608件中 21 - 30件表示
  • DARK QUEEN

    DARK QUEENから見たマフィアマフィア

    主人公とその対戦者はお互いに巨大ロボットを思わせる能力兵器「キャヴァリエ」に乗り込み、各々の能力を用いて戦闘を行うというヒーロークロスライン創刊時の作品で唯一、巨大ロボット漫画に極めて近い作品である。この作品ではノッカーズ同士の戦いを主題とするにもかかわらず、彼らがキャヴァリエ以外の異形姿に変貌する描写がほとんど無い点が大きな特色である。また、この作品における戦闘は概ね1対1で時間と場所を示し合わせて行われる試合または一騎打ち競技の様なもので、必ずしも相手の生命や自由を奪うことを目的とせず、突発的に発生するものでもほとんどない。いわゆるマフィア映画の様な裏社会を舞台としながら、騎士道物語のオマージュ的性格を持つ作品である。DARK QUEEN フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・カルヴィ

    ロベルト・カルヴィから見たマフィアマフィア

    また、1969年には、ネオ・ファシストの極右政党であるMSIやCIAと深い関係を持っていたリーチオ・ジェッリが代表を務めるフリーメイソンの「ロッジP2(Propaganda Due)」の会員となり、ジェッリを通じて、バチカン銀行の財政顧問も務めた弁護士で、自らが経営するミラノのプライベートバンクを通じてマフィアのマネーロンダリングを行っていたミケーレ・シンドーナとの関係を結んだ。ロベルト・カルヴィ フレッシュアイペディアより)

  • 正義と尊厳ある平和のための運動

    正義と尊厳ある平和のための運動から見たマフィアマフィア

    正義と尊厳ある平和のための運動(Movimiento por la Paz con Justicia y Dignidad)とは、メキシコ麻薬戦争に対しての解決の方法を模索するために結果生まれたメキシコ市民によるデモ運動である。詩人ハビエル・シシリア (Javier Sicilia) (彼は息子フアン・フランシスコの命をマフィアの手によって奪われた被害者の一人である)は、2011年4月26日メキシコ市民に呼びかけて、マフィアと政府の闘争が生み出す暴力に対してデモを行った。正義と尊厳ある平和のための運動 フレッシュアイペディアより)

  • Mafia: The City of Lost Heaven

    Mafia: The City of Lost Heavenから見たマフィアマフィア

    1930年代アメリカの禁酒法時代を背景に、タクシー運転手であった主人公トミーがマフィア組織の中で成り上がっていくストーリーである。1930年代のシカゴの街をイメージした架空の都市ロストヘブンとしてひとつの都市がリアルに再現されており面積は12マイルある。重厚なストーリーなどで評価は高い。反面、戦闘の難易度が高い、クイックセーブができない(場面ごとのセーブのみ)、バグが多いなど、システム面の欠陥に対する批判も少なくない。Mafia: The City of Lost Heaven フレッシュアイペディアより)

  • ヴィットーリオ・エマヌエーレ・ディ・サヴォイア

    ヴィットーリオ・エマヌエーレ・ディ・サヴォイアから見たマフィアマフィア

    またヴィットーリオは、王位請求者としてだけでなく事業家として行動を起こした。初めは銀行業や航空機会社から、そして次第に武器密輸などの非合法事業などに手を広げていった。そのような中で、1970年代にはネオファシストや右翼軍人、マフィアらの秘密結社であり、バチカンを巻き込んだマネーロンダリングや、南アメリカの軍事政権に違法な武器密輸や資金援助を行っていた「ロッジP2」のメンバーとなっていたことが暴露され、イタリア国内のみならず世界的な大スキャンダルになった。ヴィットーリオ・エマヌエーレ・ディ・サヴォイア フレッシュアイペディアより)

  • ガンスミスキャッツ

    ガンスミスキャッツから見たマフィアマフィア

    フルオートモデル (州によっては要ライセンス、多くの州では単純所持でも違法) のサブマシンガンや爆弾等を所持していたり、本人の意図とは関係なく、裏取引の結果転がり込んできたマフィアの資金を着服したり、非合法ギリギリの事柄にも幾つか関わっている。ガンスミスキャッツ フレッシュアイペディアより)

  • 第二次世界大戦の影響

    第二次世界大戦の影響から見たマフィアマフィア

    イタリア上陸時にアメリカ軍がマフィアを使ったように、暴力団を占領下における左翼勢力を押さえ込むための暴力装置として活用し、そのことによって暴力団に大きな資金が転がり込み、勢力を飛躍的に伸ばす結果を生んだ。第二次世界大戦の影響 フレッシュアイペディアより)

  • サウスタウン

    サウスタウンから見たマフィアマフィア

    やがて人で賑わい、貿易都市として成長したが、イタリアから流れてきたマフィアにより治安が悪化した。その後、サウスタウンに独自に発生した犯罪組織、19世紀末頃に移民して来た華僑の一部のチャイニーズマフィアの勢力も台頭し、イタリアンマフィア・地元犯罪組織・チャイニーズマフィアによる三つ巴の抗争が勃発した。サウスタウン フレッシュアイペディアより)

  • カンザスシティ (ミズーリ州)

    カンザスシティ (ミズーリ州)から見たマフィアマフィア

    20世紀初頭の禁酒法時代、トム・ペンダーガストに牛耳られていたカンザスシティはにおいては、酒類の販売における法律も時間帯も事実上機能していなかった。1930年代に入ってペンダーガストによる庇護のもとにナイトクラブが違法営業をするようになると、カンザスシティ・ジャズ(後述)が流行したが、同時にカンザスシティ・マフィアが台頭し、ギャングもカンザスシティに寄ってくるようになった。1933年、ユニオン駅ではカンザスシティ虐殺事件と呼ばれる銃撃戦が起こり、警察官・FBIエージェント計4名が殉職した。現在カンザスシティ国際空港がある場所の近くにあった酒場では、ボニーとクライドが警察官と銃撃戦を繰り広げた。カンザスシティ (ミズーリ州) フレッシュアイペディアより)

  • キャノンボール2

    キャノンボール2から見たマフィアマフィア

    一方、カネロニ一家は落ちぶれたアメリカマフィア。それというのも当代のドンドンが頼りにならない優柔不断の優男のため。隠居の父親は部下にドンドンのネジを巻かせようとする。ドンドンの元に駆けつけた部下は、手始めに資金元として、ドンドンが貸している借金を回収することにした。キャノンボール2 フレッシュアイペディアより)

608件中 21 - 30件表示

「イタリアマフィア」のニューストピックワード