497件中 121 - 130件表示
  • フレッド・コレマツ

    フレッド・コレマツから見たイスラム圏イスラム世界

    2017年1月30日、先述の「フレッド・コレマツの日」に、Googleがアメリカ合衆国版フロント画面にコレマツのイラストを掲載、併せて「間違いだと思うならば、声を上げることを恐れてはならない」というコレマツの言葉を紹介している。直前にドナルド・トランプ大統領が署名した大統領令により、シリア難民の受け入れ停止やイスラム圏7か国からアメリカ合衆国への入国禁止が命じられたことへの批判ではないかと話題になった。フレッド・コレマツ フレッシュアイペディアより)

  • パハルプールの仏教寺院遺跡群

    パハルプールの仏教寺院遺跡群から見たイスラム教国イスラム世界

    バングラデシュはイスラム教国であるが、当時、この地域はパーラ王朝の支配を受け、その時代には仏教が大いに栄えた。これと共に、この地域には多数の仏教寺院が建設され、その最大級のものがパハルプールである。ちなみに、ベンガル語でパハルは「山」、プールは「中核」を意味する。パハルプールの仏教寺院遺跡群 フレッシュアイペディアより)

  • フェルナン・ブローデル

    フェルナン・ブローデルから見たイスラーム世界イスラム世界

    1949年、ブローデル47歳のとき『地中海』(博士論文『フェリペ2世時代の地中海と地中海時代』)が刊行され、公開に供された(詳細後述)。自費出版であった。三部構成であるが初版は一冊本になっており、1,600ページに達した。当時の印刷事情を反映して、図版や写真は一切なかった。「全体史」を目指したこの大作は、その後の歴史学に多大な影響をおよぼし、「新しい歴史学」のさきがけとなった。なお、17年後の1966年には、豊富な図表や地図、グラフ、挿図なども組み込まれ、二冊本の改訂版『地中海』が出版された。ここでは、イスラーム世界研究の進展や新しい史料の出現にもとづいてオスマン帝国に関する記載が大幅に変更されている。フェルナン・ブローデル フレッシュアイペディアより)

  • 防寒着

    防寒着から見たイスラム世界イスラム世界

    一説によると、11世紀のことノルマン人が地中海世界のシチリアにまで進出した折、イスラム世界の手芸技術と接触、それを学んで持ち帰り、ノルマン人の地元のイギリス海峡のガーンジー島やジャージー島に伝えたのが欧州のセーターの起源だともいう。防寒着 フレッシュアイペディアより)

  • コインブラ

    コインブラから見たイスラム世界イスラム世界

    711年、ウマイヤ朝がイベリア半島に侵攻を開始するとコインブラは、イベリア半島北部のキリスト教世界と半島南部のイスラム世界を結ぶ商業の中心地となった。1064年、コインブラは、レコンキスタを展開したフェルナンド1世によってムスリムから奪回された。コインブラを中心としたコインブラ伯領が設置され、モサラベの貴族シスナンド・ダヴィーディスによって統治されたが、後にポルトゥカーレ伯領に組み込まれた。カスティーリャ王国から独立を達成したアフォンソ・エンリケスは、王国の首都をコインブラに定め、1255年までブルゴーニュ王朝ポルトガル王国の首都であった。コインブラ フレッシュアイペディアより)

  • シシカバブ

    シシカバブから見たイスラム世界イスラム世界

    トルコなどのイスラム教国の場合、一般的には羊肉が使われる(kuzu?şiş)が、牛肉や仔牛肉(dana şiş)、メカジキ(kılıç şiş)、鶏肉(tavuk şiş)を使ったものもある。トルコでは、シシュケバブとそれに添える野菜は通常同じ串でなく別々に焼かれる。シシカバブ フレッシュアイペディアより)

  • ヒンメト

    ヒンメトから見たイスラム世界イスラム世界

    ヒンメト(、「エネルギー」の意)とは、ロシア帝国末期のアゼルバイジャンで誕生した、イスラム世界最初の社会民主主義組織である。ヒンメト フレッシュアイペディアより)

  • イクター

    イクターから見たイスラム世界イスラム世界

    イクターあるいはイクター制(アラビア語: إقطاع Iq?ā')は、地方官に与えられる給与制度の一種で、徴税権を地方官に委任するという形式のもの。主にイスラーム圏の諸王朝で施行されていた。イクター フレッシュアイペディアより)

  • サカーリバ

    サカーリバから見たイスラーム世界イスラム世界

    イスラーム世界へのスラヴ人奴隷の主な供給路はいくつもあった。中央アジア(モンゴル人、タタール人、ハザール人など)経由、地中海(ビザンティウム)経由、中央ヨーロッパおよび西ヨーロッパ経由でアンダルス行きのルートなどである。ヴォルガ川のと他のヨーロッパ交易路は、イブラーヒーム・イブン・ヤアクーブによれば、:en:Radanite ユダヤ商人によって供給されていた。テオファネス:en:Theophanesは、ウマイヤ朝のカリフムアーウィヤが、660年代にシリアに5000人のスラヴ人傭兵からなる軍団全てを定住させたことを言及している。サカーリバ フレッシュアイペディアより)

  • ワズィール

    ワズィールから見たイスラーム世界イスラム世界

    ウマイヤ朝時代以前には存在せず、アッバース朝時代に入ってから任命されるようになった。11世紀前期のイスラーム法学者は、ワズィールには無制限の権限を持つものと権限に制限を受けるものがあると指摘している。後者の形式がワズィールの初期の形であり、当初は単なるカリフの私的秘書官あるいは相談役・補佐役に過ぎなかったが、アッバース朝の官僚システムが肥大・複雑化した9世紀頃から、文官を指揮する責任者としての権限を拡大し、カリフの名において官吏を任免して諸官庁の監督し、ハラージュ地および私領地からの徴税、最高裁判所の判事などの業務を担当するようになり、前者の性格を持つウィザーラ・アッ=タフィーズ(Wizāra al-Tafīz)(大執政)と呼ばれるようになった。これはフランク王国における宮宰に相当するものであった。ただし、後者の系統を引き、皇子や将軍などに仕える書記官僚の筆頭としてのワズィールも依然として存在した。ワズィールの職務は行政全般に関する高度な知識を必要とするため、特定の家系が同職を排他的に独占しようとする傾向も見られたが、政治的な争いに巻き込まれることも多く、長期政権を維持した例は少ない。これはワズィールが国制上地位ではなく、カリフの個人的な信任を背景としていることに大きな要因があり、カリフの信頼を失えばたちまち失脚した。これは同様にカリフを補佐したハージブ(侍従)やライース・アル=ジャイシュ(大将軍)などとも共通している。更に10世紀中期のカリフ・の時代にアミール・アル・ウマラー( )(大執政)が台頭してワズィールの権限を奪った。更に各地に軍事政権が樹立されるようになると、おのおのの文官の統率者・執政官をワズィールと称した(ただし、ファーティマ朝後期のように軍人のワズィールも存在した事例がある)。その後、セルジューク朝の支援を受けたアッバース朝においてワズィールが実権を回復させるものの、カリフの没落とともにその地位の実質も喪失した。その後、イスラーム世界を支配したオスマン朝でも14世紀前期以後にワズィールが設置されたが、最大定員は7名までとされて、筆頭である大宰相をウル・ヴェジール(Ulu Wezīr)、その他の執政をクッベ・ヴェジール(Qubbe Wezīr)と呼んで区別した。ワズィール フレッシュアイペディアより)

497件中 121 - 130件表示

「イスラム社会」のニューストピックワード