21996件中 61 - 70件表示
  • ジョー・カルザゲ

    ジョー・カルザゲから見たイタリアイタリア

    本名はジョゼフ・ウィリアム・カルザゲ(Joseph William Calzaghe)。イタリア人とウェールズ人のハーフで、活動拠点をウェールズに置く。恵まれた体格とサウスポースタイルを活かした、スピーディーでスキルフルなスタイルを持つ。イギリスを代表するスポーツ選手の1人であり、常にパウンド・フォー・パウンドの上位にランクされたスーパーボクサー。2階級制覇の元世界王者リッキー・ハットンとともに、レノックス・ルイス引退後のイギリスのプロボクシング人気を支えていた。姓のカルザゲ(Calzaghe)とは、ラテン語のカルタゴ(Karthago)を意味する。ジョー・カルザゲ フレッシュアイペディアより)

  • 小田襄

    小田襄から見たイタリアイタリア

    1967年 国際金属彫刻シンポジウム(チェコスロヴァキア)参加、1968年までイタリア政府留学生としてローマで制作小田襄 フレッシュアイペディアより)

  • エチオピアの歴史

    エチオピアの歴史から見たイタリアイタリア

    1993年にエリトリアが独立して内陸国となったエチオピアであるが、アクスム王国の成立まで、最大部族であるアムハラの支配が及んだのはゴンダルとその周辺でしかなかった。紀元前に栄えたアクスム王国もエチオピア北部を支配したが、その意欲はエリトリアや紅海方面への交易にむいており、エチオピア南部を含む現在の国境線は19世紀まであらわれることはなかった。しかし、1850年代にエチオピア帝国のテオドロス2世がエチオピア中央部を平定すると、その後継者のメネリク2世は現在のエチオピアに近い勢力圏を確立した。その理想とする領土は、東はソマリアのオガデン、南はルドルフ湖周辺、西はファショダ、北はエリトリア全域という広大な地域に渡り、メネリク2世は果敢な遠征でそれを達成目前まで押し広げた。しかし、エリトリアはイタリアが領有し、ファショダもイギリスの影響下にあったために、メネリク2世の野望は途中で断念せざるをえなかった。また、東方のオガデンは1970年代後半にソマリアで大ソマリア主義が広がると係争の地となり、オガデン戦争の一因となった。エチオピアの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • フラビア・ペンネッタ

    フラビア・ペンネッタから見たイタリアイタリア

    フラビア・ペンネッタ(Flavia Pennetta, 1982年2月25日 - )は、イタリア・ブリンディジ出身の女子プロテニス選手。イタリア人の女子テニス選手として、史上初の世界ランキングトップ10入りした選手である。彼女は2006年度の女子テニス国別対抗戦・フェドカップでイタリア・チームを初優勝に導いた代表選手の1人であり、4大大会でも2011年の全豪オープン女子ダブルス部門で優勝がある。自己最高ランキングはシングルス10位、ダブルス1位。これまでにWTAツアーでシングルス9勝、ダブルス14勝を挙げている。身長172cm、体重58kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。「ペネッタ」の表記揺れも多い。フラビア・ペンネッタ フレッシュアイペディアより)

  • モト・グッツィ

    モト・グッツィから見たイタリアイタリア

    モト・グッツィ(Moto Guzzi )はピアジオ社の傘下にあるイタリアのオートバイメーカーである。日本ではしばしばモト・グッチなどと表記されることもあるが、同じくイタリアに本社のある大手ファッションブランドのグッチ(GUCCI)とは資本関係を含め全く関連はない。日本の自動車検査証においてはモトグッティと表記されている。モト・グッツィ フレッシュアイペディアより)

  • カリメロ

    カリメロから見たイタリアイタリア

    『カリメロ』(Calimero)は、イタリアの漫画家、パゴット兄弟と、兄弟のアニメ制作会社に勤めていたイタリアの漫画家、カルロ・ペロニによって考案され、1963年に制作された、卵の殻を頭にかぶった黒いヒヨコのキャラクター、およびそのキャラクターを主人公として日伊合作で制作されたテレビアニメ作品。日伊合作版は1974年から日本で放映され、その後世界各国でも放映された。カリメロ フレッシュアイペディアより)

  • ロシアのクラシック音楽史

    ロシアのクラシック音楽史から見たイタリアイタリア

    女帝エカチェリーナ2世(1729年 - 1796年)はドイツ公女に生まれ、チェンバロを学び、フリードリヒ大王の宮殿で当時最新のサロン音楽に接していた。皇太子ピョートルとの結婚後はロシア宮廷と貴族サロンの芸術水準の向上を図り、ドイツ、イタリア、フランス各国から音楽家を招いた。宮廷劇場の楽長にはイタリア人のトンマーゾ・トラエッタ(1727年 - 1779年)やジョヴァンニ・パイジエッロ(1740年 - 1816年)が任命された。1776年にはピョートル・ウルソフ公爵にモスクワでの興行権を与えてボリショイ劇場の歴史を実質的に主導、サンクトペテルブルクでは、ボリショイ・カーメンヌイ劇場(1783年)及びエルミタージュ劇場(1785年。現エルミタージュ美術館内)を開設し、オペラ台本を執筆して自らも創作に参加した。エカチェリーナ2世が書いた台本によるオペラとして、『フェヴェーイ』(:en:Fevey。ヴァシーリー・パシケーヴィチ作曲、1786年)や『オレーグの初期統治』(パシケーヴィチとジュゼッペ・サルティによる作曲、1790年)などがある。一方、エフスティグネイ・フォミーン, 1761年-1800年)のオペラ『アメリカ人』(1788年)の上演に際しては台本の改編を命じて検閲制度を確立した。ロシアのクラシック音楽史 フレッシュアイペディアより)

  • ヴォーン

    ヴォーンから見たイタリアイタリア

    1935年には4,873人の定住者がいたに過ぎなかったが、第二次世界大戦のあおりを受け、移民者がこの土地に数多く流入した結果、1960年には1万5,957人まで増えた。同時に民族構成も大きく変わり、イタリア系やユダヤ系、東ヨーロッパ系などが加わった。ヴォーン フレッシュアイペディアより)

  • サンドリーヌ・テスチュ

    サンドリーヌ・テスチュから見たイタリアイタリア

    1989年にプロ入り。1997年のウィンブルドンシングルス3回戦で第2シードのモニカ・セレシュを 0-6, 6-4, 8-6 で破って注目を集め、7月のイタリア・パレルモ大会でツアー初優勝を果たす。同年の全米オープンで初めての4大大会ベスト8に進出したが、準々決勝で当時17歳のビーナス・ウィリアムズに 5-7, 5-7 で敗れた。1998年の全豪オープンで4大大会に連続ベスト8入りを決めたが、この準々決勝ではコンチタ・マルティネスに敗れた。1998年6月13日に、コーチであるイタリア人のヴィットリオ・マグネリ(Vittorio Magnelli)と結婚。同年の10月にドイツ・フィルダーシュタットの「ポルシェ・テニス・グランプリ」でツアー2勝目を達成する。サンドリーヌ・テスチュ フレッシュアイペディアより)

  • イタリア・ルネサンス年表

    イタリア・ルネサンス年表から見たイタリアイタリア

    イタリア・ルネサンス年表では、主に「イタリア・ルネサンスの文化」に関する年表を示す。イタリア・ルネサンス年表 フレッシュアイペディアより)

21996件中 61 - 70件表示

「イタリア」のニューストピックワード