353件中 11 - 20件表示
  • イスラム帝国

    イスラム帝国から見たイスラム世界イスラム世界

    イスラム世界の中心的な王朝を漠然とイスラム帝国と呼ぶもの。日本において、「イスラム帝国」という用語は一般的にこのように理解されていることが多いようである。イスラム帝国 フレッシュアイペディアより)

  • イスラム原理主義

    イスラム原理主義から見たイスラム教国イスラム世界

    イスラム原理主義(イスラムげんりしゅぎ、Islamic fundamentalism)は、イスラム的な政治・国家・社会の実現を目指して行われる政治活動や諸運動やその思想。つまり、世俗法ではなくイスラム法(シャリーア)によって統治されるイスラム国家の建設を目指す政治活動や諸運動のこと。本来はイスラム主義 (Islamism) と同義であるが、イスラム過激派もイスラム主義に基づいて行動しているので、特に非イスラム教国においてイスラム主義を否定的な意味合いで言及する場合に多用される。イスラム原理主義 フレッシュアイペディアより)

  • アミール

    アミールから見たイスラム世界イスラム世界

    アミール(アラビア語:' (amīr'))は、イスラム世界で用いられる称号である。君主号のひとつとしても用いられる。アミール フレッシュアイペディアより)

  • 千夜一夜物語

    千夜一夜物語から見たイスラム世界イスラム世界

    妻の不貞を見て女性不信となったシャフリヤール王が、国の若い女性と一夜を過ごしては殺していたのを止めさせる為、大臣の娘シャハラザード(シェヘラザード、)が自ら王の元に嫁ぐ。そしてシャハラザードは千夜に渡って毎夜王に話をしては気を紛らわさせ、終に殺すのを止めさせたという物語が主軸となっている(また、姉のシャハラザードの傍らに、妹のドゥンヤザードもいる)。話が佳境に入った所で「続きはまた明日」とシャハラザードが打ち切る為、王は次の話が聞きたくて別の女性に伽をさせるのを思い留まり、それが千夜続いたという。説話は、冒険商人たちをモデルにした架空の人物から、アッバース朝のカリフであるハールーン・アッ=ラシードや、その妃のズバイダのような実在の人物までが登場し、多彩な物語を繰り広げる。説話は様々な地域に起源をもち、中世のイスラム世界が生き生きと描き出されている。千夜一夜物語 フレッシュアイペディアより)

  • ホロコースト

    ホロコーストから見たイスラム世界イスラム世界

    その一方で、イスラエルと対立する一部のイスラム世界等、直接ホロコーストに関わっていない国や地域においては、「第二次世界大戦中に米英とシオニストの流したプロパガンダに過ぎない」として、これを認めないこともある。当時の公式文書や大量殺戮のためのガス室が発見されていないこと、またニュルンベルク裁判でのヘルマン・ゲーリング以下の被告が、虐殺があったことは間違いないだろうが自分たちは大量虐殺に関与していないし、そんな事実も知らなかったとして無罪を主張していたことなどが傍証として挙げられている。特に、ヒトラーに次ぐ国家的地位にいたヘルマン・ゲーリング国家元帥による「ヒトラー自身もこのような虐殺を知らなかった」とのニュルンベルク裁判の証言が存在する。ホロコースト フレッシュアイペディアより)

  • イスタンブル

    イスタンブルから見たイスラム世界イスラム世界

    コンスタンティニエKostantiniyye (アラビア語 :, ,クスタンティニーヤ ・オスマン語: Kostantiniyye,コンスタンティニエ)の名称はイスラム世界で知られるようになった名称である。トルコ人に先立ってコンスタンティノポリスに接触したイスラム教徒たちの書いた史料では、9世紀にはこの街の名称であった。これは、アラビア語のコンスタンティノープル Constantinopleの語形の翻訳借用でギリシャ語要素の-polisの代わりにアラビア語で「-の場所」を意味する語を最後に当てている。オスマンにより攻略された1453年以降、オスマントルコでは一番使われた公式名称で、帝国が崩壊する1923年までのほとんどの期間使われていた。しかしながら、いくつかの時期にオスマンの権力者は他の名称を好んだ。オスマンの役所や裁判所ではKostantiniyyeをbe-Makam-ı Darü's-Saltanat-ı Kostantiniyyetü'l-Mahrusâtü'l-Mahmiyyeのような正式な文書で元の場所を表現する複雑なやり方の一部として使っていた。19世紀、トルコの本の印刷では外国でコンスタンティノープルを使うのとは対照的に使われていたが、同時期にイスタンブルは公用語の一部としてオスマンの軍隊の高官(İstanbul ağası) や都市の身分の高い行政官(İstanbul efendisi)の肩書きの一部に使われていた。イスタンブル フレッシュアイペディアより)

  • オスマン帝国

    オスマン帝国から見たイスラム世界イスラム世界

    バヤズィト2世の弱腰の姿勢を批判していたセリムが、セリム1世として、1512年に即位した。セリムの積極外交は、東部アナトリアとシリア・エジプトに向けられた。東部アナトリアでは白羊朝の後をサファヴィー朝が襲っていた。1514年、チャルディラーンの戦いでサファヴィー朝の野望を打ち砕くと、1517年にはエジプトのマムルーク朝を滅してイスラム世界における支配領域をアラブ人居住地域に拡大し、またマムルーク朝の持っていたイスラム教の二大聖地マッカ(メッカ)とマディーナ(メディナ)の保護権を掌握してスンナ派イスラム世界の盟主の地位を獲得した。このときセリム1世がマムルーク朝の庇護下にあったアッバース朝の末裔からカリフの称号を譲られ、スルタン=カリフ制を創設したとする伝説は19世紀の創作で史実ではないが、イスラム世界帝国としてのオスマン帝国がマムルーク朝の併呑によってひとつの到達点に達したことは確かである。オスマン帝国 フレッシュアイペディアより)

  • カーティブ

    カーティブから見たイスラム世界イスラム世界

    カーティブ(kātib / ????)は、中世のイスラム世界における書記官のこと。カーティブ フレッシュアイペディアより)

  • Sultan 〜The Lovesong is Forever〜

    Sultan 〜The Lovesong is Forever〜から見たイスラム世界イスラム世界

    また、タイトルの『Sultan』(スルタンまたはスルターン)とは、アラビア語で「権力」などを意味するイスラム世界の君主の称号のことである。Sultan 〜The Lovesong is Forever〜 フレッシュアイペディアより)

  • 東亜経済調査局

    東亜経済調査局から見たイスラム世界イスラム世界

    1908年に満鉄の調査機関の一つとして東京支社の管轄下に設置され、当初は世界経済の調査分析を担当していたが、1920年代以降大川周明によって主宰されるようになると、次第に東南アジア地域の調査研究に活動の重心を移した。1929年から財団法人として満鉄から独立、大川を理事長とした。1939年の満鉄調査部の拡充に伴い再び満鉄に統合され、「大調査部」に属してイスラム世界・東南アジア・オーストラリアを担当地域とする分局となった。回教圏研究所と並ぶ戦時期イスラム研究の中心として、前嶋信次など第二次世界大戦後の代表的な中東研究者・アジア研究者を育てたことでも知られる。東亜経済調査局 フレッシュアイペディアより)

353件中 11 - 20件表示

「イスラム社会」のニューストピックワード