739件中 31 - 40件表示
  • コミッション (マフィア)

    コミッション (マフィア)から見たマフィアマフィア

    コミッション(The Commission)とは、アメリカの犯罪組織マフィア(コーサ・ノストラ)のイタリア系ファミリーの指導者(通常ボス)の集まりで、全国委員会などと訳される。コミッション (マフィア) フレッシュアイペディアより)

  • 久保田武蔵

    久保田武蔵から見たマフィアマフィア

    久保田 武蔵(くぼた むさし、男性、1982年2月9日 - )は、こども体操家・俳優・タレント。総合格闘家・マフィア。第10号館山ふるさと大使(「館山エンタメ大使」)を務めた。司会、モデル、ものまね師、リングアナウンサー、講師としても活動。久保田武蔵 フレッシュアイペディアより)

  • DARK QUEEN

    DARK QUEENから見たマフィアマフィア

    主人公とその対戦者はお互いに巨大ロボットを思わせる能力兵器「キャヴァリエ」に乗り込み、各々の能力を用いて戦闘を行うというヒーロークロスライン創刊時の作品で唯一、巨大ロボット漫画に極めて近い作品である。この作品ではノッカーズ同士の戦いを主題とするにもかかわらず、彼らがキャヴァリエ以外の異形姿に変貌する描写がほとんど無い点が大きな特色である。また、この作品における戦闘は概ね1対1で時間と場所を示し合わせて行われる試合または一騎討ち競技の様なもので、必ずしも相手の生命や自由を奪うことを目的とせず、突発的に発生するものでもほとんどない。いわゆるマフィア映画の様な裏社会を舞台としながら、騎士道物語のオマージュ的性格を持つ作品である。DARK QUEEN フレッシュアイペディアより)

  • ペーパーマリオRPG

    ペーパーマリオRPGから見たマフィアマフィア

    前作と見た目の雰囲気こそあまり変わらないものの、物語の背景やシナリオなどにハードな描写が増え(メインとなる街が荒れ放題なうえシンボルが「絞首台」である、「マフィア」「裏の世界」「例のブツ」などの反社会的な言葉が出てくる、さらに「親の金を盗った」「カードでイカサマした」などの犯罪行為の登場、心理的な恐怖を描いたシナリオが存在するなど)、音楽の雰囲気もかなり堅いものが増えた。この傾向は続編『スーパーペーパーマリオ』でより一層顕著になる。ペーパーマリオRPG フレッシュアイペディアより)

  • カンザスシティ (ミズーリ州)

    カンザスシティ (ミズーリ州)から見たマフィアマフィア

    20世紀初頭の禁酒法時代、トム・ペンダーガストに牛耳られていたカンザスシティにおいては、酒類の販売における法律も時間帯も事実上機能していなかった。1930年代に入ってペンダーガストによる庇護のもとにナイトクラブが違法営業をするようになると、カンザスシティ・ジャズ(後述)が流行したが、同時にカンザスシティ・マフィアが台頭し、ギャングもカンザスシティに寄ってくるようになった。1933年、ユニオン駅ではカンザスシティ虐殺事件と呼ばれる銃撃戦が起こり、警察官・FBIエージェント計4名が殉職した。現在カンザスシティ国際空港がある場所の近くにあった酒場では、ボニーとクライドが警察官と銃撃戦を繰り広げた。カンザスシティ (ミズーリ州) フレッシュアイペディアより)

  • ビバリーヒルズ高校白書

    ビバリーヒルズ高校白書から見たマフィアマフィア

    アイルランド系。父親(Josh Taylor)がマフィアと通じており、それが原因で波乱の人生を送ることになる。ダーティなイメージで、一匹狼的存在。ブランドンとは親友。サーフィンを好む。父の遺産を相続して大富豪になるも、詐欺師に騙されて無一文に転落し酒やドラッグに溺れる。しかしバレリーの協力を得て財産を取り戻す。高校時代にブレンダと付き合うが、ブレンダのフランス留学中にケリーと急接近し、三角関係になる。シーズン5ではケリーをブランドンと取り合う。父親を殺したマフィアのボスであるアンソニー・マルシェット(Stanley Kamel)の娘、トニー(Rebecca Gayheart)と恋に落ち結婚するが、直後にアクシデントから彼女を殺されてしまう。トニーの死後L.Aを去る。L.Aを去ってからはブレンダとロンドンで暮らしていたがまたもや破局。3年後、ビバリーヒルズに帰ってくるがトニーの死のショックを引きずっており、トラブルを起こす。ケリーに未練があり、結果的にはケリーとヨリを戻すことになった。ビバリーヒルズ高校白書 フレッシュアイペディアより)

  • イタリアの歴史

    イタリアの歴史から見たマフィアマフィア

    冷戦が崩壊した1990年代は検察によるマフィアの摘発が相次ぎ、これに対抗する形でのマフィアの報復抗争が激化、反マフィア治安判事のジョヴァンニ・ファルコーネ(1992年5月23日、)とパオロ・ボルセリーノ(1992年7月19日、)が殺害される事態にまで発展した。また、アンドレオッティ元首相とマフィアとの癒着やクラクシ元首相の汚職、政治家の汚職が多数発見され(マーニ・プリーテ)、これらの政財界における大規模汚職の発覚は「タンジェントポリ(「汚職の町」の意)」と呼ばれ、多くの国民からの批判を呼んだ。これらのアンドレオッティやその側近の相次ぐ疑惑を受けて、アンドレオッティが長年事実上の最高権力者として君臨したキリスト教民主主義は完全に支持を失い分裂状態に陥った。イタリアの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見たマフィアマフィア

    他人の財産を奪おうとする者が暴力をふるうことがあるということは古今東西かわらない(→ 強盗など)。世界的にはマフィア、日本では暴力団のように、さまざまなかたちで暴力行為を常態的におこなっている組織も存在する(→ マフィア、暴力団)。暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 科学忍者隊ガッチャマンF

    科学忍者隊ガッチャマンFから見たマフィアマフィア

    その頃隕石山の崩壊したギャラクター本部では瓦礫の中に埋もれていた総裁Xの亡骸に残されたメカ部分が活動を始め、あらゆる機械を取り込んで増殖していた。時を同じくして、マフィアのエゴボスラーファミリーは今が好機と世界征服に打って出る。エゴボスラー対ガッチャマンの初めての対決の最中、突如現れた超巨大鉄獣メカに対しニューゴッドフェニックスは歯が立たず大破してしまう。鉄獣メカを作り出し操っていたのは総裁Xの亡骸から誕生した総裁Zであった。エゴボスラーと総裁Zは利害が一致したことで結託し、新生ギャラクターを名乗ることになった。科学忍者隊ガッチャマンF フレッシュアイペディアより)

  • キャノンボール2

    キャノンボール2から見たマフィアマフィア

    一方、カネロニ一家は落ちぶれたアメリカマフィア。それというのも当代のドンドンが頼りにならない優柔不断の優男のため。隠居の父親は部下にドンドンのネジを巻かせようとする。ドンドンの元に駆けつけた部下は、手始めに資金元として、ドンドンが貸している借金を回収することにした。キャノンボール2 フレッシュアイペディアより)

739件中 31 - 40件表示

「イタリアマフィア」のニューストピックワード