753件中 61 - 70件表示
  • イタリア

    イタリアから見たアリストテレス

    イタリアという単語は元々、半島の南端部の狭い地域の名だったということである。由来についての有力な説は、古ラテン語の vitulus (ウィトゥルス、雄の子牛)から転じたという説である。また、古代ローマの歴史家・ハリカルナッソスのディオニュシオスによれば、ギリシャ人が現在のカラブリアに上陸した時、初めて接触した民族が()だったため、その地域が「イタリア」と呼ばれるようになったという。この伝説についてはアリストテレスやトゥキディデスも言及している。イタリア フレッシュアイペディアより)

  • イタリア

    イタリアから見たジャンフランコ・フェレ

    19世紀頃から近代服飾・装飾産業が発展し、20世紀から現在にかけては、服飾ブランドのベネトンやプラダ、グッチ、ジョルジオ・アルマーニやジャンニ・ヴェルサーチ、ジャンフランコ・フェレ、バレンチノ、靴のサルヴァトーレ・フェラガモやトッズ、宝飾品のブルガリなどが世界各国に輸出されている。イタリア フレッシュアイペディアより)

  • イタリア

    イタリアから見たトーマス・エジソン

    1890年代は露仏同盟の形成途上に1893年恐慌がおこり、国内でもさまざまな変化を生じた。建築ラッシュが急ブレーキを踏んで発券銀行の不正疑惑に発展したので、ジョヴァンニ・ジョリッティ内閣が六発券銀行のうち南部のナポリ銀行とシチリア銀行を除いた四行をイタリア銀行に再編した。ファッシが流行り、エジソン社が水力発電所をアッダ川に建設し、ロスチャイルドに通じるアニェリ家のフィアットが創業した。三国協商の形成途上であった20世紀初頭から北米をめざす移民が増えだした。山賊の系譜でマフィアが誕生した。農民としてはカナダの小麦プールに加わった。1912年に全国保険機構(Istituto Nazionale delle Assicurazioni)が設立された。これは当初、生命保険の国家独占事業体となるはずであったが、ベニート・ムッソリーニが独占化を否定した。設立を推進した官僚アルベルト・ベネドゥーチェ(Alberto Beneduce)が、ファシスト政権下で公共事業体設立を主導した。イタリアは三国同盟を第一次世界大戦で離脱し、連合国側で勝利した。戦中は移民輸出の総数が200未満であったけれども、1920年に北米行きだけで300人超が流出した。このようなイタリアは相対的安定期にファシズム体制となった。イタリア フレッシュアイペディアより)

  • イタリア

    イタリアから見たルイージ・ピランデッロ

    近代イタリア語の基礎はフィレンツェの詩人ダンテ・アリギエーリによって創設され、彼の偉大な作品『神曲』は中世ヨーロッパで最高の文学作品だと考えられている。イタリアはそれ以外にも祝福された文学者に不足しなかった。例を挙げるならジョヴァンニ・ボッカチオ、ジャコモ・レオパルディ、アレッサンドロ・マンゾーニ、トルクァート・タッソ、ルドヴィーコ・アリオスト、フランチェスコ・ペトラルカのような人物の名が挙げられ、彼等の最も知られた表現の媒体は彼等がイタリアで生んだソネットだった。近代の文学者であり、ノーベル文学賞受賞者には、1906年受賞の国民主義詩人ジョズエ・カルドゥッチ、1926年受賞の写実主義作家のグラツィア・デレッダ、1934年受賞の近代劇作家ルイージ・ピランデッロ、1959年受賞の詩人サルヴァトーレ・クァジモド、1975年受賞のエウジェーニオ・モンターレ、1997年受賞の風刺家かつ劇作家ダリオ・フォの名が挙げられる。イタリア フレッシュアイペディアより)

