753件中 91 - 100件表示
  • イタリア

    イタリアから見たサルヴァトーレ・クァジモド

    近代イタリア語の基礎はフィレンツェの詩人ダンテ・アリギエーリによって創設され、彼の偉大な作品『神曲』は中世ヨーロッパで最高の文学作品だと考えられている。イタリアはそれ以外にも祝福された文学者に不足しなかった。例を挙げるならジョヴァンニ・ボッカチオ、ジャコモ・レオパルディ、アレッサンドロ・マンゾーニ、トルクァート・タッソ、ルドヴィーコ・アリオスト、フランチェスコ・ペトラルカのような人物の名が挙げられ、彼等の最も知られた表現の媒体は彼等がイタリアで生んだソネットだった。近代の文学者であり、ノーベル文学賞受賞者には、1906年受賞の国民主義詩人ジョズエ・カルドゥッチ、1926年受賞の写実主義作家のグラツィア・デレッダ、1934年受賞の近代劇作家ルイージ・ピランデッロ、1959年受賞の詩人サルヴァトーレ・クァジモド、1975年受賞のエウジェーニオ・モンターレ、1997年受賞の風刺家かつ劇作家ダリオ・フォの名が挙げられる。イタリア フレッシュアイペディアより)

  • イタリア

    イタリアから見たASローマ

    イタリアの国内リーグであるセリエAは世界最高峰を争う程のレベルにあり、世界中のスター選手を集めている。また、コッパ・イタリアと呼ばれるカップ戦も行われる。主なクラブチームはACミラン、SSラツィオ、インテル・ミラノ、ユヴェントス、ASローマなど。これらはチャンピオンズリーグの常連でもある。また、日本人選手でもACミランの本田圭佑、インテルの長友佑都がいる。(2016年現在)2009-2010シーズンのチャンピオンズリーグではインテル・ミラノが優勝を果たした。イタリア フレッシュアイペディアより)

  • イタリア

    イタリアから見た教皇庁

    消費地でしかない性格をみかねたセプティミウス・セウェルスが、政策でイタリアを属州同然にあつかい400年近く続いていたイタリア住民所有地の免税特権を剥奪した。セウェルス朝は強権体制に拘って金繰りの厳しさを味わった。民族移動時代にローマは外敵と内紛と戦後処理に苦しんだ(3世紀の危機)。イタリアに関しては荒廃をさほど強調できないとする説が近年有力である。軍人皇帝の頻繁な交代をよそに、ヘレニズム的な法制・徴税・通貨発行は機能を損なうことがなかった。ヘレニズム的な皇帝権の分散が終わると、税負担が貴族と教会を除いて重くなりつづけた。そのため都市参事会層は転落するか、または皇帝権力に庇護されて高官となった。ユスティニアヌス1世が東ゴート王国と争った535年から552年の間、イタリアは荒廃しローマが廃墟となることもあった。そして568年、イタリアはランゴバルド王国が支配するところとなった。ランゴバルドはローマ=ラヴェンナ枢軸地帯へ侵入した。この危機を脱するためローマ教皇は、756年ピピンの寄進を受けた。こうして枢軸地帯を寄進された教皇庁と南イタリアを領有する東ローマ帝国が鋭く対立することになった。イタリア フレッシュアイペディアより)

  • イタリア

    イタリアから見たシチリア島

    西暦1000年のイタリアは次の各国に支配された。元中フランク王国であったイタリア王国がコルシカ島をふくむ北半分のほぼ全域を統べたが、ヴェネツィア共和国は自治を守った。ラツィオ州辺りに教皇領が残った。教皇領とイタリア王国の南で、ナポリ等イタリアの都市国家を囲むように、カプア公国・ベネヴェント公国・サレルノ公国が割拠した。イタリア半島の「くるぶし」から下が東ローマ帝国領で、アッバース朝がシチリア島を占拠した。1004年、イヴレーア辺境伯アルドゥイーノ・ディヴレーアに敵対するイタリア諸侯の要請で、神聖ローマ皇帝ハインリヒ2世が遠征してきて、イタリア王に即位したが住民の反乱に遭って帰国した。1014年ローマで戴冠し、アルドゥイーノ派諸侯に反抗された。1022年カプア公国とサレルノ公国を占領した。ノルマン人による南イタリア征服の間、ノルマンディー公国の住民が南部へ入植していった。ノルマン人は東西教会の分裂において教皇と連携した。1093年、教皇ウルバヌス2世はノルマン人の支援を受け対立教皇を追放した。イタリア フレッシュアイペディアより)

