753件中 71 - 80件表示
  • イタリア

    イタリアから見たグラツィア・デレッダ

    近代イタリア語の基礎はフィレンツェの詩人ダンテ・アリギエーリによって創設され、彼の偉大な作品『神曲』は中世ヨーロッパで最高の文学作品だと考えられている。イタリアはそれ以外にも祝福された文学者に不足しなかった。例を挙げるならジョヴァンニ・ボッカチオ、ジャコモ・レオパルディ、アレッサンドロ・マンゾーニ、トルクァート・タッソ、ルドヴィーコ・アリオスト、フランチェスコ・ペトラルカのような人物の名が挙げられ、彼等の最も知られた表現の媒体は彼等がイタリアで生んだソネットだった。近代の文学者であり、ノーベル文学賞受賞者には、1906年受賞の国民主義詩人ジョズエ・カルドゥッチ、1926年受賞の写実主義作家のグラツィア・デレッダ、1934年受賞の近代劇作家ルイージ・ピランデッロ、1959年受賞の詩人サルヴァトーレ・クァジモド、1975年受賞のエウジェーニオ・モンターレ、1997年受賞の風刺家かつ劇作家ダリオ・フォの名が挙げられる。イタリア フレッシュアイペディアより)

  • イタリア

    イタリアから見たジョヴァンニ・ボッカチオ

    近代イタリア語の基礎はフィレンツェの詩人ダンテ・アリギエーリによって創設され、彼の偉大な作品『神曲』は中世ヨーロッパで最高の文学作品だと考えられている。イタリアはそれ以外にも祝福された文学者に不足しなかった。例を挙げるならジョヴァンニ・ボッカチオ、ジャコモ・レオパルディ、アレッサンドロ・マンゾーニ、トルクァート・タッソ、ルドヴィーコ・アリオスト、フランチェスコ・ペトラルカのような人物の名が挙げられ、彼等の最も知られた表現の媒体は彼等がイタリアで生んだソネットだった。近代の文学者であり、ノーベル文学賞受賞者には、1906年受賞の国民主義詩人ジョズエ・カルドゥッチ、1926年受賞の写実主義作家のグラツィア・デレッダ、1934年受賞の近代劇作家ルイージ・ピランデッロ、1959年受賞の詩人サルヴァトーレ・クァジモド、1975年受賞のエウジェーニオ・モンターレ、1997年受賞の風刺家かつ劇作家ダリオ・フォの名が挙げられる。イタリア フレッシュアイペディアより)

  • イタリア

    イタリアから見たジョルジョ・アガンベン

    20世紀後半においてはマルチチュードを新たな概念として昇華したマルチチュード学派のアントニオ・ネグリや、ホモ・サケル論で知られるジョルジョ・アガンベンなどが活躍している。イタリア フレッシュアイペディアより)

  • イタリア

    イタリアから見たプッチーニ

    現在も世界で用いられる音楽用語の多数がイタリア語であることから推察できるように、イタリアはルネサンス期以来、もっとも長い期間、西洋音楽をリードし続けた。18世紀後半のウィーン古典派の台頭、続くバッハの復権などによって主導権はドイツ圏に移ったが、ことオペラに関してのみはヴェルディ、プッチーニらの大作曲家を輩出したイタリアがなお大勢力を保ち続け、古典派まではドイツ人作曲家も大部分のオペラをイタリア語で作曲したこともあり、今なおオペラといえばイタリアというイメージは強い(ただし、長年の財政難からカンパニーを維持できない歌劇場が多く、現在では上演数に関してはドイツに三倍の差をつけられてしまった。首都のローマ歌劇場すら今世紀に入って管弦楽団と合唱団の全員解雇が宣告されたことがある)。一方で交響曲など器楽曲分野では他国にやや見劣りがする感は否めない。また、北イタリアが長くオーストリアの支配を受けたこともあって、イタリア音楽とドイツ音楽をともに得意とする演奏家が伝統的に多く育っており(逆にイタリア音楽を得意とするドイツ系演奏家はカラヤンなどごく少数である)、世界の演奏市場で重要な役割を果たしている。イタリア フレッシュアイペディアより)

