前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
722件中 1 - 10件表示
  • 松井秀喜

    松井秀喜から見たイチローイチロー

    投手として入部したが、本人曰く「投手はあまり好きではなかった」ため、すぐに野手(一塁手)に転向。その後、三塁手に転向する。星稜高校の入学式前から野球部の練習に参加し、他校との練習試合では「4番・三塁手」で出場してヒットを放った。1年生から4番打者を務めた(5番は3年生の村松有人だった)が、夏の甲子園では3打数0安打でチームは初戦敗退し、「甲子園は怖いところです」というコメントを残している。秋は北信越大会で松商学園に敗れ、選抜出場を逃す。この年には、練習試合で愛工大名電高校と対戦しており、当時2年生のイチローと初めて顔を合わせ、一塁ベース上で言葉を交わしている。松井秀喜 フレッシュアイペディアより)

  • 1996年の日本シリーズ

    1996年の日本シリーズから見たイチローイチロー

    阪神・淡路大震災で傷ついた地元神戸での劇的な胴上げを果たし、さらに昨年ヤクルトに阻まれた日本一を狙うオリックスに対し、巨人はレギュラーシーズンで首位に最大11.5ゲーム差をつけられていたところから這い上がり、劇的にリーグ優勝を達成した(通称:メークドラマ)ことで湧いた。仰木マジックと、劇的巨人の対決で注目となった。また、3年連続MVPのオリックス・イチローと、大打者として飛躍的な進歩を遂げた巨人・松井秀喜との、ライバル対決も注目された。1996年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 坪井智哉

    坪井智哉から見たイチローイチロー

    また、退団会見で親交のあるイチローに「(現役続行は)アホな選択だったかな?」とメールしたことも明かし、イチローから「怪我が治って自分の力を試したいと思うのは当然」と返信がきたのも現役続行への後押しになった事も話している。坪井智哉 フレッシュアイペディアより)

  • 博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜

    博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜から見たイチローイチロー

    バスプロ界のイチローこと大森貴洋(ルアーを振った瞬間落とされる)博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜 フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見たイチローイチロー

    1991年から1993年まで土井がチームを率いたが、3年連続で3位に終わった。1992年には後にチームを支えることになる田口壮、鈴木一朗(イチロー)の両選手が入団しているが、田口は土井の厳しい指導からイップスとなり、鈴木は高卒1年目から起用されたものの、レギュラーに定着することは無かった。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • 1995年の日本シリーズ

    1995年の日本シリーズから見たイチローイチロー

    オリックスの本拠地神戸では、この年の1月17日に阪神・淡路大震災が発生しており、前年200本安打を達成したニューヒーロー・イチローや最年長ノーヒッター(当時)佐藤義則などの活躍に加え、神戸市民はおろか日本中の野球ファンの応援を受けたオリックスはペナントを独走、本拠地胴上げこそバレンタイン監督率いる千葉ロッテマリーンズに阻止されたが、劇的なパ・リーグ制覇を果たした。1995年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • エドガー・マルティネス

    エドガー・マルティネスから見たイチローイチロー

    、8月上旬に同年シーズン限りでの現役引退を表明。同月10日、本拠地セーフコ・フィールドで行われた対ミネソタ・ツインズ戦では、試合前からマルティネスに盛大な拍手が送られ続けた。マルティネスは同試合に3番打者として出場、初回の第1打席に先制点となる9号2ランを放ち、ファンもスタンディングオベーションで応えた。先制のホームを踏んだイチローは、試合後に「一番盛り上がる打席だったでしょうからね。かっこよすぎますよね」とマルティネスの活躍を称えた。マルティネスは同年にMLB史上20人目の通算500二塁打、通算300本塁打を達成し、現役を引退。通算成績で打率3割・300本塁打・500二塁打・出塁率4割・長打率5割を記録した。シーズン終了後、社会やファンへの貢献が評価され、憧れであったクレメンテの名を冠するロベルト・クレメンテ賞を受賞した。エドガー・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • 仰木彬

    仰木彬から見たイチローイチロー

    1993年の1年間朝日放送(ABC)・九州朝日放送(KBC)・スポーツニッポンの解説者を務めた後、1994年よりオリックス・ブルーウェーブの監督に就任。就任後、これまで二軍生活を続けていたイチローをすぐに一軍で抜擢し大活躍させ、その他にも前任の土井正三監督時代から期待されながらイップスに陥っていた田口壮を外野手として起用し成功させるなど、土井の時代に停滞していた才能を次々に開花させた。就任1年目の1994年のシーズンに早速チームを2位に浮上させると、翌年の1995年には阪神・淡路大震災に遭い、一時は試合開催さえ危ぶまれた状態から、『がんばろうKOBE』を合言葉に、オリックスとして初のリーグ優勝に導く。日本シリーズでは野村克也監督率いるヤクルトスワローズと対戦するが、1勝4敗で日本一ならず。仰木彬 フレッシュアイペディアより)

  • 1994年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1994年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見たイチローイチロー

    前年、日本一になったヤクルトスワローズの野村克也監督が全セ(オールセントラル・リーグ)を率い、パ・リーグ制覇した西武ライオンズの森祇晶監督が全パ(オールパシフィック・リーグ)を率いた1994年のオールスターゲームは松井秀喜、イチローを始めとして新庄剛志、伊良部秀輝、藪恵市(現・恵壹)、高津臣吾らのちにメジャーリーグでも活躍する若い選手が相次いで登場した。1994年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の野球

    2010年の野球から見たイチローイチロー

    18日(現地) - 【MLB】マリナーズ・イチロー選手が地元セーフコ・フィールドで行われたレンジャーズ戦の1回にクリフ・リー投手から2塁内野安打を打ち日米通算3500安打を達成。2010年の野球 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
722件中 1 - 10件表示