  • イタリア

    イタリアから見たオドアケル

    ギリシア時代から都市国家が成立。なお、伝説では紀元前753年にローマ建国 エトルリア人も12の都市国家による都市連合の王政を築いていた。伝承によれば、紀元前509年にローマ人パトリキ(貴族)がエトルリア人の王を追放し共和制を開始した。サムニウム戦争(紀元前343年 - 紀元前290年)などにより紀元前272年にイタリア半島を制圧。フェニキア人の植民国家カルタゴとの戦争(ポエニ戦争)(紀元前264年 - 紀元前146年)によりシチリア島を獲得。地中海の覇権を握る。その後もイタリアはローマ帝国の中心地域として栄えたが、286年にディオクレティアヌスが帝国の統治機構及び皇帝位を東西に分割すると、イタリアは西の皇帝権(西方正帝)の管轄となった。5世紀末に西方正帝が廃止されるとローマ皇帝ゼノンによってオドアケルがローマ帝国のイタリア領主(dux Italiae)に任命され、これが国号としてのイタリアの走りとなった。イタリア フレッシュアイペディアより)

  • イタリア

    イタリアから見たフェルディナンド2世・デ・メディチ

    1999年にアメリカのマーティン・フランクルがローマへ高飛びし、ハンブルクへ逃れてゆき、やがて2001年初頭に逮捕された。彼を支援したコラジョヴァンニも同年クリーブランドで逮捕された。2002年6月に第2次ベルルスコーニ内閣が北部同盟と国民同盟で混成された。翌月、主催国としてジェノヴァでサミットを開催したが、反グローバリゼーションを主張する激しい抗議行動にみまわれ、デモ参加者を射殺するまでに至った。ベルルスコーニ内閣は議会の多数にものをいわせ、労働・移民・司法・メディア等の分野で強引な政策を実施した。首相は海底ケーブルの敷設ブームにあってメディア利権に固執した。政府が議員を買収する悪習は19世紀末から続いている(トラスフォルミズモ)。地方自治を定めた憲法第5部も改正してしまい、「緩やかな連邦制」を導入するあたり外資の進出を促しており、民族による統一をイタリアは達成できていない。2003年、レナート・ダルドッツィ(Renato Dardozzi)が死亡した。彼は1974年から1990年代後半にかけて宗教事業協会の資産管理に携わったが、その極秘資料と、それを公表せよとの遺言をのこした。2004年、イタリアの破毀院がバチカン・ラジオによる電磁波障害をめぐる裁判において、国内訴因は教皇庁が被疑者であっても、正当な捜査が保障されるとの認識を示した。2005年、エトナ火山が噴火し、国内総生産伸び率がゼロとなった。2006年、バチカン金融当局長のレーネ(René Brülhart)が情報を提供、シーメンスが教皇庁へ贈賄していたことが分かった。2007年、REIT制度化(SIIQ)。イタリアは世界金融危機でPIIGSとなった。11月ベルナルド・プロヴェンツァーノが逮捕された。2008年12月17日、マフィア99人を一斉検挙した。2009年、5月に『バチカン株式会社(Vaticano S. p. A.)』が出版された。これはダルドッツィの資料に基く暴露本であり、ポール・マルチンクスの後継であるデ・ボニス(Donato De Bonis)などの金融スキャンダルを書いている。同年6月にはキアッソ米国債事件が起こった。2010年2月28日ガーディアンが、『バチカン株式会社』の売れ行きと内容に無反応なイタリアのメディアをベルルスコーニの手先であるかと挑発した。2010年3月17日、ミラノ市がデリバティブ詐欺容疑で、ドイツ銀行、JPモルガン・チェース、UBS、デプファ銀行(Depfa Bank)を起訴した。ミラノ市が2005年に実施した17億ユーロ相当の売りオペに関係したスワップ取引の金利調整で、被告4行が隠れ手数料をせしめたという。隠れ手数料は、JPモルガン・チェースが4500万ユーロ、ドイツ銀行が2500万ユーロ、デプファ銀行が2100万ユーロ、UBSが1000万ユーロ。2011年、福島第一原子力発電所事故をうけて原子力反対運動が顕著となり、同年6月に行われた国民投票の結果、再度国内原子力開発を断念することになった。2012年、イタリア北部地震。同年末、政府の財政収支均衡原則を憲法に盛り込んだ。2013年イタリア総選挙は外為相場を揺さぶった。2014年、欧州中央銀行によるストレステストで、イタリアの銀行14行のうち9行が不合格となった。2015年、憲法裁判所判事を務めてきたセルジョ・マッタレッラが2月に大統領となり、また5月にFIFA汚職事件がおこり、7月9日ナポリでベルルスコーニへ贈賄罪で禁錮3年の判決がくだった。2016年という一年間に、フェルディナンド2世・デ・メディチが創業したモンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ銀行は株価を88%も下げた。2017年2月15日、議会が同行以下、経営難の金融機関に最大200億ユーロを注入する法案を可決した。6月1日、欧州委員会も同行への支援を政府と合意した。前後して3月3日、ロイヤル・ダッチ・シェルとEniが、ナイジェリアの油田権益を巡る贈賄罪で起訴されたことがわかった。イタリア フレッシュアイペディアより)