  • イタリア

    イタリアから見たアメリゴ・ヴェスプッチ

    イタリアはルネサンス期に多くの学者・芸術家・博学者を生み出し、文化を繁栄させた。15世紀に本格化し、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ガリレオ、ミケランジェロ、マキャヴェッリが世に出た。コロンブス、ヴェスプッチ、ヴェラッツァーノのような探検家は、極東及び新世界への新航路を発見し、ヨーロッパの大航海時代における先導に一役買った。イタリア フレッシュアイペディアより)

  • イタリア

    イタリアから見たセルジョ・マッタレッラ

    1999年にアメリカのマーティン・フランクルがローマへ高飛びし、ハンブルクへ逃れてゆき、やがて2001年初頭に逮捕された。彼を支援したコラジョヴァンニも同年クリーブランドで逮捕された。2002年6月に第2次ベルルスコーニ内閣が北部同盟と国民同盟で混成された。翌月、主催国としてジェノヴァでサミットを開催したが、反グローバリゼーションを主張する激しい抗議行動にみまわれ、デモ参加者を射殺するまでに至った。ベルルスコーニ内閣は議会の多数にものをいわせ、労働・移民・司法・メディア等の分野で強引な政策を実施した。首相は海底ケーブルの敷設ブームにあってメディア利権に固執した。政府が議員を買収する悪習は19世紀末から続いている(トラスフォルミズモ)。地方自治を定めた憲法第5部も改正してしまい、「緩やかな連邦制」を導入するあたり外資の進出を促しており、民族による統一をイタリアは達成できていない。2003年、レナート・ダルドッツィ(Renato Dardozzi)が死亡した。彼は1974年から1990年代後半にかけて宗教事業協会の資産管理に携わったが、その極秘資料と、それを公表せよとの遺言をのこした。2004年、イタリアの破毀院がバチカン・ラジオによる電磁波障害をめぐる裁判において、国内訴因は教皇庁が被疑者であっても、正当な捜査が保障されるとの認識を示した。2005年、エトナ火山が噴火し、国内総生産伸び率がゼロとなった。2006年、バチカン金融当局長のレーネ(René Brülhart)が情報を提供、シーメンスが教皇庁へ贈賄していたことが分かった。2007年、REIT制度化(SIIQ)。イタリアは世界金融危機でPIIGSとなった。11月ベルナルド・プロヴェンツァーノが逮捕された。2008年12月17日、マフィア99人を一斉検挙した。2009年、5月に『バチカン株式会社(Vaticano S. p. A.)』が出版された。これはダルドッツィの資料に基く暴露本であり、ポール・マルチンクスの後継であるデ・ボニス(Donato De Bonis)などの金融スキャンダルを書いている。同年6月にはキアッソ米国債事件が起こった。2010年2月28日ガーディアンが、『バチカン株式会社』の売れ行きと内容に無反応なイタリアのメディアをベルルスコーニの手先であるかと挑発した。2010年3月17日、ミラノ市がデリバティブ詐欺容疑で、ドイツ銀行、JPモルガン・チェース、UBS、デプファ銀行(Depfa Bank)を起訴した。ミラノ市が2005年に実施した17億ユーロ相当の売りオペに関係したスワップ取引の金利調整で、被告4行が隠れ手数料をせしめたという。隠れ手数料は、JPモルガン・チェースが4500万ユーロ、ドイツ銀行が2500万ユーロ、デプファ銀行が2100万ユーロ、UBSが1000万ユーロ。2011年、福島第一原子力発電所事故をうけて原子力反対運動が顕著となり、同年6月に行われた国民投票の結果、再度国内原子力開発を断念することになった。2012年、イタリア北部地震。同年末、政府の財政収支均衡原則を憲法に盛り込んだ。2013年イタリア総選挙は外為相場を揺さぶった。2014年、欧州中央銀行によるストレステストで、イタリアの銀行14行のうち9行が不合格となった。2015年、憲法裁判所判事を務めてきたセルジョ・マッタレッラが2月に大統領となり、また5月にFIFA汚職事件がおこり、7月9日ナポリでベルルスコーニへ贈賄罪で禁錮3年の判決がくだった。2016年という一年間に、フェルディナンド2世・デ・メディチが創業したモンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ銀行は株価を88%も下げた。2017年2月15日、議会が同行以下、経営難の金融機関に最大200億ユーロを注入する法案を可決した。6月1日、欧州委員会も同行への支援を政府と合意した。前後して3月3日、ロイヤル・ダッチ・シェルとEniが、ナイジェリアの油田権益を巡る贈賄罪で起訴されたことがわかった。イタリア フレッシュアイペディアより)

