前へ 1 2 3 4 5 6
52件中 1 - 10件表示
  • 土壌浄化

    土壌浄化から見たイタイイタイ病イタイイタイ病

    1968年(昭和43年) イタイイタイ病の原因がカドミウムによる土壌汚染と判明土壌浄化 フレッシュアイペディアより)

  • 四日市ぜんそく

    四日市ぜんそくから見たイタイイタイ病イタイイタイ病

    市民から経済発展が期待されていたが、工場が稼働を開始してからほどなくして街の空は曇り始め、四日市市への悪臭や異臭の苦情が殺到した事から始まり、その後市内のぜんそく患者が急増した。この当時は公害への認識がなかったうえに、他の公害病である四大公害病の比較で(水俣病・イタイイタイ病・新潟水俣病)との違いは、経済の発展を優先していたため行政機関である三重県と四日市市が企業に加担していて公害裁判で行政の責任も問われた事が特徴である。四日市ぜんそく フレッシュアイペディアより)

  • 三井金属鉱業

    三井金属鉱業から見たイタイイタイ病イタイイタイ病

    神岡鉱山採掘からスタートし、財閥解体に伴う三井鉱山(現・日本コークス工業)からの分離により会社設立。設立当初は朝鮮戦争の特需景気により金属価格が高騰、優良企業として業績を伸ばした。しかしながら、1980年代の急激な円高による地金価格の下落、神岡鉱山の亜鉛精錬を原因とするイタイイタイ病に対する補償などで業績は悪化、長期無配となるなど長く経営不振が続いた。三井金属鉱業 フレッシュアイペディアより)

  • 神岡町 (岐阜県)

    神岡町 (岐阜県)から見たイタイイタイ病イタイイタイ病

    岐阜県の北東端に位置し、山岳に囲まれた河岸段丘に市街地がある。亜鉛を産出し、イタイイタイ病の原因となった神岡鉱山があり、この町は特に近世以降は鉱山の町として栄えた。市街地を神通川の支流高原川と、そのさらに支流の吉田川・山田川が流れ、また町の北部には同じく高原川の支流である跡津川が流れている。跡津川の支流の一つ打保谷川上流に「山之村地区」があるが、川沿いに道はなく、市街地から10km以上離れている上どこから行くにも峠越えになり冬季になると往来可能な道が一つだけになるため、年々過疎化が進んでいる。神岡町 (岐阜県) フレッシュアイペディアより)

  • イ病

    イ病から見たイタイイタイ病イタイイタイ病

    イ病 フレッシュアイペディアより)

  • 事故米穀

    事故米穀から見たイタイイタイ病イタイイタイ病

    事故米に類似のものとして、有害な重金属であるカドミウムを含む米(カドミウム米)がある。これは、自然の土壌に含まれているカドミウムや、鉱山・精錬工場などから流出して、河川・農業用水・耕作地の土壌を汚染したカドミウムが、栽培された稲に吸収されて、米に蓄積したものである。カドミウムは、イタイイタイ病や腎機能障害の原因物質となる有害なものであることから、食品衛生法上、玄米の残留基準値は1ppm、すなわち玄米1キログラム中1ミリグラムとされ、1ppm以上蓄積しているものは販売や加工が禁止されている(白米は0.9ppm)。そのため、1ppm以上のカドミウム米は焼却処分とされている。また、0.4ppm以上1ppm未満のカドミウム米は、1970年から2003年は国が、2004年以降は国から補助金を受けた社団法人全国米麦改良協会が買い上げて、粉砕し粉にしたものに赤い着色をしたうえで、非食用(工業用)として売却されている。2008年の事故米不正転売事件を受けて、カドミウム米については不正転売はなかったことが確認されたが、国はカドミウム米の売却を中止する方針。事故米穀 フレッシュアイペディアより)

  • 食品の自主規制

    食品の自主規制から見たイタイイタイ病イタイイタイ病

    国(農林水産省・食糧庁)は、イタイイタイ病の発生を受け、1970年よりカドミウムの含有量が1ppmを超える玄米の流通を禁止する一方、0.4ppm?1ppm未満の玄米については自主規制により食用に出荷させない措置を採った。これは、カドミウムの含有量が食品衛生上問題ない数値であっても、消費者の不安を配慮して流通させることができずに行ったものである。生産者の利害と消費者の要望を一致させるために、国が自ら法的規制ではなく自主規制を行った珍しい例である。なお2005年度以降については、(社)全国米麦改良協会が自主規制を行っている。食品の自主規制 フレッシュアイペディアより)

  • 高原川

    高原川から見たイタイイタイ病イタイイタイ病

    イタイイタイ病は、四大公害病の一つ。神岡鉱山から高原川に廃棄された鉱業廃液により引き起こされたものである。高原川 フレッシュアイペディアより)

  • 梨木作次郎

    梨木作次郎から見たイタイイタイ病イタイイタイ病

    議員落選後もスモン病やイタイイタイ病を中心に公害訴訟の弁護団長などを務めていたが、1993年4月9日、前立腺がんのため石川県金沢市内の自宅で死去。85歳。梨木作次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 劇団青俳

    劇団青俳から見たイタイイタイ病イタイイタイ病

    1969年2月、俳優座劇場で劇団再建第1回公演、『神島』(大城立裕作、竹内敏晴演出)上演。5月末、俳優座劇場でイタイイタイ病に題材を得た『神通川』(今井正演出)公演。。劇団青俳 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
52件中 1 - 10件表示

「イタイイタイ病」のニューストピックワード