  • イタリア

    イタリアから見たマリア・カロリーナ・ダズブルゴ

    スペイン継承戦争でサヴォイアとマントヴァがフランス・スペイン側についた。他のイタリア諸国は中立を守った。サヴォイアは1703年にオーストリアへ寝返った。オーストリアがヴィットーリオ・アメデーオ2世にロンバルディアの譲渡を申し出たのである。1706年5月にルイ14世がトリノを包囲し、9月にヴィットーリオと従兄弟エウジェーニオ(サヴォイア家系)が総攻撃をかけてフランスを破った。翌年オーストリアはミラノ・マントヴァだけでなくナポリ王国を奪った。講和でイギリスの意向により、サヴォイアはシチリアを領有した。その後シチリアとサルディーニャをスペインが奪回し、オーストリアが反撃した。両島の領有権はハーグ条約 (1720年) で決まった。サルデーニャ王国は名前と裏腹にピエモンテを基盤とし、貴族と教会の権限を弱め、官僚制による中央集権を進めた。1733年ポーランド継承戦争で、カルロ・エマヌエーレ3世がミラノ公を名乗った。シチリア王国は丸ごとスペインの手に落ちた。コルシカ独立戦争の末、1768年フランスがコルシカ島をジェノヴァから買収した。サルデーニャ王国の制海権を握るコルシカ島の位置取りは、王国と将来のリソルジメントに対するフランスの影響力を確固たるものとした。1776年フェルディナンド1世がベルナルド・タヌッチ(Bernardo Tanucci)補佐官を罷免した。マリア・カロリーナがジョン・アクトン(Sir John Acton, 6th Baronet)海軍将校を重用した。財政面ではフランチェスコ・マリオ・パガーノ(Francesco Mario Pagano)がフリーメーソンとして封建制を批判し、また1786年にナポリを訪れたイルミナティに共鳴して支部を設立した。イタリア フレッシュアイペディアより)

