753件中 11 - 20件表示
  • イタリア

    イタリアから見たフィアット社

    4万5879名の要員からなり、F-16・タイフーンなど一線級の空軍機を保有している。航空機の国産化にも熱心で、アエリタリア(旧フィアット社航空機部門)が開発したG.91軽戦闘機は戦後復興から間も無い時期(1956年)でありながら高い性能を誇り、同じく国産に拘るイギリスやフランスは拒んだものの、ドイツ空軍やポルトガル空軍への採用が決定し、「ジーナ」の愛称で20年程前まで長らく愛用されていた。KC-767などのように、世界でイタリアと日本のみが保有する機種もあり、組織間交流も盛んである。イタリア フレッシュアイペディアより)

  • イタリア

    イタリアから見たドイツ銀行

    1999年にアメリカのマーティン・フランクルがローマへ高飛びし、ハンブルクへ逃れてゆき、やがて2001年初頭に逮捕された。彼を支援したコラジョヴァンニも同年クリーブランドで逮捕された。2002年6月に第2次ベルルスコーニ内閣が北部同盟と国民同盟で混成された。翌月、主催国としてジェノヴァでサミットを開催したが、反グローバリゼーションを主張する激しい抗議行動にみまわれ、デモ参加者を射殺するまでに至った。ベルルスコーニ内閣は議会の多数にものをいわせ、労働・移民・司法・メディア等の分野で強引な政策を実施した。首相は海底ケーブルの敷設ブームにあってメディア利権に固執した。政府が議員を買収する悪習は19世紀末から続いている(トラスフォルミズモ)。地方自治を定めた憲法第5部も改正してしまい、「緩やかな連邦制」を導入するあたり外資の進出を促しており、民族による統一をイタリアは達成できていない。2003年、レナート・ダルドッツィ(Renato Dardozzi)が死亡した。彼は1974年から1990年代後半にかけて宗教事業協会の資産管理に携わったが、その極秘資料と、それを公表せよとの遺言をのこした。2004年、イタリアの破毀院がバチカン・ラジオによる電磁波障害をめぐる裁判において、国内訴因は教皇庁が被疑者であっても、正当な捜査が保障されるとの認識を示した。2005年、エトナ火山が噴火し、国内総生産伸び率がゼロとなった。2006年、バチカン金融当局長のレーネ(René Brülhart)が情報を提供、シーメンスが教皇庁へ贈賄していたことが分かった。2007年、REIT制度化(SIIQ)。イタリアは世界金融危機でPIIGSとなった。11月ベルナルド・プロヴェンツァーノが逮捕された。2008年12月17日、マフィア99人を一斉検挙した。2009年、5月に『バチカン株式会社(Vaticano S. p. A.)』が出版された。これはダルドッツィの資料に基く暴露本であり、ポール・マルチンクスの後継であるデ・ボニス(Donato De Bonis)などの金融スキャンダルを書いている。同年6月にはキアッソ米国債事件が起こった。2010年2月28日ガーディアンが、『バチカン株式会社』の売れ行きと内容に無反応なイタリアのメディアをベルルスコーニの手先であるかと挑発した。2010年3月17日、ミラノ市がデリバティブ詐欺容疑で、ドイツ銀行、JPモルガン・チェース、UBS、デプファ銀行(Depfa Bank)を起訴した。ミラノ市が2005年に実施した17億ユーロ相当の売りオペに関係したスワップ取引の金利調整で、被告4行が隠れ手数料をせしめたという。隠れ手数料は、JPモルガン・チェースが4500万ユーロ、ドイツ銀行が2500万ユーロ、デプファ銀行が2100万ユーロ、UBSが1000万ユーロ。2011年、福島第一原子力発電所事故をうけて原子力反対運動が顕著となり、同年6月に行われた国民投票の結果、再度国内原子力開発を断念することになった。2012年、イタリア北部地震。同年末、政府の財政収支均衡原則を憲法に盛り込んだ。2013年イタリア総選挙は外為相場を揺さぶった。2014年、欧州中央銀行によるストレステストで、イタリアの銀行14行のうち9行が不合格となった。2015年、憲法裁判所判事を務めてきたセルジョ・マッタレッラが2月に大統領となり、また5月にFIFA汚職事件がおこり、7月9日ナポリでベルルスコーニへ贈賄罪で禁錮3年の判決がくだった。2016年という一年間に、フェルディナンド2世・デ・メディチが創業したモンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ銀行は株価を88%も下げた。2017年2月15日、議会が同行以下、経営難の金融機関に最大200億ユーロを注入する法案を可決した。6月1日、欧州委員会も同行への支援を政府と合意した。前後して3月3日、ロイヤル・ダッチ・シェルとEniが、ナイジェリアの油田権益を巡る贈賄罪で起訴されたことがわかった。イタリア フレッシュアイペディアより)