  • イタリア

    イタリアから見たダンテ・アリギエーリ

    近代イタリア語の基礎はフィレンツェの詩人ダンテ・アリギエーリによって創設され、彼の偉大な作品『神曲』は中世ヨーロッパで最高の文学作品だと考えられている。イタリアはそれ以外にも祝福された文学者に不足しなかった。例を挙げるならジョヴァンニ・ボッカチオ、ジャコモ・レオパルディ、アレッサンドロ・マンゾーニ、トルクァート・タッソ、ルドヴィーコ・アリオスト、フランチェスコ・ペトラルカのような人物の名が挙げられ、彼等の最も知られた表現の媒体は彼等がイタリアで生んだソネットだった。近代の文学者であり、ノーベル文学賞受賞者には、1906年受賞の国民主義詩人ジョズエ・カルドゥッチ、1926年受賞の写実主義作家のグラツィア・デレッダ、1934年受賞の近代劇作家ルイージ・ピランデッロ、1959年受賞の詩人サルヴァトーレ・クァジモド、1975年受賞のエウジェーニオ・モンターレ、1997年受賞の風刺家かつ劇作家ダリオ・フォの名が挙げられる。イタリア フレッシュアイペディアより)

  • イタリア

    イタリアから見たロベルト・カルヴィ

    講和後、1947年5月から第4次ガスペリが組閣、ルイージ・エイナウディを登用し、金融引き締めにより深刻なデフレをもたらした。12月、イタリアは国民投票の結果を受けて憲法で君主制を撤廃した。新憲法は憲法裁判所の設置を決めていたが、1956年まで見送られ、それまで違憲立法審査ができなかった。新憲法は20の州を設けて自治を認めていたが、実際に州制度が導入されたのは4つの特別自治州だけで、1963年に1州ふえたのを除くと、残りは1970年まで実施が見送られた。民法や刑法なども、立法されるまでファシズム時代のものが適用された。IRIも存置され、欧米全体の投信が成長するにともない、1960年代前半にかけて好景気を享受した。地中海貿易全体に政治経済両面から国際社会によるてこ入れがなされ、イタリアの場合バノーニ計画の一環としてアウトストラーダ建設用に巨額の外債が発行された。それから企業の集中・合併が進んだ。エネル以外では、1966年モンテディソン(Montedison)が設立された。すぐにEni(炭化水素公社)とIRIが参加して官民共同出資となった。1968年には日本のように学生闘争が起こった。1973年、ンドランゲタがジョン・ポール・ゲティ3世を誘拐。1976年、セベソ事故。イタリアには会社更生法が存在しないが、オイルショックを契機に代替制度が生まれた。1977年、産業国家参加管理会社(GEPI)がIMI, IRI, Eni等の出資で設立されたのである。経営不振企業の株式を取得し改善に参加することで自立を促すことを目的としていたが、実態は恣意的なプライベート・エクイティ・ファンドであった。1981年EniとIRIがモンテディソン株を売却し撤退したが、Eniとモンテディソンは以来、汚職がらみの金融スキャンダルがつきまとった。翌1982年、5月に教皇ヨハネ・パウロ2世が渡英して国教会と和解に臨み、6月にロベルト・カルヴィが暗殺された。1984年からトンマーゾ・ブシェッタがマフィア内部の情報を次節のファルコーネに提供し、当局がマフィアの大物たちを告発していった。1980年代半ばに南部開発公庫が廃止され、クラクシ内閣が南部住民へ生活保護を名目とした色々な給付金をばらまき、なかでも1978年に始まった国保の悪用が批判された。マイケル・ミルケンの逮捕されるあたりまで、コラジョヴァンニ司祭が支援するマーティン・フランクル(Martin Frankel)が7つの米保険会社から4500億リラを横領し、会社自体も買収・搾取し、約1兆5000億リラの負債をかかえさせた。彼はトレドにクリエイティブ・パートナーズという投信会社をつくったが、米司法当局に捜査されている間、ロスチャイルド・インターナショナル・インベストメントの名前とスイス銀行の口座をつかって、進行中の投資に対する追及をかわしていた。イタリア フレッシュアイペディアより)

