497件中 101 - 110件表示
  • メリトクラシー

    メリトクラシーから見たイスラム世界イスラム世界

    一方、前近代からメリトクラシーが行われていた社会もある。たとえば、伝統的に出自よりも学識を重視し、科挙を行っていた中国社会は、その典型例である。また、イスラム世界では、マムルークやイェニチェリのような非血縁的集団が支配層を形成することが多く、やはりメリトクラシーの傾向が見られた。メリトクラシー フレッシュアイペディアより)

  • カーディー

    カーディーから見たイスラーム世界イスラム世界

    カーディー( qā?ī )とは、イスラーム世界における裁判官である。イスラーム政権の統治者からの権限の委譲を受けて、裁判などの法的裁定に対してシャリーア(イスラーム法)に基づいた適用を職務としていた。カーディー フレッシュアイペディアより)

  • フセイン

    フセインから見たイスラム世界イスラム世界

    正則アラビア語の「フサイン」(??????? ?usayn)とは、「善い」「美しい」を意味する「ハサン」の縮小辞にあたる。現代ペルシア語では「ホセイン」hosein、トルコ語では「フュセイン」 Hüseyin などと発音される。イスラーム・シーア派の第3代イマームで預言者ムハンマドの孫にあたるフサイン・イブン・アリーにちなんで、イスラム世界では広く用いられている。派生系にフサイニーがある。フセイン フレッシュアイペディアより)

  • ピール・ムハンマド

    ピール・ムハンマドから見たイスラム圏イスラム世界

    ピール・ムハンマドは、イスラム圏の男性名。ピール・ムハンマド フレッシュアイペディアより)

  • ルーホッラー

    ルーホッラーから見たイスラム圏イスラム世界

    ルーホッラー(ロフラとも、Ruhullah、Ruhollah、 Rohullah、アラビア語:???????? Rū? Allāh, Rū?-u-'llāh ;ペルシア語 Rūhollāh)は、イスラム圏でイスラム教徒に与えられた男性名。アラビア語で「アッラーの魂、精神」ほどの意味。フスハーに準拠すれば「ルーフッラー(フ)」(Rū?-u-'llāh)であり、「ルーホッラー」(Rūhollāh)と主格語尾が -o- になるのはペルシア語読みに基づく。ルーホッラー フレッシュアイペディアより)

  • アーザム・ジャー

    アーザム・ジャーから見たイスラーム世界イスラム世界

    1931年11月14日、オスマン帝国の皇女でイスラーム世界最後のカリフの娘でもあるデュルリュシェフヴァル・スルタンと、南仏のニースで結婚した。デュルリュシェフヴァル・スルタンと仲はとてもよく、2人の息子にも恵まれた。アーザム・ジャー フレッシュアイペディアより)

  • 君主号

    君主号から見たイスラム世界イスラム世界

    「皇帝」号は国王の持つ称号の一種である。本来「皇帝」とは中華文明特有の称号であり、他文明での「皇帝」は、通常の国王よりも優位にある国王の称号を「皇帝」と意訳したものに過ぎない。欧州キリスト教世界とイスラム世界、そして中華文明圏においては文明、民族、国家の体制が大きく異なり、君主号とその成立過程も大きく異なる。君主号 フレッシュアイペディアより)

  • 喫煙具

    喫煙具から見たイスラム教国イスラム世界

    水たばこ - アラビアで発明され、イスラム教国で大成した喫煙具を云う。喫煙具 フレッシュアイペディアより)

  • ズルフィカール・アリー・ブットー

    ズルフィカール・アリー・ブットーから見たイスラム諸国イスラム世界

    1963年に外相となり、それまでの西側寄り政策を転換し、アメリカ合衆国と一線を画して中華人民共和国やサウジアラビアとの軍事・経済協力関係を結ぶとともに領土問題を決着させ、東南アジア条約機構からは離脱した。また他のイスラム諸国との関係を緊密にし、非同盟路線を進めた。1965年、カシミール領有権をめぐりインドとの軍事衝突が起きた(第二次印パ戦争)。ブットーはインドを非難したが、両国はアメリカ、イギリス、ソ連などの圧力により、国連の仲介する停戦に同意した。ブットーはアイユーブ・ハーンとともに和平交渉に赴き、両国の捕虜交換と撤兵に合意したが、国内世論はこれに反発し、ブットーもアイユーブ・ハーンに対して批判的になり、1967年には辞任して公然と政権を批判し、ラホールでパキスタン人民党を結成した。ズルフィカール・アリー・ブットー フレッシュアイペディアより)

  • ヘラート

    ヘラートから見たイスラム世界イスラム世界

    8世紀にウマイヤ朝にとってかわったアッバース朝のもとではイスラム教を受容したイラン系の原住民が都市の主導的な役割を再び握るようになり、東方イスラム世界を代表する貿易都市のひとつとして栄えた。アッバース朝が衰え中央アジアでイスラム諸王朝の興亡が激しくなるとヘラートの支配者もめまぐるしく交代したが、12世紀の後半にもともとヘラートの東方にあたるハリー・ルード川上流の山岳地帯の地方王朝であったゴール朝がヘラートを奪取。ゴール朝の最盛期を築いたギヤースッディーン・ムハンマドはヘラートを事実上の首都とし、1201年に現存する金曜モスクを建立するなど、ヘラートの繁栄は一度目の頂点に達した。ヘラート フレッシュアイペディアより)

497件中 101 - 110件表示

「イスラム社会」のニューストピックワード