  • イタリア

    イタリアから見たロイヤル・ダッチ・シェル

    1999年にアメリカのマーティン・フランクルがローマへ高飛びし、ハンブルクへ逃れてゆき、やがて2001年初頭に逮捕された。彼を支援したコラジョヴァンニも同年クリーブランドで逮捕された。2002年6月に第2次ベルルスコーニ内閣が北部同盟と国民同盟で混成された。翌月、主催国としてジェノヴァでサミットを開催したが、反グローバリゼーションを主張する激しい抗議行動にみまわれ、デモ参加者を射殺するまでに至った。ベルルスコーニ内閣は議会の多数にものをいわせ、労働・移民・司法・メディア等の分野で強引な政策を実施した。首相は海底ケーブルの敷設ブームにあってメディア利権に固執した。政府が議員を買収する悪習は19世紀末から続いている(トラスフォルミズモ)。地方自治を定めた憲法第5部も改正してしまい、「緩やかな連邦制」を導入するあたり外資の進出を促しており、民族による統一をイタリアは達成できていない。2003年、レナート・ダルドッツィ(Renato Dardozzi)が死亡した。彼は1974年から1990年代後半にかけて宗教事業協会の資産管理に携わったが、その極秘資料と、それを公表せよとの遺言をのこした。2004年、イタリアの破毀院がバチカン・ラジオによる電磁波障害をめぐる裁判において、国内訴因は教皇庁が被疑者であっても、正当な捜査が保障されるとの認識を示した。2005年、エトナ火山が噴火し、国内総生産伸び率がゼロとなった。2006年、バチカン金融当局長のレーネ(René Brülhart)が情報を提供、シーメンスが教皇庁へ贈賄していたことが分かった。2007年、REIT制度化(SIIQ)。イタリアは世界金融危機でPIIGSとなった。11月ベルナルド・プロヴェンツァーノが逮捕された。2008年12月17日、マフィア99人を一斉検挙した。2009年、5月に『バチカン株式会社(Vaticano S. p. A.)』が出版された。これはダルドッツィの資料に基く暴露本であり、ポール・マルチンクスの後継であるデ・ボニス(Donato De Bonis)などの金融スキャンダルを書いている。同年6月にはキアッソ米国債事件が起こった。2010年2月28日ガーディアンが、『バチカン株式会社』の売れ行きと内容に無反応なイタリアのメディアをベルルスコーニの手先であるかと挑発した。2010年3月17日、ミラノ市がデリバティブ詐欺容疑で、ドイツ銀行、JPモルガン・チェース、UBS、デプファ銀行(Depfa Bank)を起訴した。ミラノ市が2005年に実施した17億ユーロ相当の売りオペに関係したスワップ取引の金利調整で、被告4行が隠れ手数料をせしめたという。隠れ手数料は、JPモルガン・チェースが4500万ユーロ、ドイツ銀行が2500万ユーロ、デプファ銀行が2100万ユーロ、UBSが1000万ユーロ。2011年、福島第一原子力発電所事故をうけて原子力反対運動が顕著となり、同年6月に行われた国民投票の結果、再度国内原子力開発を断念することになった。2012年、イタリア北部地震。同年末、政府の財政収支均衡原則を憲法に盛り込んだ。2013年イタリア総選挙は外為相場を揺さぶった。2014年、欧州中央銀行によるストレステストで、イタリアの銀行14行のうち9行が不合格となった。2015年、憲法裁判所判事を務めてきたセルジョ・マッタレッラが2月に大統領となり、また5月にFIFA汚職事件がおこり、7月9日ナポリでベルルスコーニへ贈賄罪で禁錮3年の判決がくだった。2016年という一年間に、フェルディナンド2世・デ・メディチが創業したモンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ銀行は株価を88%も下げた。2017年2月15日、議会が同行以下、経営難の金融機関に最大200億ユーロを注入する法案を可決した。6月1日、欧州委員会も同行への支援を政府と合意した。前後して3月3日、ロイヤル・ダッチ・シェルとEniが、ナイジェリアの油田権益を巡る贈賄罪で起訴されたことがわかった。イタリア フレッシュアイペディアより)

