前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
497件中 1 - 10件表示
  • イスラーム建築

    イスラーム建築から見たイスラム世界イスラム世界

    アッバース朝滅亡の後に勃興し、あるいは衰退していったイスラム諸国は、特定の宗教施設、社会施設を導入し続けた。これについては、少なくともウマイヤ朝の成立からアッバース朝が滅亡するまでの間は、ローマ式の社会制度と建築施設を各地に建設し続けたローマ建築と状況はよく似ている。実際に、礼拝モスク、ミナレット、ミフラーブ、ムカルナスなどの施設はイスラーム建築の最も目立つ共通性となっている。イスラーム建築 フレッシュアイペディアより)

  • 文明の同盟

    文明の同盟から見たイスラム世界イスラム世界

    国連『文明の同盟』(The United Nations Alliance of Civilizations (UNAOC) )は、 2005年の第59回国際連合総会において、スペインの首相ホセ・ルイス・ロドリゲス・サパテロにより提案され、トルコの首相レジェップ・タイイップ・エルドアンが共同提案者の一人として発足した同盟である。異文化間対話、および宗際対話と協力を活発化することにより、過激主義を克服する国際的行動を推進することを目指している。とくに、西欧諸国とイスラム社会との間の緊張緩和に力を入れている。文明の同盟 フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパ世界

    ヨーロッパ世界から見たイスラム世界イスラム世界

    ヨーロッパ世界の形成はローマ帝国の東西分裂に伴い、西ローマ帝国の領域ではローマ教会が、東ローマ帝国の領域では正教会が大きな影響力を有しながら展開していった。地中海世界との比較では、地中海世界が領域としていた北アフリカ地域がイスラム世界に組み込まれ、喪失する一方、地中海世界の外であった東ヨーロッパ、北ヨーロッパをその領域に組み込んでいることである。この領域は現在「ヨーロッパ」と呼んでいる地域とほぼ一致する。ヨーロッパ世界 フレッシュアイペディアより)

  • ムジャーヒディーン

    ムジャーヒディーンから見たイスラム世界イスラム世界

    歴史的には、個々のムスリム(イスラーム教徒)たちがジハードに対する意識を常に持っていたわけではなく、むしろ近代に至ってイスラム世界に対する侵略に対抗する民衆の抵抗運動において、ムジャーヒド意識が発揮されてきた。19世紀にインドで起こった対英ジハード「ムジャーヒディーン運動」は、その代表的なものである。ムジャーヒディーン フレッシュアイペディアより)

  • ハラージュ

    ハラージュから見たイスラーム世界イスラム世界

    632年のムハンマドの死後、正統カリフ時代(632年-661年)と呼ばれる時代となるが、イスラーム世界は急速に拡大し、広大な領域を支配するようになった。ハラージュ フレッシュアイペディアより)

  • アミール

    アミールから見たイスラム世界イスラム世界

    アミール()は、イスラム世界で用いられる称号である。君主号のひとつとしても用いられる。アミール フレッシュアイペディアより)

  • アーガー・ハーン建築賞

    アーガー・ハーン建築賞から見たイスラム世界イスラム世界

    アーガー・ハーン建築賞(Aga Khan Award for Architecture (AKAA) )は、イスラム教イスマーイール派の分派・ニザール派の第49代イマームのアーガー・ハーン4世により1977年に創設された、イスラム社会の要求を満たす建築計画を対象とした建築の賞。賞の目的は、イスラム社会の要求と願望に対して、現代建築デザイン・公共住宅建設・まちづくり・共同体の育成と改善・建物の修復・再利用・街並み保存・ランドスケープデザイン(造景)・環境改善などの分野において優れた対処を示した建築計画を、顕彰し賞金を授与することにある。授賞式は3年ごとに開催され、複数の建築プロジェクトを選出し最高50万アメリカドルの賞金を授与している。アーガー・ハーン建築賞 フレッシュアイペディアより)