  • イタリア

    イタリアから見たガスペリ

    講和後、1947年5月から第4次ガスペリが組閣、ルイージ・エイナウディを登用し、金融引き締めにより深刻なデフレをもたらした。12月、イタリアは国民投票の結果を受けて憲法で君主制を撤廃した。新憲法は憲法裁判所の設置を決めていたが、1956年まで見送られ、それまで違憲立法審査ができなかった。新憲法は20の州を設けて自治を認めていたが、実際に州制度が導入されたのは4つの特別自治州だけで、1963年に1州ふえたのを除くと、残りは1970年まで実施が見送られた。民法や刑法なども、立法されるまでファシズム時代のものが適用された。IRIも存置され、欧米全体の投信が成長するにともない、1960年代前半にかけて好景気を享受した。地中海貿易全体に政治経済両面から国際社会によるてこ入れがなされ、イタリアの場合バノーニ計画の一環としてアウトストラーダ建設用に巨額の外債が発行された。それから企業の集中・合併が進んだ。エネル以外では、1966年モンテディソン(Montedison)が設立された。すぐにEni(炭化水素公社)とIRIが参加して官民共同出資となった。1968年には日本のように学生闘争が起こった。1973年、ンドランゲタがジョン・ポール・ゲティ3世を誘拐。1976年、セベソ事故。イタリアには会社更生法が存在しないが、オイルショックを契機に代替制度が生まれた。1977年、産業国家参加管理会社(GEPI)がIMI, IRI, Eni等の出資で設立されたのである。経営不振企業の株式を取得し改善に参加することで自立を促すことを目的としていたが、実態は恣意的なプライベート・エクイティ・ファンドであった。1981年EniとIRIがモンテディソン株を売却し撤退したが、Eniとモンテディソンは以来、汚職がらみの金融スキャンダルがつきまとった。翌1982年、5月に教皇ヨハネ・パウロ2世が渡英して国教会と和解に臨み、6月にロベルト・カルヴィが暗殺された。1984年からトンマーゾ・ブシェッタがマフィア内部の情報を次節のファルコーネに提供し、当局がマフィアの大物たちを告発していった。1980年代半ばに南部開発公庫が廃止され、クラクシ内閣が南部住民へ生活保護を名目とした色々な給付金をばらまき、なかでも1978年に始まった国保の悪用が批判された。マイケル・ミルケンの逮捕されるあたりまで、コラジョヴァンニ司祭が支援するマーティン・フランクル(Martin Frankel)が7つの米保険会社から4500億リラを横領し、会社自体も買収・搾取し、約1兆5000億リラの負債をかかえさせた。彼はトレドにクリエイティブ・パートナーズという投信会社をつくったが、米司法当局に捜査されている間、ロスチャイルド・インターナショナル・インベストメントの名前とスイス銀行の口座をつかって、進行中の投資に対する追及をかわしていた。イタリア フレッシュアイペディアより)

  • イタリア

    イタリアから見たジャンニ・ヴェルサーチ

    19世紀頃から近代服飾・装飾産業が発展し、20世紀から現在にかけては、服飾ブランドのベネトンやプラダ、グッチ、ジョルジオ・アルマーニやジャンニ・ヴェルサーチ、ジャンフランコ・フェレ、バレンチノ、靴のサルヴァトーレ・フェラガモやトッズ、宝飾品のブルガリなどが世界各国に輸出されている。イタリア フレッシュアイペディアより)

  • イタリア

    イタリアから見たサルヴァトーレ・フェラガモ

    19世紀頃から近代服飾・装飾産業が発展し、20世紀から現在にかけては、服飾ブランドのベネトンやプラダ、グッチ、ジョルジオ・アルマーニやジャンニ・ヴェルサーチ、ジャンフランコ・フェレ、バレンチノ、靴のサルヴァトーレ・フェラガモやトッズ、宝飾品のブルガリなどが世界各国に輸出されている。イタリア フレッシュアイペディアより)

  • イタリア

    イタリアから見たトゥキディデス

    イタリアという単語は元々、半島の南端部の狭い地域の名だったということである。由来についての有力な説は、古ラテン語の vitulus (ウィトゥルス、雄の子牛)から転じたという説である。また、古代ローマの歴史家・ハリカルナッソスのディオニュシオスによれば、ギリシャ人が現在のカラブリアに上陸した時、初めて接触した民族が()だったため、その地域が「イタリア」と呼ばれるようになったという。この伝説についてはアリストテレスやトゥキディデスも言及している。イタリア フレッシュアイペディアより)

  • イタリア

    イタリアから見たトルクァート・タッソ

    近代イタリア語の基礎はフィレンツェの詩人ダンテ・アリギエーリによって創設され、彼の偉大な作品『神曲』は中世ヨーロッパで最高の文学作品だと考えられている。イタリアはそれ以外にも祝福された文学者に不足しなかった。例を挙げるならジョヴァンニ・ボッカチオ、ジャコモ・レオパルディ、アレッサンドロ・マンゾーニ、トルクァート・タッソ、ルドヴィーコ・アリオスト、フランチェスコ・ペトラルカのような人物の名が挙げられ、彼等の最も知られた表現の媒体は彼等がイタリアで生んだソネットだった。近代の文学者であり、ノーベル文学賞受賞者には、1906年受賞の国民主義詩人ジョズエ・カルドゥッチ、1926年受賞の写実主義作家のグラツィア・デレッダ、1934年受賞の近代劇作家ルイージ・ピランデッロ、1959年受賞の詩人サルヴァトーレ・クァジモド、1975年受賞のエウジェーニオ・モンターレ、1997年受賞の風刺家かつ劇作家ダリオ・フォの名が挙げられる。イタリア フレッシュアイペディアより)

  • イタリア

    イタリアから見たヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ

    ゲーテ著 『イタリア紀行』イタリア フレッシュアイペディアより)

753件中 61 - 70件表示

「イタリア」のニューストピックワード