  • イタリア

    イタリアから見たJPモルガン

    1925年秋、ヴォルピ財務大臣(Giuseppe Volpi)が渡米してJPモルガンから10億ドルの借款を得た。帰国後、南部三行が留保していた通貨発行権をイタリア銀行に吸収させた。1926年アジップが創業した。先の三大兼営銀行が世界恐慌で危機に陥ると、1931年11月に動産信用金庫(IMI, 現インテーザ・サンパオロ)が設立された。国民の貯蓄・預託金を運用する42機関が出資した。世界恐慌前のブームに遅れたこの投信会社は、中小企業のジャンク債引受を期待されたが応じなかった。国の保証付きで独自債券を発行し、まるでミレニアムをすぎた日本の財投改革と似たようなことをやっていた。業を煮やしたファシスト政権は1933年に産業復興公社(IRI)を立ち上げた。これは基幹産業と金融機関のいくつかを国有化したコンツェルンであった。IMIとIRI双方の設立を主導したのは先のベネドゥーチェであった。1936年の銀行法で兼営銀行が禁止された。IRIは1937年に暫定機関から国家持株会社となった。兼営銀行システムは崩れ、普通銀行は長期融資から撤退した。IRIは新規に株式投資を展開、三大銀行・鉄鋼・電力・海運・機械等の有力企業を傘下に収めた。第二次世界大戦中、IRIは海運・造船の8-9割、鉄鋼の5割前後、機械の2割超を支配した。イタリアは枢軸国側へ参加し、パルチザンによる内戦を生じた。連合国は彼らに待機をよびかけ、イタリア戦線で勝利した。イタリア フレッシュアイペディアより)

  • イタリア

    イタリアから見たシーメンス

    1999年にアメリカのマーティン・フランクルがローマへ高飛びし、ハンブルクへ逃れてゆき、やがて2001年初頭に逮捕された。彼を支援したコラジョヴァンニも同年クリーブランドで逮捕された。2002年6月に第2次ベルルスコーニ内閣が北部同盟と国民同盟で混成された。翌月、主催国としてジェノヴァでサミットを開催したが、反グローバリゼーションを主張する激しい抗議行動にみまわれ、デモ参加者を射殺するまでに至った。ベルルスコーニ内閣は議会の多数にものをいわせ、労働・移民・司法・メディア等の分野で強引な政策を実施した。首相は海底ケーブルの敷設ブームにあってメディア利権に固執した。政府が議員を買収する悪習は19世紀末から続いている(トラスフォルミズモ)。地方自治を定めた憲法第5部も改正してしまい、「緩やかな連邦制」を導入するあたり外資の進出を促しており、民族による統一をイタリアは達成できていない。2003年、レナート・ダルドッツィ(Renato Dardozzi)が死亡した。彼は1974年から1990年代後半にかけて宗教事業協会の資産管理に携わったが、その極秘資料と、それを公表せよとの遺言をのこした。2004年、イタリアの破毀院がバチカン・ラジオによる電磁波障害をめぐる裁判において、国内訴因は教皇庁が被疑者であっても、正当な捜査が保障されるとの認識を示した。2005年、エトナ火山が噴火し、国内総生産伸び率がゼロとなった。2006年、バチカン金融当局長のレーネ(René Brülhart)が情報を提供、シーメンスが教皇庁へ贈賄していたことが分かった。2007年、REIT制度化(SIIQ)。イタリアは世界金融危機でPIIGSとなった。11月ベルナルド・プロヴェンツァーノが逮捕された。2008年12月17日、マフィア99人を一斉検挙した。2009年、5月に『バチカン株式会社(Vaticano S. p. A.)』が出版された。これはダルドッツィの資料に基く暴露本であり、ポール・マルチンクスの後継であるデ・ボニス(Donato De Bonis)などの金融スキャンダルを書いている。同年6月にはキアッソ米国債事件が起こった。2010年2月28日ガーディアンが、『バチカン株式会社』の売れ行きと内容に無反応なイタリアのメディアをベルルスコーニの手先であるかと挑発した。2010年3月17日、ミラノ市がデリバティブ詐欺容疑で、ドイツ銀行、JPモルガン・チェース、UBS、デプファ銀行(Depfa Bank)を起訴した。ミラノ市が2005年に実施した17億ユーロ相当の売りオペに関係したスワップ取引の金利調整で、被告4行が隠れ手数料をせしめたという。隠れ手数料は、JPモルガン・チェースが4500万ユーロ、ドイツ銀行が2500万ユーロ、デプファ銀行が2100万ユーロ、UBSが1000万ユーロ。2011年、福島第一原子力発電所事故をうけて原子力反対運動が顕著となり、同年6月に行われた国民投票の結果、再度国内原子力開発を断念することになった。2012年、イタリア北部地震。同年末、政府の財政収支均衡原則を憲法に盛り込んだ。2013年イタリア総選挙は外為相場を揺さぶった。2014年、欧州中央銀行によるストレステストで、イタリアの銀行14行のうち9行が不合格となった。2015年、憲法裁判所判事を務めてきたセルジョ・マッタレッラが2月に大統領となり、また5月にFIFA汚職事件がおこり、7月9日ナポリでベルルスコーニへ贈賄罪で禁錮3年の判決がくだった。2016年という一年間に、フェルディナンド2世・デ・メディチが創業したモンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ銀行は株価を88%も下げた。2017年2月15日、議会が同行以下、経営難の金融機関に最大200億ユーロを注入する法案を可決した。6月1日、欧州委員会も同行への支援を政府と合意した。前後して3月3日、ロイヤル・ダッチ・シェルとEniが、ナイジェリアの油田権益を巡る贈賄罪で起訴されたことがわかった。イタリア フレッシュアイペディアより)

