353件中 61 - 70件表示
  • エマニュエル・トッド

    エマニュエル・トッドから見たイスラム圏イスラム世界

    イスラム圏を専門とする人口学者のユセフ・クルバージュとの共著である『文明の接近』 (Le rendez-vous des civilisations) において、トッドは『帝国以後』で示したイスラム圏分析を深化させた。この中で、イスラム圏は着実に近代化し、識字率が上がり、出産率が下がり、欧米に近付いていること、現在のイスラム圏の暴力は移行期危機に過ぎず、いずれ沈静化すること、そしてこの近代化の先頭にいるのはトルコではなくイランであることを示し、イスラム脅威論を否定し、イランを正しく見るべきだと主張した。またキリスト教が欧米の近代化を妨げなかったように、イスラム教にも近代化を妨げる力は無いとした。エマニュエル・トッド フレッシュアイペディアより)

  • ジャマールッディーン・アフガーニー

    ジャマールッディーン・アフガーニーから見たイスラーム世界イスラム世界

    ジャマールッディーン・アフガーニー(アラビア語表記で、ラテン語表記で、1839年-1897年5月9日)は、19世紀に活躍したイスラーム活動家の一人であり、汎イスラム主義を唱えた。イスラーム世界に外国の統治が及ぶのを拒絶し、オスマン帝国やガージャール朝の専制体制を批判した。また、アフガーニーの信念は、ムスリムの間での団結が欠けていることに問題があるというものであった。アフガーニーは、また、絶対君主制よりも、法による統治が優れていると確信していた。彼の伝統的なマドラサにおける教育は、ファルサファと呼ばれるイスラーム哲学とイルファーンと呼ばれる神秘主義に基づいていた。ジャマールッディーン・アフガーニー フレッシュアイペディアより)

  • 民法

    民法から見たイスラム諸国イスラム世界

    紀元前18世紀にバビロニアで成立し、現存する法典のうち世界で2番目に古い法典であるハンムラビ法典は、多くの民法規定を含んでいた。また、ユダヤ教・キリスト教におけるモーセ五書や、イスラム教のコーランの中にも民法規定があり、現代にも根付いている。特にイスラム諸国では、コーラン、ムハンマドの言行録及びイスラム法学者の著作群を法源とするイスラム法が現実に機能している。民法 フレッシュアイペディアより)

  • 宗教人類学

    宗教人類学から見たイスラム世界イスラム世界

    ビールーニーは、彼の言説に対する信仰者からの批判は覚悟していたし、学者は厳密な科学的方法に基づくべきだという考えを持っていた。ウィリアム・モンゴメリー・ワット(William Montgomery Watt)によれば、ビールーニーは「事実を書き記すことにおいて尊敬すべきほど客観的で偏見がない」が「彼は自分の見解を明確に表してはいないようにみえるものの、人々の宗教経験にある一定の統一性があることを証明するために事実を選び出している」としている。ビールーニーの異文化比較研究は、イスラム世界から14世紀のイブン=ハルドゥーン(Ibn Khaldun)の研究に引き継がれた。宗教人類学 フレッシュアイペディアより)

  • トルコの国章

    トルコの国章から見たイスラム教国イスラム世界

    トルコの国章(とるこのこくしょう)としてトルコ政府が正式に決定した紋章は存在しない。ただしトルコ政府は様々な場面で、イスラム教国で広く使われる三日月と星(トルコの国旗と同じもの)のエンブレムを使用している。その中にはシンプルに赤い三日月と星を組み合わせたものや、赤い楕円形の中に上向きの三日月と星をあしらったもの、トルコの国旗を円形にしたものなどがある。トルコの国章 フレッシュアイペディアより)

  • ノストラダムス

    ノストラダムスから見たイスラム世界イスラム世界

    ノストラダムスは、第一序文で、自身の神秘学系の蔵書を焼却したと語っている。これが事実だとしても、火にくべられた書物が何であったかは特定されていない。とはいえ、彼の蔵書の追跡調査も、1980年代以降行われており、その結果、彼の蔵書には、スコットランドの神学者ヨハネス・ドゥンス・スコトゥス、イスラム世界の占星術師アルカビティウス、パドヴァ大学の医学者コンファロニエリらの著書や、トマス・モアの『ユートピア』が含まれていたことが明らかになっている。ノストラダムス フレッシュアイペディアより)

  • ジャービル・イブン=ハイヤーン

    ジャービル・イブン=ハイヤーンから見たイスラム世界イスラム世界

    アブー・ムーサー・ジャービル・イブン・ハイヤーン(, , , ラテン名ゲベルス またはゲーベル 、ジーベル 721年? ? 815年?)は、アッバース朝時代のイスラム世界の哲学者、学者。後に11世紀にかけて続くイスラム科学黄金期を築く元祖とされる。彼の業績は中世ヨーロッパの錬金術に多大な影響を及ぼすとともに、近代の化学の基礎を与えた。ジャービル・イブン=ハイヤーン フレッシュアイペディアより)

  • ヤスミナ・カドラ

    ヤスミナ・カドラから見たイスラーム世界イスラム世界

    初期は推理小説を書いていたが、やがてイスラーム世界の問題を題材とするようになる。小説 Morituri は、テロ事件での体験をもとにしているが、事件当時の記憶が1ヵ月近く欠落しており、どのように執筆したかを覚えていないという。また、『カブールの燕たち』、『テロル』、Les sirènes de Bagdad(未訳)の3冊では、アフガニスタン、パレスチナ、イラクを舞台に原理主義を重要なテーマとして描き、『テロル』はゴンクール賞の最終候補作にもなった。カドラは、自らの作品によって、原理主義者やテロリストにも彼らなりの哀しみがあることが理解されるようになってきたと述べている。また、原理主義によって最もダメージを受けているのは、ムスリムであると考えている。ヤスミナ・カドラ フレッシュアイペディアより)

  • 姦通罪

    姦通罪から見たイスラム世界イスラム世界

    イスラム圏では、禁止する国が多い。姦通は重罪とされ、イスラム法での最高刑は死刑である。姦通罪 フレッシュアイペディアより)

  • イスラム教世界大学連合

    イスラム教世界大学連合から見たイスラム世界イスラム世界

    イスラム教世界大学連合(イスラムきょうせかいだいがくれんごう, Federation of the Universities of the Islamic World:FUIW)は、イスラム教の世界の中で大学と高等教育機関を支援するために、イスラム教育科学文化機構 (ISESCO) のフレームワーク内で活動する組織である。イスラム教世界大学連合 フレッシュアイペディアより)

353件中 61 - 70件表示

「イスラム社会」のニューストピックワード