409件中 71 - 80件表示
  • イタリア

    イタリアから見た世界経済フォーラム

    イタリアは、2009年に世界経済フォーラムが発表した「旅行・観光競争力リポート」の統計で調査対象の133ヶ国中総合28位、ヨーロッパ圏内の調査対象42ヶ国中総合21位に付けている。規模としては年間約4360万人以上が訪れる世界で5番目の観光大国であり、世界最多45件の世界遺産を国内に抱える世界3位の観光インフラ、世界5位の文化資源を有する国家として、世界中の観光客を呼び寄せている。また地中海沿岸やサルデーニャなどの島嶼部は海水浴、北部のアルプスは登山やスキー、点在する湖では避暑などリゾートに適した地域も多い。イタリア フレッシュアイペディアより)

  • イタリア

    イタリアから見た移民

    圧倒的にキリスト教のカトリック教会(約9割)が多く、日曜のミサを欠かさないような敬虔なカトリック教徒も多い。プロテスタントは少数である。またアラブ系移民の増加により、イスラム教は近年増加傾向にある。イタリア フレッシュアイペディアより)

  • イタリア

    イタリアから見た国際連合教育科学文化機関

    イタリア国内には、ユネスコの世界遺産リストに登録された文化遺産が41件、自然遺産が2件存在し、さらにバチカン市国にまたがって1件の文化遺産が登録されている。詳細は、イタリアの世界遺産を。イタリア フレッシュアイペディアより)

  • イタリア

    イタリアから見たジョルジオ・アルマーニ

    19世紀頃から近代服飾・装飾産業が発展し、20世紀から現在にかけては、服飾ブランドのベネトンやプラダ、グッチ、ジョルジオ・アルマーニやジャンニ・ヴェルサーチ、ジャンフランコ・フェレ、バレンチノ、靴のサルヴァトーレ・フェラガモやトッズ、宝飾品のブルガリなどが世界各国に輸出されており、大きな外貨獲得源となっている。イタリア フレッシュアイペディアより)

  • イタリア

    イタリアから見たヴィットーリオ・エマヌエーレ3世

    ムッソリーニ首相とヴィットーリオ・エマヌエーレ3世国王の指導の下、政治経済の回復に成功し各国からの称賛を得たものの、その後1935年にはエチオピアを再度植民地化すべく第二次エチオピア戦争によりエチオピアへ侵攻するなど拡張政策を取る。イタリア フレッシュアイペディアより)

  • イタリア

    イタリアから見たジョルダーノ・ブルーノ

    ルネサンスの時代には、ジョルダーノ・ブルーノやマルシリオ・フィチーノ、ニッコロ・マキャベリ、ジャンバティスタ・ヴィコのような傑出した哲学者が現れた。イタリア フレッシュアイペディアより)

  • イタリア

    イタリアから見た国内総生産

    2010年7月15日、上院は、ベルルスコーニ政権が提出していた緊急財政法案を賛成170、反対136、棄権0で可決した。政府は、月内にも下院を通過させて法案の成立を目指す。しかし、最大野党の民主党は、16、17日の両日、全国規模の抗議行動を計画している。本法案は5月に提案され、公務員給与増の凍結、省庁予算の削減、地方自治体への交付金削減などの実行によって、今後2年間に財政赤字比率を国内総生産(GDP)比3%以内に下げる発表している。イタリア フレッシュアイペディアより)

  • イタリア

    イタリアから見たフォーミュラ1

    伝統的にサッカー(カルチョ)とF1やミッレミリアなどのモータースポーツ、自転車競技やマリンスポーツ、バレーボールが特に盛んで、他にも北部山岳地域にコルティーナ・ダンペッツォなどのスキーリゾートが多数あることから、スキーなどのウィンタースポーツも盛んである。また、中部にはアペニン山脈があり、登山も盛ん。野球とバスケットボールというアメリカ発祥のスポーツもプロリーグもあるなど他の欧州諸国に比べて盛んで、代表チームは国際大会の常連にもなっている。最近ではシックス・ネイションズに加わってラグビーも人気が高まっている。イタリア フレッシュアイペディアより)

  • イタリア

    イタリアから見た2009年新型インフルエンザの世界的流行

    日本における観光対象国としての人気低下の一因として、2002年のユーロ導入による物価単価の上昇や、原油高による燃料サーチャージの上昇、2009年に世界的流行に至った新型インフルエンザが行楽シーズンであるゴールデンウィークを直撃した等の外的要因に加え、レストランやタクシーで法外な料金を請求される「ぼったくり」等の影響で、「何度も訪れるリピーターが減った」と見る旅行会社もある。特にぼったくり問題に関しては、2009年6月に日本人のカップルがランチに695ユーロ(9万5714円)という法外な値段を請求されたことが地元で報じられ、イタリアの観光相が謝罪するなどした騒動が発生し、日伊双方で問題となった。また同年9月には、2008年12月に日本人男性らが出張でミラノのナイトクラブに訪れクレジットカードで支払いを行った所、帰国後の1月になって7265ユーロ(約97万円)に上る多額の引き落としがありぼったくりにあっていた事が発覚、イタリアの消費者団体が法的支援に乗り出していた事が報道されている。この事件を切っ掛けに悪質な観光業者の存在がイタリアでは社会問題になり、イタリア当局が「ぼったくりをしない」という誓約をした業者に対する認証制度を導入する計画が持ち上がっている。イタリア フレッシュアイペディアより)

  • イタリア

    イタリアから見た高速列車

    フェッロヴィーエ・デッロ・スタートのグループ会社であるトレニタリアと呼ばれる旧国鉄 (Ferrovie dello Stato) の業務を引き継ぐ民営鉄道会社が全土を網羅し、ローマ-フィレンツェ間の高速新線(ディレティッシマ)を中心にユーロスター・イタリアと呼ばれる高速列車も多数運転されている。旧国鉄以外ではヌオーヴォ・トラスポルト・ヴィアッジャトーリ(NTV)、チルクムヴェスヴィアーナ鉄道やスッド・エスト鉄道などがある。イタリア フレッシュアイペディアより)

409件中 71 - 80件表示

「イタリア」のニューストピックワード