  • イタリア

    イタリアから見たJPモルガン・チェース

    1999年にアメリカのマーティン・フランクルがローマへ高飛びし、ハンブルクへ逃れてゆき、やがて2001年初頭に逮捕された。彼を支援したコラジョヴァンニも同年クリーブランドで逮捕された。2002年6月に第2次ベルルスコーニ内閣が北部同盟と国民同盟で混成された。翌月、主催国としてジェノヴァでサミットを開催したが、反グローバリゼーションを主張する激しい抗議行動にみまわれ、デモ参加者を射殺するまでに至った。ベルルスコーニ内閣は議会の多数にものをいわせ、労働・移民・司法・メディア等の分野で強引な政策を実施した。首相は海底ケーブルの敷設ブームにあってメディア利権に固執した。政府が議員を買収する悪習は19世紀末から続いている(トラスフォルミズモ)。地方自治を定めた憲法第5部も改正してしまい、「緩やかな連邦制」を導入するあたり外資の進出を促しており、民族による統一をイタリアは達成できていない。2003年、レナート・ダルドッツィ(Renato Dardozzi)が死亡した。彼は1974年から1990年代後半にかけて宗教事業協会の資産管理に携わったが、その極秘資料と、それを公表せよとの遺言をのこした。2004年、イタリアの破毀院がバチカン・ラジオによる電磁波障害をめぐる裁判において、国内訴因は教皇庁が被疑者であっても、正当な捜査が保障されるとの認識を示した。2005年、エトナ火山が噴火し、国内総生産伸び率がゼロとなった。2006年、バチカン金融当局長のレーネ(René Brülhart)が情報を提供、シーメンスが教皇庁へ贈賄していたことが分かった。2007年、REIT制度化(SIIQ)。イタリアは世界金融危機でPIIGSとなった。11月ベルナルド・プロヴェンツァーノが逮捕された。2008年12月17日、マフィア99人を一斉検挙した。2009年、5月に『バチカン株式会社(Vaticano S. p. A.)』が出版された。これはダルドッツィの資料に基く暴露本であり、ポール・マルチンクスの後継であるデ・ボニス(Donato De Bonis)などの金融スキャンダルを書いている。同年6月にはキアッソ米国債事件が起こった。2010年2月28日ガーディアンが、『バチカン株式会社』の売れ行きと内容に無反応なイタリアのメディアをベルルスコーニの手先であるかと挑発した。2010年3月17日、ミラノ市がデリバティブ詐欺容疑で、ドイツ銀行、JPモルガン・チェース、UBS、デプファ銀行(Depfa Bank)を起訴した。ミラノ市が2005年に実施した17億ユーロ相当の売りオペに関係したスワップ取引の金利調整で、被告4行が隠れ手数料をせしめたという。隠れ手数料は、JPモルガン・チェースが4500万ユーロ、ドイツ銀行が2500万ユーロ、デプファ銀行が2100万ユーロ、UBSが1000万ユーロ。2011年、福島第一原子力発電所事故をうけて原子力反対運動が顕著となり、同年6月に行われた国民投票の結果、再度国内原子力開発を断念することになった。2012年、イタリア北部地震。同年末、政府の財政収支均衡原則を憲法に盛り込んだ。2013年イタリア総選挙は外為相場を揺さぶった。2014年、欧州中央銀行によるストレステストで、イタリアの銀行14行のうち9行が不合格となった。2015年、憲法裁判所判事を務めてきたセルジョ・マッタレッラが2月に大統領となり、また5月にFIFA汚職事件がおこり、7月9日ナポリでベルルスコーニへ贈賄罪で禁錮3年の判決がくだった。2016年という一年間に、フェルディナンド2世・デ・メディチが創業したモンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ銀行は株価を88%も下げた。2017年2月15日、議会が同行以下、経営難の金融機関に最大200億ユーロを注入する法案を可決した。6月1日、欧州委員会も同行への支援を政府と合意した。前後して3月3日、ロイヤル・ダッチ・シェルとEniが、ナイジェリアの油田権益を巡る贈賄罪で起訴されたことがわかった。イタリア フレッシュアイペディアより)