  • イブン・バットゥータ

    イブン・バットゥータから見たイスラム世界イスラム世界

    イブン・バットゥータ(、, アブー・アブドゥッラー・ムハンマド・イブン・アブドゥッラー・アッ=ラワーティー・アッ=タンジー、1304年2月24日/25日 - 1368年/69年)は、マリーン朝のベルベル人の探検家である。彼の旅行記『諸都市の新奇さと旅の驚異に関する観察者たちへの贈り物』( 、通称Rihla)にまとめられた広範にわたる旅行で知られ、30年間をかけ既知のイスラム世界、そして非イスラムの地を旅した。彼の旅した地には北アフリカ、アフリカの角、西アフリカ、東ヨーロッパ、中東、南アジア、中央アジア、東南アジア、中国が含まれる。イブン・バットゥータは史上最も偉大な旅行家の一人と考えられている。イブン・バットゥータ フレッシュアイペディアより)

  • ウサーマ・ビン・ラーディン

    ウサーマ・ビン・ラーディンから見たイスラム世界イスラム世界

    ウサーマは、ムハンマド・ビン・ラーディンの10番目の妻でシリア生まれのハミド・アル=アッタスの子(最初の男児)としてサウジアラビアのリヤドで生まれ育った。生年はウサーマ自身がアルジャジーラとのインタビューで1957年3月10日である、と述べている。アラブの部族社会では事業を拡大するためには事業を行う地域を支配する部族長の娘を嫁にもらわなければならず、ムハンマド・ビン・ラーディンは22回の結婚をし55人の子供を儲けることになったが、最初の妻以外はウサーマの母のように短期間で離婚している。ウサーマを始め妻子の大半は40代を過ぎて事業が拡大してからの子供たちである。ウサーマはその17番目の子である。ムハンマドは妻ハミドとウサーマ生誕直後に離婚、ハミドは同じ部族のムハンマド・アル=アッタスと再婚し新しい夫との間に4人の子を儲けた。ウサーマはその新しい兄弟の頭として成長した。このためウサーマはラディーン族ではなくアッタス族の社会で幼少期を過ごし実の父とは一緒に暮らしたことがない。敬虔なワッハーブ派ムスリムとして育てられ、世俗の学校に通ったがエリート教育がなされた。ウサーマの実父・ムハンマド・ビン・ラーディンはウサーマが10歳の時に飛行機事故で死亡している。ウサーマは高校時代にイスラム原理主義に触れたとも言われる。ウサーマは17歳の時、シリアのラタキアで最初の結婚をした(最初の妻とは2001年に離婚)。CNNによるとウサーマは他に4度の結婚歴があり、子供の数は20人を越える(子供らの多くは2001年以降、イランに亡命している)。ウサーマは、ジッダのキング・アブドゥルアズィーズ大学経済管理学部に入学するが、宗教や詩作に向かいクルアーンやジハードの研究に没頭した。慈善活動に精力的に参加する一方、バーナード・モントゴメリーなどの軍記物を好んで読んだ。ウサーマはムスリム同胞団に加入、サイイド・クトゥブの思想に引き付けられる。さらに同大学で教鞭をとっていたムスリム同胞団のアブドゥッラー・アッザームの教えを受け、師と仰ぐようになった。ウサーマは自身に影響を与えた人物として、クトゥブとアッザームの名を挙げている。ウサーマはシャリーアの復権だけがイスラム世界を正しい道に導き、社会主義・共産主義・民主主義・国民主義・汎アラブ主義などは打倒されるべき対象であると述べている(後年、「ムハンマド・オマル支配下のアフガニスタンだけが唯一のイスラム国家である」とも述べている)。従って反セム主義でシーア派・スーフィズムを異端であると攻撃対象にする思想が形成された。イスラエルの後見人というだけでなく、退廃的で堕落的な文化と規定して反米であった。厳格なサラフィー主義から、ウサーマは音楽や映画などにも不寛容であった。一方でウサーマは乗馬とサッカーをするのを非常に好んだ。ウサーマは、1979年に大学で学位取得後、少しの間、クルアーンの規定の遵守を監督する勧善懲悪委員会(ムタワ)に勤務していた。ウサーマ・ビン・ラーディン フレッシュアイペディアより)

  • 反米

    反米から見たイスラム世界イスラム世界

    冷戦後の、アラブ諸国やイスラム諸国への軍事介入、「民主化」「二大政党制」(=政治のアメリカ化)、「グローバル化」「新自由主義」(=経済のアメリカ化)、「親米化」(文化のアメリカ化)。反米 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
497件中 1 - 10件表示

「イスラム社会」のニューストピックワード