809件中 11 - 20件表示
  • 首位打者 (日本プロ野球)

    首位打者 (日本プロ野球)から見たイチローイチロー

    イチロー:7回(1994年 - 2000年 日本タイ記録、パ・リーグタイ記録)※MLBでは2001年と2004年に2回獲得している首位打者 (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 2006 ワールド・ベースボール・クラシック

    2006 ワールド・ベースボール・クラシックから見たイチローイチロー

    日本と韓国は予選リーグから数えて短期間で3度目の対戦となった。対韓国戦2連敗の日本はオーダーに大きく手を加え、これまでリードオフマン(1番)として起用してきたイチローを3番に据えた。先発は上原浩治と徐在応。6回までは単発のヒットは出るものの両軍共に無得点と過去2回の対戦と同様の典型的な投手戦となった。2006 ワールド・ベースボール・クラシック フレッシュアイペディアより)

  • エドガー・マルティネス

    エドガー・マルティネスから見たイチローイチロー

    、8月上旬に同年シーズン限りでの現役引退を表明。同月10日、本拠地セーフコ・フィールドで行われた対ミネソタ・ツインズ戦では、試合前からマルティネスに盛大な拍手が送られ続けた。マルティネスは同試合に3番打者として出場、初回の第1打席に先制点となる9号2ランを放ち、ファンもスタンディングオベーションで応えた。先制のホームを踏んだイチローは、試合後に「一番盛り上がる打席だったでしょうからね。かっこよすぎますよね」とマルティネスの活躍を称えた。マルティネスは同年にMLB史上20人目の通算500二塁打、通算300本塁打を達成し、現役を引退。通算成績で打率3割・300本塁打・500二塁打・出塁率4割・長打率5割を記録した。シーズン終了後、社会やファンへの貢献が評価され、憧れであったクレメンテの名を冠するロベルト・クレメンテ賞を受賞した。エドガー・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • 1996年の日本シリーズ

    1996年の日本シリーズから見たイチローイチロー

    (オ)イチロー1号ソロ(10回河野)1996年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • ストッパー毒島

    ストッパー毒島から見たイチローイチロー

    MAX163km/h の速球を投げる豪腕。ボールの握り方(縫い目への指の掛け方)には無関心で、握り方を気にせず直球しか投げていなかったが、結果的に投球は自然なムーヴィング・ファストボールとなって常に違う変化をし、打者を惑わせることに成功していた。反面コントロールに難があり、入団テストで投げた時には1球もストライクが入らず、さらに前述の通り変化球を全く投げられなかった。力みからか物語の初期には投げる時に「おっほえ」という奇妙な声を上げていたが、物語の終盤では少なくなった。ルーキーイヤーは開幕1軍を果たし、イチローを抑えてプロ初セーブをマークするが、制球難で通用しなくなり2軍落ち。その後チックくんの指導と特訓により制球難を克服する。プロ入り後にはカーブを覚えるが、ストレートとの腕の振りの違いは一目瞭然で落ち方もいまいちだったため、あまり通用しなかった。次にサークルチェンジ習得を目指すが、左手を怪我した際に偶然編み出した「ブスジマチェンジ」 を武器に加え、リーグ屈指のストッパーに成長していく。ストッパー毒島 フレッシュアイペディアより)

  • 山田久志

    山田久志から見たイチローイチロー

    からシンカーを使い始め山田は26勝を挙げ復活、2度目の最多勝に輝き、この年から史上初の3年連続MVP(3年連続MVPを達成しているのは現在も他にイチローのみ)に輝いた。山田久志 フレッシュアイペディアより)

  • 2000年代の日本

    2000年代の日本から見たイチローイチロー

    10月1日 - メジャーリーグでシアトルマリナーズのイチローが84年ぶりに年間最多安打262の新記録を樹立。2000年代の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 秋山翔吾

    秋山翔吾から見たイチローイチロー

    2歳で野球を始め、1995年の卒園文集には「やきゅうせんしゅになりたいです。いちろうみたいにひっとうちたいです。」と書いていた。横須賀市立大津小学校に入学した小学1年からソフトボールチームの「大津スネークス」に入部。コンマ1秒でも早く一塁へ到達するよう右投げ左打ちに変更。左打ちのフォームは父親から指導され、小学生時点で大津中学校の陸上部に入れて、中学生と一緒に陸上の練習をさせるなど厳しく育てられた。「湘南武山フェニックス」では投手、捕手、内野手、外野手として活躍し2000年卒団。小学校卒業文集のタイトルは「プロ野球選手を目指して」。横須賀市立大津中学校時代は横浜金沢シニアに所属していた。更に陸上部にも所属し、脚力を磨いた。秋山翔吾 フレッシュアイペディアより)

  • 広瀬叔功

    広瀬叔功から見たイチローイチロー

    1963年(同年と翌1964年の2年間のパ・リーグは150試合制)にはリーグ5位の打率.299を記録。187安打を残して最多安打となり、これは1994年にイチローに抜かれるまで31年にわたってパ・リーグ記録だった。同年の676打席は2005年に赤星憲広に抜かれるまで日本記録、2010年に西岡剛に抜かれるまでパ・リーグ記録だった。なお、626打数は日本記録である。広瀬叔功 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木主浩

    佐々木主浩から見たイチローイチロー

    は抑え投手として完全復活を遂げ、自身初となる30セーブ越え、防御率1点台を記録し、3年ぶりに最優秀救援投手を獲得する。7月8日のヤクルト戦で史上最速となる500奪三振を達成。地元横浜開催となったオールスターにファン投票で選出され、先発登板。パ・リーグ先頭打者のイチローとの対決が話題となった。オフには横浜生え抜き投手として初の1億円プレイヤーとなる。佐々木主浩 フレッシュアイペディアより)

809件中 11 - 20件表示

「イチロー」のニューストピックワード