前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
739件中 1 - 10件表示
  • BLACK LAGOON

    BLACK LAGOONから見たマフィアマフィア

    ごく普通の日本人サラリーマン岡島緑郎は、東南アジアで海賊「ラグーン商会」に遭遇して拉致される。「ホテル・モスクワ」こと元ソ連軍の精鋭部隊から構成されるロシアン・マフィアの女ボスバラライカから依頼され、緑郎の勤める旭日重工の密輸に関わるディスクを奪ったラグーン商会は、チンケな報酬のタシにしようと彼を身代金目的で掠ったはいいが、交渉の手筈もない。それは、頭は悪いが銃の腕は超一流で“二丁拳銃”(トゥーハンド)の異名を持つ中国系アメリカ人のレヴィが先走ったためだった。緑郎はマッチョでタフで博識だが変人というラグーン商会の黒人ボスダッチにより、娼婦・ヤク中・傭兵・殺し屋・マフィアが集う背徳の都ロアナプラに案内される。ラグーン商会には、FBIとマフィアに追い回されてレヴィに拾われたインテリ白人ベニーもいた。「ホテル・モスクワ」は旭日重工と”交渉”するが、上司たちは緑郎を簡単に切り捨てると、ディスク奪還に傭兵部隊を送り込む。こうして世界の現実を知った緑郎は、ネクタイを絞めた海賊ロックを名乗る。撃ち合いも争い事も大嫌いだが交渉能力に長けたロックはラグーン商会の一員としてロアナプラの住人となり、育ちも性格も正反対のレヴィとは次第に互いにない部分を補い合う「相棒」に就く。BLACK LAGOON フレッシュアイペディアより)

  • ヴィトー・コルレオーネ

    ヴィトー・コルレオーネから見たマフィアマフィア

    プーゾの小説では、ヴィトー・コルレオーネはニューヨーク最強のマフィア、コルレオーネ・ファミリーのリーダーである。彼はマンハッタンのロウアー・イースト・サイド・ヘルズ・キッチンに移住してきた野心的なシチリア人として描かれ、マフィア帝国を築き人々から尊敬されている。小説のラストで彼は死に、末息子のマイケルが後を継いでコルレオーネ・ファミリーのドンになった。ヴィトーには他にも2人息子と1人の娘がおり、名前はサンティノ(“ソニー”)、フレデリコ(“フレド”または“フレディ”)、コンスタンツァ(“コニー”)で、全員が物語上大きな役割を持つ。また、正式ではないがソニーの友人トム・ヘイゲンを養子にし、彼は後にファミリーの「コンシリエーレ」(相談役)になった。ヴィトー・コルレオーネ フレッシュアイペディアより)

  • マフィアへの挑戦1/戦士起つ

    マフィアへの挑戦1/戦士起つから見たマフィアマフィア

    ベトナム戦争の英雄が家族の死をきっかけに世界を股にかけマフィア退治を行う。マフィアへの挑戦1/戦士起つ フレッシュアイペディアより)

  • 1960年アメリカ合衆国大統領選挙

    1960年アメリカ合衆国大統領選挙から見たマフィアマフィア

    民主党はマサチューセッツ州選出の上院議員ジョン・F・ケネディを候補に指名した。ケネディは大政党の候補者としては2人目のカトリック教徒だった(1人目は1928年民主党のアル・スミス)。選挙運動期間中、ケネディは、アイゼンハワーと共和党の下でアメリカは軍事的にも経済的にも冷戦中のソビエト連邦に後れを取っていると批判し、大統領になれば「アメリカを再度始動させる」と主張した。ニクソンはこれに応えて、もし当選すれば、アイゼンハワーがこの国にもたらした「平和と繁栄」を継承し、アメリカが冷戦に対応するためにはケネディでは若すぎて経験不足であり大統領を任せられないと主張した。結果、選挙人選挙では1916年以来となる接戦となり、一般投票でもケネディとニクソンの得票率差はアメリカの大統領選挙史の中で最小となった。この1960年選挙は、歴史家の間で特定の州におけるマフィア絡みの選挙違反がケネディの勝利を助けたことについて議論の的になり続けているものでもある。この選挙にはアラスカ州とハワイ州がそれぞれ前年の1月3日と8月21日に州昇格を果たし、初めて選挙に参加したものでもあった。1960年アメリカ合衆国大統領選挙 フレッシュアイペディアより)

  • ギャングスター ベガス

    ギャングスター ベガスから見たマフィアマフィア

    総合格闘家のジェイソン・マローンは、ラスベガスでは恐れられるマフィアのボス、フランク・ベリアノから「試合でわざと負けるように」といった八百長試合を押し付けられる。しかし、ジェイソンは無意識にも相手をノックダウンさせてしまう。フランクは計画を失敗させたジェイソンを殺しにかかる。ジェイソンはやみくもに逃げ回り、もう一人のラスベガスの大物に助けを求め、フランクに復讐を誓うが...。ギャングスター ベガス フレッシュアイペディアより)

