739件中 51 - 60件表示
  • ゴッドファーザー (小説)

    ゴッドファーザー (小説)から見たマフィアマフィア

    ゴッドファーザー( The Godfather )は、アメリカの作家マリオ・プーゾによる犯罪小説である。初版は1969年3月10日、G. P. Putnam's Sons社による。ニューヨークとロングビーチに本拠地を置く、架空のシシリアン・マフィアのファミリーを描く。ファミリーを率いるのはドン・ヴィトー・コルレオーネで、イタリアン・マフィアを象徴する男である。小説には、1945年から1955年にかけてのファミリーの様相と、幼年期から青年期にかけてのヴィトー・コルレオーネを回想する場面とが、交互に描かれる。ゴッドファーザー (小説) フレッシュアイペディアより)

  • ヴァージニア・ヒル

    ヴァージニア・ヒルから見たマフィアマフィア

    ヴァージニア・ヒル(Virginia Hill, 1916年8月26日 - 1966年3月24日)は、アメリカのマフィアの現金輸送屋で、ハリウッドのギャング、ベンジャミン・シーゲルの愛人として有名でもある。ヴァージニア・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • ガンスミスキャッツ

    ガンスミスキャッツから見たマフィアマフィア

    物語開始当初は21歳と年齢を詐称していた(実年齢は19)他、フルオートモデル のサブマシンガンや爆弾等を所持していたり、本人の意図とは関係なく、裏取引の結果転がり込んできたマフィアの資金を着服したり、非合法の事柄にも幾つか関わっている。ガンスミスキャッツ フレッシュアイペディアより)

  • グランド・セフト・オート・バイスシティ・ストーリーズ

    グランド・セフト・オート・バイスシティ・ストーリーズから見たマフィアマフィア

    本作の新システムとして採用されたビルの経営ミッション。バイカーギャングなど他のマフィア・ギャングが所有する物件(総数は30件)を襲い、制圧後にIonic Real Estateという不動産会社から土地を購入して自分の事業用建物(業種は6種類)を建設し、活動資金を稼ぐ。グランド・セフト・オート・バイスシティ・ストーリーズ フレッシュアイペディアより)

  • シルヴィオ・ベルルスコーニ

    シルヴィオ・ベルルスコーニから見たマフィアマフィア

    他方で圧倒的なメディア支配力と資金力を背景にした強圧的な政治姿勢には、「独裁的である」との批判が内外から寄せられている。再び政権について以降は、メディアセットの競合となる国営放送「RAI」に対しても影響力を行使しようと画策した。2002年にはメディアセット社が、民放1局を衛星放送に切り替えるように憲法裁判所から判決を下されたものの、翌2003年12月にいわゆるガスパリ法案が議会で可決する。メディア寡占規制が緩和されると同時に、国営放送RAIは分割民営化されることになると見られていた。しかし、イタリア内外で非難を浴びたため、カルロ・アツェリオ・チャンピ大統領は署名を拒否し、法案を下院に差し戻した(参照:イタリア共和国憲法)。「ロッジP2」のメンバーであったこと、マフィアや極右勢力との人脈も度々報道されている。シルヴィオ・ベルルスコーニ フレッシュアイペディアより)

  • タイムクライシス

    タイムクライシスから見たマフィアマフィア

    だが、王家の古城が聳える孤島『王の島』で20年前の当時はまだ12歳だったが、その革命で父のガロ国王を殺されたシェルード・ガロ王子は王政復古と父の仇を取る為に王家の遺産を受け継いで20年前から現在まで、『闇の世界』で力を付け、ありとあらゆる悪事に手を染める。そして、その活動拠点となった古城は『闇の城』とまで呼ばれるに至った。タイムクライシス フレッシュアイペディアより)

  • ジーザス (漫画)

    ジーザス (漫画)から見たマフィアマフィア

    ジーザスの師匠・父親的存在で、橿原の旧友。CIAの非合法員としてマフィアに対し破壊活動を行っていた時に、スラムの少年グループのリーダーだったジーザスと出会い、共にアメリカ中を逃亡しながら様々な戦闘技術を叩き込んだ。ジーザスが17歳の時、追手にかかり死んだものと思われていたが、10年の時を経て、ジーザスと思わぬ形で再会を果たす。ジーザス (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • 北部同盟 (イタリア)

    北部同盟 (イタリア)から見たマフィアマフィア

    イタリアの経済は2度の世界大戦以来、復興期に工業化が進められたイタリア北部・中部の経済と、依然として自作農中心であるイタリア南部の経済とが著しく乖離(かいり)した状態が続いており、財政上、北部と中部の経済が南部の経済を支える形になっている。こうした状況を打開するべく、イタリア政府は南部も北部同様の工業地帯にしようと開発計画(バノーニ計画)を進め、多くの国営企業を誘致した。こうした行為は南部の工業化に一定の成果はもたらしたが、機械化された国営企業の誘致はインテリ層の職域を増やしただけで、肝心の大多数を占める農民達に職を与える効果はなく、経済的にも税金に頼る非効率な国営企業は南部経済の政府資金への従属を一層に深めてしまった。また第二次世界大戦中の連合国軍への協力や、戦後の混乱期を利用して勢力を伸ばしたマフィアは南部に強大な勢力を構築しており、企業誘致やインフラストラクチャー整備に捻出(ねんしゅつ)された資金はこれらマフィアに吸い上げられ、南部経済の発展には寄与しないケースも散見された。北部同盟 (イタリア) フレッシュアイペディアより)

  • ヤクザ

    ヤクザから見たマフィアマフィア

    ...ヤクザ。彼らはイタリアの親戚達に比せば紳士的な傾向にある。窃盗や武装強盗などの街頭犯罪に着手することは通常はない。同業者すなわちヤクザ同士の抗争というならばそれはしばしば発生するものであるが、彼らが一般大衆を攻撃対象とすることは極めて稀である。...ヤクザ フレッシュアイペディアより)

  • ベニート・ムッソリーニ

    ベニート・ムッソリーニから見たマフィアマフィア

    後述する警察国家の推進によってマフィアをはじめとする犯罪組織は徹底的な取り締まりを受け、その殆どが壊滅状態に追い込まれたために経済犯罪も減少した。経済の立て直しという重要課題に成功した事で、国民の大部分も連立政権を支持するか若しくは中立であった。ベニート・ムッソリーニ フレッシュアイペディアより)

739件中 51 - 60件表示

「イタリアマフィア」のニューストピックワード