160件中 71 - 80件表示
  • マフィア

    マフィアから見た喜劇

    元々、マフィアという言葉は肯定的な意味で使用されていた言葉であり、「美しさ、優しさ、優雅さ、完璧さ、そして名誉ある男、勇気ある人、大胆な人」という意味で使用されていた。この意味での言葉が初めて公文書に使われたのは1656年パレルモでの異端尋問においてであり、異端とされた者のリストの中にこの言葉が使用されている。現在のような秘密結社、犯罪組織を意味する言葉として初めて使われたのは19世紀以降からであり、現代の意味でこの言葉が広く知られるようになったのは1862年に制作された喜劇「ヴィカーリア刑務所のマフィア構成員たち(I mafiusi de la Vicaria)」がパレルモのサンタンナ劇場で上演され大ヒットしイタリア各地で巡演されてからである。マフィア フレッシュアイペディアより)

  • マフィア

    マフィアから見たイタリア王国

    1860年、統一イタリア王国にシチリア島が統合されたことが、歴史の変換点となった。王国とは言え、政権に集まった人間の中身は右翼から左翼までばらばらであり、伝統的に中道である大地主は不信感を抱いた。さらにシチリアの住民たちは、それまでの数世紀にわたるシチリア王国や両シチリア王国での、フランス人やスペイン人といった外国人支配者による政治的な圧迫の記憶から、政治や政府そのものに対して強い不信感があり、住民同士での互助組織を通じてその時々の外国人支配者に対して抵抗していた。このため中央政府に対する反発が強まり、大地主、保守的な宗教勢力、勃興する労働運動、さらにファシストによる混迷が生まれ、マフィアの躍進する素地が出来てくる。マフィア フレッシュアイペディアより)

  • マフィア

    マフィアから見たコロンボ一家

    ジョゼフ・プロファチ:禁酒法時代の旧プロファチ一家(現コロンボ一家)ボス。シチリア系。マフィア フレッシュアイペディアより)

  • マフィア

    マフィアから見たチャイニーズマフィア

    チャイニーズマフィア:黒社会と言われる。マフィア フレッシュアイペディアより)

  • マフィア

    マフィアから見た共謀罪

    主な活動内容は麻薬取引、殺人及び暗殺、密輸、密造、共謀、恐喝及び強要、みかじめ料(縄張り地域で営業する店舗から喝取する占有料)徴収、高利貸しなどの犯罪と、不動産業など合法的なものである。マフィア フレッシュアイペディアより)

  • マフィア

    マフィアから見た台湾

    台湾マフィア:竹聯幇・四海幇・天道盟など。マフィア フレッシュアイペディアより)

  • マフィア

    マフィアから見たカナダ

    基本的には各都市に1ファミリーであるが、ニューヨークのみはメンバーの数が他の都市よりはるかに多いため、5つのファミリー(五大ファミリーと呼ばれる)に分かれている。シチリアを除くと全米に20以上のファミリーが存在しその他カナダ、ベネズエラ、オーストラリアにも存在している。マフィア フレッシュアイペディアより)

  • マフィア

    マフィアから見たイタリア人

    また、マフィアの一部はイタリア人のアメリカ大陸への移民が増えるにつれて、アメリカ大陸においても同様の犯罪結社を作り定着した。マフィア フレッシュアイペディアより)

  • マフィア

    マフィアから見たフィリピン

    戦後間もない時期に、アメリカ領フィリピンのマニラの賭博師だったテッド・ルーインやシカゴのチェーソン・リー(中国系でアル・カポネの子分)が、連合国占領下の東京に進出。テッド・ルーインは銀座に「マンダリン」という店を出して闇賭博場を開いたことがあるとされる。ルーイン一派は帝国ホテルダイヤ強奪事件などの犯罪を引き起こして最後は日本を離れる結果となるが、エリザベス・サンダースホームに寄付などもしている。マフィア フレッシュアイペディアより)

  • マフィア

    マフィアから見たペイバック

    ペイバック』(原題: Payback)1999年のアメリカ映画マフィア フレッシュアイペディアより)

160件中 71 - 80件表示

「イタリアマフィア」のニューストピックワード