  • ギャング

    ギャングから見たマフィアマフィア

    成熟し組織化された大人の暴力集団は「モッブ」あるいは「マフィア」と呼ばれる場合が多い。ただし、「マフィア」は本来はイタリアのシチリア島を起源とする組織犯罪集団を指す言葉であり(詳しくはマフィアの項を参照)、これ以外の類似の犯罪組織を指す場合は「モブ」と呼ぶほうが適切である(例・Irish Mob、Polish mob)。ただし、本家以外をマフィアと呼称する事は少なからずあり(例・Russian mafia、Albanian Mafia)、日本でもむしろこちらの方が一般的である(マフィアを参照)。ギャング フレッシュアイペディアより)

  • リバティーシティ

    リバティーシティから見たマフィアマフィア

    住居地区。一見平和そうに見えるが、実際はほとんどの住人がギャングやマフィアの関係者であり、警備も厳重である。主にフランシス国際空港や倉庫街のある南部と、団地や豪邸の立ち並ぶ北部とに分けられる。全域的に起伏に富んでおり、SUVに代表される四輪駆動車が多く走行している。主な施設に国際空港、大学病院、倉庫街(南部)、団地、高級住宅街、ダム、キャンプ場(北部)などがある。この地域に拠点を置くギャングに前述のコロンビアンカルテル、ストリートギャングのフーズ(Hoods)があり、フーズにはさらに赤色のレッドジャックス(Red Jacks)、紫色のナインズ(Nines)という二つの勢力に分かれている。なお1998年にはヤクザの縄張りも存在していた。リバティーシティ フレッシュアイペディアより)

  • フランク・シナトラ

    フランク・シナトラから見たマフィアマフィア

    しかし、デビュー期からイタリア系マフィアとの深い関係が度々取りざたされており、またマフィアを介してジョン・F・ケネディ大統領と親密な交友関係を持ち、ケネディの大統領当選に貢献したものの、後に仲たがいしたことから、同大統領の暗殺に関与したと噂されたこともある。フランク・シナトラ フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・F・ケネディ

    ジョン・F・ケネディから見たマフィアマフィア

    20世紀生まれの最初の大統領であり、カトリック教徒として初の(現在まで唯一の)大統領であり、アイルランド系アメリカ人としても最初の大統領となった。さらに(著作『勇気ある人々』で)ピューリツァー賞を受賞した唯一の大統領である。ケネディの在任中、ピッグス湾事件、キューバ危機、ベルリンの壁の建設、米ソの宇宙開発競争、公民権運動の高まり、ベトナム情勢の悪化など多くの歴史的事件が発生しているが、特にキューバ危機の対応においては「第三次世界大戦」「米ソ全面核戦争」の危機を回避したと評価される。若くして大統領となったケネディは就任時からアメリカ国民に期待され、現在に至るまでアメリカ人の好きな大統領ランキングの上位にいるが、大統領選挙における不正やマフィアとの関係、マリリン・モンローをはじめとする複数の相手との不倫、ピッグス湾事件やベトナム戦争における優柔不断な態度などに対する批判も多い。ジョン・F・ケネディ フレッシュアイペディアより)

  • イタリア

    イタリアから見たマフィアマフィア

    1890年代は露仏同盟の形成途上に1893年恐慌がおこり、国内でもさまざまな変化を生じた。建築ラッシュが急ブレーキを踏んで発券銀行の不正疑惑に発展したので、ジョヴァンニ・ジョリッティ内閣が六発券銀行のうち南部のナポリ銀行とシチリア銀行を除いた四行をイタリア銀行に再編した。ファッシが流行り、エジソン社が水力発電所をアッダ川に建設し、ロスチャイルドに通じるアニェリ家のフィアットが創業した。三国協商の形成途上であった20世紀初頭から北米をめざす移民が増えだした。山賊の系譜でマフィアが誕生した。農民としてはカナダの小麦プールに加わった。1912年に全国保険機構(Istituto Nazionale delle Assicurazioni)が設立された。これは当初、生命保険の国家独占事業体となるはずであったが、ベニート・ムッソリーニが独占化を否定した。設立を推進した官僚アルベルト・ベネドゥーチェ(Alberto Beneduce)が、ファシスト政権下で公共事業体設立を主導した。イタリアは三国同盟を第一次世界大戦で離脱し、連合国側で勝利した。戦中は移民輸出の総数が200未満であったけれども、1920年に北米行きだけで300人超が流出した。このようなイタリアは相対的安定期にファシズム体制となった。イタリア フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
739件中 1 - 10件表示

「イタリアマフィア」のニューストピックワード