  • イタリア

    イタリアから見たルイージ・エイナウディ

    講和後、1947年5月から第4次ガスペリが組閣、ルイージ・エイナウディを登用し、金融引き締めにより深刻なデフレをもたらした。12月、イタリアは国民投票の結果を受けて憲法で君主制を撤廃した。新憲法は憲法裁判所の設置を決めていたが、1956年まで見送られ、それまで違憲立法審査ができなかった。新憲法は20の州を設けて自治を認めていたが、実際に州制度が導入されたのは4つの特別自治州だけで、1963年に1州ふえたのを除くと、残りは1970年まで実施が見送られた。民法や刑法なども、立法されるまでファシズム時代のものが適用された。IRIも存置され、欧米全体の投信が成長するにともない、1960年代前半にかけて好景気を享受した。地中海貿易全体に政治経済両面から国際社会によるてこ入れがなされ、イタリアの場合バノーニ計画の一環としてアウトストラーダ建設用に巨額の外債が発行された。それから企業の集中・合併が進んだ。エネル以外では、1966年モンテディソン(Montedison)が設立された。すぐにEni(炭化水素公社)とIRIが参加して官民共同出資となった。1968年には日本のように学生闘争が起こった。1973年、ンドランゲタがジョン・ポール・ゲティ3世を誘拐。1976年、セベソ事故。イタリアには会社更生法が存在しないが、オイルショックを契機に代替制度が生まれた。1977年、産業国家参加管理会社(GEPI)がIMI, IRI, Eni等の出資で設立されたのである。経営不振企業の株式を取得し改善に参加することで自立を促すことを目的としていたが、実態は恣意的なプライベート・エクイティ・ファンドであった。1981年EniとIRIがモンテディソン株を売却し撤退したが、Eniとモンテディソンは以来、汚職がらみの金融スキャンダルがつきまとった。翌1982年、5月に教皇ヨハネ・パウロ2世が渡英して国教会と和解に臨み、6月にロベルト・カルヴィが暗殺された。1984年からトンマーゾ・ブシェッタがマフィア内部の情報を次節のファルコーネに提供し、当局がマフィアの大物たちを告発していった。1980年代半ばに南部開発公庫が廃止され、クラクシ内閣が南部住民へ生活保護を名目とした色々な給付金をばらまき、なかでも1978年に始まった国保の悪用が批判された。マイケル・ミルケンの逮捕されるあたりまで、コラジョヴァンニ司祭が支援するマーティン・フランクル(Martin Frankel)が7つの米保険会社から4500億リラを横領し、会社自体も買収・搾取し、約1兆5000億リラの負債をかかえさせた。彼はトレドにクリエイティブ・パートナーズという投信会社をつくったが、米司法当局に捜査されている間、ロスチャイルド・インターナショナル・インベストメントの名前とスイス銀行の口座をつかって、進行中の投資に対する追及をかわしていた。イタリア フレッシュアイペディアより)

  • イタリア

    イタリアから見たオードリー・ウェルズ

    オードリー・ウェルズ 『トスカーナの休日』イタリア フレッシュアイペディアより)

753件中 71 - 80件表示

「イタリア」のニューストピックワード