497件中 51 - 60件表示
  • タカフル

    タカフルから見たイスラーム圏イスラム世界

    イスラーム圏では一般的な保険は運用によって得た利子を利用して運営を行う事と、いつ起きるか分からない事故や疾病に対してお金を払う事をギャンブルと見做す為にシャリーアに反するとされ、そのままでは販売できない。その為、イスラームの五行にあるサダカに合致させる為、共済や頼母子講に似た方法で資金調達と運用を行う。顧客は一定期間にわたって保険料に相当する金額を支払う契約を締結する。保険契約者の支払う保険料は、保険契約者名義の一般口座と特別口座の2つに分けられる。特に事故や病気などがなく支払いが発生しなかった場合は一般口座からプールされた資金とその運用益が分配されて、事故や病気などが発生した場合には特別口座からザカートとして保険金に相当するお金が支払われる。タカフル フレッシュアイペディアより)

  • 首長国

    首長国から見たイスラム世界イスラム世界

    首長国(しゅちょうこく)は、イスラム世界の君主の称号の一つである「首長(アミール、amīr)」が君臨する国家のことを指し、君主制の一形態である。英語ではアミールの英語表記"Emir"から「Emirate」と表記される。かつての日本では「土侯国」と訳されたこともあるが、侮蔑的だとして現在は使われない。首長が絶対的な権力を持つ絶対君主制を基本としているが、湾岸戦争後、立憲君主制を採用する国も現れ始めた。首長国 フレッシュアイペディアより)

  • 家産制

    家産制から見たイスラム世界イスラム世界

    初期の伝統的支配の形態である長老制や家父長制では、支配者は被支配者と家産の占有的な支配を行うことは可能である。だが、支配者も被支配者も血縁など何らかの関係でつながりがあり、また強い伝統的制約もあって支配者は恣意的な権力の行使は制約され、その支配は仲間全体(共同体)のために用いられる。だが、次第に共同体(国家)の規模が拡大していくと、支配者は支配の効率化のために官僚や軍隊を備えるようになり、この力を背景として被支配者をある程度まで恣意的に支配できるようになった。これが家産制であり、支配者である家長・国王は伝統的な権威に制約されつつも、そこから逸脱しない範囲においては、自らを国家・人民全体の家父長(「国父」)として脚色し、自らに忠実な官僚・軍隊組織(家産官僚制)を介在させた恣意的な支配が可能な体制である。一方、これによって被支配者は「仲間」から「臣民」へと転換されていくことになる。もっとも、支配者が伝統的権威を逸脱してどこまで恣意的に権力の行使が可能かによって同じ家産制でも差異が生じ、恣意性が強いものを家父長制的家産制、伝統的権威が強いものを身分制的家産制と呼ぶ。支配者1人が絶対的な地位を確立した前者の極端な例がスルタン制であり、逆に伝統に基づいた法体系に支配者自身も拘束されて官僚・軍隊組織の構成員である家産官僚とすら契約関係によって拘束するに過ぎない後者の極端な例が封建制である。封建制になると、支配者の行政への関与はきわめて限定的となり、家産官僚は支配者から支配を任されたレーエン(封土)と呼ばれる国内の一定地域を自己の家産化して被支配民を農奴制の元に支配して荘園経営を行った。この段階に至ると家産官僚の持っていた官僚としての性格は希薄となる。特にヨーロッパにおいては封建化の進展とともに支配者と家産官僚の後身である諸侯や都市などの団体の間で権利義務関係が形成され、支配者の所有権と統治権の分離が進んだ。この区別を明確化して「良き統治」を追及していこうとする姿勢が、中世後期(13世紀)以後のヨーロッパにおいて法治・公益・代表制・同意・自由などの諸概念を生み出す背景となった。一方、史実におけるイスラム世界のスルターンも当初こそは自らの貨幣財産で自己の軍隊を組織してあたかも伝統的権威から解放されているかのような振る舞いが取れたものの、時代が下るにつれて貨幣給与制が維持できずに、封建制と大差のないものになっている(イクター制など)。家産制 フレッシュアイペディアより)

