739件中 21 - 30件表示
  • 瞬きのソーニャ

    瞬きのソーニャから見たマフィアマフィア

    中秋節に、いつもTシャツ短パン姿のソーニャに、女の子らしい服を着せようと、自分の“お古”を着せる。ソーニャに着せた自分の“お古”が少し大きいと思いソーニャの服を購入した際、偽の女性店員に店の奥のドアへ誘導され、ソーニャに関する情報を聞き出すために劉偉のマフィアの本部に拉致される。瞬きのソーニャ フレッシュアイペディアより)

  • サント・トラフィカンテ

    サント・トラフィカンテから見たマフィアマフィア

    サント・トラフィカンテ・シニア(Santo Trafficante, Sr.、1886年5月28日 - 1954年8月11日)は、シチリア・チャンチャーナ出身のフロリダ州タンパを支配したマフィアのボス。サント・トラフィカンテ フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・ヴィテレリ

    ジョー・ヴィテレリから見たマフィアマフィア

    1990年、レオの息子であるショーンが主演のマフィア映画『ステート・オブ・グレース』で映画デビュー。イタリア系と独特の風貌が相まって、その後の映画ではマフィアの組員や重鎮などを演じることが多かった。ただし、ロバート・デ・ニーロとビリー・クリスタルが主演した『アナライズ・ミー』などのコメディ映画ではマフィアの役柄ながらもコミカルな演技を披露したほか、ファレリー兄弟の監督作品である『愛しのローズマリー』ではグウィネス・パルトローが演じる主人公・ローズマリーの父親役を演じた。ジョー・ヴィテレリ フレッシュアイペディアより)

  • フェイク (映画)

    フェイク (映画)から見たマフィアマフィア

    『フェイク』(原題:Donnie Brasco)は、1997年に制作されたアメリカ映画。マフィアのボナンノ一家に“ドニー・ブラスコ”の変名で6年間潜入し、彼らの大量摘発に貢献した連邦捜査局(FBI)の特別捜査官、の実録手記、"Donnie Brasco: My Undercover Life in the Mafia"に基づく。フェイク (映画) フレッシュアイペディアより)

  • トンプソン・サブマシンガン

    トンプソン・サブマシンガンから見たマフィアマフィア

    当時のM1921は民間人(この中にはトミーガンを有名にしたマフィア達も含まれていた)を主な購入者としており、1934年に規制されるまで購入に何らの制約も無く通信販売でも購入できたため、バナナ戦争における交戦相手のサンディーノ軍(ニカラグア)も、海兵隊と同様にM1921を装備していた。トンプソン・サブマシンガン フレッシュアイペディアより)

  • ジョヴァンニ・ファルコーネ

    ジョヴァンニ・ファルコーネから見たマフィアマフィア

    ジョヴァンニ・ファルコーネ(, 1939年5月18日 - 1992年5月23日)はイタリアの裁判官。その生涯をマフィア撲滅運動に捧げるも、盟友の治安判事パオロ・ボルセリーノと相前後してマフィアの手で暗殺された。ジョヴァンニ・ファルコーネ フレッシュアイペディアより)

  • アンブロシアーノ銀行

    アンブロシアーノ銀行から見たマフィアマフィア

    1975年に頭取に就任したロベルト・カルヴィと、サルヴァトーレ・リイナやヴィト・ジェノヴェーゼなどのイタリア、アメリカの両国のマフィアとの関係が深く、自らもマフィア関係者と目されていた、ミラノのプライベートバンクの頭取であるミケーレ・シンドーナ、そしてバチカン銀行総裁でアメリカのシカゴ出身のポール・マルチンクス大司教らが、アンブロシアーノ銀行からバチカン銀行を通じてマフィア絡みのマネーロンダリングや不正融資を行っていたことから、1978年8月に法皇に就任したヨハネ・パウロ1世は、バチカン銀行の改革を表明していた。アンブロシアーノ銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 死刑執行人 (小説)

    死刑執行人 (小説)から見たマフィアマフィア

    本国に帰還したマックは、事件の原因がマフィアと関係した悪徳金融の不法な取立てにあると断定、特殊技能を用いて敵を次々と処刑していく。死刑執行人 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • タンジェントポリ

    タンジェントポリから見たマフィアマフィア

    第二次世界大戦後より長年政権を担当してきたDC,PSIはジュリオ・アンドレオッティのマフィアとの関係発覚や、ベッティーノ・クラクシのチュニジア亡命などで求心力を失い分裂、解散に追い込まれた。タンジェントポリ フレッシュアイペディアより)

  • Mafia: The City of Lost Heaven

    Mafia: The City of Lost Heavenから見たマフィアマフィア

    1930年代アメリカの禁酒法時代を背景に、タクシー運転手であった主人公トミーがマフィア組織の中で成り上がっていくストーリーである。1930年代のシカゴの街をイメージした架空の都市ロストヘブンとしてひとつの都市がリアルに再現されており面積は12マイルある。重厚なストーリーなどで評価は高い。反面、戦闘の難易度が高い、クイックセーブができない(場面ごとのセーブのみ)、バグが多いなど、システム面の欠陥に対する批判も少なくない。Mafia: The City of Lost Heaven フレッシュアイペディアより)

739件中 21 - 30件表示

「イタリアマフィア」のニューストピックワード