25809件中 71 - 80件表示
  • オリーブ

    オリーブから見たイタリアイタリア

    地中海地方が原産とされる。葉が小さくて硬く、比較的乾燥に強いことからスペインやイタリアなどの地中海地域で広く栽培されている。オリーブ フレッシュアイペディアより)

  • ラテン語

    ラテン語から見たイタリアイタリア

    もともと、イタリア半島中部のラティウム地方(ローマを中心とした地域、現イタリア・ラツィオ州)においてラテン人により用いられていた言語であったが、ローマ帝国の公用語となったことにより、ヨーロッパ大陸の西部や南部、アフリカ大陸北部、アジアの一部といった広大な版図に伝播した。この過程でギリシア語から多くの語彙を取り入れ、学問・思想などの活動にも使用されるようになった。ただしラテン語が支配的な地域はローマ帝国の西半分に限られ、東半分はギリシャ語が優勢な地域となっていた。やがてローマ帝国が東西に分裂し、ゲルマン民族の大移動によって西ローマ帝国が滅び西ヨーロッパの社会が大きく変動するのに従い、ラテン語は各地で変容していき、やがて各地の日常言語はラテン語と呼べるものではなくなり、ラテン語の流れをくんだロマンス諸語が各地に成立していった。東ローマ帝国においても7世紀に公用語はギリシア語に転換された。ラテン語 フレッシュアイペディアより)

  • イタリア・ルネサンス年表

    イタリア・ルネサンス年表から見たイタリアイタリア

    イタリア・ルネサンス年表では、主に「イタリア・ルネサンスの文化」に関する年表を示す。イタリア・ルネサンス年表 フレッシュアイペディアより)

  • トゥーランドット

    トゥーランドットから見たイタリアイタリア

    アントニオ・バッジーニが作曲、1867年にイタリア・ミラノで初演されたオペラ『トゥーランダ』Turanda。トゥーランドット フレッシュアイペディアより)

  • ユーロファイター タイフーン

    ユーロファイター タイフーンから見たイタリアイタリア

    ユーロファイター タイフーン(Eurofighter Typhoon)は、NATO加盟国のうちイギリス、ドイツ(計画開始当時は西ドイツ)、イタリア、スペインの4ヶ国が共同開発した戦闘機で、デルタ翼とコックピット前方にカナード(前翼)を備え、カナードデルタ(canard-delta)と呼ばれる形式の機体構成をもつマルチロール機のことである。ユーロファイター タイフーン フレッシュアイペディアより)

  • ブレダSAFAT機関銃

    ブレダSAFAT機関銃から見たイタリアイタリア

    ブレダ SAFAT機関銃は、第二次世界大戦中のイタリアの航空機で使用された機関銃のシリーズ。7.7mmと12.7mmのバリエーションがある。ブレダSAFAT機関銃 フレッシュアイペディアより)

  • オーストリア

    オーストリアから見たイタリアイタリア

    ドイツの南方、中部ヨーロッパの内陸に位置し、西側はリヒテンシュタイン、スイスと、南はイタリアとスロベニア、東はハンガリーとスロバキア、北はドイツとチェコと隣接する。オーストリア フレッシュアイペディアより)

  • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト

    ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトから見たイタリアイタリア

    父・レオポルトは息子が天才であることを見出し、幼少時から音楽教育を与えた。3歳のときから チェンバロを弾き始め、5歳のときには 最初の作曲を行う(アンダンテ ハ長調 K.1a)。11歳ごろの作曲譜も発見された。父とともに音楽家としてザルツブルク大司教ヒエロニュムス・コロレド伯の宮廷に仕える一方でモーツァルト親子は何度もウィーン、パリ、ロンドン、およびイタリア各地に大旅行を行った。これは神童の演奏を披露したり、よりよい就職先を求めたりするためであったが、どこの宮廷でも就職活動に失敗する。1762年1月にミュンヘンへ、9月にウィーンへ旅行したのち、10月13日、シェーンブルン宮殿でマリア・テレジアの御前で演奏した際、宮殿の床で滑って転んでしまい、6歳のモーツァルトはその時手を取った7歳の皇女マリア・アントーニア(後のマリー・アントワネット)に「大きくなったら僕のお嫁さんにしてあげる。」と言ったという逸話がある。7歳のときフランクフルトで演奏した際に作家のゲーテがたまたまそれを聴き、そのレベルは絵画でのラファエロ、文学のシェイクスピアに並ぶと思ったと後に回想している。ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト フレッシュアイペディアより)

  • エチオピアの歴史

    エチオピアの歴史から見たイタリアイタリア

    1993年にエリトリアが独立して内陸国となったエチオピアであるが、アクスム王国の成立まで、最大部族であるアムハラの支配が及んだのはゴンダルとその周辺でしかなかった。紀元前に栄えたアクスム王国もエチオピア北部を支配したが、その意欲はエリトリアや紅海方面への交易にむいており、エチオピア南部を含む現在の国境線は19世紀まであらわれることはなかった。しかし、1850年代にエチオピア帝国のテオドロス2世がエチオピア中央部を平定すると、その後継者のメネリク2世は現在のエチオピアに近い勢力圏を確立した。その理想とする領土は、東はソマリアのオガデン、南はルドルフ湖周辺、西はファショダ、北はエリトリア全域という広大な地域に渡り、メネリク2世は果敢な遠征でそれを達成目前まで押し広げた。しかし、エリトリアはイタリアが領有し、ファショダもイギリスの影響下にあったために、メネリク2世の野望は途中で断念せざるをえなかった。また、東方のオガデンは1970年代後半にソマリアで大ソマリア主義が広がると係争の地となり、オガデン戦争の一因となった。エチオピアの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のスポーツ

    2009年のスポーツから見たイタリアイタリア

    25日 - 【水泳】イタリア・ローマで行われた2009年世界水泳選手権のシンクロナイズドスイミング部門において、日本チーム(愛称:マーメイドジャパン)はチーム競技で6位に終わり、マーメイドジャパンはシンクロナイズドスイミングが夏季オリンピックの正式種目となって以降初めて、世界選手権においてメダルを獲得することができなかった。2009年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

25809件中 71 - 80件表示

「イタリア」のニューストピックワード