353件中 41 - 50件表示
  • ザンギー朝

    ザンギー朝から見たイスラム世界イスラム世界

    ザンギー朝(英語:Zengid Dynasty, アラビア語:??????)は、12世紀から13世紀にかけてイラク北部(ジャズィーラ)とシリアを支配した、テュルク系のアタベク政権。武将イマードゥッディーン・ザンギー(ザンギー、1087年? - 1146年)により樹立された。十字軍に対し、イスラム世界最初の組織的な抵抗を行った政権である。ザンギー朝 フレッシュアイペディアより)

  • 薬草

    薬草から見たイスラム世界イスラム世界

    また、西暦70年頃には、ペダニウス・ディオスコリデスが、『'』という5巻ものの薬物誌を著した。これはラテン語訳版では「De Materia Medica デ・マテリア・メディカ'''」と呼ばれており 、直訳すれば『医薬の材料について』であり『薬物誌』などとも呼ばれている、地中海沿岸とその近辺の植物を中心として、他に動物・鉱物・薬用酒を含む、1000種類ほどの薬物について、その特徴や用法について説明している。この書はギリシア語で書かれたが、イスラム世界において、アラビア語に翻訳され、ヨーロッパ世界でラテン語に翻訳され、最高の薬用植物の書物として重用されることになった。『デ・マテリア・メディカ』は、構成としては、芳香油、油類に始まり、薬用の植物・動物の用法や性質により分類する形で扱い、そこに薬用酒の章などが加えられた形になっていた。薬草 フレッシュアイペディアより)

  • 薬草

    薬草から見たイスラーム世界イスラム世界

    古代ギリシャ文明の成果を継承し、栄えたのはイスラーム世界である。薬草 フレッシュアイペディアより)

  • ヴェネツィア・ゲットー

    ヴェネツィア・ゲットーから見たイスラム圏イスラム世界

    新ゲットーが創設された当初は住民の大多数が神聖ローマ帝国(ドイツ)ユダヤ人で、土着のヴェネツィア(イタリア)ユダヤ人はわずかであったという。しかしこの後、イスラム圏ユダヤ人(レバンティニ。東方ユダヤ人・東地中海ユダヤ人)とスペイン・ポルトガル系(ポネンティニ)ユダヤ人も増えた。ヴェネツィア・ゲットー フレッシュアイペディアより)

  • イクター

    イクターから見たイスラム世界イスラム世界

    イクターあるいはイクター制(アラビア語: إقطاع Iq?ā')は、地方官に与えられる給与制度の一種で、徴税権を地方官に委任するという形式のもの。主にイスラーム圏の諸王朝で施行されていた。イクター フレッシュアイペディアより)

  • タヌーヒー

    タヌーヒーから見たイスラム世界イスラム世界

    タヌーヒー ( ??? ??? ?????? ?? ??? ??????? , Abū 'Alī al Mu?assin b. 'Alī al-Tanūkhī, ?939年 - 994年 ) は、ムスリムの法官、著作家。本名はアブー・アリー・アル・ムハッシン。中世イスラム世界の説話を集めた『座談の糧』( ????? ??????? nišwār al-mu?ā?ara )で知られる。また、『苦あれば楽あり』( ????? ??? ?????? al-faraj ba'd al-šiddah ) という著書も残している。タヌーヒー フレッシュアイペディアより)

  • 倭国

    倭国から見たイスラム世界イスラム世界

    中世イスラム世界では、9世紀にイブン=ホルダーズベが記した「諸道と諸国の書(英名:The Book of Routes and Kingdoms)」や中世に成立した「千夜一夜物語(アラビアンナイト)」などに、中国やインドの東方にある国として「ワークワーク(waqwaq)」という地名が記されており、これは「倭国(Wa-qwaq)」のことであると考えられている。倭国 フレッシュアイペディアより)

  • 雨乞い

    雨乞いから見たイスラーム世界イスラム世界

    イスラーム世界には「イスティスカー」と呼ばれる降雨祈願があり、マムルーク朝時代のエジプトでは増水祈願と呼ばれる大規模な雨乞いが行われていた。雨乞い フレッシュアイペディアより)

  • ザムザムの泉

    ザムザムの泉から見たイスラム世界イスラム世界

    古くからマッカの貴重な水源であり、イスラム社会においては聖なる泉とされている。ザムザムの泉から湧き出る水はザムザムの水と呼ばれイスラム教における聖水のようなものとして扱われている。巡礼に来たムスリムはウムラ (:en:Umrah) の儀式が終わるとザムザムの水を飲むのが通例とされている。ザムザムの泉 フレッシュアイペディアより)

  • ミールサイト・スルタンガリエフ

    ミールサイト・スルタンガリエフから見たイスラーム世界イスラム世界

    スルタンガリエフは、著作『ムスリムに対する反宗教宣伝の方法』において、党内で一般的であったイスラームを反動的宗教とする考えを否定し、人間と社会の間のバランスを取る存在としてイスラームを評価している。また、帝国主義諸国に植民地化されたイスラーム世界において、イスラームは反帝国主義の思想になり得ると主張した。ミールサイト・スルタンガリエフ フレッシュアイペディアより)

353件中 41 - 50件表示

「イスラム社会」のニューストピックワード