  • イタリア

    イタリアから見たガーディアン

    1999年にアメリカのマーティン・フランクルがローマへ高飛びし、ハンブルクへ逃れてゆき、やがて2001年初頭に逮捕された。彼を支援したコラジョヴァンニも同年クリーブランドで逮捕された。2002年6月に第2次ベルルスコーニ内閣が北部同盟と国民同盟で混成された。翌月、主催国としてジェノヴァでサミットを開催したが、反グローバリゼーションを主張する激しい抗議行動にみまわれ、デモ参加者を射殺するまでに至った。ベルルスコーニ内閣は議会の多数にものをいわせ、労働・移民・司法・メディア等の分野で強引な政策を実施した。首相は海底ケーブルの敷設ブームにあってメディア利権に固執した。政府が議員を買収する悪習は19世紀末から続いている(トラスフォルミズモ)。地方自治を定めた憲法第5部も改正してしまい、「緩やかな連邦制」を導入するあたり外資の進出を促しており、民族による統一をイタリアは達成できていない。2003年、レナート・ダルドッツィ(Renato Dardozzi)が死亡した。彼は1974年から1990年代後半にかけて宗教事業協会の資産管理に携わったが、その極秘資料と、それを公表せよとの遺言をのこした。2004年、イタリアの破毀院がバチカン・ラジオによる電磁波障害をめぐる裁判において、国内訴因は教皇庁が被疑者であっても、正当な捜査が保障されるとの認識を示した。2005年、エトナ火山が噴火し、国内総生産伸び率がゼロとなった。2006年、バチカン金融当局長のレーネ(René Brülhart)が情報を提供、シーメンスが教皇庁へ贈賄していたことが分かった。2007年、REIT制度化(SIIQ)。イタリアは世界金融危機でPIIGSとなった。11月ベルナルド・プロヴェンツァーノが逮捕された。2008年12月17日、マフィア99人を一斉検挙した。2009年、5月に『バチカン株式会社(Vaticano S. p. A.)』が出版された。これはダルドッツィの資料に基く暴露本であり、ポール・マルチンクスの後継であるデ・ボニス(Donato De Bonis)などの金融スキャンダルを書いている。同年6月にはキアッソ米国債事件が起こった。2010年2月28日ガーディアンが、『バチカン株式会社』の売れ行きと内容に無反応なイタリアのメディアをベルルスコーニの手先であるかと挑発した。2010年3月17日、ミラノ市がデリバティブ詐欺容疑で、ドイツ銀行、JPモルガン・チェース、UBS、デプファ銀行(Depfa Bank)を起訴した。ミラノ市が2005年に実施した17億ユーロ相当の売りオペに関係したスワップ取引の金利調整で、被告4行が隠れ手数料をせしめたという。隠れ手数料は、JPモルガン・チェースが4500万ユーロ、ドイツ銀行が2500万ユーロ、デプファ銀行が2100万ユーロ、UBSが1000万ユーロ。2011年、福島第一原子力発電所事故をうけて原子力反対運動が顕著となり、同年6月に行われた国民投票の結果、再度国内原子力開発を断念することになった。2012年、イタリア北部地震。同年末、政府の財政収支均衡原則を憲法に盛り込んだ。2013年イタリア総選挙は外為相場を揺さぶった。2014年、欧州中央銀行によるストレステストで、イタリアの銀行14行のうち9行が不合格となった。2015年、憲法裁判所判事を務めてきたセルジョ・マッタレッラが2月に大統領となり、また5月にFIFA汚職事件がおこり、7月9日ナポリでベルルスコーニへ贈賄罪で禁錮3年の判決がくだった。2016年という一年間に、フェルディナンド2世・デ・メディチが創業したモンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ銀行は株価を88%も下げた。2017年2月15日、議会が同行以下、経営難の金融機関に最大200億ユーロを注入する法案を可決した。6月1日、欧州委員会も同行への支援を政府と合意した。前後して3月3日、ロイヤル・ダッチ・シェルとEniが、ナイジェリアの油田権益を巡る贈賄罪で起訴されたことがわかった。イタリア フレッシュアイペディアより)

  • イタリア

    イタリアから見たマラリア

    イタリアの森林業資源はとぼしく、木材の多くを輸入にたよっている。森林はまず古代ローマ人によって、その後19世紀に大部分が伐採されてしまった。それぞれの目的はマラリア防止と近代化であった。その結果土壌の浸食がすすみ、林業の発展の障害となってはいたが、近年は状況の好転がみられる。イタリア フレッシュアイペディアより)

  • イタリア

    イタリアから見たニッコロ・マキャベリ

    ルネサンスの時代には、ジョルダーノ・ブルーノやマルシリオ・フィチーノ、ニッコロ・マキャベリ、ジャンバティスタ・ヴィコのような傑出した哲学者が現れた。イタリア フレッシュアイペディアより)

753件中 91 - 100件表示

「イタリア」のニューストピックワード