353件中 31 - 40件表示
  • クルアーンへの批判

    クルアーンへの批判から見たイスラム圏イスラム世界

    クルアーンには、進化論の否定と創造論の肯定が主張されている。クルアーン第3章59節、第5章11節、第96章2節、第20章55節、第6章1節、 第24章45節、第15章26節、第7章11節、第19章67節である。現在もこれに基づき、イスラム圏の学校教育では、進化論を支持する教育・言論は禁じられていることが多い。進化論を否定するムスリムも存在している。啓典を絶対視する信仰を理由とした反進化論は、米国の原理主義キリスト教徒においてもみられる(創造科学、インテリジェント・デザイン)。クルアーンへの批判 フレッシュアイペディアより)

  • 王権

    王権から見たイスラーム世界イスラム世界

    中世以降は、王の神聖性から距離を置いた理論が生まれる。イスラーム世界最大の歴史家であるイブン・ハルドゥーンは14世紀後半に書かれた『歴史序説』において、王権は人間にとって必要不可欠であるとした。人間はお互いに対する権利侵害や相互の確執などにみられる動物的性質を持っているために、それを抑制する者が必要であり、それが統治者としての王であると述べた。また、ルネサンス期のニッコロ・マキャヴェッリは『君主論』を著し、宗教や道徳と切り離された政治の中での君主の役割を論じた。王権 フレッシュアイペディアより)

  • アル=カビーシー

    アル=カビーシーから見たイスラム世界イスラム世界

    アブー・アル=サクル・アブド・アル=アジーズ・イブン・ウスマーン・アル=カビースィー(Abū al-?aqr 'Abd al-'Azīz ibn 'Uthmān al-Qabī?ī ; , ??? ????? ??? ?????? ??? ????? ???????、生年未詳-967年)は、10世紀イスラム世界の占星術師。判定占星術に関する彼の著作は、ルネサンス期のヨーロッパで何度もラテン語版が刊行された。ヨーロッパでは、むしろアルカビティウス (Alcabitius, Alchabitius)というラテン語名で知られる。アル=カビーシー フレッシュアイペディアより)

  • 新元史

    新元史から見たイスラム世界イスラム世界

    明の建国後に執筆された『元史』は、モンゴル色を中国から一刻も早く一掃したいという初代皇帝・洪武帝の思惑によって、実質編纂期間が数ヶ月と限られるなど杜撰極まりないものであり、洪武帝の死後には早くも改訂論が現れる始末であった。このため、何度も改訂の試みが行われて清の邵遠平の『元史類編』や銭大昕の『元史氏族表』、洪鈞の『元史訳文証補』、屠寄の『蒙兀児史記』などが執筆された。だが、次第に元王朝自体が広大なモンゴル帝国の一部であり、モンゴルやイスラム世界などの史料の理解が無い限りは正確な元朝の歴史書が編纂出来ない事が明らかになってきた。新元史 フレッシュアイペディアより)

  • ジョルジュ・キャンディリス

    ジョルジュ・キャンディリスから見たイスラム圏イスラム世界

    ジョルジュ・キャンディリス(Georges Candilis、1913年3月29日 - 1995年5月10日)はギリシャ系フランス人の都市計画家・建築家。チーム・テンのメンバーとして、1950年代からミッシェル・エコシャールらと集合住宅やCIAMを通じてモロッコ・フェスなどおもに中東や北アフリカなどイスラム圏の国の都市計画を手がける。ジョルジュ・キャンディリス フレッシュアイペディアより)

  • 日本・イスラム交易協会

    日本・イスラム交易協会から見たイスラム圏イスラム世界

    一般社団法人日本・イスラム交易協会(にっぽん・イスラムこうえききょうかい、略称:JITRA(ジトラ))とは、バングラデシュ(代表の出身国)を主としたイスラム圏との経済交流、在日イスラム教徒の生活環境整備、トラブル解決などを目的として、2010年10月18日に設立された団体である。仙台市青葉区を本拠地として活動する。代表であるバングラデシュの政界関係者が多忙なため、日本人の事務長が日本での業務の代行をしている。日本・イスラム交易協会 フレッシュアイペディアより)

  • 化学の歴史

    化学の歴史から見たイスラム世界イスラム世界

    ヨーロッパでは、キリスト教会がアリストテレスの著作を一種の経典のように扱い、原子論関連は異端視された。アリストテレスの著作はアラビア語に訳されてイスラム世界で保存され、13世紀になるとトマス・アクィナスとロジャー・ベーコンがこれをラテン語に翻訳して再びヨーロッパに紹介した。化学の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • アッバース・イブン・フィルナス

    アッバース・イブン・フィルナスから見たイスラム世界イスラム世界

    西洋人が子供にケイリー卿やリリエンタールやサントス・デュモンについて教えるのと同様、イスラム世界ではイブン・フィルナスの名が言及される。リビアには彼の栄誉を称える切手が発行されている。イラクではバグダード国際空港近くに彼を記念する像が建てられており、またバグダードの北にあるイブン・フィルナス空港は彼の名にちなんでいる。月面のクレーターにも、その名が冠されたものが一つある。(→イブン・フィルナス・クレーター。月の裏側にある。)アッバース・イブン・フィルナス フレッシュアイペディアより)

  • メリトクラシー

    メリトクラシーから見たイスラム世界イスラム世界

    一方、前近代からメリトクラシーが行われていた社会もある。伝統的に出自よりも学識を重視し、科挙を行っていた中国社会は、その典型例である。またイスラム世界では、マムルークやイェニチェリのような非血縁的集団が支配層を形成することが多く、やはりメリトクラシーの傾向が見られた。メリトクラシー フレッシュアイペディアより)

  • 中国の科学技術史

    中国の科学技術史から見たイスラム世界イスラム世界

    この4大発明は中国文明の発展にのみならず、地球規模で巨大な衝撃を与えた。たとえば火薬は13世紀にアラブ世界に広がり、その後ヨーロッパへ伝わった。イギリス人哲学者フランシス・ベーコンは『ノヴム・オルガヌム』 (新機関):en:Novum Organumのなかで次のように記している:中国の科学技術史 フレッシュアイペディアより)

353件中 31 - 40件表示

「イスラム社会」のニューストピックワード