739件中 41 - 50件表示
  • コーサ・ノストラ

    コーサ・ノストラから見たマフィアマフィア

    コーサ・ノストラ(La Cosa Nostra)またはコーザ・ノストラとは、秘密結社的犯罪集団である。イタリア語で「我らのもの」を意味し、一般的にはマフィアとして知られるが、正確にはマフィアとコーサ・ノストラは区別される。マフィアという呼称は、時期は不明であるが18世紀末から19世紀初頭にイタリアのシチリア島で発生し、19世紀末から始まったアメリカへの移民と共に、イタリア国外へと進出し世界的な組織と成長していった、一方コーサ・ノストラは第二次世界大戦中にアメリカが強制送還したラッキー・ルチアーノに対してつけられた組織(ギャング)を言う。コーサ・ノストラ フレッシュアイペディアより)

  • ゴッドファーザー

    ゴッドファーザーから見たマフィアマフィア

    アメリカに生きるイタリア人移民とその子孫であるイタリア系アメリカ人一族の、栄光と悲劇を描く。「ゴッドファーザー」とは、マフィアのボスまたはファミリーのトップへの敬称であるが、本来はカトリックでの洗礼時の代父(名付け親)という意味である。イタリアなどの伝統的なカトリック世界では洗礼時の代父・代母は第二の父母であり、後見人的な存在として生涯にわたり関わりが続いたことに由来している。ゴッドファーザー フレッシュアイペディアより)

  • 不夜城 (小説)

    不夜城 (小説)から見たマフィアマフィア

    上海マフィアのボス。機嫌を損ねると歌舞伎町が暮らしにくい街になると言われるほど強い影響力がある。自分の右腕だった男を殺した呉富春が戻ったと知り、血眼になって探し、健一に3日以内に探せと命じる。表では、大物実業家としての一面もある。不夜城 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 第二次世界大戦の影響

    第二次世界大戦の影響から見たマフィアマフィア

    イタリア上陸時にアメリカ軍がマフィアを使ったように、暴力団を占領下における左翼勢力を押さえ込むための暴力装置として活用し、そのことによって暴力団に大きな資金が転がり込み、勢力を飛躍的に伸ばす結果を生んだ。第二次世界大戦の影響 フレッシュアイペディアより)

  • ンドランゲタ

    ンドランゲタから見たマフィアマフィア

    ンドランゲタ (、ヌドランゲタとも) は、イタリアの犯罪組織マフィアのうちカラブリア州(特にレッジョ・ディ・カラブリア)を拠点にしているものである。約150団体(約5,200人)を擁する、コーサ・ノストラ、カモッラ、と並ぶイタリア4大マフィアの一つ。ンドランゲタ フレッシュアイペディアより)

  • フレンチ・コネクション

    フレンチ・コネクションから見たマフィアマフィア

    麻薬の売人を逮捕したある夜、ドイルは相棒のルソーと共にナイトクラブ「コパカバーナ」に飲みに出かける。そこには有力マフィアの組長たちが妻同伴で来店していた。その際、組長夫妻たちと共にテーブルを囲み、札びらを切っている若い夫婦がいた。不審に思ったドイルとラソーは、その夫婦を捜査する。フレンチ・コネクション フレッシュアイペディアより)

  • 仁義なき戦い

    仁義なき戦いから見たマフィアマフィア

    脚本執筆にあたり笠原は、1936年のフランス映画で『我等の仲間』も参考にした。多大な影響をうけたのは、1972年の日活映画『一条さゆり 濡れた欲情』だと言う。広島抗争の取材を重ねて材料は充分に整ったが、その料理法に行き詰まった。エネルギッシュで生々しく、残酷でいてなにか浮世ばなれしたズッコケたヤクザ・ワールドの人間葛藤図は、それまでの任侠映画のパターンに収まりきらず、といって他に模すべき映画は見当たらず、『ゴッドファーザー』や『バラキ』といったマフィア物も見たが参考にならなかった。『仁義なき戦い』は戦後日本の風土のなかで描いてこそ活きる素材だったからである。八方塞がりの時、たまたま入った映画館で観たのが『一条さゆり 濡れた欲情』で、一条さゆり、白川和子、伊佐山ひろ子の三女優の裸身が、文字通り組んずほぐれつ、剥き出し性本能をぶつけ会う1時間余りの映像は、この上なく猥雑で、従順で、固唾を呑む暇もないほど迫力があった。これからの映画はこうでなければならないと信じ、この手法を持ってすれば『仁義なき戦い』の材料は捌けると強い自信をも抱いた。笠原が今日のような名声を得る切っ掛けとなったのが『仁義なき戦い』がヒットした後、「キネマ旬報」誌で二回に分けて掲載された田山力哉とのロング・インタビューであった。それまで笠原は、ヤクザ映画の脚本家というレッテルを貼られて良識あるジャーナリズムからはまったく無視されてきた。田山を「私をマスコミの表側に押し出してくれた恩人」と笠原は述べていたが、田山は笠原を"非エリート"と名付けてその後は、「非エリート、たまには銀座で飲ませろ」などと"非エリート"呼ばわりがしつこく非常に頭にきたと著書で述べている。仁義なき戦い フレッシュアイペディアより)

  • ラッキードッグ1

    ラッキードッグ1から見たマフィアマフィア

    「脱獄編」とは対照的に開放感に溢れたパートで、牧歌的な風景の中、ドタバタしたコメディタッチのエピソードが展開されるが、次第にマフィアとしての血生臭いエピソードが主になってくる。ラッキードッグ1 フレッシュアイペディアより)

  • 1928年

    1928年から見たマフィアマフィア

    3月29日 - ヴィンセント・ジガンテ、アメリカ・マフィアのボス(+ 2005年)1928年 フレッシュアイペディアより)

  • ジェノヴェーゼ一家

    ジェノヴェーゼ一家から見たマフィアマフィア

    ジェノヴェーゼ一家(ジョノヴェーゼいっか)は、ニューヨーク・マフィアの五大ファミリーの1つである。ジェノヴェーゼ一家 フレッシュアイペディアより)

739件中 41 - 50件表示

「イタリアマフィア」のニューストピックワード