809件中 81 - 90件表示
  • 坂口智隆

    坂口智隆から見たイチローイチロー

    は、シーズン途中から元近鉄選手用の汎用応援歌に替わり、新たに専用応援歌が作られた。オープン戦では打率.349と好調だったが開幕後は5月初旬まで打率1割台と打撃不振に陥り、同年から加入した近鉄時代のチームメイトでもある大村直之が1番を打つようになった。その後は徐々に復調していき、6月からは大村に替わって再び1番打者に定着。5月以降は7月以外全て月間打率3割以上で8月には月間打率.386、イチロー以来球団史上2人目となる月間40安打を記録し、最終的にはチームトップの137試合に出場してチーム内の規定打席到達者で唯一の打率3割となるリーグ2位の打率.317に同2位の167安打、前年の自己最多を更新するチームトップでリーグ10位の16盗塁を記録。また、リーグ6位の出塁率.381で左投手に対しても打率.297と前年課題を残した部分でも改善が見られた。守備では外野手としてリーグトップの14補殺に同2位の守備率を記録してゴールデングラブ賞を2年連続で受賞し、下位に低迷したチームの中で活躍した。この年は、野手8人の中で唯一日ハムではない選手の受賞となった。同年オフ、背番号を9に変更する事が決まった。12月21日には、阪神・淡路大震災復興15年チャリティーマッチに参加し、地元選手、ブルーウェーブOBらで構成された「がんばろう神戸ドリームズ」の選手として出場した。坂口智隆 フレッシュアイペディアより)

  • 糸井嘉男

    糸井嘉男から見たイチローイチロー

    はターメル・スレッジが退団した影響で主に「5番センター」としてクリーンアップの一角を担った。6月15日の東京ヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)では1試合4二塁打を放った。イチローや井口資仁ら好打者に並ぶ史上10人目の記録だが「ホンマですか。必死なだけです」と語った。7月1日には、選手間投票により2年連続でのオールスターゲーム選出を果たす。本拠地最終戦の9月26日の西武戦(札幌ドーム)では9回裏にサヨナラ打を放ち、勝利を引き寄せた。この年は前年を上回る打率.309に64打点、26盗塁、さらに初の4割台となる出塁率.407を記録。2年連続でゴールデングラブ賞をパ・リーグ外野手部門の1位で獲得。契約更改では年俸は大台の1億円に到達した。背番号は同年まで坪井智哉がつけていた「7」に変更された。背番号7に変更された際、「坪井さんの付けてた背番号なので相当な重みを感じています。」とコメントしていた。この記事を見た坪井は自身の公式ブログで「涙が出そうになった」とコメントし、『7番似合ってるやん!』と糸井にメールしたことを明かしている。糸井嘉男 フレッシュアイペディアより)

  • 松坂大輔

    松坂大輔から見たイチローイチロー

    4月7日、初先発となった東京ドームでの日本ハム戦では155km/hの速球を披露、8回2失点の好投で初勝利を記録し、まさに鮮烈なデビューを飾った。その試合での(前年パリーグ史上最多の年間四球を記録し選球眼の良さで知られた)片岡篤史の豪快な空振りはプロでも変わらぬ“怪物”ぶりを示す映像資料として放送される。この試合では、5回裏にマイカ・フランクリンへの投球が胸元の際どいコースに行き、フランクリンが怒りをあらわに詰め寄ったが、それに動じた様子を見せず、逆に笑顔を浮かべる強心臓ぶりも見せた。4月21日の千葉ロッテマリーンズ戦では黒木知宏と投げ合い、0-2で惜敗。この試合後に「リベンジします」と宣言した松坂は、4月27日のロッテ戦で再び黒木と投げ合い、1-0でプロ初完封を記録しリベンジを果たした。このことから、松坂の「リベンジ」は、プロ同期で同じく鮮烈なデビューを果たした上原浩治(読売ジャイアンツ)の「雑草魂」とともに同年の新語・流行語大賞の年間大賞に選ばれている。5月16日のオリックス・ブルーウェーブ戦ではイチローとの初対決が話題となり、3打席連続三振(1四球)とほぼ完璧に抑えた。試合後のヒーローインタビューでは「プロでやれる自信から確信に変わりました」と語った。7月24日に行われたオールスターゲーム第1戦に先発して3回を投げ、高卒新人としては史上最多となる5奪三振を記録。3回表に味方の失策によって2点を失い、自責点0ながら敗戦投手となったものの、この試合の優秀選手賞を受賞し、オールスター新人賞も受賞した。7月には月間MVPを受賞したが、高卒新人選手が月間MVPを受賞したのは1986年9月に受賞した清原和博以来2人目で、18歳10カ月での受賞は、2015年8月に高橋光成が18歳6カ月で受賞するまで最年少記録だった。この年、最終的に16勝を挙げて最多勝を獲得。また、規定投球回数に到達した投手の中では最高の勝率を記録した。ゴールデングラブ賞と高卒新人としては史上初となるベストナインを受賞し、高卒新人の投手としては堀内恒夫以来、33年ぶりとなる新人王に輝いた。松坂大輔 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年

    2016年から見たイチローイチロー

    6月15日 - (現地時間)アメリカメジャーリーグ (MLB)・マイアミ・マーリンズのイチローがNPB/MLB通算4257安打目を放ち、ピート・ローズの持つメジャー最多安打を日米プロ野球リーグの通算で上回った。2016年 フレッシュアイペディアより)

  • 1994年

    1994年から見たイチローイチロー

    4月7日 - イチロー選手が公式戦開幕直前の4月7日、登録名を本名「鈴木一朗」から「イチロー」に変更(オープン戦は「鈴木一朗」登録)。日本人選手としては初めて、名字を除いた名前での選手名登録となった。1994年 フレッシュアイペディアより)

  • 糸井重里

    糸井重里から見たイチローイチロー

    著名人やクリエイターなどの連載、オリジナルグッズの販売などが主なコンテンツで、執筆陣は清水ミチコ、鳥越俊太郎、渡辺真理、春風亭昇太、天海祐希など多彩。他にも、タモリ、萩本欽一、矢沢永吉、松本人志、イチロー、谷川俊太郎、明石家さんまなど、多数の有名人との対談も掲載されている。サイト内での糸井の愛称は「ダーリン」。糸井重里 フレッシュアイペディアより)

  • 今江敏晃

    今江敏晃から見たイチローイチロー

    イチローの大ファンである。今江敏晃 フレッシュアイペディアより)

  • ベスト・オブ・ザ・ビッグ・バンド

    ベスト・オブ・ザ・ビッグ・バンドから見たイチローイチロー

    日本限定で発売されたベスト・アルバム。代表曲だけでなく、イチローが出演したペプシのCMソングの改作「セクシー・セクシー」、「スキャットマン・ジャック」、「エル・ディアブロ」といったオリジナル・アルバム未収録曲も収録している。ベスト・オブ・ザ・ビッグ・バンド フレッシュアイペディアより)

  • ICHIRO

    ICHIROから見たイチローイチロー

    ICHIRO フレッシュアイペディアより)

  • ゴキロー

    ゴキローから見たイチローイチロー

    ゴキロー フレッシュアイペディアより)

809件中 81 - 90件表示

「イチロー」のニューストピックワード