739件中 71 - 80件表示
  • まむしの兄弟 (1997年の映画)

    まむしの兄弟 (1997年の映画)から見たマフィアマフィア

    刑期を終え、かつての弟分と再会したヤクザの兄貴。兄貴は服役中、ある男から、幼い少女が写った写真と、結婚式用の祝儀の金を託されていた。結婚式場に届けに行くと、待っていた美しい女性は、ヤクザの女組長だった。台湾マフィアの侵攻に苦しむ女組長を助けるべく、まむし・勝次コンビが活躍する。まむしの兄弟 (1997年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • 華麗なる復讐 (映画)

    華麗なる復讐 (映画)から見たマフィアマフィア

    『華麗なる復讐』(かれいなるふくしゅう、原題:Dio, sei proprio un padreterno!、英題:Gangster Story)は、1974年公開のイタリア/フランス映画。CIC配給。イタリアのある港町でのフランキー・ディオメーデ(L・V・クリーフ)率いるマフィアと、アンニュチアータ(J・ロシュフォール)率いる新興勢力との間の抗争の中で芽生えた男たちの友情を描く。華麗なる復讐 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • リガの犬たち

    リガの犬たちから見たマフィアマフィア

    ラトビアからやって来たカリウス・リエパ中佐によると殺された2人はマフィアの仲間でラトビアでの逮捕歴があるということであった。イースタ警察署に保管してあった証拠物件の救命ボートが盗まれるという事件も発生したが、1週間の滞在後リエパ中佐が遺体を引き取って帰国すると共に捜査は全てラトビア側に引き継がれた。リガの犬たち フレッシュアイペディアより)

  • アンソニー・アナスタシオ

    アンソニー・アナスタシオから見たマフィアマフィア

    ブルックリンの有力な労働組合の委員長で組合を支配し、マフィアに何百万ドルという大金を流してきた。兄のアルバートと波止場を思い通りに牛耳っており、2人の承認なくしては船の貨物は何一つ降ろせなかった。アンソニー・アナスタシオ フレッシュアイペディアより)

  • ガスパール・ディグレゴリオ

    ガスパール・ディグレゴリオから見たマフィアマフィア

    ガスパール・ディグレゴリオ(Gaspar DiGregorio, 1905年 - 1970年6月11日)は、アメリカ合衆国のマフィアでボナンノ一家の大物。ガスパール・ディグレゴリオ フレッシュアイペディアより)

  • ラルフ・カポネ

    ラルフ・カポネから見たマフィアマフィア

    1950年にワシントンD.C.に召喚され、キーフォーヴァー上院議員の特別委員会に出頭し、組織のことなどを説明した。質問がマフィアのことになるとラルフは沈黙し、新聞で読んだことだけだと主張した。キーフォーヴァー委員会(Kefauver hearings)の公聴会の2、3ヵ月後に息子のラルフ・ジュニアが大量の薬をスコッチで飲み自殺。ラルフ・カポネ フレッシュアイペディアより)

  • カンガルー・ジャック

    カンガルー・ジャックから見たマフィアマフィア

    ニューヨークで暮らしていたチャーリーとその親友ルイスは、マフィアのボスのサルにオーストラリアまで物を届ける様に命じられる。その中身を見ると、五万ドルが入っていた。その金をオーストラリア内陸部に居るミスター・スミスに届けようと移動していた時に、偶然カンガルーを自動車で轢いてしまう。そのカンガルーが死亡したと思い込んでいた二人はルイスの赤いジャケットを着せて記念撮影していたが、突然カンガルーが動き出してジャケットを着たまま逃げ出してしまう。そのジャケットに五万ドルを入れていた事に気が付いて二人は慌てて後を追うが、中々追い付けない。カンガルー・ジャック フレッシュアイペディアより)

  • しゅーまっは

    しゅーまっはから見たマフィアマフィア

    彩の祖父。本名は不明。彩の通う学校で教諭をしており、一見したところ人の良い老紳士だが、実態はマッドサイエンティスト。「しゅーまっは」と呼ばれる謎の生命体を作り出し、さまざまな事件を引き起こすトラブルメーカー。マフィアなどの闇社会とつながりがあるなど、謎が多い。暴走して操作が効かなくなったしゅーまっはを素手で壊すなど、超人的な肉体の持ち主でもある。しゅーまっは フレッシュアイペディアより)

  • サン・ジェナーロ祭

    サン・ジェナーロ祭から見たマフィアマフィア

    サン・ジェナーロ祭は映画「ゴッドファーザーPARTII」と「ゴッドファーザーPARTIII」の両方で取り上げられた。「PARTII」では、ヴィトー・コルレオーネが、祭りで大行進の一つが行われている最中に、地元マフィアのドン・ファヌッチを暗殺する。この暗殺でヴィトー・コルレオーネは力を持つようになり、マフィアに影響を及ぼした。「PARTIII」では、ヴィトーの孫であるヴィンセント・“ヴィニー”・マンシーニ=コルレオーネが、ライバル関係にあったジョーイ・ザザをかなり公然と暗殺したため、リトル・イタリー中に大きなパニック状態をもたらした。怒り心頭に発したマイケル・コルレオーネは、こうした行為を二度と起こさぬように命ずる。サン・ジェナーロ祭 フレッシュアイペディアより)

  • ビクトリー・ラン!

    ビクトリー・ラン!から見たマフィアマフィア

    ブラジルで育ったが、マフィアの家から時計を盗んだことからトラブルになり日本へと渡る。小柄な体格ながら意外性のあるドリブルとゲームメイク能力で相手を翻弄するが、連載当初は味方でノーマークの選手がいても相手守備陣にドリブルを仕掛けパスを回さないなどの自己中心的なプレーが目立っていた。その後、ライバルとの対戦や、SSオリンピック戦での杉本の負傷後に主将を任せられると精神的に成長を見せる。日本国籍とブラジル国籍の二重国籍を持ち、作品の終盤では双方の代表チームから招集されるが、最終的に日本代表を選択した。ビクトリー・ラン! フレッシュアイペディアより)

739件中 71 - 80件表示

「イタリアマフィア」のニューストピックワード