497件中 91 - 100件表示
  • ソフト・パワー

    ソフト・パワーから見たイスラム世界イスラム世界

    ソフト・パワーとは、軍事力や経済力などの他国を強制し得るハード・パワーと対置する概念であり、アメリカの対外政策のあり方・手法として生まれた概念である。アメリカ国内においてソフト・パワーという考え方が唱えられた背景には、ブッシュ政権以降のアメリカの中東政策による、国際的な批判の高まりによるところが大きい。2001年、オサマ・ビン・ラディン率いるアルカーイダによるアメリカ同時多発テロ事件を契機として、アメリカがイラクに対する核兵器保有疑惑やテロリスト支援国の疑いがあることを理由にはじめたイラク戦争、また、その後のイラクの戦後統治などにおいて行った一連の政策が、圧倒的な軍事力を背景にした強硬なものであるという国際社会からの批判や、中東やイスラム圏を中心とした反米感情の広がり、またそれを背景にしたテロリズムの頻発やその被害に悩む中で、その事態の打開のための手法として提唱されるようになった。ソフト・パワー フレッシュアイペディアより)

  • ファーティマ

    ファーティマから見たイスラム圏イスラム世界

    ムハンマドは常々ハディージャは自分にとって最高の女性だったと述べていた。そのこともあってかファーティマはムハンマドに可愛がられ、ハサンとフサインもムハンマドに可愛がられたとのことである。ムハンマドがファーティマ、アリー、ハサン、フサインを挙げて、彼らこそ自分の家族であると述べたという逸話が存在する。このような由縁により、ファーティマの手と呼ばれる護符の崇拝などが後世への影響として見られる外、今日でもイスラーム圏では「ファーティマ」は女性の名前として好まれており、さまざまな地域の口語アラビア語や土着言語に取り入れられ、ファートマ、ファートゥマ(日本ではファツマと表記されることもある)、ファーテメ(ペルシア語)などさまざまな形に変化している。ファーティマ フレッシュアイペディアより)

  • ギリシャのイスラム教

    ギリシャのイスラム教から見たイスラム世界イスラム世界

    主にオスマン帝国時代のクレタ島やイピロス、マケドニア西部の他、現在のギリシャ北部の東マケドニア・トラキアにおける数多くの土着民に見受けられる。近年ではイスラム世界出身の移民がアテネに居住。ギリシャのイスラム教 フレッシュアイペディアより)

  • ハーキム

    ハーキムから見たイスラム世界イスラム世界

    ハーキム(?????? ???? ???? al-Hākim bi-Amr Allāh, 985年 - 1021年2月13日)は、エジプトを支配するファーティマ朝の第6代カリフ(在位996年10月14日 - 1021年2月13日)。第5代カリフ、アズィーズの子。冷酷な専制君主にして公正な名君であり、数々の奇行で名を残すなど、イスラム世界の歴史のうちでも特に際立った個性の持ち主として知られる。ハーキム フレッシュアイペディアより)

  • 農書

    農書から見たイスラーム圏イスラム世界

    農書の成立は、日本・中国・朝鮮・琉球(沖縄)などの東アジア諸地域のみならず、西アジアやヨーロッパなどでも確認される。これらの農書には大まかに見て2つの系列が存在し、第一は中国農書の強い影響のもと朝鮮・日本・琉球の農書が成立する流れ、第二の系列はヨーロッパ古典古代からイスラーム圏の農書および中世以降のヨーロッパ農書への影響である(17世紀以降はヨーロッパ伝来の農業技術が中国・日本の農書に一定の影響を与えることになる)。農書 フレッシュアイペディアより)

