131件中 61 - 70件表示
  • マフィア

    マフィアから見たファシスト

    マフィアは1920年代から1930年代にかけてベニート・ムッソリーニ率いるファシスト政権によって徹底的に弾圧され壊滅的な打撃を受けた。このとき一旦衰退したマフィアは、第二次世界大戦中に対伊攻略のためアメリカ政府が利用したアメリカマフィアによって逆輸入される形で再建されて現在まで至る。マフィア フレッシュアイペディアより)

  • マフィア

    マフィアから見たアラビア語

    マフィアの語源には諸説あり定説は無い。アラビア語で採石場を意味するマーハ(mafie)、空威張りを意味するマヒアス(Mā Hias)から来たというものである。シチリアは9世紀から11世紀までイスラム教徒のアラビア人が支配しており、支配に反抗した者や犯罪者がしばしば採石場に逃げ込んだという。またイタリアの国語辞典には“シチリア方言で「乱暴な態度」から”と記述がある。マフィア フレッシュアイペディアより)

  • マフィア

    マフィアから見た証人保護プログラム

    この掟と正式構成員が少人数であることが相まって、マフィアに対する犯罪捜査は困難である。近年はアメリカ当局もこれに対抗、FWPP(Federal Witness Protection Program 連邦証人保護プログラム)を適用して保護するなどの対策を採っている。マフィア フレッシュアイペディアより)

  • マフィア

    マフィアから見た不動産業

    主な活動内容は麻薬取引、殺人及び暗殺、密輸、密造、共謀、恐喝及び強要、みかじめ料(縄張り地域で営業する店舗から喝取する占有料)徴収、高利貸しなどの犯罪と、不動産業など合法的なものである。マフィア フレッシュアイペディアより)

  • マフィア

    マフィアから見たメデジン・カルテル

    麻薬カルテル(コロンビア):メデジン・カルテルやカリ・カルテルなど。マフィア フレッシュアイペディアより)

  • マフィア

    マフィアから見た黒社会

    チャイニーズマフィア:黒社会と言われる。マフィア フレッシュアイペディアより)

  • マフィア

    マフィアから見たロサンゼルス

    マフィアの一部は19世紀末より20世紀初頭にアメリカ合衆国に移民し、ニューヨーク、シカゴ、ロサンゼルス、サンフランシスコなど大都市部を中心に勢力を拡大した。1992年段階でアメリカ全土には27ファミリー・2000人の構成員がおり、ニューヨークを拠点とするものはコーザ・ノストラと、シカゴを拠点とするものはアウトフィットとも呼ぶ。マフィア フレッシュアイペディアより)

  • マフィア

    マフィアから見たオーストラリア

    基本的には各都市に1ファミリーであるが、ニューヨークのみはメンバーの数が他の都市よりはるかに多いため、5つのファミリー(五大ファミリーと呼ばれる)に分かれている。シチリアを除くと全米に20以上のファミリーが存在しその他カナダ、ベネズエラ、オーストラリアにも存在している。マフィア フレッシュアイペディアより)

  • マフィア

    マフィアから見たドイツ系アメリカ人

    イタリア系アメリカ人は、18世紀から19世紀前半までにアメリカに渡り定着したイングランド人やドイツ人などプロテスタント移民に大きく遅れ、19世紀末から20世紀初頭になってようやくアメリカへ入ってきた後発移民集団であった。彼らはアメリカ社会の底辺に置かれたことから、同郷出身者同士の協力関係を築くようになる。アメリカマフィアは、本来イタリア系移民の中で結ばれたこうした相互扶助の形式から発達したとされる。マフィア フレッシュアイペディアより)

  • マフィア

    マフィアから見たマニラ

    戦後間もない時期にアメリカ領フィリピンのマニラの賭博師だったテッド・ルーインやシカゴのチェーソン・リー(中国系でアル・カポネの子分)が、連合国占領下の東京に進出。ルーインは銀座に「マンダリン」という店を出して闇賭博場を開いたことがあるとされる。例えば、読売新聞は三田和夫ら社会部記者が「東京租界」シリーズで彼らや中国系ギャングの活動を取り上げた。ルーイン一派は帝国ホテルダイヤ強奪事件などの犯罪を引き起こして最後は日本を離れる結果となるが、エリザベス・サンダースホームに寄付をしていくなどの善行も行っている。マフィア フレッシュアイペディアより)

131件中 61 - 70件表示

「イタリアマフィア」のニューストピックワード