497件中 11 - 20件表示
  • イスラーム教徒による宗教的迫害

    イスラーム教徒による宗教的迫害から見たイスラム世界イスラム世界

    十字軍がイスラム世界に於ける暴力的な征服を高めるにつれ、イスラーム以外の宗教に対する排他的姿勢もまた高まりを見せた。とりわけマグレブ、アンダルスに勢力を張ったムワッヒド朝は過激化するキリスト教徒、ユダヤ教徒に対し取り締まりを強化した。結果としてマグレブでのキリスト教徒の共同体は消滅した。イスラーム教徒による宗教的迫害 フレッシュアイペディアより)

  • イスラム協力機構

    イスラム協力機構から見たイスラム世界イスラム世界

    イスラム協力機構(イスラムきょうりょくきこう、 , 略称OIC; , 略称OCI; )は、イスラム諸国をメンバーとして構成され、国際連合に対する常任代表を有する国際機構。公用語はアラビア語、英語、フランス語。かつてはイスラム諸国会議機構(????? ??????? ????????, Organisation of the Islamic Conference, Organisation de la Conférence Islamique)という名称であったが、2011年6月にカザフスタンのアスタナでの会議で「イスラム協力機構」への変更と紋章が決定された。イスラム協力機構 フレッシュアイペディアより)

  • イスラーム哲学

    イスラーム哲学から見たイスラム世界イスラム世界

    イスラムの教えもそもそも「哲学的」であるし、クルアーンの解釈をめぐる論争・カリフの後継者争い(シーア派とスンナ派)の対立などは代表的)など、広い意味での「哲学的」な論争はイスラム教成立当初から、続いていたことであるが、通常はギリシア哲学がイスラム世界に移入されたのをもって、独立したひとつの学問としての「イスラーム哲学」を始原とみるのが通常である。(本項ではこれを述べる)イスラーム哲学 フレッシュアイペディアより)

  • 中世料理

    中世料理から見たイスラム世界イスラム世界

    ワインはヨーロッパの食卓でもっとも好まれた飲料だったが、ブドウを栽培しない北部地方ではこの限りではなかった。南から輸入したワインを購うことができるものは飲んだが、この地域では中世終わりまで貴族でもビールかエールを飲むのが普通だった。イングランド・オランダ周辺の低地帯・北ドイツ・ポーランド・スカンディナヴィアでは社会階級や年齢を問わず日常的にビールが飲まれた。だがイスラム世界や地中海文化世界からの医学の強い影響(とりわけレコンキスタやアラビア語のテキストの流入による)のもとでは、ビールはしばしば冷遇された。中世人の多くにとって、ワイン・レモン・オリーブオイルのような一般的な南ヨーロッパの飲料や食材とくらべるとビールは庶民的な酒だった。ラクダの乳やガゼルの肉のような異国的な食品のほうがまだしも好評を得ることが多かった。中世人にとってビールは何かの代わりに飲むものに過ぎず、好ましくない性質がいろいろあるとされた。1256年にシエナの医師アルドブランディノはビールを次のように描写した。中世料理 フレッシュアイペディアより)

  • 反イスラーム主義

    反イスラーム主義から見たイスラム世界イスラム世界

    西ヨーロッパ・キリスト教社会と東地中海 = 北アフリカ・イスラーム社会の間には十字軍、レコンキスタ、オスマン帝国のヨーロッパへの侵略、近代の欧州のイスラム世界への侵略と植民地支配など歴史的対立が見られ、相互の不信は根強いものがあった。更に現代のアメリカの覇権主義とパレスチナ問題での親イスラエル的態度はこれらの地域のムスリムを激怒させ、過激派の浸透や教理の硬直化を招くこととなった。反イスラーム主義 フレッシュアイペディアより)

  • イスラーム黄金時代

    イスラーム黄金時代から見たイスラム世界イスラム世界

    中世のイスラム世界では、すべての大都市に病院が建設された。例として、カイロには内科医、薬剤師、看護師などが勤務するがあった。イスラーム黄金時代 フレッシュアイペディアより)

  • シャリーア

    シャリーアから見たイスラム世界イスラム世界

    シャリーア( Shari'a)は、コーランと預言者ムハンマドの言行(スンナ)を法源とする法律。1000年以上の運用実績がある。ローマ法を起源としないイスラム世界独自のものである。イスラム法、イスラーム法、イスラーム聖法などとも呼ばれる。シャリーア フレッシュアイペディアより)

  • イスラム経済

    イスラム経済から見たイスラム世界イスラム世界

    イスラム経済あるいはイスラム経済学(Islamic economics)とはイスラム研究のうち、シャリーア(イスラム法)で禁じられているリバー(利潤)の追求を目的としないイスラム銀行をはじめ、経典や伝統に基づくイスラム世界固有の経済秩序を究明する学問を指す。本分野は1940年代末に端を発し、1960年代半ば以降隆盛を見たのみならず、銀行制度については1970年代に発展した。イスラム経済の中核を成す特色は、コーランやスンナ、そして財政政策の基礎とも言うべきザカート税に由来する「行動規範」とされる。このため富の公正な分配や社会的弱者の救済などに対する国家の役割を重視する立場から、イスラム経済を社会主義や資本主義でもない「第三の道」と捉えるのが一般的である。イスラム経済 フレッシュアイペディアより)

  • ホロコースト

    ホロコーストから見たイスラム世界イスラム世界

    一方で、「ナチスがユダヤ人を差別し、迫害したこと」自体は認めながら、ホロコーストの規模、犠牲者数、殺害手段に関する通説的見解を批判的に検証したり、ソ連やシオニストの流したプロパガンダもあったとして批判する「ホロコースト否認」と呼ばれる動きもある。これはイスラム世界に属しイスラエルと対立関係にある地域などでも論じられている。ヨーロッパではホロコースト否認を法律で禁止する動きもある。ホロコースト フレッシュアイペディアより)

  • 東洋学

    東洋学から見たイスラーム世界イスラム世界

    東洋に関する知識・情報が学問的な研究活動と結びついたのは中世以後のことである。十字軍・レコンキスタによって生じたイスラーム世界との接触・交流を背景に、西欧世界ではイスラーム圏で保存・研究されていたギリシア・ローマの哲学など諸学の文献を読解するため、13世紀に主要大学にアラビア語講座が設置された。またモンゴル帝国の征服活動により、ユーラシアの東西を結ぶルートが一時活発化し、13世紀には西欧からマルコ・ポーロなどの商人やカルピニ、ルブルックなどの修道士が使節としてモンゴルを訪れ、彼らの旅行記により中央アジア・東アジアについての知識が広まった。15世紀になってオスマン帝国(トルコ)が強大化して東方からヨーロッパ諸国を脅かすようになり、また西欧との外交・貿易関係が活発なものになると、風俗・習慣に始まり国家制度・社会機構に至るまで、トルコ全般に関する体系的知識がもたらされるようになった。さらに16世紀以後大航海時代を背景に、カトリックの宣教師が教勢拡大をめざしインド・中国・日本での布教を進め、東洋全般に関する西欧の知識はより拡大された。しかし、これらの知識が「東洋学」の名の元で学問分野として制度化されるのは19世紀まで待たなければならない。東洋学 フレッシュアイペディアより)

497件中 11 - 20件表示

「イスラム社会」のニューストピックワード