  • 生き埋め

    生き埋めから見たイスラム世界イスラム世界

    また、日本で行われていた石子詰めは、地面に穴を掘って、首から上が地上に出るよう受刑者を埋め、周囲に多くの小石を入れて圧殺するものであった。古代オリエント世界で一般的に行われ、今日でも一部のイスラム教国で行われ続けている石打ちは、下半身を生き埋めにして、動きが執れない状態の受刑者に対して大勢の者が石を投げつけて死に至らしめる処刑法である。鋸挽きという刑罰は、受刑者の首を鋸で切断するという処刑方法であるが、日本で行われていた鋸挽きの場合、首から下を土中に埋める形で受刑者を生き埋めにすることもあった。生き埋め フレッシュアイペディアより)

  • タンス・チルレル

    タンス・チルレルから見たイスラム教国イスラム世界

    1946年、イスタンブル生まれ。英語で講義を行うトルコの名門校ロバート・カレッジ(現在のボアズィチ大学(ボスポラス大学))を卒業した後、米イェール大学大学院に留学し、1970年にコネティカット大学で経済学により博士号を取得した。1974年より母校ボアズィチ大学経済学部教授に就任、1990年にスュレイマン・デミレル元首相の誘いでデミレル率いる中道右派政党正道党に入党、直ちに経済担当副党首に起用され、翌1991年にはイスタンブル選挙区から正道党所属の国会議員に初当選し、デミレル内閣の元で経済担当国務相に任命された。1993年、トゥルグト・オザル大統領が死去し、デミレル首相が後任大統領に選出されたのに伴い行われた臨時党大会で対立候補を抑えて党首に選出、同年6月13日に正道党党首を引き継ぎ、翌14日に連立内閣を組閣して首相に就任した。当時のトルコは経済状況が悪化に向かっており国是の欧州連合(EU)加盟の障害となりつつあったために、経済問題と英語を得意とし、またトルコで初めての女性首相としてしばしば女性差別などとマイナスの見方をされやすいイスラム教国のイメージを打開するのにも効果があるチルレルが起用されたものである。タンス・チルレル フレッシュアイペディアより)

  • 文化的自由

    文化的自由から見たイスラム世界イスラム世界

    伝統文化を保護することは重要だが、イスラム世界での女性差別による女児修学の否定などは文化的自由の選択度を著しく低下させるものであり、国連による女子に対するあらゆる形態の差別の撤廃に関する条約や国際連合児童基金(UNICEF)が児童の権利に関する条約を根拠に改善を試みている。文化的自由 フレッシュアイペディアより)

  • ジョルジュ・キャンディリス

    ジョルジュ・キャンディリスから見たイスラム圏イスラム世界

    ジョルジュ・キャンディリス(Georges Candilis、1913年3月29日 - 1995年5月10日)はギリシャ系フランス人の都市計画家・建築家。チーム・テンのメンバーとして、1950年代からミッシェル・エコシャールらと集合住宅やCIAMを通じてモロッコ・フェスなどおもに中東や北アフリカなどイスラム圏の国の都市計画を手がける。ジョルジュ・キャンディリス フレッシュアイペディアより)

  • ヤスミナ・カドラ

    ヤスミナ・カドラから見たイスラーム世界イスラム世界

    初期は推理小説を書いていたが、やがてイスラーム世界の問題を題材とするようになる。小説 Morituri は、テロ事件での体験をもとにしているが、事件当時の記憶が1ヵ月近く欠落しており、どのように執筆したかを覚えていないという。また、『カブールの燕たち』、『テロル』、Les sirènes de Bagdad(未訳)の3冊では、アフガニスタン、パレスチナ、イラクを舞台に原理主義を重要なテーマとして描き、『テロル』はゴンクール賞の最終候補作にもなった。カドラは、自らの作品によって、原理主義者やテロリストにも彼らなりの哀しみがあることが理解されるようになってきたと述べている。また、原理主義によって最もダメージを受けているのは、ムスリムであると考えている。ヤスミナ・カドラ フレッシュアイペディアより)

497件中 91 - 100件表示

「イスラム社会」のニューストピックワード

  • ブリヂストン×オリンピック×パラリンピックaGOGO!in那須塩原

  • ソフトバンク森プロ野球タイ記録

  • ヤフオクドームソフトバンク森