497件中 111 - 120件表示
  • アル=アーディル

    アル=アーディルから見たイスラム世界イスラム世界

    通常「スルターン・(アル=マリク・)アル=アーディル」などと称される。「アーディル(?????? Al-Ādil)」とはアラビア語の原義では「公正なる者」を意味する。イスラム社会の政治的理念によれば、君主やウンマを統括するような政治的指導者の必須の徳目としてアドル(???; adl)「公正(たること)」が第一に挙げられている。アル=アーディル フレッシュアイペディアより)

  • 築山力

    築山力から見たイスラム諸国イスラム世界

    築山 力(つきやま つとむ、1921年7月30日?1981年5月14日、サリーム築山)は、戦前戦後を通じてアジア・イスラム諸国との善隣友好に尽くした人物である。築山力 フレッシュアイペディアより)

  • フランキ砲

    フランキ砲から見たイスラーム圏イスラム世界

    フランキ(仏狼機)とはフランク人(、)の転訛で、元来はイスラーム圏からカロリング朝フランク王国によって中世初期に再生されたカトリック圏西方ローマ帝国政権とその正統原理を受け継ぐ西ヨーロッパ継承国家群を東方から見て呼んだ呼称(対する東方正教東ローマ帝国圏に対する呼称がローマに語源を有するルーム)であり、こうした西アジア・南アジア〜中央アジアといった中央ユーラシア勢力経由でこのフランク系西ヨーロッパ勢力の知識を得た中国や日本では特に16世紀になって東シナ海海上交易圏に割り込んできたポルトガル人やスペイン人といったイベリア半島カトリック諸国を意味した(「南蛮人」とほぼ同義)。フランキ砲 フレッシュアイペディアより)

  • 地名集

    地名集から見たイスラム世界イスラム世界

    近代以前のイスラム世界では地名集が作成されていた。サファヴィー朝の製図家は地方に関する地名集を作成していた。地名集 フレッシュアイペディアより)

  • ピーリー・レイースの地図

    ピーリー・レイースの地図から見たイスラム世界イスラム世界

    地図に付された文によると、この地図は1513年に作成され、1517年にエジプトを征服したセリム1世に献呈された。ピーリー・レイースは、総計で33枚の地図を参考にしたという。ピーリー・レイースが地図を描くにあたって参考にした情報源には、イスカンダル王(紀元前4世紀のアレクサンドロス大王のこと)の時代から伝わるものを含んでいたともいわれる。8枚はイスラム世界の地理学者のもの、4枚はポルトガルの航海者の作成したもの、1枚はコロンブスの新大陸地図であるといい、残り20枚の詳細は明らかにされていない。ピーリー・レイースの地図 フレッシュアイペディアより)

  • ザムザムの泉

    ザムザムの泉から見たイスラム世界イスラム世界

    古くからマッカの貴重な水源であり、イスラム社会においては聖なる泉とされている。ザムザムの泉から湧き出る水はザムザムの水と呼ばれ、イスラム教における聖水のようなものとして扱われている。巡礼に来たムスリムは の儀式が終わるとザムザムの水を飲むのが通例とされている。この水は販売目的での国外への持ち出しはサウジアラビアの法律によって禁止されているが、巡礼者が個人的に持ち帰る分には自由であり、巡礼者の代表的な土産物になっている。マッカの周囲にはザムザムの水を売る店が多数ある。一部の航空会社ではザムザムの水の機内持込に関して荷物の重量制限から一部除外するなど特別な規定を設けているところがある。ザムザムの泉 フレッシュアイペディアより)

  • トルコ音楽

    トルコ音楽から見たイスラム世界イスラム世界

    トルコ古典音楽と呼ばれるかつてのオスマン帝国の宮廷音楽は、アラブ音楽やイランの音楽などイスラム世界伝統の宮廷音楽を受け継いだ芸術性の強い音楽である。メヴレヴィー教団の儀式の音楽など宗教音楽とも関連が深い。トルコ音楽 フレッシュアイペディアより)

  • ウズベキスタンの歴史

    ウズベキスタンの歴史から見たイスラム世界イスラム世界

    サファヴィー朝との戦争は、ウズベク人の中央アジアの他のイスラム世界からの文化的孤立を招いた。これらの問題に加えて、北部ステップ地域から侵入する遊牧民との闘争が続いた。17-18世紀、カザフ・ハン国とジュンガルが立て続けにウズベクの諸ハン国に侵入し、その後暫く続く被害と混乱の原因となった。18世紀初めにブハラ・ハン国は肥沃なフェルガナ地域を失い、コーカンドに新たなウズベク国家(コーカンド・ハン国)が建国された。ウズベキスタンの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ヴァルヴァラ・レプチェンコ

    ヴァルヴァラ・レプチェンコから見たイスラム教国イスラム世界

    エンジニアの父ペトルと数学の学位を持つ会計士の母ラリサの間に二人姉妹の長女として生まれ、父の指導の下7歳からテニスを始めた。ヴァルヴァラの才能はすぐに開花し将来を期待されるジュニア選手の一人となったが、一方でソビエト連邦からの独立直後であった1990年代当時のウズベキスタンは国民の平均月収は月額20USドルで推移し社会不安が増大する不安定な状況にあり、レプチェンコ一家も他の一般国民と同様に国外大会への遠征を行えるほどの金銭的余裕も無く、加えてイスラム教国のウズベキスタンにおいて一家は少数派の正教徒の家系であった為、宗教的/民族的迫害にも晒されていた。このため当時のヴァルヴァラにとってプロ選手としての成功を掴むことは非常に遠い夢物語でしか無かった。ヴァルヴァラ・レプチェンコ フレッシュアイペディアより)

  • ノース・サンダー演習

    ノース・サンダー演習から見たイスラム世界イスラム世界

    ノース・サンダー演習(ノース・サンダーえんしゅう、 ムナーワラート・ラアド・アッ=シャマール、)は、サウジアラビア王国で開催され約20ヶ国のアラブ・イスラーム諸国が参加した合同軍事演習である。2016年の2月から3月にかけて、特にアラブ首長国連邦、トルコ、エジプト、バーレーン、スーダン、ヨルダン、パキスタン、カタール、クウェート、モロッコ、チャド、コモロ、チュニジア、オマーン、マレーシア、イエメンなどが参加した。ノース・サンダー演習 フレッシュアイペディアより)

497件中 111 - 120件表示

「イスラム社会」のニューストピックワード