92件中 31 - 40件表示
  • イタイイタイ病

    イタイイタイ病から見た婦負郡

    神通川下流域である富山県婦負郡婦中町(現・富山市)において、1910年代から1970年代前半にかけて多発した。イタイイタイ病 フレッシュアイペディアより)

  • イタイイタイ病

    イタイイタイ病から見たppm

    カドミウム汚染田は、神通川によって形成された扇状地にある。右岸は熊野川、左岸は井田川に囲まれる範囲で、八尾町(現:富山市八尾町)以外の地域は「イタイイタイ病指定地域」に含まれる。対策地域内の平均カドミウム濃度は表層土で1.12ppm、次層土で0.70ppmと、深くなるにつれて濃度は低下する。特に、上流部に分布する洪積扇状地では、平均2.0ppmと非常に濃度が高い。イタイイタイ病 フレッシュアイペディアより)

  • イタイイタイ病

    イタイイタイ病から見た神岡鉱山

    イタイイタイ病(イタイイタイびょう)とは、岐阜県の三井金属鉱業神岡事業所(神岡鉱山)による鉱山の製錬に伴う未処理廃水により、神通川下流域の富山県で発生した公害で、日本初の公害病で四大公害病のひとつである。略してイ病ともいう。 で、オックスフォード英語辞典など世界の多くの辞書に記載され、そのまま英語になった日本語の一つとなっている。イタイイタイ病 フレッシュアイペディアより)

  • イタイイタイ病

    イタイイタイ病から見た日中戦争

    神通川上流域では江戸時代から銅、銀、鉛などを生産しており、生産は小規模だったものの、当時から周辺の農業や飲料水に被害が出ていたという記録がある。明治維新になってから経営主体が明治政府に移ったが、すぐに三井組が本格経営を開始して三井組神岡鉱山稼行となった。日露戦争を契機に非鉄金属が注目されて生産量が大幅に増加し、その後も日中戦争や太平洋戦争、戦後の高度経済成長による増産で大量の廃物が放出され、周辺の地域だけではなく下流域の農業や人体にも被害を与えた。1886年(明治19年)の三井組による全山統一から1972年(昭和47年)のイタイイタイ病裁判の判決までに廃物によるカドミウムの放出は854tと推定される。イタイイタイ病 フレッシュアイペディアより)

  • イタイイタイ病

    イタイイタイ病から見た農用地の土壌の汚染防止等に関する法律

    神岡鉱山から排出されたカドミウムが神通川水系を通じて下流の水田土壌に流入・堆積して起きる。汚染実態を把握するため、富山県は1971年から1974年にかけ、「農用地汚染防止法」に基づいて、最密検査と補足検査を実施した。イタイイタイ病 フレッシュアイペディアより)

  • イタイイタイ病

    イタイイタイ病から見た富山県

    イタイイタイ病(イタイイタイびょう)とは、岐阜県の三井金属鉱業神岡事業所(神岡鉱山)による鉱山の製錬に伴う未処理廃水により、神通川下流域の富山県で発生した公害で、日本初の公害病で四大公害病のひとつである。略してイ病ともいう。 で、オックスフォード英語辞典など世界の多くの辞書に記載され、そのまま英語になった日本語の一つとなっている。イタイイタイ病 フレッシュアイペディアより)

  • イタイイタイ病

    イタイイタイ病から見た平方メートル

    敷地3900m2、床面積750m2で患者救済・発生源対策・汚染土壌復元運動の拠点となるほか、全国の公害反対運動に連帯する活動を行っている。イタイイタイ病 フレッシュアイペディアより)

  • イタイイタイ病

    イタイイタイ病から見た大腿

    1955年(昭和30年)8月4日、熊野村の開業医の萩野昇が執筆した「イタイイタイ病」を紹介する記事が富山新聞に掲載された。命名者も萩野である。この記事で萩野は「この病気は婦負郡中部および対岸の富山市南郊から上新川郡にかけての神通川本流水系に発生。患者はこの地域に長年住んでいる35歳から更年期にかけての女性が多い。症状は腰・肩・膝などの鈍痛に始まり、やがて大腿や上膊部の神経痛のような痛みとなり、進行すると少しの動作でも骨折するようになり、引き裂かれるような痛みを感じる。」と書いた。イタイイタイ病 フレッシュアイペディアより)

  • イタイイタイ病

    イタイイタイ病から見た精錬

    裁判の過程で、神通川上流の高原川に三井金属鉱業神岡鉱山亜鉛精錬所から鉱廃水に含まれて排出されたカドミウム (Cd) が原因と断定された。神岡鉱山から産出する亜鉛鉱石は閃亜鉛鉱という鉱物で、不純物として1%程度のカドミウムを含んでいる(閃亜鉛鉱は現在の亜鉛鉱山におけるもっとも主要な鉱物であり、天然に産するものであれば大なり小なりカドミウムを含む)。イタイイタイ病 フレッシュアイペディアより)

  • イタイイタイ病

    イタイイタイ病から見た神経痛

    1955年(昭和30年)8月4日、熊野村の開業医の萩野昇が執筆した「イタイイタイ病」を紹介する記事が富山新聞に掲載された。命名者も萩野である。この記事で萩野は「この病気は婦負郡中部および対岸の富山市南郊から上新川郡にかけての神通川本流水系に発生。患者はこの地域に長年住んでいる35歳から更年期にかけての女性が多い。症状は腰・肩・膝などの鈍痛に始まり、やがて大腿や上膊部の神経痛のような痛みとなり、進行すると少しの動作でも骨折するようになり、引き裂かれるような痛みを感じる。」と書いた。イタイイタイ病 フレッシュアイペディアより)

92件中 31 - 40件表示

「イタイイタイ病」のニューストピックワード