者、ドイツ人を悪魔のように扱うアングロサクソン、あるいはユダヤ人の陰謀がある。また、ドイツについての狂気じみた話を広めることでポーランドやチェコスロヴァキアといった関係国を脅してソ連による支配を受け入れさせることはソ連の利益になる。だが、ホロコーストが捏造であればイスラエルが崩壊するのなら、イランを支援していたソ連が第三次中東戦争の際、何故ホロコーストが捏造だとばらさなかったのか非常に不合理的である。イスラエルは、一貫してアメリカの支援を受けており、修正主義者によればホロコーストはすべてソ連が捏造したとされている。イスラエルに投入された資金の量とドイツからの賠償金だけでもイスラエルがこの陰謀を続けようとするだけの強力な誘因になる。だが、その陰謀の存在を証明する具体的な証拠は一切存在しない。ホロコースト否認 フレッシュアイペディアより)

  • ホロコースト

    ホロコーストから見たイスラエルイスラエル

    ドイツはホロコーストについて一切公式の発表をしなかったが、ドイツ占領下にある地域のユダヤ人が大量に消息を絶ったことは連合国にも漏れ伝わっていた。1942年5月のニューヨーク・タイムズ紙はバルカン半島において10万人のユダヤ人が殺害されたと報道し、6月26日のボストン・グローブ紙はポーランドにおいて70万人以上のユダヤ人が殺害されたと報じた。また、ロンドンのポーランド亡命政府もユダヤ人殺害に抗議を行っている。6月29日には世界ユダヤ人会議が100万人以上のユダヤ人が殺害されていると発表し、ナチス・ドイツによる「ユダヤ人絶滅計画」の存在を訴えた。世界ユダヤ人会議の報告書を見たアメリカにおけるユダヤ人指導者の一人スティーヴン・サミュエル・ワイズは、国務次官補に救済を求めた。11月24日、国務省はワイズに報告書が正しいと認め、ワイズはこの報告書を公表し、ホロコーストがアメリカで公式に知られるようになった。この報道はアメリカのユダヤ人社会に衝撃を与え、かねてから高まっていたシオニズム運動、つまりパレスチナでのユダヤ人「コモンウェルス」建設の動きを加速させ、アメリカ政府による「イスラエル建国」承認につながることとなった。12月17日には西側連合国が「ドイツ政府がヨーロッパにおいて野蛮なユダヤ人絶滅政策を行っている」と公式に批判したが、国際世論に与えた影響はほとんどなかった。ホロコースト フレッシュアイペディアより)

  • シリア

    シリアから見たイスラエルイスラエル

    シリア・アラブ共和国(シリア・アラブきょうわこく)、通称シリアは、中東・西アジアの共和制国家。北にトルコ、東にイラク、南にヨルダン、西にレバノン、南西にイスラエルと国境を接し、北西は東地中海に面する。首都はダマスカス。シリア フレッシュアイペディアより)

  • 第二次中東戦争

    第二次中東戦争から見たイスラエルイスラエル

    第二次中東戦争(だいにじちゅうとうせんそう、、)は、エジプトとイスラエル、イギリス、フランスがスエズ運河を巡って起こした戦争。シナイ作戦、スエズ戦争、スエズ危機、スエズ動乱とも呼ばれる。第二次中東戦争 フレッシュアイペディアより)

  • ダニエル・バレンボイム

    ダニエル・バレンボイムから見たイスラエルイスラエル

    ダニエル・バレンボイム(Daniel Barenboim, 1942年11月15日 ブエノスアイレス - )はアルゼンチン出身のユダヤ人ピアニスト・指揮者。現在の国籍はイスラエルダニエル・バレンボイム フレッシュアイペディアより)

  • ヨルダン内戦

    ヨルダン内戦から見たイスラエルイスラエル

    ヨルダンは中東において比較的穏健的現実路線を取っていた王国であったが、ヨルダン川西岸地区を占領するイスラエルと対立しており、国内に多数のパレスチナ難民を抱えていた。ヨルダンにとって3日間で敗北を喫した第三次中東戦争終結後、ヨルダン政府はPLOを支援してヨルダン川を越境攻撃したが失敗、以後ヨルダンはイスラエルに対して強硬手段をとることを諦め、現実路線に移ろうとした。ヨルダン内戦 フレッシュアイペディアより)

  • F-15 (戦闘機)

    F-15 (戦闘機)から見たイスラエルイスラエル

    当時は、一機当りのコストが約3,000万ドル(アメリカ空軍での単価)と高価な機体となったため、アメリカ空軍でもF-16との「Hi-Lo-Mix」運用を甘受することとなり、購入可能な国は経済力のある国に限られていた。それに加え輸出先も、その能力から政治的・軍事的に親密な国への売却に限られていた(F-22が開発され派生型F-15Eが輸出される頃には事情が変わる)。その結果、新造機からの運用はアメリカ空軍による877機の他イスラエル・日本・サウジアラビアの3ヵ国の合計356機(ライセンス生産を含む)、総計1,233機で終わった。とはいえ、F-4と共に冷戦下のアメリカ空軍とマクダネル・ダグラス社を代表する戦闘機といえる。F-15 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • LGBT史年表

    LGBT史年表から見たイスラエルイスラエル

    1963年  イスラエルが(実際には実施されていなかった)1936年イギリス統治時代に制定された法律の関連する条項の執行を拒否する裁判所の判決により事実上ソドミーと男性同士の性行為を非犯罪化する。LGBT史年表 フレッシュアイペディアより)

  • アヴィ・マザルト

    アヴィ・マザルトから見たイスラエルイスラエル

    アヴィ・マザルト(Avi Mazalto、1978年 - )はイスラエルの空手家で日本空手協会参段(指導員)、国際クラヴ・マガ協会とイタリア・クラヴマガ協会のクラヴ・マガインストラクター。戦闘経験者。アヴィ・マザルト フレッシュアイペディアより)

  • ルーマニアのユダヤ人の歴史

    ルーマニアのユダヤ人の歴史から見たイスラエルイスラエル

    18世紀までユダヤ人社会は小さなものであったが、1850年頃から増加し始め、特に第一次世界大戦後の大ルーマニア領土の確立後にさらに増えた。圧倒的多数の共同体は都会的な形態をとっていたにもかかわらず、田園地帯にも居住者のいる多様なコミュニティーで、ユダヤ人はルーマニア社会の中で宗教的迫害と人種差別の標的にされた。19世紀後半からユダヤ人問題()と市民権に対するユダヤ住民の権利との議論が戦わされ、ルーマニアでホロコーストの一部をなすジェノサイドが引き起こされたのだった。後にアリヤー () (イスラエルへの帰還運動)が盛んとなって、現在のルーマニアにあるユダヤ人社会の人口は劇的に減少した。ルーマニアのユダヤ人の歴史 フレッシュアイペディアより)

2832件中 51 - 60件表示

「イスラエル」のニューストピックワード