739件中 61 - 70件表示
  • ロード・トゥ・パーディション

    ロード・トゥ・パーディションから見たマフィアマフィア

    『アメリカン・ビューティー』で第72回アカデミー賞の作品賞と監督賞をダブル受賞したサム・メンデスが、トム・ハンクス、ポール・ニューマン、ジュード・ロウといった新旧実力派スターを揃え大恐慌時代のシカゴを舞台に、マフィアの世界の掟と、父と息子の絆を描いた人間ドラマである。小池一夫、小島剛夕の漫画『子連れ狼』をモチーフとした重厚かつ繊細な世界観は主に映画評論家から高く評価され、「アカデミー作品賞の最有力候補」と推す声も多かったが第75回アカデミー賞においては作品賞を除く6部門のノミネートに収まり、受賞は撮影賞のみであった。授賞式の際、式の半年前に撮影を担当したコンラッド・L・ホールが死去したため、息子が代理で受け取った。ロード・トゥ・パーディション フレッシュアイペディアより)

  • 7月19日

    7月19日から見たマフィアマフィア

    1992年 - イタリアの反マフィア治安判事パオロ・ボルセリーノが、自動車に仕掛けられた爆弾により暗殺。7月19日 フレッシュアイペディアより)

  • ウサビッチ

    ウサビッチから見たマフィアマフィア

    赤と白のストライプ模様の囚人服を着たウサギ(プーチン同様、ウサビッチZEROの最終回で赤いペンキを被ったため)。体毛はピンク。左の耳に安全ピンを1つ(爆死以前は2つ)刺している。囚人番号04番。元マフィアのボスで、現在は死刑囚。元は双子で、キルネンコという兄がいる。ズルゾロフの裏切りにより兄弟共に爆殺されバラバラになった後、身体を繋ぎ合わされて復活したが、左頭部および右脇腹、左足のパーツが間違って繋げられている。左頭部のパーツはよく取れてしまっており、そのたびに死んでは復活している(パーツが元の位置に嵌れば蘇生可能)。性格は冷静で物静か、基本的に他者には無関心である。爆殺前の回想シーンでは常に眉間に皺が寄っている表情だったが、爆殺後は無表情がデフォルトになっている。ウサビッチ フレッシュアイペディアより)

  • ロマノフ王朝の黄金

    ロマノフ王朝の黄金から見たマフィアマフィア

    ロシア人の女性。マフィアの抗争に巻き込まれて死んだ夫がいた。中古のヴォルガを持つ。ロマノフ王朝の黄金 フレッシュアイペディアより)

  • オペレーションデイトナ

    オペレーションデイトナから見たマフィアマフィア

    金融市場を操ろうとするマフィアの野望を叩き潰せ! 近代五種金メダリストの地獄谷瑜は、最新鋭の遠距離狙撃銃20ミリ対物ライフルを手にした。バルカン砲と同じ口径の弾丸を使用するこのライフルで、不可能とされた1マイル先の標的へと挑む!オペレーションデイトナ フレッシュアイペディアより)

  • 報復手段

    報復手段から見たマフィアマフィア

    ニューヨークのユダヤ系マフィアのボス。肥満体。報復手段 フレッシュアイペディアより)

  • ぺかぺかの洋航娘

    ぺかぺかの洋航娘から見たマフィアマフィア

    作中では、タルちゃんと呼ばれる事の方が多い。イタリアの没落貴族の末裔であり、同時にアメリカのマフィアの娘。パラゾランカは、イタリア時代の名前である。政略結婚が嫌で逃げ出して、サン・マルシェ号にスペシャル・パーサーとして乗り込んだのだが、その理由は、幼い頃まで住んでいた城を取り戻すチャンスになればと考えての事。航海の最中、ダグに正体がバレてしまう。ちなみに処女。ぺかぺかの洋航娘 フレッシュアイペディアより)

  • クラピカ

    クラピカから見たマフィアマフィア

    念能力を習得した後、千耳会の斡旋を受けマフィアの令嬢・ネオン=ノストラードのボディーガードとしてノストラード組に加わり、ネオンの護衛としてヨークシンシティの地下競売に参加。クラピカ フレッシュアイペディアより)

  • 約束の地に咲く花

    約束の地に咲く花から見たマフィアマフィア

    英喜との結婚を間近に控えた望だったが、現在は海外にいてマフィアになっていると噂されている昔の恋人・風間がいまだ忘れられない。同級生・栄子から風間の居場所を知らされる望。彼は、昏睡状態となっているかつての恋人・小夜を病院に訪ねていたのだった。その病室に飾られたたくさんの花を見て、望は20年前の子供のころに、小夜とその妹・咲子、風間とともに聞いた話を思い出した。"前世で別れた恋人同士が現世で結ばれれば花が咲き、その花を見た人は幸せになれる"。望と付き合う前は小夜と付き合っていた風間であったが、やがて、ヤクザ組織にさらわれた咲子を奪い返すべく組織に挑んでいく。そこには20年前に交わしたある約束があった。約束の地に咲く花 フレッシュアイペディアより)

  • トンマーゾ・ブシェッタ

    トンマーゾ・ブシェッタから見たマフィアマフィア

    1928年にパレルモで生まれる。父はガラス加工の職人で裕福な家庭だった。ブシェッタは11番目の子(実際は17人兄弟だが、6人はブシェッタが生まれる前に死んでいるという)で末っ子だった。生まれた時に両親は共に44歳だった。17歳で20歳のメルキオーラ・カヴァーロと結婚する。その直後にマフィア組織に入る。その1年後に最初の子供が生まれる。その頃は父のガラス加工の仕事をするかたわら、闇市で物資を売りさばいていた。トンマーゾ・ブシェッタ フレッシュアイペディアより)

739件中 61 - 70件表示

「イタリアマフィア」のニューストピックワード