722件中 41 - 50件表示
  • 本西厚博

    本西厚博から見たイチローイチロー

    1年目のより一軍に定着。外野守備の名手として知られ、外野だけでなくサードを守ることもあった。派手さは無いものの堅実なプレーを披露し、3年目のにゴールデングラブ賞を受賞。同年は規定打席不足ながら打率.302を記録するなど、打撃でも活躍した。1994年には、当時レギュラーに定着してからまだ日の浅かった田口壮とイチローに外野守備の指導を施し、本西も含めた同外野手トリオは当時球界一の守備力と言われた。本西厚博 フレッシュアイペディアより)

  • 青木宣親

    青木宣親から見たイチローイチロー

    は稲葉篤紀の移籍により開幕から中堅手としてレギュラーに定着。2番を打っていた序盤は低打率で三振を量産していたが、徐々に安打が出始め、6月からは1番に定着した。10月6日にはセントラル・リーグ記録の192安打を更新。10月11日、イチロー以来史上2人目となるシーズン200安打を達成。最終的には210安打に届かなかったものの、プロ野球新記録のシーズン169単打を記録するなど、計202安打を放って最多安打、打率.344でセ・リーグ首位打者、新人王にも選出された。青木宣親 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の野球

    2006年の野球から見たイチローイチロー

    6月7日(現地時間)-【MLB】シアトル・マリナーズのイチロー外野手が日米通算2500本安打を達成。内訳は、1992年から2000年までのオリックス・ブルーウェーブ時代に1278本、2001年以降のシアトル・マリナーズで1222本。2006年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • パンチ佐藤

    パンチ佐藤から見たイチローイチロー

    強打の外野手として期待されたものの、打撃面では入団初年の打率.331を頂点に成績は尻すぼみ。1994年、新監督に仰木が就任し、登録名を既にニックネームとして定着していた「パンチ」に、3年目の若手外野手の鈴木一朗も「イチロー」に変更した(このアイディアは打撃コーチの新井宏昌が提案し、仰木が承認した)。この際仰木らは、実際にはイチローひとりを売り出すために登録名変更を思い立ったものの、当時はまだ全国区ではなかったイチロー一人だけを改名した場合、イチローだけが目立ってかえって萎縮してしまうことを懸念していた。そこで仰木らは、既に全国区だったパンチにも改名を勧め「一緒に目立ってくれ」と頼み込み、こうして2人の登録名が変更されるに至った。パンチ佐藤 フレッシュアイペディアより)

  • 2009 ワールド・ベースボール・クラシック A組

    2009 ワールド・ベースボール・クラシック A組から見たイチローイチロー

    日本代表が苦手の韓国代表を七回コールドゲームで下した。日本代表は1回からイチロー、中島、青木、内川の連打で3点を奪い、2回には村田がファウルで粘りに粘った10球目を3ランホームランし、中島の押し出し四球などで一挙5点を取って韓国先発金廣鉉を攻略。試合を決めた。その後も着実に加点し、14安打14得点の猛攻で12点差をつけ圧勝した。韓国代表は1回に金泰均の2ランで1点差まで詰め寄ったが、2回以降復調した日本先発投手松坂を打てず、継投に阻まれた。オーダーを変更し、「日本キラー」の異名のある金廣鉉攻略を研究していた日本代表・原監督の采配が奏功した。2009 ワールド・ベースボール・クラシック A組 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見たイチローイチロー

    1991年のドラフト4位で近鉄バファローズから投手として指名を受け、入団。背番号は66。同じ73年生まれのプロ野球選手は「第2次ベビーブーマー」と呼ばれた世代であり、イチロー、松中信彦、小笠原道大、石井一久、三浦大輔、黒木知宏、小坂誠、薮田安彦など一時代を築いたスター選手が数多く存在する。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    日本人選手のメジャーリーグ挑戦から見たイチローイチロー

    2001年オフに谷繁元信(横浜ベイスターズ)が捕手として初めてメジャーへの移籍を希望。シアトル・マリナーズの日本人オーナーが「イチローに続くスター選手」として獲得の意志を示したが契約には至らず、中日ドラゴンズと契約した。日本人選手のメジャーリーグ挑戦 フレッシュアイペディアより)

  • ケン・グリフィー・ジュニア

    ケン・グリフィー・ジュニアから見たイチローイチロー

    いたずらっ子のようなルックスと気さくな性格で地元シアトルでは絶大な人気を誇る。ホワイトソックス在籍中の2008年後半にESPNが実施した「マリナーズの歴史上で最も偉大な選手は誰?」というアンケート調査においては、2位のエドガー・マルティネス、3位のイチロー、4位のアレックス・ロドリゲス、5位のランディ・ジョンソンらに圧倒的な差を付けて1位に選出された。マリナーズのアームストロング球団社長は、グリフィーの引退の際、「セーフコ・フィールドはグリフィーが建てた家だ。彼は真の意味でこの球団の魂であり、彼の貢献がなければこの球場やチームそのものが存在しなかったのではないか」と語っている。ケン・グリフィー・ジュニア フレッシュアイペディアより)

  • 坂口智隆

    坂口智隆から見たイチローイチロー

    は、シーズン途中から元近鉄選手用の汎用応援歌に替わり、新たに専用応援歌が作られた。オープン戦では打率.349と好調だったが開幕後は5月初旬まで打率1割台と打撃不振に陥り、同年から加入した近鉄時代のチームメイトでもある大村直之が1番を打つようになった。その後は徐々に復調していき、6月からは大村に替わって再び1番打者に定着。5月以降は7月以外全て月間打率3割以上で8月には月間打率.386、イチロー以来球団史上2人目となる月間40安打を記録し、最終的にはチームトップの137試合に出場してチーム内の規定打席到達者で唯一の打率3割となるリーグ2位の打率.317に同2位の167安打、前年の自己最多を更新するチームトップでリーグ10位の16盗塁を記録。また、リーグ6位の出塁率.381で左投手に対しても打率.297と前年課題を残した部分でも改善が見られた。守備では外野手としてリーグトップの14補殺に同2位の守備率を記録してゴールデングラブ賞を2年連続で受賞し、下位に低迷したチームの中で活躍した。同年オフ、背番号を9に変更する事が決まった。12月21日には、阪神・淡路大震災復興15年チャリティーマッチに参加し、地元選手、ブルーウェーブOBらで構成された「がんばろう神戸ドリームズ」の選手として出場した。坂口智隆 フレッシュアイペディアより)

  • 1994年

    1994年から見たイチローイチロー

    9月20日 - オリックスのイチローが史上初の1シーズン200本安打を記録(最終的には210本に)。1994年 フレッシュアイペディアより)

722件中 41 - 50件表示

「イチロー」のニューストピックワード