21996件中 71 - 80件表示
  • ネコの文化

    ネコの文化から見たイタリアイタリア

    イタリア北部にあるヴェネト州でもネコを食材に使う食習慣があり、ポレンタの具の一つとして使用される。2010年、国営放送であるイタリア放送協会の料理番組に出演したフードライター、シェフのベッペ・ビガズィーは、「ネコの肉は、鶏肉、やウサギやハトよりもはるかにおいしい」と言い「3日間、わき水に浸すと良い」等の調理法の説明をし、彼の出身地であるトスカーナ地方の郷土料理は猫のキャセロールだと発言。後日に、1930?40年代、ビガズィーが子供の頃は本当にネコが食べられていた事、イタリアが食料難の時代には、そのレシピも工夫されていた事なども発言している。番組中の発言により、視聴者や動物愛護団体から非難が殺到し、ビガズィーの出演は停止された。ネコの文化 フレッシュアイペディアより)

  • ペトログリフ

    ペトログリフから見たイタリアイタリア

    Image:Rosa_camuna_e_antropomorfi_R24_-_Foppe_-_Nadro_(Foto_Luca_Giarelli).jpg|イタリア、ヴァルカモニカのペトログラフペトログリフ フレッシュアイペディアより)

  • 土田康彦

    土田康彦から見たイタリアイタリア

    土田 康彦(つちだ やすひこ、1969年(昭和44年)7月30日 - )は、日本の芸術家。ガラスの詩人の異名もある。イタリア在住。ヴェネツィア・ムラーノ島に工房を構える唯一の日本人。作風はガラス、油絵を中心に、映像、インスタレーションなど多様だが、特筆すべきは、強いメッセージやコンセプト、哲学が各作品の根底に揺らぐことなく一貫して存在しているという点である。土田康彦 フレッシュアイペディアより)

  • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト

    ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトから見たイタリアイタリア

    父・レオポルトは息子が天才であることを見出し、幼少時から音楽教育を与えた。3歳のときから チェンバロを弾き始め、5歳のときには 最初の作曲を行う(アンダンテ ハ長調 K.1a)。11歳ごろの作曲譜も発見された。父とともに音楽家としてザルツブルク大司教ヒエロニュムス・コロレド伯の宮廷に仕える一方でモーツァルト親子は何度もウィーン、パリ、ロンドン、およびイタリア各地に大旅行を行った。これは神童の演奏を披露したり、よりよい就職先を求めたりするためであったが、どこの宮廷でも就職活動に失敗する。1762年1月にミュンヘンへ、9月にウィーンへ旅行したのち、10月13日、 シェーンブルン宮殿でマリア・テレジアの御前で演奏した際、宮殿の床で滑って転んでしまい、6歳のモーツァルトはその時手を取った7歳の皇女マリア・アントーニア(後のマリー・アントワネット)にプロポーズしたという逸話がある。7歳のときフランクフルトで演奏した際に作家のゲーテがたまたまそれを聴き、そのレベルは絵画でのラファエロ、文学のシェイクスピアに並ぶと思ったと後に回想している。ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト フレッシュアイペディアより)

  • オリーブ

    オリーブから見たイタリアイタリア

    地中海地方が原産とされ、葉が小さくて硬く、比較的乾燥に強いことからスペインやイタリアなどの地中海地域で広く栽培されている。オリーブ フレッシュアイペディアより)

  • ラテン語

    ラテン語から見たイタリアイタリア

    もともと、 イタリア半島中部のラティウム地方(ローマを中心とした地域、現イタリア・ラツィオ州)においてラテン人により用いられていた言語であったが、ローマ帝国の公用語となったことにより、広大な版図に伝播した。ギリシア語から多くの語彙を取り入れ、学問・思想などの活動にも使用されるようになった。東ローマ帝国においてはやがてギリシア語が優勢になったが、今日の西ヨーロッパに相当する地域においてはローマ帝国滅亡後もローマ・カトリック教会の公用語となり、長らく文語の地位を保った。現在でもバチカン市国の公用語はラテン語である。たとえば典礼は第2バチカン公会議まで、ラテン語で行われていた。今日に至るまで数多くの作曲家が典礼文に曲をつけており、クラシック音楽の中では主要な歌唱言語の1つである。ただし、実際の使用は公文書やミサなどに限られ、日常的に話されているわけではない。また、バチカンで使われるラテン語は、古典式とは異なる変則的なラテン語である。なお、多民族・多言語国家であるスイスではラテン語の名称Confoederatio Helvetica(スイス連邦)のアクロニムを自国名称の略 (CH) としている。ラテン語 フレッシュアイペディアより)

  • ブルーリボン賞 (映画)

    ブルーリボン賞 (映画)から見たイタリアイタリア

    外国作品賞 『道』(イタリアブルーリボン賞 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 噴火

    噴火から見たイタリアイタリア

    イタリアのストロンボリ火山でよくみられる噴火様式。ハワイ式噴火より少し流動性の低いマグマが、間歇的に小爆発を繰り返し、スコリアや火山弾を放出する。液体状の溶岩流も見られる。噴火 フレッシュアイペディアより)

  • 神聖ローマ帝国

    神聖ローマ帝国から見たイタリアイタリア

    帝国はゲルマン王国の伝統に基づいた選挙王制の形式を取っていたが、中世盛期の三王朝時代(ザクセン朝、ザーリアー朝、ホーエンシュタウフェン朝)では事実上の世襲が行われており、実際に選挙原理が働くのは王統が断絶した非常時だけだった。皇帝は独立性の強い諸侯に対抗する手段として帝国内の教会を統治機構に組み込んでいた(帝国教会政策)。また、歴代の皇帝は「ローマ帝国」という名目のためにイタリアの支配権を唱え、度々侵攻した(イタリア政策)。当初、皇帝権は教皇権に対して優勢であり、皇帝たちは度々教皇庁に介入していた。だが、教会改革運動が進展すると皇帝と教皇との対立が引き起こされ、11世紀後半から12世紀にかけての叙任権闘争は皇帝側の敗北に終わった。この間に諸侯の特権が拡大して領邦支配が確立されている。神聖ローマ帝国 フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2013年

    訃報 2013年から見たイタリアイタリア

    3月2日(死亡報道) - アルマンド・トロヴァヨーリ、イタリアの作曲家(* 1917年)訃報 2013年 フレッシュアイペディアより)

21996件中 71 - 80件表示

「イタリア」のニューストピックワード

  • 残留したら美女がストリップ

  • 今季、セリエA残留が果たせれば、この町出身の美女にストリップをやってもらう

  • ELOISE(エロイーズ)