25809件中 21 - 30件表示
  • 2005年のスポーツ

    2005年のスポーツから見たイタリアイタリア

    MTB世界選手権(イタリア・リヴィーニョ・8月31日?9月4日)2005年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のスポーツ

    2006年のスポーツから見たイタリアイタリア

    イタリア北部のブッソレーノで、高速鉄道建設反対のデモ隊により2006年トリノオリンピックの聖火リレーが妨害されそうになったため、急遽ルートを変更するアクシデント2006年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパの道路標識

    ヨーロッパの道路標識から見たイタリアイタリア

     ヨーロッパにおける条約批准国はアルバニア,オーストリア,ベラルーシ,ベルギー,ボスニア・ヘルツェゴビナ,ブルガリア,クロアチア,チェコ,デンマーク,エストニア,フィンランド,フランス,ドイツ,ギリシャ,ハンガリー,イタリア,ラトビア,リトアニア,ルクセンブルク,マケドニア,モンテネグロ,オランダ,ノルウェー,ポーランド,ポルトガル,ルーマニア,ロシア,サンマリノ,セルビア,スロバキア,スウェーデン,スイス,トルコ,ウクライナである。ヨーロッパの道路標識 フレッシュアイペディアより)

  • シュターッレル・イロナ

    シュターッレル・イロナから見たイタリアイタリア

    シュターッレル・アンナ・イロナ(、、1951年11月26日 - )は、ハンガリー、イタリアの女優、歌手、政治家。ハンガリー人は姓を先に表記するのでシュターッレルが姓。シュターッレル・イロナ フレッシュアイペディアより)

  • ユーロシティ

    ユーロシティから見たイタリアイタリア

    1987年夏ダイヤで運行されていたユーロシティは64往復で、うち7往復は夜行列車であった。これらの列車は13ヶ国(イギリス、イタリア、オーストリア、オランダ、スイス、スウェーデン、スペイン、デンマーク、西ドイツ、ノルウェー、フランス、ベルギー、ルクセンブルク)のおよそ200の都市を結んでいた。ユーロシティ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年アテネオリンピックの日本選手団

    2004年アテネオリンピックの日本選手団から見たイタリアイタリア

    イタリア 0 0 0 0 0 0 0 : 02004年アテネオリンピックの日本選手団 フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・スイフト

    スズキ・スイフトから見たイタリアイタリア

    スズキは昨年の参戦データを元にマシンを改良。信頼性を高めると共に、206馬力であったエンジンを216馬力に強化する。チームは3台体制から4台体制になり、昨年の「手探り」の走りから一転して「攻め」の走りに入ったイグニスはその実力を発揮し始める。第1戦モンテカルロでウルモ・アーヴァが5位入賞。第2戦トルコでサルバドール・カニェヤスが2位、V-P・テウロネンが4位に入賞。第3戦ギリシャではダニエル・カールソンが2位、カニェヤスが3位、アーヴァが4位入賞。そしてついに第4戦フィンランドでカールソンがスズキと自身にとって悲願の初優勝を果たし、カニェヤス4位、アーヴァも5位に入った。第5戦イタリアではカニェヤスが2位、テウロネン4位。第6戦ではカールソン3位、テウロネン4位、カニェヤス5位、アーヴァ6位と4台すべてが入賞。最終戦イギリスでは再びカールソンが優勝を飾り、テウロネン3位、カニェヤスが4位に入賞する。2003年シーズンはドライバーズチャンピオンこそ逃したものの、カニェヤスがポイントランキング2位に入り、参戦した選手全員がランキング6位以上に入るという好成績を残した。スズキ・スイフト フレッシュアイペディアより)

  • ジュリアーノ・プレパラータ・メダル

    ジュリアーノ・プレパラータ・メダルから見たイタリアイタリア

    イタリアの理論物理学者で、常温核融合研究に貢献の高い(Giuliano Preparata)を記念する賞である。近年、ジュリアーノ・プレパラータ・メダルの授賞式は、国際常温核融合会議において国際常温核融合学会賞として、行われている。ジュリアーノ・プレパラータ・メダル フレッシュアイペディアより)

  • 田村吉康

    田村吉康から見たイタリアイタリア

    同年、自転車工房「Daccordi」とL’eroicaモデルを共同制作(イタリア、サンミニアート)。田村吉康 フレッシュアイペディアより)

  • 丹下健三

    丹下健三から見たイタリアイタリア

    それ以後、日本建築界が非西洋諸国の枠を超えて、質・量ともに世界の建築界の中でも傑出した地位を築く道を、後進へと開いたと言える。第二次世界大戦後の日本建築界の重鎮であり、昭和という時代の国家的プロジェクトを背負い続けた建築家であるが、高度成長が終わり開発が一段落した大阪万博以降、その活躍の場は必然的に中東やアフリカ、また東南アジアの発展途上国に移っていった。唯一とも言える例外はイタリアである。丹下健三 フレッシュアイペディアより)

25809件中 21 - 30件表示

「イタリア」のニューストピックワード