809件中 51 - 60件表示
  • ジョー・ジラルディ

    ジョー・ジラルディから見たイチローイチロー

    日米でそれまで1?3番を打つイメージの強かったイチローが2012年途中に加入した際は、前年から調子の上がらないイチローの出塁率の低さを理由にまず8番打者として起用し、シーズン佳境にイチローが調子を上げた際には主に2番で起用し続けた。2013年に入り、イチローの調子が再び下がると下位で起用し続け、主力打者が相次いで故障離脱した際は6番や5番を打たせることもあったが、以降は上位で起用することは稀であった。だがその実績に敬意を払った起用法を見せることもあり、ジーターの現役最終試合ではジーターとの1、2番コンビ(当時ともに40歳)を実現させている。ジョー・ジラルディ フレッシュアイペディアより)

  • 99年の愛〜JAPANESE AMERICANS〜

    99年の愛〜JAPANESE AMERICANS〜から見たイチローイチロー

    脚本を担当した橋田壽賀子がこの作品を書くきっかけとなったのは、戦時中に育った為にアメリカ嫌いになった橋田が、メジャーリーグ選手のイチローがアメリカ人に好印象を持っている点から取材を始めた。実際第一話の冒頭に、放送当時シアトル・マリナーズに在籍していたイチローの出場する試合を、セーフコ・フィールドに見に行くシーンが登場する。以前にもこの作品と同様の移民をテーマにし、2005年に戦後60周年とNHK放送開始80年記念特別番組のドラマとして放送された『ハルとナツ 届かなかった手紙』(昭和初期にブラジルに移住した日本人一家と一人日本に取り残された家族を描いた物語)を書いており、この作品はそのアメリカ版ともいえる。今回の作品を橋田自身の遺言だと語っている。5夜連続共通の提供クレジットでは、最後のメッセージ「99年後に伝えたいもの」のテロップの後に、鉛筆書きで、草彅剛・書名の「愛」、仲間由紀恵・書名の「LOVE」で締めている。99年の愛〜JAPANESE AMERICANS〜 フレッシュアイペディアより)

  • バット (野球)

    バット (野球)から見たイチローイチロー

    松井秀喜、イチロー、ピート・ローズなどのバットを作った久保田五十一による作り方は次の通り:7cm角の角材を3-4ヶ月間自然乾燥した後、40時間真空乾燥する。機械で荒削り後、職人が30分程度手仕上げする。バット (野球) フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・シスラー

    ジョージ・シスラーから見たイチローイチロー

    メジャーリーグでヒットを量産し、数少ない四割打者であり、2004年にシアトル・マリナーズのイチローに抜かれるまで、シーズン257安打のMLB記録を持っていた。ジョージ・シスラー フレッシュアイペディアより)

  • 山内一弘

    山内一弘から見たイチローイチロー

    オールスターゲームでは毎年のように快打を放ち、「オールスター男」「お祭り男」「賞金泥棒」などと呼ばれた。オールスターには16回出場してMVPを3回受賞し、通算でも好成績を残している。またオールスターファン投票においては、両リーグ通じての最多得票を通算6回記録している(1956年、1957年、1959年 - 1962年)。これはパ・リーグの選手としてはイチローの6回(1995年 - 2000年)と並ぶ歴代最多であり、セ・リーグの選手を含めた歴代でも王貞治の7回(1963年 - 1965年、1976年、1978年 - 1980年)に次ぐ。山内一弘 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見たイチローイチロー

    3月上旬にインフルエンザへの感染で一時チームから離れたものの、前年末の任命通りに、日本ハムとの開幕戦(3月28日・札幌ドーム)で先発。4月には、4日の対西武戦(西武ドーム)に自己最多の14奪三振による完封でシーズン初勝利を挙げると、26日の対楽天戦(京セラドーム大阪)では14奪三振・1被安打の完封勝利を記録した。メジャーリーグ(MLB)4球団のスカウトが視察した5月24日の対広島戦(ほっともっとフィールド神戸)では、7回裏の打席に前田健太からの二塁打で一軍初打点を記録すると、8回無失点の内容で前田との投げ合いにも勝利。5月31日の対読売ジャイアンツ(巨人)戦(京セラドーム大阪)では、先発で9回を4与四球1失策の無安打無得点に抑えた。しかし、0対0で迎えた9回裏2死満塁で迎えた自身の打席で、代打に駿太を送られたため交代。さらに、駿太の凡退によって試合が延長戦に突入したため、単独でのノーヒットノーラン達成を逃した(詳細後述)。9回まで無安打無得点ながらノーヒットノーラン達成を逃した投手はNPB史上11人目、9回以上を無安打無得点で降板した投手は2人目であった。レギュラーシーズン全体では、16勝で最多勝利、防御率1.98で最優秀防御率のタイトルを獲得。前年に逃した沢村賞を、チーム史上初めて受賞したほか、チームがリーグ優勝を逃したにもかかわらず最優秀選手に選ばれた。オリックスの選手が最優秀選手に選ばれた事例は、チームが日本シリーズを制したのイチロー以来であった。金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年のアメリカ合衆国

    2016年のアメリカ合衆国から見たイチローイチロー

    6月15日 - (現地時間)アメリカメジャーリーグ (MLB)・マーリンズのイチローがNPB/MLB通算4257安打目を放ち、ピート・ローズの持つメジャー最多安打を日米プロ野球リーグの通算で上回った。2016年のアメリカ合衆国 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年のスポーツ

    2016年のスポーツから見たイチローイチロー

    15日 - 【野球】(現地時間)米メジャーリーグ・マイアミ・マーリンズのイチローは、この日行われたVSサンディエゴ・パドレス戦で2安打を放ち、日米通算の安打数を4257本(日本1278本、米国2979本)とし、ピート・ローズ(元シンシナティ・レッズ)のメジャーリーグ通算最多安打数・4256安打を更新。2016年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    日本人選手のメジャーリーグ挑戦から見たイチローイチロー

    2001年オフに谷繁元信(横浜ベイスターズ)が捕手として初めてメジャーへの移籍を希望。シアトル・マリナーズの日本人オーナーが「イチローに続くスター選手」として獲得の意志を示したが契約には至らず、中日ドラゴンズと契約した。日本人選手のメジャーリーグ挑戦 フレッシュアイペディアより)

  • 宮田統樹

    宮田統樹から見たイチローイチロー

    プロ野球中継の主な担当試合では、1990年の日本シリーズ(読売ジャイアンツ=巨人対西武ライオンズ)、1996年のオールスターゲームで外野手のイチローがマウンドに上がった際の中継、2009年9月4日の巨人対東京ヤクルトスワローズ戦で、延長12回表に控え捕手がいなくなった巨人が、二塁を守っていた木村拓也を10年ぶりとなる捕手に回した時の中継などがある。宮田統樹 フレッシュアイペディアより)

809件中 51 - 60件表示

「イチロー」のニューストピックワード