67件中 31 - 40件表示
  • 中国産食品の安全性

    中国産食品の安全性から見たイタイイタイ病イタイイタイ病

    2002年に中国政府農業部の「コメおよびコメ製品品質監督検査試験センター」の抜き取り検査で、サンプル中国米に含まれていた重金属で基準値超過率は鉛28.4%、カドミウムが10.3%であった。2007年の南京農業大学農業資源環境研究所の潘根興教授の調査では中国の6地区(華東、東北、華中、西南、華南、華北)のコメを無作為分析した結果、10%のコメに基準値を超えたカドミウムが含まれており、重金属汚染米は長江以南で生産される籼米(せんまい。インディカ米)であり、湖南省、江西省は深刻な状況にあった。中国のコメの年産量は約2億トンなので、カドミウム汚染米の量は2000万トンとなり、日本の米生産量882万トン(2007年)の約2.3倍にのぼる。カドミウム汚染米を食べた広西チワン族自治区桂林市陽朔県興坪鎮の思的村の住民には骨軟化症、腎機能の低下、筋力低下、骨の激痛を発症しており、これは日本でのカドミウム中毒によるイタイイタイ病と同様の症状である。この思的村では1960年以前からカドミウム汚染が存在していたとの調査報告もある。中国産食品の安全性 フレッシュアイペディアより)

  • 金属

    金属から見たイタイイタイ病イタイイタイ病

    一部の金属は人体に強い毒性を持ち、必須、微量元素に当たる金属の中には過剰摂取で中毒症状を起こすものもある。公害の原因となったカドミウム(イタイイタイ病)、水銀(水俣病)や、グレアム・ヤング事件で使われたタリウムなどが知られる。江上不二夫は、このような元素類は海水中に含まれる濃度が低い点を指摘し、人類に繋がる生物が海中で発生した際に接触する機会がほとんど無く、進化の過程で解毒機構を獲得しなかったものと考察している。金属 フレッシュアイペディアより)

  • 呪殺祈祷僧団

    呪殺祈祷僧団から見たイタイイタイ病イタイイタイ病

    1970年(昭和45年)9月に日本の公害問題に対し、公害の原因となる汚染物質を垂れ流す工場・企業の経営者を、密教の呪術によって地獄に連行すると宣言して、まず、四日市ぜんそくの発生源となった加害企業の三重県四日市市の四日市コンビナートを訪れて、続いてイタイイタイ病の発生源となった岐阜県の神岡鉱山やイタイイタイ病の鉱毒汚染の被害があった富山県婦中町や新潟水俣病の加害企業が立地していた新潟県新潟市の加害工場を訪れて、公害呪術の対象とした。呪殺修法の作法は密教で、移動中は日蓮宗の唱題を行った。当時の法律家の見解として、(科学的に死因と結びつかないので)不能犯であり、(特定個人や企業を対象としているわけではなく、あてはめるには自らが公害企業だと認めなければならないので)名誉毀損に該当しないとされた。呪殺祈祷僧団 フレッシュアイペディアより)

  • 食の安全

    食の安全から見たイタイイタイ病イタイイタイ病

    戦後になって、公害に対する認識が高まり、富山県神通川流域で1910年代から発生していたイタイイタイ病が問題視された。原因は上流にある三井金属神岡工業所が川に流した金属廃液にカドミウムが含まれており、下流域の田畑を汚染、そこで収穫されたコメなどの作物や飲み水を利用した人々の骨がゆがんだり、ひびが入ったりした(神通川流域では1998年にもカドミウム腎症が多発した、という)。その後、水俣病などとともに四大公害病に数えられるようになった。食の安全 フレッシュアイペディアより)

  • 事故米穀

    事故米穀から見たイタイイタイ病イタイイタイ病

    汚染米として有害な重金属であるカドミウムを含む米(カドミウム米)がある。これは、自然の土壌に含まれているカドミウムや、鉱山・精錬工場などから流出して、河川・農業用水・耕作地の土壌を汚染したカドミウムが、栽培された稲に吸収されて、米に蓄積したものである。カドミウムは、イタイイタイ病や腎機能障害の原因物質となる有害なものである。事故米穀 フレッシュアイペディアより)

  • その時歴史が動いた (漫画)

    その時歴史が動いた (漫画)から見たイタイイタイ病イタイイタイ病

    イタイイタイ病『苦しむ患者を救いたい?イタイイタイ病裁判・弁護士たちの闘い』(画:ながいのりあき)その時歴史が動いた (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • 場の空気

    場の空気から見たイタイイタイ病イタイイタイ病

    山本七平は、例として旧日本軍の対米開戦、戦艦大和の沖縄出撃、日中国交回復、イタイイタイ病事件、自動車公害に関する世論等を挙げ、細かいデータおよび明確な根拠があるにもかかわらず、科学的根拠の全く無い判断が「空気」によって最終的に決定されたと指摘している。この事象をもって、山本は「それ(空気)は非常に強固で、ほぼ絶対的な支配力をもつ『判断の基準』であり、それに抵抗する者を異端として、『抗空気罪』で社会的に葬るほどの力をもつ超能力である」と述べた。場の空気 フレッシュアイペディアより)

  • 矢口洪一

    矢口洪一から見たイタイイタイ病イタイイタイ病

    熊本水俣病(チッソ)、新潟水俣病(昭和電工)、イタイイタイ病(三井金属鉱業)、四日市ぜんそく(昭和四日市石油・三菱化成(現:三菱化学・三菱樹脂・三菱モンサント・中部電力・石原産業)の四大公害訴訟のときは、民事局長として、被害者の立証の難しさを緩和する理論を提唱し、早期解決に尽力した。矢口洪一 フレッシュアイペディアより)

  • 萩野昇

    萩野昇から見たイタイイタイ病イタイイタイ病

    萩野 昇(はぎの のぼる、1915年11月20日 ? 1990年6月26日)は、 日本の医師。イタイイタイ病の命名者。医師で詩人の萩野卓司は弟。萩野昇 フレッシュアイペディアより)

  • ファンコーニ症候群

    ファンコーニ症候群から見たイタイイタイ病イタイイタイ病

    要因としては、ビタミンDの欠乏や期限切れのテトラサイクリンの服用や、腎不全が先行していた場合のテノフォビル服用の副作用が挙げられる。HIV感染者では、テノフォビルやジダノシンを含む抗レトロウイルス療法の利用によって二次的にファンコーニ症候群を生じることがある。重金属(カドミウム(イタイイタイ病)、水銀、鉛、ウラン、白金など)の摂取もファンコーニ症候群を生じる。ファンコーニ症候群 フレッシュアイペディアより)

67件中 31 - 40件表示

「イタイイタイ病」のニューストピックワード