52件中 31 - 40件表示
  • 場の空気

    場の空気から見たイタイイタイ病イタイイタイ病

    山本七平は、例として旧日本軍の対米開戦、戦艦大和の沖縄出撃、日中国交回復、イタイイタイ病事件、自動車公害に関する世論等を挙げ、細かいデータおよび明確な根拠があるにもかかわらず、明確な根拠の全くない判断が「空気」によって最終的に決定されたと指摘している。この事象をもって、山本は「それ(空気)は非常に強固でほぼ絶対的な支配力をもつ『判断の基準』であり、それに抵抗する者を異端として、『抗空気罪』で社会的に葬るほどの力をもつ超能力である」と述べた。場の空気 フレッシュアイペディアより)

  • 金属

    金属から見たイタイイタイ病イタイイタイ病

    一部の金属は人体に強い毒性を持ち、必須、微量元素に当たる金属の中には過剰摂取で中毒症状を起こすものもある。公害の原因となったカドミウム(イタイイタイ病)、水銀(水俣病)や、グレアム・ヤング事件で使われたタリウムなどが知られる。江上不二夫は、このような元素類は海水中に含まれる濃度が低い点を指摘し、人類に繋がる生物が海中で発生した際に接触する機会がほとんど無く、進化の過程で解毒機構を獲得しなかったものと考察している。金属 フレッシュアイペディアより)

  • 5月8日

    5月8日から見たイタイイタイ病イタイイタイ病

    1968年 - 厚生省が富山県神通川のイタイイタイ病を公害病に認定。5月8日 フレッシュアイペディアより)

  • 6月30日

    6月30日から見たイタイイタイ病イタイイタイ病

    1971年 - イタイイタイ病訴訟で富山地裁が原告住民勝訴の判決を下す。被告の三井金属鉱業は即日控訴。6月30日 フレッシュアイペディアより)

  • カドミウム

    カドミウムから見たイタイイタイ病イタイイタイ病

    カドミウムは人体にとって有害(腎臓機能に障害が生じ、それにより骨が侵される)で、日本ではカドミウムによる環境汚染で発生したイタイイタイ病が問題となった。またカドミウムとその化合物はWHOの下部機関 IARC よりヒトに対して発癌性があると (Group1) 勧告されている。カドミウム フレッシュアイペディアより)

  • 神通川

    神通川から見たイタイイタイ病イタイイタイ病

    高度成長期、主に大正時代から昭和40年代にかけて神通川流域でイタイイタイ病が問題化した。これは、岐阜県の神岡鉱山(三井金属鉱業株式会社管理)から出された廃液中のカドミウムを原因とする公害病であった。神通川 フレッシュアイペディアより)

  • 高度経済成長

    高度経済成長から見たイタイイタイ病イタイイタイ病

    こうした経済成長の陰で社会公共投資や福祉支出は低水準にとどまり、また環境破壊が起こり「水俣病」や「イタイイタイ病」、「四日市ぜんそく」といった公害病の発生、大量生産の裏返しとしてのゴミ問題などの公害の問題が高度経済成長期後半になると深刻化した。高度経済成長 フレッシュアイペディアより)

  • 公害

    公害から見たイタイイタイ病イタイイタイ病

    1910年頃 イタイイタイ病 - 原因企業:三井金属鉱業…全面勝訴公害 フレッシュアイペディアより)

  • ビタミンD

    ビタミンDから見たイタイイタイ病イタイイタイ病

    イタイイタイ病は、ビタミンDの大量投与によりある程度症状が和らぐとされる。ビタミンD フレッシュアイペディアより)

  • 3月9日

    3月9日から見たイタイイタイ病イタイイタイ病

    1968年 - 富山県神通川流域のイタイイタイ病の患者・遺族が原因企業の三井金属鉱業に損害賠償を提訴。3月9日 フレッシュアイペディアより)

52件中 31 - 40件表示

「イタイイタイ病」のニューストピックワード