353件中 21 - 30件表示
  • フサイン1世

    フサイン1世から見たイスラム世界イスラム世界

    フサイン1世は、イスラム世界の王号。フサインは、イスラム教の開祖ムハンマドの孫フサイン・イブン・アリーに由来する一般的な人名である。フサイン1世 フレッシュアイペディアより)

  • サドル (イスラム)

    サドル (イスラム)から見たイスラム世界イスラム世界

    サドル(صدر sadr)は、イスラム世界において、称号や官職名、人名の一要素として使われるアラビア語起源の語彙。アラビア語で、原義は「胸」、「心」といった意味であり、歴史的なペルシア語文化圏であるトルコ・イラク・イランから中央アジアにかけての東方イスラム世界では、「中心」の語義から転じて最高責任者、首席のことを指すのに使われている。サドル (イスラム) フレッシュアイペディアより)

  • アンリ・プロスト

    アンリ・プロストから見たイスラム圏イスラム世界

    レオン・アンリ・プロスト(Leon Henri Prost, 1874年2月25日 - 1959年7月16日)はフランスの都市計画家、建築家。 モロッコなど、イスラム圏での都市計画に活躍した。アンリ・プロスト フレッシュアイペディアより)

  • 帝国以後

    帝国以後から見たイスラム世界イスラム世界

    これに伴い、女性の受胎調整も着実に進んでいる。イスラム圏は出産率に大きな違いがあり、人口学的実体としての単一のイスラム圏は存在しない。帝国以後 フレッシュアイペディアより)

  • アル・ザーヒル

    アル・ザーヒルから見たイスラム世界イスラム世界

    イスラム世界で活躍した人物。アル・ザーヒル フレッシュアイペディアより)

  • 交易港

    交易港から見たイスラーム世界イスラム世界

    共同体は、交易港を分離して扱い、外部からの影響が及ぼないようにする。こうした特徴のため共同体の内部とは異なる貨幣(対外貨幣)が用いられ、専門の対外交易者が参加する。対外交易者としては、バビロニアのタムカルム、古代ギリシアのエンポロス、メキシコのポチテカなどが知られている。中国では、朝貢貿易によって周辺国を服属させ、明・清時代には各地の交易港に市舶司をおいて管理交易を行なった。インドのシャーバンダル制度も市泊司と同様に交易港制度の一種とされる。イスラーム世界では、外来交易者と地元交易者が客人と主人の関係を結び、客人は現地社会と接触せずに主人に取引を任せる形態も存在した。中世日本の長崎では、渡来商人と日本商人は市が立つ日以外の接触が禁じられ、ポルトガル商人は船宿の保護下におかれて内町に住み、日本商人は外町に住んだ。同様の分割は平戸や横瀬浦にも見られる。マックス・ウェーバーは、古代ギリシアにおいて外来商人を保護した者であるプロクセニー(Proxenie)について論じ、これに対応するものとして中世の主人権(Wirtsrecht)をあげた。交易港 フレッシュアイペディアより)

  • 金銀比価

    金銀比価から見たイスラム世界イスラム世界

    9世紀のヨーロッパ諸国は金の生産に恵まれず、ビザンツ帝国のように貿易によって金を入手するだけの経済力も十分ではなかったために、金貨の生産が低調でありイスラム世界やビザンツの金貨が流入していた。ビザンツの金もイスラム世界からの輸入品であったことから、結果的にイングランドなどヨーロッパの広い地域の金銀比価はイスラム世界のそれに近い、1:6.5(以下重量ベース)であった。一方、日本では平安時代後期の応徳2年(1085年)の相場が1:5で、元寇前後の混乱期である弘安10年(1287年)には一時的に1:3にまでなったものの、凡そ金1に対して銀が5から6の時代が続いた。一方、中国では元の時代に1:13、明初期には1:6であったから、銅銭の生産困難な日本では金銀を輸出して銅銭を輸入する構造が続くことになった。金銀比価 フレッシュアイペディアより)

  • 図書分類法

    図書分類法から見たイスラム世界イスラム世界

    古代ギリシア・ローマの学術の遺産が残されたイスラム世界では、高度な学問が発達していた。図書分類法 フレッシュアイペディアより)

  • アッバース革命

    アッバース革命から見たイスラーム世界イスラム世界

    アッバース革命は、イスラームの預言者ムハンマドの叔父、アッバースの子孫がウマイヤ朝を打倒し、750年にアッバース朝を建てた事件。これは単なる王朝交替ではなく、イスラーム世界における反体制諸勢力やウマイヤ朝の支配に不満を抱く人々を広く巻き込んだ運動であり、アッバース朝の成立によってイスラーム世界のあり方が大きく変化したことから革命と呼ばれる。アッバース革命 フレッシュアイペディアより)

  • ユランズ・ポステン

    ユランズ・ポステンから見たイスラム諸国イスラム世界

    ユランズ・ポステンの2005年9月30日の紙面にムハンマドの風刺画が掲載された(ムハンマド風刺漫画掲載問題参照)。これに対してイスラム諸国とその国民が反発し外交問題に発展した。リビア、サウジアラビア、シリアの在デンマーク大使は本国に召還され、イスラム諸国でデンマーク製品の不買運動が呼びかけられた。ユランズ・ポステン フレッシュアイペディアより)

353件中 21 - 30件表示

「イスラム社会」のニューストピックワード