353件中 51 - 60件表示
  • 回教圏研究所

    回教圏研究所から見たイスラーム圏イスラム世界

    回教圏研究所(かいきょうけんけんきゅうじょ)は、1938年(昭和13年)3月に日本において設立されたイスラーム圏に関する研究機関。回教圏研究所 フレッシュアイペディアより)

  • ヘルメス文書

    ヘルメス文書から見たイスラム圏イスラム世界

    ヘルメス選集の第一文書「ポイマンドレース」は、グノーシス主義的な文献として有名であり、アラビア語に翻訳され、イスラム圏のスーフィーズムでも言及される文書である。ムスリムにとって、ヘルメスは預言者エノクと同一視されており、クルアーンでは預言者イドリースとされる。ヘルメス文書 フレッシュアイペディアより)

  • 1101年の十字軍

    1101年の十字軍から見たイスラム世界イスラム世界

    1101年の十字軍を破ったことで、クルチ・アルスラーン1世率いるルーム・セルジューク朝はアナトリア半島中部の支配を取り戻し、コンヤに首都を定めることができるようになる。また、イスラム世界にとっては、十字軍は決して無敵ではないという朗報にもなった。何よりルーム・セルジューク朝の復活によりアナトリア半島を横断する陸路の安全を確保できなくなったのは十字軍にとり大きな痛手となった。(第2回十字軍、第3回十字軍もアナトリア半島横断で大いに苦しむことになる)。唯一の安全な連絡路は海路となり、イタリア諸都市の艦隊が十字軍の輸送を一手に引き受け大いに利益を上げることとなる。また東ローマ帝国がシリアに陸路で軍を送ることができなくなったことは、東ローマから軍事的圧力を受けて対立していたアンティオキア公国にとっては幸いであった。東ローマの支援を受けるトリポリ伯国が南にできつつあるという懸念は残るものの、東ローマの介入を受けなくなったタンクレードは自らの権力を拡大し、アンティオキアをシリアの強国に押し上げることになる。1101年の十字軍 フレッシュアイペディアより)

  • テュロスのポルピュリオス

    テュロスのポルピュリオスから見たイスラーム圏イスラム世界

    エイサゴーゲーはアブドゥッラー・イブン・アルムカッファ(:en:Ibn al-Muqaffa')によって、当時存在したシリア語版からアラビア語へ翻訳された。アラビア語化された題名「イサーグージー(????????)」の下にイスラーム圏において長い間論理学の手引きとなる標準的な教科書として扱われ、神学、哲学、文法学、法哲学に影響を与えた。この著作の翻案や縮図の他にも、論理学に関する独立した著作がムスリムの哲学者によって多く書かれ、しばしば「イサーグージー」という題名が付けられた。ポルピュリオスの「付帯性」に関する議論を端緒として、「付帯性」と「固有性」の適用に関する長きにわたる論争が起こった。テュロスのポルピュリオス フレッシュアイペディアより)

  • 大ムフティー

    大ムフティーから見たイスラム教国イスラム世界

    大ムフティー()とはスンナ派のイスラム教国におけるイスラーム法に関わる官吏の最高位者に対する称号である。大ムフティー フレッシュアイペディアより)

  • イスラム教への冒瀆罪

    イスラム教への冒瀆罪から見たイスラム世界イスラム世界

    イスラム教への冒瀆罪(イスラムきょうへのぼうとくざい)とは、聖典コーランや預言者ムハンマドを侮辱する行為を禁じる法律(の規定)。イスラム諸国のいくつかにある。イスラム教への冒瀆罪 フレッシュアイペディアより)

  • AGM-142 (ミサイル)

    AGM-142 (ミサイル)から見たイスラム世界イスラム世界

    ちなみに湾岸戦争では実戦で使用可能だったが、「砂漠の嵐」作戦では使用されなかった。これはイスラエルが設計したミサイルをイスラム世界のイラクに使用することを問題とした政治的配慮であると言われている。AGM-142 (ミサイル) フレッシュアイペディアより)

  • 擲弾兵

    擲弾兵から見たイスラム圏イスラム世界

    擲弾が最初に使用されたのは8世紀の東ローマ帝国においてであり、その中身はギリシア火という液体だったとされている。地中海の覇権を巡る、東ローマ帝国のイスラム圏に対する戦闘を支えたギリシア火は、その製法が長く最高軍事機密とされたまま、東ローマ帝国の滅亡とともに失われたため、実像のはっきりしない兵器である。擲弾兵 フレッシュアイペディアより)

  • シリアの歴史

    シリアの歴史から見たイスラム世界イスラム世界

    シリアの歴史を記す。この地域は世界的にも歴史の古い土地であり、古代オリエント時代においてもメソポタミア、アッシリア、バビロニア、さらにギリシア・ローマ、ビザンチン帝国と支配者がめまぐるしく変わり、今のようにイスラム世界に入ってからも、ウマイヤ朝、アッバース朝、セルジューク朝、などの各王朝からモンゴル人のイル汗国、オスマン帝国と支配者は変わった。近代には列強の争いの舞台となるなど、人類史の縮図といっていい。シリアの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 鴻臚館

    鴻臚館から見たイスラム世界イスラム世界

    発掘調査によって木簡や瓦類が出土。他にも越州窯青磁・長沙窯磁器・荊窯白磁・新羅高麗産の陶器・イスラム圏の青釉陶器・ペルシアガラスが出土している。また建造物の第1期から第5期に区分される時代的変遷が判明。ただし、9世紀後半からの第4期と10世紀後半?11世紀前半の第5期の遺構は福岡城建築によって破壊されている。奈良時代のトイレ遺構の寄生虫卵分析により、豚や猪を常食する外国人のトイレと日本人のトイレが別々に設けられていたことが判明している。さらに、男女別のトイレであり、トイレットペーパーには籌木(ちゅうぎ)という棒きれが使われていたことが判明している。鴻臚館 フレッシュアイペディアより)

353件中 51 - 60件表示

「イスラム社会」のニューストピックワード