3945件中 81 - 90件表示
  • パレスチナ国

    パレスチナ国から見たイスラエルイスラエル

    ただし「国土」の一部であるヨルダン川西岸地区の6割に当たる地域(2001年時点)と東エルサレムはイスラエルに占領されており、首都機能はラマッラーが担っている。パレスチナ国 フレッシュアイペディアより)

  • 2000年の政治

    2000年の政治から見たイスラエルイスラエル

    イスラエル、レバノン南部の安全保障地帯から撤退開始。2000年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 迫撃砲

    迫撃砲から見たイスラエルイスラエル

    迫撃砲の主な口径は、60mm・81mm・82mm・107mm・120mmであり、で述べるように、各階梯に応じた口径のものが配備されている。現代でも実戦配備されている最大口径のものはロシアの240mm重迫撃砲2B8で、同国の自走迫撃砲である2S4チュリパンにも同砲が搭載されている。また、フィンランドやイスラエルには160mm重迫撃砲が存在する。迫撃砲 フレッシュアイペディアより)

  • アシュケナジム

    アシュケナジムから見たイスラエルイスラエル

    アシュケナジムとセファルディムは、今日のユダヤ社会の二大勢力である。アシュケナージは、ヘブライ語でドイツを意味する。イスラエルでは一般に、前者が白系ユダヤ人、後者がアジア人、南欧系及び中東系ユダヤ人を指す語として大雑把に使われる場合があるが、これはオスマン朝からイギリス委任統治期を経てイスラエル共和国建国後に至るユダヤ教の宗教行政において「オリエントのユダヤ教徒」(Yahudei ha-Mizrah)がセファルディムの主席ラビの管轄下に置かれていたことに起因する。しかし、それ以前の歴史や人種的にはっきりしたことは不詳で、現在も論争がたえない。アシュケナジム フレッシュアイペディアより)

  • ベルリン

    ベルリンから見たイスラエルイスラエル

    2010年12月現在、人口の13.5%に当たる457,806人は外国籍の人たちで190の異なった国に由来している。 外国人はトルコが104,556人、ポーランドが40,988人、セルビアが19,230人、イタリアが15,842人、ロシアが15,332人、フランスが13,262人、ベトナムが13,199人、アメリカが12,733人、ボスニア・ヘルツェゴビナが10,198人、イギリスが10,191人、クロアチアが10,104人、イスラエルが10,000人である。おおよそ人口の12.2%に当たる394,000人の市民は外国からの移民由来でドイツに帰化したかドイツで出生して市民権を得ている。 全人口の25-30%は外国由来である。ベルリン フレッシュアイペディアより)

  • シベリア航空機撃墜事件

    シベリア航空機撃墜事件から見たイスラエルイスラエル

    シベリア航空機撃墜事件とは、2001年10月に発生したウクライナ軍ウクライナ防空軍によるとされる民間航空機撃墜事件である。原因は演習をしていたウクライナ防空軍のミサイルが誤って旅客機を撃墜した過失であるとされるが、当該機がイスラエルから飛行していたこと、またアメリカ同時多発テロ事件の翌月に発生したため、新たなテロではないかと物議をかもした。シベリア航空機撃墜事件 フレッシュアイペディアより)

  • テルアビブ

    テルアビブから見たイスラエルイスラエル

    テルアビブ(, )は、イスラエルの人口第2位の都市である(第1位はエルサレム)。テル・アヴィヴ とも表記される。テルアビブ フレッシュアイペディアより)

  • F-16 (戦闘機)

    F-16 (戦闘機)から見たイスラエルイスラエル

    1981年6月7日にイスラエル空軍によるイラクの首都近郊の原子力発電所への航空攻撃作戦のバビロン作戦で参加し、1982年6月6日にレバノン南部のPLO拠点攻撃を目的にイスラエルがレバノン内戦に介入したガリラヤの平和作戦では、F-15と共にシリア空軍に対するベッカー高原の航空優勢を常に掌握していた。F-16 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • キリストの幕屋

    キリストの幕屋から見たイスラエルイスラエル

    「幕屋」とは、砂漠に住むイスラエルの民にとっての神が在する移動式の聖所のことである。キリストの幕屋 フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・ソロス

    ジョージ・ソロスから見たイスラエルイスラエル

    ジョージ・ソロスは多くの批判をアメリカの共和党とイスラエルの支持者に対して行ってきた。ジョージ・ソロス フレッシュアイペディアより)

3945件中 81 - 90件表示

「イスラエル」のニューストピックワード

  • ノーベル文学賞

  • 一丸となって次の場所へ

  • 夫婦の時もあったんですけど、気がついたらそういう時間がとても少なくなっていたが現状。