497件中 81 - 90件表示
  • ハマザーニー

    ハマザーニーから見たイスラーム世界イスラム世界

    バディー・アッザマーン・ハマザーニー ( ???? ?????? ????????, Badi' al-Zamān al-Hamadāni or al-Hamadhāni、969年 - 1007年 ) は、ムスリムの詩人、著作家。中世イスラーム世界で生まれた文学ジャンルのマカーマの創始者として知られる。ハマザーニー フレッシュアイペディアより)

  • グルジアのイスラム教

    グルジアのイスラム教から見たイスラム世界イスラム世界

    トビリシ(「アル=テフェリス」)はアラブ時代、イスラム世界と北欧との貿易の中心地に成長。さらに、アラブの重要な基地として、またビザンツ帝国やハザール・カガン国に挟まれた緩衝地帯としての役割も果たす。トビリシでは時が経つに従い、ムスリムが多数を占めるようになってゆく。グルジアのイスラム教 フレッシュアイペディアより)

  • 古典古代

    古典古代から見たイスラーム世界イスラム世界

    古典古代の終焉は、古代末期の終了に伴う古代文化の崩壊と中世初頭の開始を以ってとされ、これ以後の西ヨーロッパ世界は、ローマ帝国末期から次第に力を増してきたキリスト教とゲルマン人の文化に支配されることになった(中世の始まり)。古典古代の文化的遺産は東ローマ(ビザンツ)に継承され、8世紀以降はアラビア語への翻訳を通じてイスラーム世界に引き継がれた。ここで古典古代文化は哲学・自然科学の研究の面で独自の発達を遂げ、十字軍・レコンキスタによる西欧世界との接触・交流の開始により、再び西欧へと「逆輸入」されることになり、12世紀ルネサンス、(14世紀以降の)イタリア・ルネサンスの成立につながった。この結果、古典古代文化はキリスト教・ゲルマン人文化に加え現代にいたるヨーロッパ文化の基盤とみなされるに至っている。古典古代 フレッシュアイペディアより)

  • サービト・ダーモッラー

    サービト・ダーモッラーから見たイスラーム世界イスラム世界

    サービト(サーウト)・ダーモッラー・アブドゥルバキは1883年に新疆カシュガル付近のアルトゥシュに生まれ、そこで宗教教育を受けた。1920年代、ウルムチの新疆俄文法政専門学校を卒業した。楊増新が1924年に創設したこの学校は、後の新疆大学であり、もともと中国語とウイグル語とロシア語で講義していた。卒業後は中東のエジプトやトルコやサウジアラビアを訪れた。またソ連に行きそこで学業を継続した。この遊学でトルコ語や英語などの言語を学んだ。1932年、インドを通って新疆に戻り、そこでエミール・ムハンマド・アミーン・ブグラのホータン地方での反乱の準備に加わった。サービトはイスラーム世界が新疆の汎テュルク運動の支援に興味が無いのを見て取ると、列強へ向かった。サービト・ダーモッラー フレッシュアイペディアより)

  • マカーマ (文学)

    マカーマ (文学)から見たイスラーム世界イスラム世界

    基本的な物語は、主人公がイスラーム世界のさまざまな場所を放浪し、言葉巧みに人を騙して稼ぎを得る様子を、語り手が聞かせるというものになっている。詩と散文が混じる構成で、時に哀しみやユーモアをまじえており、ジャーヒリーヤ起源の逸話も含めつつ中世イスラーム世界の風俗がうかがえる内容となっている。マカーマ (文学) フレッシュアイペディアより)

  • タリーカ

    タリーカから見たイスラム世界イスラム世界

    12世紀ごろから、各種のスーフィズム教団(共同体)としてのタリーカがイスラム圏において出現し始めた。タリーカ フレッシュアイペディアより)

  • コナトゥス

    コナトゥスから見たイスラーム世界イスラム世界

    6世紀に、ヨハネス・ピロポノス(490年 - 570年)はアリストテレスの運動の理論を批評し、アリストテレスの発射体に関する議論の中に矛盾が含まれると指摘した。アリストテレスはアイテールの媒体では発射体の運動が保存されると言い、一方アリストテレスの虚空に関する議論では、そのような媒体が存在せず、そのため物体の運動は不可能であるとされている。ピロポノスは、運動は運動する物体を包み込む媒体によって維持されるのではなく、ある特性、つまり運動し始めると物体に植えつけられる「コナトゥス」によって維持されると主張した。ただしこれは近代的な慣性の概念とは違う、というのはこの場合にはまだ物体が運動し続けるためには固有の力が必要とされているからである。この考え方は、アリストテレスを支持したイブン・ルシュドやスコラ学者たちに強く反対された。しかしアリストテレスの考え方はイスラーム世界からも挑戦された。例えば、イブン・アル=ハイサムはピロポノスの考え方を支持したようである。ただその一方でイブン・アル=ハイサムは慣性に類似した概念を発展させた。慣性の概念は、その効果が空気抵抗のような外的な力の結果としてのみ消散するような永続的な力について考えたイブン・スィーナーによってより明確に発展させられた。このことでイブン・スィーナーは「非自然的な運動に関してそういった永続的なタイプの銘記された力を考えた最初の人物」となった。イブン・スィーナーの「マイル」という概念はアリストテレスの激しい運動の概念とほとんど反対のものであり、むしろ慣性の法則、つまりニュートンの第一運動法則を思い出させるものであった。イブン・スィーナーは、運動する物体の重さと速度の間に定量的な関係を与えようとして、運動量と同様の概念も発展させた。コナトゥス フレッシュアイペディアより)

  • トルコの歴史

    トルコの歴史から見たイスラム圏イスラム世界

    トルコの歴史を記述する。現在のトルコ共和国はイスラム圏に属するが、その領土となっている地域の悠久の歴史を見ると、古代オリエント文明、古代ギリシアローマ文明、ビザンティン文化、イスラム文化などが栄え、多様である。また、同国最大の都市イスタンブルはローマ帝国、東ローマ帝国、オスマン帝国と3つの世界帝国の首都となった稀有の都市である。さらに近代においてはイスラム圏では世俗主義の近代国家の建設をいち早く行ったことが注目される。トルコの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • アッバース・イブン・フィルナス

    アッバース・イブン・フィルナスから見たイスラム世界イスラム世界

    西洋人が子供にケイリー卿やリリエンタールやサントス・デュモンについて教えるのと同様、イスラム世界ではイブン・フィルナスの名が言及される。リビアには彼の栄誉を称える切手が発行されている。イラクではバグダード国際空港近くに彼を記念する像が建てられており、またバグダードの北にあるイブン・フィルナス空港は彼の名にちなんでいる。月面のクレーターにも、その名が冠されたものが一つある。(→イブン・フィルナス・クレーター。月の裏側にある。)アッバース・イブン・フィルナス フレッシュアイペディアより)

  • グレーター・カイロ

    グレーター・カイロから見たイスラム世界イスラム世界

    グレーター・カイロまたは大カイロ( '''')は、エジプト最大の都市圏であり、イスラム世界ではジャカルタ、グレーター・イスタンブルに次いでである。また、アフリカでは最大である。都市圏は、世界では16番目に大きく、カイロ県、ギーザ市、ショブラ・エル・ケイマ、10月6日市、ヘルワーンから構成されて、人口は17,816,000人、面積は1,709 km2、人口密度は10,400/km2である。グレーター・カイロ フレッシュアイペディアより)

497件中 81 - 90件表示

「イスラム社会」のニューストピックワード