353件中 91 - 100件表示
  • カレンダー

    カレンダーから見たイスラーム圏イスラム世界

    日本のカレンダーは太陽暦を採用しているが、世界には他の暦法を使用している国もあり、それらの暦法においては当然カレンダーの形式もかわってくる。有名なものとしてはヒジュラ暦を用いたものがあり、イスラーム圏のカレンダーの多くは右の列から曜日が振られている。国によっては複数の暦法を採用したものもある。カレンダー フレッシュアイペディアより)

  • 寄付

    寄付から見たイスラム世界イスラム世界

    こうした格差は、宗教観・社会意識・税制の違いに起因すると考えられている。また、アメリカは所得格差・資産格差が日本に比べ大きく、小さな政府志向のため医療保険制度など公的福祉が未整備のため、民間による所得の再分配の重要度が高いことも要因になっているが、たとえば日本や諸外国に比べてジニ係数が非常に高く、ほとんど再分配がなされていない。アメリカの他、一部の欧米諸国やイスラム諸国、タイ王国など、敬虔な信徒の多い国・地域では社会活動に占める寄付の役割が非常に大きい。寄付 フレッシュアイペディアより)

  • 両替商

    両替商から見たイスラム世界イスラム世界

    同じ様な両替商は、日本以外の国々にも存在した。むしろ、陸上・海上交通によって自国・外国間の貨幣の流入・流出が盛んであったヨーロッパ・イスラム世界・中国などでは日本よりも以前から両替商の活動が記録されている。両替商 フレッシュアイペディアより)

  • テクノロジー史

    テクノロジー史から見たイスラム世界イスラム世界

    8世紀ごろから、イスラム世界では農業の根本的な転換があり "Muslim Agricultural Revolution" あるいは "Arab Agricultural Revolution" などと呼ばれている。パクス・イスラミカなどと呼ばれた時代にイスラム教徒の貿易業者が旧世界中で貿易を行い、それによって世界各地の農産物や農耕技法が別の地域に拡散していき、イスラム世界各地で新たな農産物が栽培され、新たな農耕技法が使われるようになった。この時代の農産物の拡散と農耕の機械化により、経済や人口の分布や植生の分布に大きな変化が起こった。農業生産量と収入が増大し、人口が増え、都市化が進み、それに関連して産業が起こり、料理や被服などの生活面でも変化が起きた。テクノロジー史 フレッシュアイペディアより)

  • キングダム/見えざる敵

    キングダム/見えざる敵から見たイスラム世界イスラム世界

    アクションシーンやカーチェイスシーンにおける評価が高い一方、「イスラーム過激派への対テロ戦争の歴史修正主義だ」「アメリカのイスラム恐怖症が表れた作品」「イスラム世界の反米感情を煽っている」といった批判も見られた。キングダム/見えざる敵 フレッシュアイペディアより)

  • 暦法

    暦法から見たイスラム世界イスラム世界

    なお、イスラム暦の1年は太陽暦の1年よりも11日程短いために、イスラム暦以外の世界から見ると毎年年始の暦日が早まってるように見える。特にラマダーン(9番目の月)は日中の断食を伴うために、その日付を知らずに非イスラム教徒がイスラム世界を訪問したときに食事をめぐってトラブルとなる場合がある。暦法 フレッシュアイペディアより)

  • ワズィール

    ワズィールから見たイスラム世界イスラム世界

    ウマイヤ朝時代以前には存在せず、アッバース朝時代に入ってから任命されるようになった。11世紀前期のイスラム法学者アル=マーワルディーは、ワズィールには無制限の権限を持つものと権限に制限を受けるものがあると指摘している。後者の形式がワズィールの初期の形であり、当初は単なるカリフの私的秘書官あるいは相談役・補佐役に過ぎなかったが、アッバース朝の官僚システムが肥大・複雑化した9世紀頃から、文官を指揮する責任者としての権限を拡大し、カリフの名において官吏を任免して諸官庁の監督し、ハラージュ地および私領地からの徴税、最高裁判所の判事などの業務を担当するようになり、前者の性格を持つウィザーラ・アッタフィーズ(Wizāra al-Tafīz)(大執政)と呼ばれるようになった。これはフランク王国における宮宰に相当するものであった。ただし、後者の系統を引き、皇子や将軍などに仕える書記官僚の筆頭としてのワズィールも依然として存在した。ワズィールの職務は行政全般に関する高度な知識を必要とするため、特定の家系が同職を排他的に独占しようとする傾向も見られたが、政治的な争いに巻き込まれることも多く、長期政権を維持した例は少ない。これはワズィールが国制上地位ではなく、カリフの個人的な信任を背景としていることに大きな要因があり、カリフの信頼を失えばたちまち失脚した。これは同様にカリフを補佐したハージブ(侍従)やライース・アルジャイシュ(大将軍)などとも共通している。更に10世紀中期のカリフ・ラーディーの時代にアミール・アル=ウマラー(Amīr al-Umara)(大執政)が台頭してワズィールの権限を奪った。更に各地に軍事政権が樹立されるようになると、おのおのの文官の統率者・執政官をワズィールと称した(ただし、ファーティマ朝後期のように軍人のワズィールも存在した事例がある)。その後、セルジューク朝の支援を受けたアッバース朝においてワズィールが実権を回復させるものの、カリフの没落とともにその地位の実質も喪失した。その後、イスラム世界を支配したオスマン朝でも14世紀前期以後にワズィールが設置されたが、最大定員は7名までとされて、筆頭である大宰相をウル・ヴェジール(Ulu Wezīr)、その他の執政をクッベ・ヴェジール(Qubbe Wezīr)と呼んで区別した。ワズィール フレッシュアイペディアより)

  • 隻腕

    隻腕から見たイスラム圏イスラム世界

    近年は、どの国でも廃止される傾向にあるが、身体刑として四肢の切断がなされる場合もある。イスラム圏では現在でも窃盗犯人に対し、二度と盗みができなくするように手首から先を切断することが現在でも行われている。隻腕 フレッシュアイペディアより)

  • アラベスク

    アラベスクから見たイスラム世界イスラム世界

    アラベスク形式の幾何学的文様を用いた芸術作品は、イスラム世界でも、黄金時代(750年ころ - 1200年ころ)を迎えるまでは広く使用されていなかった。イスラム黄金時代には、バグダードの知恵の館では古典古代のギリシャ語やラテン語のテキストがアラビア語に翻訳されていた。また後のヨーロッパのルネサンスのように、数学、科学、文学、歴史などの研究がイスラム世界に大々的に広まり、プラトンや、とりわけユークリッドの著作が教養人の間で人気を博した。アラベスク フレッシュアイペディアより)

  • 君主号

    君主号から見たイスラム世界イスラム世界

    欧州キリスト教世界とイスラム世界、そして中華文明圏においては文明、民族、国家の体制が大きく異なり、君主号とその成立過程も大きく異なるが、君主号において「皇帝」号を最高の称号とする点においては共通している。もっとも、「皇帝」号とは中華文明特有の称号であり、ヨーロッパの「皇帝」号は、通常の国王よりも優位にある君主号を皇帝と意訳したものに過ぎない。君主号 フレッシュアイペディアより)

353件中 91 - 100件表示

「イスラム社会」のニューストピックワード