  • イタリア

    イタリアから見たゼネラルモーターズ

    イタリアの経済に占める自動車産業の割合は、国内総生産の8.5%にものぼる。国内ではコンパクト・カー、エコノミー・カーが上位を占めている。エコロジカルな自動車の売れ行きが伸びている。輸出車の売上高は800億ユーロ(約10兆4000億円)規模である。南北格差が要因となり輸出がのびなやんでいる。フィアットがドイツのクライスラーや合衆国のゼネラルモーターズと提携している。イタリア フレッシュアイペディアより)

  • イタリア

    イタリアから見たUBS

    1999年にアメリカのマーティン・フランクルがローマへ高飛びし、ハンブルクへ逃れてゆき、やがて2001年初頭に逮捕された。彼を支援したコラジョヴァンニも同年クリーブランドで逮捕された。2002年6月に第2次ベルルスコーニ内閣が北部同盟と国民同盟で混成された。翌月、主催国としてジェノヴァでサミットを開催したが、反グローバリゼーションを主張する激しい抗議行動にみまわれ、デモ参加者を射殺するまでに至った。ベルルスコーニ内閣は議会の多数にものをいわせ、労働・移民・司法・メディア等の分野で強引な政策を実施した。首相は海底ケーブルの敷設ブームにあってメディア利権に固執した。政府が議員を買収する悪習は19世紀末から続いている(トラスフォルミズモ)。地方自治を定めた憲法第5部も改正してしまい、「緩やかな連邦制」を導入するあたり外資の進出を促しており、民族による統一をイタリアは達成できていない。2003年、レナート・ダルドッツィ(Renato Dardozzi)が死亡した。彼は1974年から1990年代後半にかけて宗教事業協会の資産管理に携わったが、その極秘資料と、それを公表せよとの遺言をのこした。2004年、イタリアの破毀院がバチカン・ラジオによる電磁波障害をめぐる裁判において、国内訴因は教皇庁が被疑者であっても、正当な捜査が保障されるとの認識を示した。2005年、エトナ火山が噴火し、国内総生産伸び率がゼロとなった。2006年、バチカン金融当局長のレーネ(René Brülhart)が情報を提供、シーメンスが教皇庁へ贈賄していたことが分かった。2007年、REIT制度化(SIIQ)。イタリアは世界金融危機でPIIGSとなった。11月ベルナルド・プロヴェンツァーノが逮捕された。2008年12月17日、マフィア99人を一斉検挙した。2009年、5月に『バチカン株式会社(Vaticano S. p. A.)』が出版された。これはダルドッツィの資料に基く暴露本であり、ポール・マルチンクスの後継であるデ・ボニス(Donato De Bonis)などの金融スキャンダルを書いている。同年6月にはキアッソ米国債事件が起こった。2010年2月28日ガーディアンが、『バチカン株式会社』の売れ行きと内容に無反応なイタリアのメディアをベルルスコーニの手先であるかと挑発した。2010年3月17日、ミラノ市がデリバティブ詐欺容疑で、ドイツ銀行、JPモルガン・チェース、UBS、デプファ銀行(Depfa Bank)を起訴した。ミラノ市が2005年に実施した17億ユーロ相当の売りオペに関係したスワップ取引の金利調整で、被告4行が隠れ手数料をせしめたという。隠れ手数料は、JPモルガン・チェースが4500万ユーロ、ドイツ銀行が2500万ユーロ、デプファ銀行が2100万ユーロ、UBSが1000万ユーロ。2011年、福島第一原子力発電所事故をうけて原子力反対運動が顕著となり、同年6月に行われた国民投票の結果、再度国内原子力開発を断念することになった。2012年、イタリア北部地震。同年末、政府の財政収支均衡原則を憲法に盛り込んだ。2013年イタリア総選挙は外為相場を揺さぶった。2014年、欧州中央銀行によるストレステストで、イタリアの銀行14行のうち9行が不合格となった。2015年、憲法裁判所判事を務めてきたセルジョ・マッタレッラが2月に大統領となり、また5月にFIFA汚職事件がおこり、7月9日ナポリでベルルスコーニへ贈賄罪で禁錮3年の判決がくだった。2016年という一年間に、フェルディナンド2世・デ・メディチが創業したモンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ銀行は株価を88%も下げた。2017年2月15日、議会が同行以下、経営難の金融機関に最大200億ユーロを注入する法案を可決した。6月1日、欧州委員会も同行への支援を政府と合意した。前後して3月3日、ロイヤル・ダッチ・シェルとEniが、ナイジェリアの油田権益を巡る贈賄罪で起訴されたことがわかった。イタリア フレッシュアイペディアより)