  • 哲学史

    哲学史から見たイスラム世界イスラム世界

    これに対して、中国の哲学あるいは思想の歴史は普通は中国思想史と言い、またインドのものも別にインド思想あるいはインド哲学などと呼んで区別するのが普通である。アラブ・イスラム世界のイスラム思想あるいはイスラム哲学は、西欧哲学と同じようにギリシア哲学を基礎に置く哲学の体系だが、これとても哲学史の中では西欧に影響を及ぼした以上の見方がされることはおそらく少ない。こうしたものもすべて含めて、世界全域で営まれてきた哲学と思想の歴史を文化の壁を越えて語りたい時には、敢えて「世界思想史」といった表現を選ぶことがある。しかしその際には、哲学研究というよりも、比較思想研究といった色彩が強くなり、全体の歴史を捉えようとする動きが希薄ではある。哲学史 フレッシュアイペディアより)

  • 宗教人類学

    宗教人類学から見たイスラム世界イスラム世界

    ビールーニーは、彼の言説に対する信仰者からの批判は覚悟していたし、学者は厳密な科学的方法に基づくべきだという考えを持っていた。ウィリアム・モンゴメリー・ワット(William Montgomery Watt)によれば、ビールーニーは「事実を書き記すことにおいて尊敬すべきほど客観的で偏見がない」が「彼は自分の見解を明確に表してはいないようにみえるものの、人々の宗教経験にある一定の統一性があることを証明するために事実を選び出している」としている。ビールーニーの異文化比較研究は、イスラム世界から14世紀のイブン=ハルドゥーン(Ibn Khaldun)の研究に引き継がれた。宗教人類学 フレッシュアイペディアより)

  • シャトランジ

    シャトランジから見たイスラム世界イスラム世界

    現在、西洋を中心に遊ばれているチェスは、古代インドでチャトランガという名前で遊ばれていたゲームに起原を持つ。それが最初は四人制だったのか、二人制だったのか、もしくはサイコロで遊ぶ競走ゲームだったのかは分かっていない。いずれにせよ7世紀までにサーサーン朝ペルシャに伝播し、そして更にニハーヴァンドの戦いでサーサーン朝を駆逐し滅亡に追い込んだイスラム教徒の帝国に伝達されたのは確かである。そこで「チャトランガ」という名はアラビア語になまって「シャトランジ」となり、アラブ地域で広く楽しまれるようになった。その後シャトランジはアンダルスやコンスタンティノープル、シチリアを経由して、あるいはカスピ海沿岸からロシアを巡って、イスラム世界からヨーロッパへと伝わりチェスとなった。シャトランジ フレッシュアイペディアより)

  • リトアニアのイスラム教

    リトアニアのイスラム教から見たイスラム世界イスラム世界

    より広大なイスラム世界から長らく隔絶していたため、リトアニア系タタールの宗教的慣習はスンナ派のものとは若干異なる。ただし、れっきとしたセクトとは見なされていない。当時の他の多くのヨーロッパ社会とは異なり、リトアニアには信仰の自由が存在し、リトアニア系タタールは特定の場所に定住してゆく。リトアニアのイスラム教 フレッシュアイペディアより)

  • 図書分類法

    図書分類法から見たイスラム世界イスラム世界

    古代ギリシア・ローマの学術の遺産が残されたイスラム世界では、高度な学問が発達していた。図書分類法 フレッシュアイペディアより)

  • ヴィルヘルム・ハウフ

    ヴィルヘルム・ハウフから見たイスラム世界イスラム世界

    ハウフの童話は後期ロマン派文学に分類され、1819年のカールスバート決議による検閲の只中に書かれた。最初の童話集『隊商』は枠物語の形式を用いた作品で、イスラム圏の日常を感情豊かに描き出した点に特徴がある。「コウノトリになったカリフの話」や「小さなムクの話」などの収録作は有名である。次作『アレッサンドリア物語』は純粋な「東洋もの」ではなく、「鼻の小人」などの3編はヨーロッパの民話であるグリム童話に拠っている。第3作『シュペッサルトの森の宿屋』は創作童話と言うよりドイツ民話の色彩が強い。収録作の中では、シュヴァルツヴァルトを舞台にした民話「冷たい心臓」が代表的である。ヴィルヘルム・ハウフ フレッシュアイペディアより)

  • アブル・ファラジュ・イスファハーニー

    アブル・ファラジュ・イスファハーニーから見たイスラーム世界イスラム世界

    アブル・ファラジュ・イスファハーニー( ??? ????? ?????????, Abu al-Faraj al-Isfahani、897年 - 967年)は、ムスリムの学者。アブル・ファラジュ(Abu-l-Faraj)とも呼ばれる。中世イスラーム世界で活躍し、大著『歌の書』で知られる。アブル・ファラジュ・イスファハーニー フレッシュアイペディアより)

497件中 51 - 60件表示

「イスラム社会」のニューストピックワード