809件中 31 - 40件表示
  • 走れ!イチロー

    走れ!イチローから見たイチローイチロー

    大リーグでプレーする夢を実現させたイチローに声援を贈り、自らの夢に向かって走り出そうとする人々の姿を描く。作品の製作にオリックス・ブルーウェーブの協力を得られた。また、イチローを始めとする当時のオリックス・ブルーウェーブ所属者が本人役で出演した(台詞無し)。走れ!イチロー フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のスポーツ

    2004年のスポーツから見たイチローイチロー

    10月1日 - メジャーリーグ・シアトル・マリナーズのイチローが、ジョージ・シスラーが1920年に打ち立てたシーズン最多安打記録257本を更新。2004年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズの歴史

    シアトル・マリナーズの歴史から見たイチローイチロー

    イチローが加入し、8年ぶりにブレット・ブーンが復帰。6月16日、ジョン・オルルドがサイクル安打を記録した。7月10日、セーフコ・フィールドでMLBオールスターゲームが開催され、マリナーズからはエドガー・マルティネス、ジョン・オルルド、ブレット・ブーン、イチロー、フレディ・ガルシア、ジェフ・ネルソン、佐々木主浩、マイク・キャメロンの8人が選出を果たした。9月29日、イチローがジョー・ジャクソンの持っていたルーキー最多安打記録を90年ぶりに塗り替えた。この年、マリナーズはMLBタイ記録となるシーズン116勝を記録し、球団史上初となるコミッショナー特別表彰を受賞。116勝46敗という成績で4年ぶりとなる地区優勝を果たした。そして、ディビジョンシリーズにおいてクリーブランド・インディアンスを3勝2敗で破った。しかし、リーグチャンピオンシップシリーズではニューヨーク・ヤンキースに対して1勝4敗という結果に終わり、敗退。またしてもリーグ優勝を逃した。シーズン終了後、イチローが首位打者のタイトルを獲得。加えてゴールドグラブ賞、シルバースラッガー賞、シーズンMVP、ルーキー・オブ・ザ・イヤーを同時受賞した。また、エドガー・マルティネスが4度目のシルバースラッガー賞と2年連続5回目となる最優秀指名打者賞を受賞し、ブレット・ブーンが最多打点のタイトルを獲得、シルバースラッガー賞を受賞した。さらに、フレディ・ガルシアが最優秀防御率のタイトルを獲得し、マイク・キャメロンがゴールドグラブ賞を受賞した。そして、ルー・ピネラが2度目の最優秀監督賞を受賞した。シアトル・マリナーズの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 岡本綾子

    岡本綾子から見たイチローイチロー

    女子ゴルフのみならず、戦後の女子スポーツ界に多大な足跡を残した人物。また、ジャンルは違えど、野茂英雄をはじめイチローや松井秀喜に代表される現在の日本人スポーツ選手のアメリカにおける成功の先駆けになったアスリートである。文藝春秋編集部は、1988年に刊行した『「文藝春秋」にみるスポーツ昭和史』全三巻のあとがきに於いて "昭和のスーパー・スポーツマン十人" に織田幹雄、人見絹枝、双葉山、川上哲治、古橋廣之進、白井義男、力道山、長嶋茂雄、植村直己と共に岡本綾子を選んでいる。岡本綾子 フレッシュアイペディアより)

  • 坪井智哉

    坪井智哉から見たイチローイチロー

    同年10月2日に球団は2度目の戦力外通告を行うと同時に2軍打撃コーチ就任を要請したが、坪井は残り26本に迫ったプロ入り通算1000本安打を達成したいことと、坐骨神経痛や肉離れなどの今まで苦しんできた怪我が治ったからにはまだ現役でやれるという本人の強い気持ちもあり 、球団は本人の意見を尊重し、坪井の退団が決まった。さらに退団が決定した時に球団は「2006年の時みたいに今回は再契約しない」と坪井に通告しているため、2011年にファイターズのユニフォームは着られない事が決まった。その為、坪井が移籍当初から付けていた背番号7は2011年から糸井嘉男が着用することになった。また、退団会見で親交のあるイチローに「(現役続行は)アホな選択だったかな?」とメールしたことも明かし、イチローから「怪我が治って自分の力を試したいと思うのは当然」と返信がきたのも現役続行への後押しになった事も話している。坪井智哉 フレッシュアイペディアより)

  • 1994年の野球

    1994年の野球から見たイチローイチロー

    4月7日 - オリックス・ブルーウェーブは佐藤和弘を「パンチ」に、鈴木一朗を「イチロー」と登録名を変更することを正式に発表。1994年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • ショーン・フィギンズ

    ショーン・フィギンズから見たイチローイチロー

    初めて1年を通してプレーをした。5月14日のオリオールズ戦では6打数5安打6打点を記録し、2回には球団史上バック・ロジャース(1961年9月29日)以来となるメジャー初本塁打が満塁本塁打となった。延長10回には決勝打を放ち、チームの勝利に貢献。8月10日にシーズン14三塁打目を放ち、球団シーズン最多三塁打を更新し、この年リーグ2位の17三塁打を記録した。盗塁ではカール・クロフォード、イチローに次ぐリーグ3位の34盗塁を記録した。レッドソックスとのディビジョンシリーズでは14打数で2安打の成績でチームも敗退した。ショーン・フィギンズ フレッシュアイペディアより)

  • マーク・バーリー

    マーク・バーリーから見たイチローイチロー

    球速は遅いものの、多彩な変化球を低めに集めて打たせて取る、典型的な技巧派左腕。バーリーの投球について、元チームメイトの井口資仁は「バーリーの時は、しっかり打たれたゴロじゃなくて、打ち損じた打球がよく飛んでくる気がする」と語っている。持ち球は、85 - 89mph(約136.8 - 143.2km/h)の沈む速球に、打者の手元で鋭く曲がるスライダー、大きく曲がるカーブ、それにチェンジアップなど。制球が良いため「("精密機械" と呼ばれる制球を武器に通算300勝を挙げた)グレッグ・マダックスに最も近い投手」と呼ばれることもある。イチローは「左バッターのアウトコースいっぱいのところへボール1個分のコントロールができる」と評価している。マーク・バーリー フレッシュアイペディアより)

  • 最優秀新人選手賞 (MLB)

    最優秀新人選手賞 (MLB)から見たイチローイチロー

    1975年のフレッド・リンと2001年のイチローの2人が、ルーキー賞とMVPを同時受賞している。最優秀新人選手賞 (MLB) フレッシュアイペディアより)

  • 柳沢裕一

    柳沢裕一から見たイチローイチロー

    即戦力捕手として期待され、には村田真一らと定位置を争い、41試合に先発マスクを被る。しかし打撃が伸び悩んだことや、家庭のトラブルもありシーズンさなかに伊藤隆偉との交換トレードでオリックス・ブルーウェーブへ移籍。温厚な人柄であり、オリックスではイチローと仲が良かった。イチローがメジャー移籍を果たした現在も、時々自主トレを一緒に行い、イチローの心許せる数少ないプロ野球関係者である。には巨人時代のチームメイトの吉原孝介との交換トレードで中日ドラゴンズへ移籍。柳沢裕一 フレッシュアイペディアより)

809件中 31 - 40件表示

「イチロー」のニューストピックワード