  • イタリア

    イタリアから見たベニート・ムッソリーニ

    1922年には、ファシスト党のベニート・ムッソリーニが首相となる。その後ムッソリーニは権力の集中を進め、1929年にはローマ教皇庁との間にラテラノ条約を結び、関係を修復する。ムッソリーニ首相とヴィットーリオ・エマヌエーレ3世国王の指導の下、政治経済の回復に成功し各国からの称賛を得たものの、その後1935年にはエチオピアを再度植民地化すべく第二次エチオピア戦争によりエチオピアへ侵攻するなど拡張政策を取る。さらに1937年には日本とドイツと共に日独伊防共協定を結び、1939年9月に勃発した第二次世界大戦には、1940年6月に参戦し同年9月には日独伊三国同盟を締結、1941年12月にはドイツと共に対米宣戦布告を行った。1943年後半には敗色が濃い中ムッソリーニが失脚し連合国側に鞍替え参戦する。同時に、救出されたムッソリーニを首班としたドイツの傀儡政権であるサロ政権が北イタリアを支配する状況になる。しかし、1945年5月8日にドイツが敗北したことにより同政権は崩壊した。王位惜しさにムッソリーニの独裁を後押ししたかたちのサヴォイア王家は国民の信頼を失いつつあった。伝統的に王国時代が長い南イタリアでは王室への強固な支持があったものの、都市国家の伝統ある北部は王家を信任せず、また王室の強い支持基盤であったカトリック教会が国民投票で中立を宣言したこともあり、大戦終結後の1946年6月2日に行なわれた共和制への移行を問う国民投票では賛成54%の僅差で王政廃止が決定されウンベルト2世は廃位、サヴォイア家による君主制は廃止され、現在のイタリア共和国が成立した。1948年に、初代大統領にエンリコ・デ・ニコラが就任。その後の冷戦では、社会主義勢力の影響を受けながらも、アメリカ合衆国や西ドイツなどとともに西側諸国の1国として東側諸国と対峙した。主要国首脳会議の参加国であり、現在も政治や経済だけでなく、文化的な側面においても世界的に重要な位置を占める。イタリア フレッシュアイペディアより)

  • イタリア

    イタリアから見たジュゼッペ・ヴェルディ

    また、ジュゼッペ・ヴェルディの『アイーダ』などオペラや音楽なども多く知られる。民衆音楽ではカンツォーネと呼ばれるナポリの歌謡曲が有名である。バレエも発祥の地とされる。現代においてもノーベル賞作家を輩出。映画においても絶えず世界的な作品を送り出している。イタリア フレッシュアイペディアより)

753件中 11 - 20件表示

「イタリア」のニューストピックワード