753件中 111 - 120件表示
  • イタリア

    イタリアから見たブランド

    19世紀頃から近代服飾・装飾産業が発展し、20世紀から現在にかけては、服飾ブランドのベネトンやプラダ、グッチ、ジョルジオ・アルマーニやジャンニ・ヴェルサーチ、ジャンフランコ・フェレ、バレンチノ、靴のサルヴァトーレ・フェラガモやトッズ、宝飾品のブルガリなどが世界各国に輸出されている。イタリア フレッシュアイペディアより)

  • イタリア

    イタリアから見たヴィットーリオ・アメデーオ2世

    スペイン継承戦争でサヴォイアとマントヴァがフランス・スペイン側についた。他のイタリア諸国は中立を守った。サヴォイアは1703年にオーストリアへ寝返った。オーストリアがヴィットーリオ・アメデーオ2世にロンバルディアの譲渡を申し出たのである。1706年5月にルイ14世がトリノを包囲し、9月にヴィットーリオと従兄弟エウジェーニオ(サヴォイア家系)が総攻撃をかけてフランスを破った。翌年オーストリアはミラノ・マントヴァだけでなくナポリ王国を奪った。講和でイギリスの意向により、サヴォイアはシチリアを領有した。その後シチリアとサルディーニャをスペインが奪回し、オーストリアが反撃した。両島の領有権はハーグ条約 (1720年) で決まった。サルデーニャ王国は名前と裏腹にピエモンテを基盤とし、貴族と教会の権限を弱め、官僚制による中央集権を進めた。1733年ポーランド継承戦争で、カルロ・エマヌエーレ3世がミラノ公を名乗った。シチリア王国は丸ごとスペインの手に落ちた。コルシカ独立戦争の末、1768年フランスがコルシカ島をジェノヴァから買収した。サルデーニャ王国の制海権を握るコルシカ島の位置取りは、王国と将来のリソルジメントに対するフランスの影響力を確固たるものとした。1776年フェルディナンド1世がベルナルド・タヌッチ(Bernardo Tanucci)補佐官を罷免した。マリア・カロリーナがジョン・アクトン(Sir John Acton, 6th Baronet)海軍将校を重用した。財政面ではフランチェスコ・マリオ・パガーノ(Francesco Mario Pagano)がフリーメーソンとして封建制を批判し、また1786年にナポリを訪れたイルミナティに共鳴して支部を設立した。イタリア フレッシュアイペディアより)

  • イタリア

    イタリアから見たアムステルダム

    また、パリやアムステルダム、チューリヒなどのヨーロッパの主要都市や、バンコクや香港、ドバイなどのアジアの主要都市経由で行くこともできる。イタリア フレッシュアイペディアより)

  • イタリア

    イタリアから見たIBAFワールドカップ

    2012年の第32回ヨーロッパ野球選手権大会では、2011年のワールドカップで優勝、2013 ワールド・ベースボール・クラシックでベスト4に進出したオランダを2度破るなど、無敗の完全優勝で1989年、1991年大会以来の連覇を達成した。イタリア フレッシュアイペディアより)

  • イタリア

    イタリアから見たNATO

    イタリアの諜報機関は、イタリア独立戦争のときから軍部内に存在した。試行錯誤により成長したが、民間と連携しないわけにはいかなかった。その相手は大手海運会社であった(Compagnia Rubattino)。19世紀末にグリエルモ・マルコーニが短波無線を発明し、20世紀初頭に軍事・海運で実用化されていったので、暗号解読が諜報機関の大切な仕事になった。第一次世界大戦が終わって海外へ移住する者が多くなり、諜報機関は国内外の管轄を分けて動くようになった。1925年インテリジェンスが組織された(Servizi segreti italiani)。こうした諜報機関は警察とは違うので、マフィアを十分に制御してこなかった。それは第二次世界大戦後の組織(SIFAR)や、1965年に置かれた国防情報庁(SID)も同様であった。そして1974年、元SID所属の大佐(Vito Miceli)が逮捕されてしまった。これはイタリア諜報機関と連携するNATOにとっても看過できることではなかった。1977年、もれた政財界のスキャンダルが世論という火に油を注ぎ、諜報機関は若干の改革を余儀なくされた。下の分業がその結果である。イタリア フレッシュアイペディアより)

