353件中 71 - 80件表示
  • ヴィルヘルム・ハウフ

    ヴィルヘルム・ハウフから見たイスラム世界イスラム世界

    ハウフの童話は後期ロマン派文学に分類され、1819年のカールスバート決議による検閲の只中に書かれた。最初の童話集『隊商』は枠物語の形式を用いた作品で、イスラム圏の日常を感情豊かに描き出した点に特徴がある。「コウノトリになったカリフの話」や「小さなムクの話」などの収録作は有名である。次作『アレッサンドリア物語』は純粋な「東洋もの」ではなく、「鼻の小人」などの3編はヨーロッパの民話であるグリム童話に拠っている。第3作『シュペッサルトの森の宿屋』は創作童話と言うよりドイツ民話の色彩が強い。収録作の中では、シュヴァルツヴァルトを舞台にした民話「冷たい心臓」が代表的である。ヴィルヘルム・ハウフ フレッシュアイペディアより)

  • 軍産複合体

    軍産複合体から見たイスラム諸国イスラム世界

    イスラエルは国家成立のときから、いわゆる中東戦争で周辺イスラム諸国と戦争を続け、欧米に居住するユダヤ系市民の支援だけでなく、アメリカの多大な軍事援助を受けてきた。2009年時点でアメリカはほぼ唯一の軍事援助国であり、かつアメリカの軍事援助国ではイスラエルが最大のものとなった(イラク・アフガニスタンを除く)。イスラエル自体も国家経済において軍事産業が主要経済となり、アメリカと同様に軍産複合体の様相を呈している。このような条件下にあって、イスラエルはパレスチナ問題での自身の立場の擁護だけでなく、アメリカの巨額な軍事援助の継続を維持するために、ユダヤ系市民が有力なアメリカ言論界の支援とともに、活発な対議会工作(ロビー活動)を行っている。軍産複合体 フレッシュアイペディアより)

  • シャトランジ

    シャトランジから見たイスラム世界イスラム世界

    現在、西洋を中心に遊ばれているチェスは、古代インドでチャトランガという名前で遊ばれていたゲームに起原を持つ。それが最初は四人制だったのか、二人制だったのか、もしくはサイコロで遊ぶ競走ゲームだったのかは分かっていない。いずれにせよ7世紀までにサーサーン朝ペルシャに伝播し、そして更にニハーヴァンドの戦いでサーサーン朝を駆逐し滅亡に追い込んだイスラム教徒の帝国に伝達されたのは確かである。そこで「チャトランガ」という名はアラビア語になまって「シャトランジ」となり、アラブ地域で広く楽しまれるようになった。その後シャトランジはアンダルスやコンスタンティノープル、シチリアを経由して、あるいはカスピ海沿岸からロシアを巡って、イスラム世界からヨーロッパへと伝わりチェスとなった。シャトランジ フレッシュアイペディアより)

  • ルーホッラー

    ルーホッラーから見たイスラム圏イスラム世界

    ルーホッラー(ロフラとも、Ruhullah、Ruhollah、 Rohullah、アラビア語:???????? Rū? Allāh, Rū?-u-'llāh ;ペルシア語 Rūhollāh)は、イスラム圏でイスラム教徒に与えられた男性名。アラビア語で「アッラーの魂、精神」ほどの意味。フスハーに準拠すれば「ルーフッラー(フ)」(Rū?-u-'llāh)であり、「ルーホッラー」(Rūhollāh)と主格語尾が -o- になるのはペルシア語読みに基づく。ルーホッラー フレッシュアイペディアより)

  • 知恵の館

    知恵の館から見たイスラム世界イスラム世界

    古代ギリシアからヘレニズムの科学や哲学などの伝統が、イスラム世界に本格的に移植・紹介され、独自の発展をたどることとなる。知恵の館 フレッシュアイペディアより)

  • バイバルス

    バイバルスから見たイスラム世界イスラム世界

    バイバルスはスルタンになったのち30回以上の出兵を行い、当時のイスラム世界にとっての敵であったモンゴルや十字軍に対して戦いを挑み勝利を重ね、マムルーク朝の基盤を築いた。特に常勝モンゴルに対する勝利は大きく、これによりモンゴルの進軍はシリアで止まることになった。十字軍に対する勝利もやはり大きく、イスラム世界への橋頭堡となっていた十字軍諸都市を陥落させたことはキリスト世界のエルサレム政策に大きく影響し、9代スルタンであるアシュラフ・ハリールの代におけるアッコン陥落による橋頭堡の完全喪失へとつながった。バイバルス フレッシュアイペディアより)

  • イスラーム世界の少年愛

    イスラーム世界の少年愛から見たイスラーム世界イスラム世界

    イスラーム世界における少年愛は、9世紀以後19世紀半ばにいたる時代、詩、芸術、スピリチュアリティとともにイベリア半島から北インドまでの地域におけるイスラーム文化の広範かつ特徴的な要素であった。イスラーム世界における少年愛の概念は、美少年の無垢への精神的崇拝を一方の極みとして、少年への否応なしの強制までの広がりをもつ。ソドミーは宗教的文脈において重い罪悪として捉えられたが、地域・時代ごとにさまざまに問題視されつつも、同性間の関わりは多面性をもち、罪とされない要素も存在した。イスラーム世界の少年愛 フレッシュアイペディアより)

  • ディムヤート

    ディムヤートから見たイスラム世界イスラム世界

    ディムヤートが再び歴史の表舞台に現れるのは、12?13世紀に十字軍がイスラーム世界に侵略を始めた頃だ。1169年、ビザンツ帝国の援助を受けたエルサレム王国の艦隊がディムヤートを襲ったのである。だがこの襲撃は、サラーフッディーン(サラディン)により撃退された。ディムヤート フレッシュアイペディアより)

  • 農書

    農書から見たイスラーム圏イスラム世界

    農書の成立は、日本・中国・朝鮮・琉球(沖縄)などの東アジア諸地域のみならず、西アジアやヨーロッパなどでも確認される。これらの農書には大まかに見て2つの系列が存在し、第一は中国農書の強い影響のもと朝鮮・日本・琉球の農書が成立する流れ、第二の系列はヨーロッパ古典古代からイスラーム圏の農書および中世以降のヨーロッパ農書への影響である(17世紀以降はヨーロッパ伝来の農業技術が中国・日本の農書に一定の影響を与えることになる)。農書 フレッシュアイペディアより)

  • ネッカーズルム

    ネッカーズルムから見たイスラム諸国イスラム世界

    こうした両キリスト教会の他に、ネッカーズルムには、新使徒教会やエホバの証人の信者組織がある。さらには、ユダヤ人のコミュニティも存在する。また、イスラム諸国地域、特にトルコからの移民たちにより組織されたイスラム教徒のコミュニティは、中核市区の南に位置するレーテル居住区にモスクを建設しようと計画中である。ネッカーズルム フレッシュアイペディアより)

353件中 71 - 80件表示

「イスラム社会」のニューストピックワード