497件中 71 - 80件表示
  • 啓典の民

    啓典の民から見たイスラム世界イスラム世界

    啓典の民(けいてんのたみ、アラビア語表記:??? ??????, アフル・アル・キターブ)とは、イスラームに屈服し、厳しい制約と差別を受け入れる代わりに、イスラーム国家(イスラム世界)に居住することを許される異教徒を指す言葉である。啓典の民 フレッシュアイペディアより)

  • イスラーム教の祭日

    イスラーム教の祭日から見たイスラーム世界イスラム世界

    まずイド・アル=フィトルとはラマダーン(日中の間に断食を行う月)の終わり(第10月の1日から)を祝う事で、ムスリムがたいてい行事上でザカート(慈善)を与える。 一方イード・アル・アドハーとは犠牲祭を意味し第12月の10日目やその月の終わり前の4日間宴を行い祝う事を指し、ムスリムがたいていは羊肉を3部分に分割した上に、家族や友人、そして貧しい人々へそれをささげる。これらの祭日はヒジュラ暦の中の一部分であり、グレゴリオ暦よりも短い11日間であるそのヒジュラ暦がイスラーム世界の年の1つとして構成する。イスラーム教の祭日 フレッシュアイペディアより)

  • 牧羊犬

    牧羊犬から見たイスラム圏イスラム世界

    ヨーロッパでは牧羊犬種は牧羊・牧畜での働きが主でペットとして飼われることは無かったが、牧羊犬としての需要が減った犬種はペットとして飼われたりショードッグとして活躍するようにもなった。イスラム圏ではペットとして飼われることは少なく牧羊犬としての働きが大きい。牧羊犬 フレッシュアイペディアより)

  • トルコの国章

    トルコの国章から見たイスラム教国イスラム世界

    トルコの国章(トルコのこくしょう)としてトルコ政府が正式に決定した紋章は存在しない。ただしトルコ政府は様々な場面で、イスラム教国で広く使われる三日月と星(トルコの国旗と同じもの)のエンブレムを使用している。その中にはシンプルに赤い三日月と星を組み合わせたものや、赤い楕円形の中に上向きの三日月と星をあしらったもの、トルコの国旗を円形にしたものなどがある。トルコの国章 フレッシュアイペディアより)

  • キブラ

    キブラから見たイスラム世界イスラム世界

    イスラム諸国(特にインドネシアやマレーシアなど)の宿泊施設では、礼拝の便宜を図り、天井などに「Kiblat」「Qiblat」などと記された、メッカの方角を示す表示がされていることが多い。キブラ フレッシュアイペディアより)

  • ソマリ料理

    ソマリ料理から見たイスラム世界イスラム世界

    食事パターンもイスラームの影響が強い。朝食はクラーア(Quraac)と呼ばれ、パンと紅茶の組み合わせが多く、朝の礼拝時刻を知らせるアザーンの前に採ることが多い。さまざまな穀物で作った粥も朝食に好まれる。昼食はカド(Qado)と呼ばれ、一日のうちで主要な食事であることが多い。昼食には米料理が多く、イタリアから伝わったパスタが食べられることも多い。ソマリ族は夕食を午後9時以降に食べることが多く、量は少ない。ラマダーン(日中の断食)月には季節によって午後11時頃となることもある。ラマダーン期間中に日没とともに摂る食事をソマリアではアフル(afur)と呼ぶ(イスラム世界では普通と呼ぶことが多い)。食事は女性が作ることが多く、パンや粥に用いる穀類の調整や製粉も主婦の仕事である。ソマリ料理 フレッシュアイペディアより)

  • 中東のエチケット

    中東のエチケットから見たイスラム世界イスラム世界

    そのため、この記事で説明されている多くの点がイスラム世界の他の地域(中東以外のインドネシアなど)、イスラム教徒の住む家などにも適用される。中東のエチケット フレッシュアイペディアより)

  • オスマン帝国の君主

    オスマン帝国の君主から見たイスラム世界イスラム世界

    19世紀には、「オスマン帝国の皇帝は、世俗の軍政の最高権力を持つスルタンの職権と信徒の長としてイスラム世界全体に精神的影響力を持つカリフの職務権を併せ持つ」とされ、「スルタン=カリフ制」の理論が形成された。しかし、元来はクライシュ族のみがつけるカリフ位にトルコ人のオスマン家がついたことには批判も見られた。オスマン帝国の君主 フレッシュアイペディアより)

  • ヒンドゥー文明

    ヒンドゥー文明から見たイスラム世界イスラム世界

    イスラム世界…インド文化圏には、ヒンドゥー教の他にも、イスラム教など多数の宗教が信仰される。ヒンドゥー文明 フレッシュアイペディアより)

  • アル・ハリーリー

    アル・ハリーリーから見たイスラーム世界イスラム世界

    アル・ハリーリー ( ???? ?????? ?? ??? ?? ???? ?? ????? ???????, Muhammad al-Qasim ibn Ali ibn Muhammad ibn Uthman al-Hariri、1054年 - 1122年 ) は、ムスリムの詩人、著作家。本名はムハンマド・アル・カーシム・イブン・アリー。中世イスラーム世界で生まれた文学ジャンルのマカーマを大成した業績で知られる。ハリーリーとは「絹に関係した人」を意味するため、絹商人か絹織物師などに関係する家系とみられる。アル・ハリーリー フレッシュアイペディアより)

497件中 71 - 80件表示

「イスラム社会」のニューストピックワード