  • イタリア

    イタリアから見た麻薬

    2010年欧州ソブリン危機により、EU各国は財政赤字を対GDP比3.0%以内に抑える基準の達成を迫られた。2014年5月、イタリアは財政赤字のGDP比率が低下させる裏技として、麻薬取引や売春、密輸などの地下経済に着目し、これらを2015年からGDP統計に加算と発表した。2011年のイタリア銀行による推計では、イタリアの地下経済の規模はGDPの10.9%を占める規模とされている。イタリア フレッシュアイペディアより)

  • イタリア

    イタリアから見たウルバヌス8世

    ユグノー戦争をきっかけにユグノー資本と競争となり、17世紀の経済面でイタリアはスペインと凋落をともにした。三十年戦争の1620年、ミラノはスイスグラウビュンデン州を支援しプロテスタントを虐殺した。ヴェネツィアとサヴォイアが新教徒側へついた。1625年、彼らはスペインの軍事輸送を中継するジェノヴァを攻撃した。1627年、スペインがデフォルトし、ミラノがサヴォイアと協定した。以後、ジェノヴァは債権者の地位をコンベルソにゆずった。1635年、フランスがピネローロを足場に、サヴォイア・マントヴァ・パルマと結んでミラノ包囲網を組んだ。1647年、ナポリでマサニエッロの叛乱が起こり、翌年スペインが鎮圧した。教皇領は1598年フェラーラを吸収していたが、1631年ウルバヌス8世がウルビーノ公国を編入したので、アドリア海へのアクセスを拡充した一円地となった。1641年からトスカーナとの国境にある穀物山地の公国を占領、8年後に再出兵し併合した(Wars of Castro)。仏蘭戦争をきっかけにフランスがユグノー排斥を再開し、これにともなう財政逼迫により現在のピエモンテ州にあたる地域で「モンテ」という小口公債が出回るようになった。イギリスで名誉革命が起こると、サヴォイアがフランスを見切り敵対関係となった。イタリア フレッシュアイペディアより)

  • イタリア

    イタリアから見たイラク戦争

    平時は各種の警察活動として、警備や事件・事故対応、マフィアや反政府グループなどの犯罪組織の摘発などを担当しており、戦時には戦地での警察・憲兵活動を行う。またテロ対策・要人警護・人質救出などを担当する独自の特殊部隊(国家憲兵隊特殊介入部隊)を保持していて、同部隊はイラク戦争など海外戦争においても戦歴を重ねている。イタリア フレッシュアイペディアより)

  • イタリア

    イタリアから見たパリ

    また、パリやアムステルダム、チューリヒなどのヨーロッパの主要都市や、バンコクや香港、ドバイなどのアジアの主要都市経由で行くこともできる。イタリア フレッシュアイペディアより)

  • イタリア

    イタリアから見たUEFAチャンピオンズリーグ

    イタリアの国内リーグであるセリエAは世界最高峰を争う程のレベルにあり、世界中のスター選手を集めている。また、コッパ・イタリアと呼ばれるカップ戦も行われる。主なクラブチームはACミラン、SSラツィオ、インテル・ミラノ、ユヴェントス、ASローマなど。これらはチャンピオンズリーグの常連でもある。また、日本人選手でもACミランの本田圭佑、インテルの長友佑都がいる。(2016年現在)2009-2010シーズンのチャンピオンズリーグではインテル・ミラノが優勝を果たした。イタリア フレッシュアイペディアより)

753件中 111 - 120件表示

「イタリア」のニューストピックワード