809件中 71 - 80件表示
  • マリアノ・リベラ

    マリアノ・リベラから見たイチローイチロー

    9月13日のシアトル・マリナーズ戦で9回から登板、トレバー・ホフマンに次いで史上2人目の通算600セーブを達成した(イチローの盗塁失敗により試合終了)。マリアノ・リベラ フレッシュアイペディアより)

  • 加藤豪将

    加藤豪将から見たイチローイチロー

    カリフォルニア州マウンテンビュー生まれ。1998年、3歳の時に神奈川県へ移り住む。ともに日本人である両親の仕事の関係で2000年7月にアメリカのサンディエゴに移住し、6歳からリトルリーグで野球を始めた。2002年に家族でシアトル・マリナーズ戦を観戦しイチローを見て感動し、元々右打ちだったのをイチローをまねて左打ちを取り入れ両打ちになり、その後左打ち一本となった。加藤豪将 フレッシュアイペディアより)

  • 放映権 (日本プロ野球)

    放映権 (日本プロ野球)から見たイチローイチロー

    テレビ大阪はイチローが在籍していたブルーウェーブ時代にナイターをゴールデンタイムに生中継したこともあった。(但し、阪神戦と被らなかった(甲子園で開催など)場合のみ)放映権 (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • ケン・グリフィー・ジュニア

    ケン・グリフィー・ジュニアから見たイチローイチロー

    いたずらっ子のようなルックスと気さくな性格で地元シアトルでは絶大な人気を誇る。ホワイトソックス在籍中の2008年後半にESPNが実施した「マリナーズの歴史上で最も偉大な選手は誰?」というアンケート調査においては、2位のエドガー・マルティネス、3位のイチロー、4位のアレックス・ロドリゲス、5位のランディ・ジョンソンらに圧倒的な差を付けて1位に選出された。マリナーズの球団社長は、グリフィーの引退の際、「セーフコ・フィールドはグリフィーが建てた家だ。彼は真の意味でこの球団の魂であり、彼の貢献がなければこの球場やチームそのものが存在しなかったのではないか」と語っている。ケン・グリフィー・ジュニア フレッシュアイペディアより)

  • 神戸総合運動公園野球場

    神戸総合運動公園野球場から見たイチローイチロー

    1991年(平成3年)から、オリックスは既に老朽化が進んでおり観客動員数が伸び悩んでいた阪急西宮球場から完全移転し、球団愛称も「ブレーブス」から「ブルーウェーブ」に改称した。1994年(平成6年)にイチローが日本プロ野球史上初のシーズン200安打を達成。続く1995年(平成7年)からは阪神・淡路大震災からの復興を願い「がんばろうKOBE」をスローガンに掲げたオリックスがパ・リーグ2連覇を成し遂げ、1996年(平成8年)には日本一に輝いた。これらのことから、本拠地である当球場も知名度を上げ、観客動員数も球団新記録を記録した。神戸総合運動公園野球場 フレッシュアイペディアより)

  • 初芝清

    初芝清から見たイチローイチロー

    には第一次バレンタイン政権の5番打者となる。同年のパ・リーグ打点王のタイトルはロッテのシーズン最終戦を残した9月27日現在で初芝79打点(残り1試合)、田中幸雄79打点(残り3試合)、イチロー78打点(残り3試合)と僅差で争っていた。一方、初芝は初のシーズン3割もかかっていて、9月27日現在で.302(454打数137安打)。最終戦で4打数0安打だと3割を切ってしまう(458打数137安打、打率.2991)ため、3割を切る可能性が出た時点で交代させると首脳陣から打診されたが、本人は「3割よりタイトルを狙いたい」とこの提案を拒んだ。そしてその最終戦では3打席凡退し(457打数137安打、打率.2997)、同年の最終打席になるであろう第4打席は8回2死走者なしで回ってきた。凡退すれば3割をフイにするうえ、走者なしのため本塁打でないと打点を上乗せできない状況で、見事にレフトへ25号本塁打(投手:豊田清)を打ち1打点を加え80打点でシーズンを終了。シーズン3割も確保した(458打数138安打、打率.301)。最終的に3人が80打点で並びタイトルを分け合うことになったとはいえ、このシーズン最終打席の本塁打により選手生活で唯一の打撃タイトル(打点王)を獲得、同時にシーズン3割を達成することができた。同年は三塁手のベストナインのタイトルを獲得。また同年オフの契約更改で、球団初の1億円プレーヤーとなる。初芝清 フレッシュアイペディアより)

  • 野球界の永久欠番

    野球界の永久欠番から見たイチローイチロー

    51:イチロー(外野手) 2001年 -野球界の永久欠番 フレッシュアイペディアより)

  • ドカベン プロ野球編

    ドカベン プロ野球編から見たイチローイチロー

    『プロ野球編』では、山田たちが高3の春夏連覇をしたのが十数年未来にずれて1994年に変更されている(優勝旗に書かれている)。岩鬼は王貞治監督の福岡ダイエーホークスに入団。山田は東尾修監督の西武ライオンズに入り、里中は千葉ロッテマリーンズ。殿馬はオリックス・ブルーウェーブに入団し、イチローとチームメートになっている。微笑は第2期長嶋茂雄政権の巨人に入り、松井秀喜と同じチームに。ドカベン プロ野球編 フレッシュアイペディアより)

  • 豊山町

    豊山町から見たイチローイチロー

    アイ・ファイン - イチロー選手の記念館。豊山町 フレッシュアイペディアより)

  • 青木宣親

    青木宣親から見たイチローイチロー

    は稲葉篤紀の移籍により手薄になった外野手争いで台頭。開幕から中堅手としてレギュラーに定着。2番を打っていた序盤は低打率で三振を量産していたが、徐々に安打が出始め、6月からは1番に定着した。10月6日にはセ・リーグ記録の192安打を更新。10月11日、イチロー以来史上2人目となるシーズン200安打を達成。最終的には210安打に届かなかったものの、プロ野球新記録のシーズン169単打を記録するなど、202安打を放って最多安打、打率.344でセ・リーグ首位打者、新人王にも選出された。青木宣親 フレッシュアイペディアより)

809件中 71 - 80件表示

「イチロー」のニューストピックワード